夢の作品情報・感想・評価

「夢」に投稿された感想・評価

食塩

食塩の感想・評価

4.0
「中隊長殿、自分は、本当に戦死したのでありますか。」

原発の事故。巨大化した植物。名前の無い村。幸せなお葬式。
黒澤明らしい迫力ある映像。笑っちゃうシーンとかはないんだけど、2時間ずっと引き込まれてしまう。あっという間だった。
おざき

おざきの感想・評価

3.5
CG慣れしてる自分が少し嫌になった。

スピルバーグだけじゃなくてジョージルーカスまで関わってるらしい。

ゴッホも見所
数年前観た、これももう一度観ないと。とにかく黒澤監督のファンではないのにこの映画はだいぶ好きだ。映像も内容も。流れで気持ちいい。
Ideon

Ideonの感想・評価

3.5
フェリーニで言えばアマルコルドみたいな、黒澤明監督が思いつくまま作ったような短編集。昔、映画館で見た時は眠たくなる感じだったが、今、見返してみると、冒頭とラストの美しさに感動する。赤富士の巻では、大震災を予見したような場面があり、まるで愚かな日本人の行く末を見通していたようで、恐れ入ってしまう。
MINO

MINOの感想・評価

3.5
ちょっとトラウマ。
でも夢って確かにこんなかんじ。
狐のやつと鬼のやつ、怖かったなぁ。
mtmt

mtmtの感想・評価

3.5
「影武者」「乱」に続いて製作された黒澤明監督作品。それゆえ、若い頃観た時は大人しく、正直もの借りない思いがあった。それ以来の鑑賞。イメージが全然違っていた。特に監督が少年の2本は、その日本的な美しさに圧倒された。最終話も死生観を含め素敵だった。10年後位に観ると、他の話もまた違って感じられると思う。
スピルバーグやルーカスが、恩師を支えて作ったようなバックグラウンドがなんか羨ましくて憧れた。見たことない世界観を見れて良かったが、どうもセットとか安く見えていけない。
Yuuki

Yuukiの感想・評価

4.2
最初の少年時代のエピソード2つが映像美が過ぎますわよ!っていうくらいに今まで見たことない位の美しさだった。そこに黒澤独特の色彩美や表現が加わり、桃の木に泣く少年に私も一緒に涙してしまった。寺尾聰バージョンになってから、「生きる」や「悪い奴ほど良く眠る」みたいなメッセージに地獄絵図を足したようなエピソードチラホラ。ラストの笠智衆先頭の幸せのお葬式でハッピーな気分で終われる、121分とは思えないすごく短く感じた映画でした。
AyuAyu15

AyuAyu15の感想・評価

5.0
黒澤明から現代世界へのメッセージ。メッセージ性のある映画って時に説明的になったり作品として失敗したりしがちだけど、こんなにメッセージ性のある映画なのに(自然への畏怖、自然破壊の恐ろしさ、戦争の悲惨さ、命の大切さなど)映画としてとても美しい作品にまとめてある。さすが巨匠。
>|