土竜の唄 潜入捜査官 REIJIの作品情報・感想・評価

土竜の唄 潜入捜査官 REIJI2014年製作の映画)

上映日:2014年02月15日

製作国:

上映時間:130分

ジャンル:

3.2

あらすじ

交番勤務の巡査・菊川玲二は、正義感は人一倍強いものの、警察学校を史上最低の点数で卒業し、巡査になってからも始末書ばかり書かされる日々。そんなある日、玲二は署長の酒見に呼び出され、突然クビを言い渡される。驚く玲二だが、実は表向きは懲戒免職と言う形をとりながら、犯罪組織に潜入してターゲットを挙げる潜入捜査官、通称“モグラ”になれと言う命令だった。ターゲットは関東一の広域暴力団・数寄矢会会長、轟周宝。…

交番勤務の巡査・菊川玲二は、正義感は人一倍強いものの、警察学校を史上最低の点数で卒業し、巡査になってからも始末書ばかり書かされる日々。そんなある日、玲二は署長の酒見に呼び出され、突然クビを言い渡される。驚く玲二だが、実は表向きは懲戒免職と言う形をとりながら、犯罪組織に潜入してターゲットを挙げる潜入捜査官、通称“モグラ”になれと言う命令だった。ターゲットは関東一の広域暴力団・数寄矢会会長、轟周宝。数寄矢会は、関東一円を地盤とする武闘派暴力団組織である。ひょんなことから数寄矢会傘下の阿湖義組の若頭“クレイジーパピヨン”こと日浦匡也に気に入られた玲二は、とんとん拍子に組長の阿湖と親子盃の義を取り交わすことになる。しかし、渦巻く数寄矢会内部での権力闘争、そして関東進出を狙う日本最大の暴力団組織・蜂乃巣会との抗争も勃発し、玲二は次から次へとピンチに陥る。果たして、玲二は無事に轟周宝を挙げ、モグラとしての任務を果たすことができるのか…!?

「土竜の唄 潜入捜査官 REIJI」に投稿された感想・評価

Ryoutarou

Ryoutarouの感想・評価

4.5
キャスティングが完璧。漫画からヤクザ顔が多かったのに、よりヤクザ感増してた。
生田斗真も自分捨ていて気持ち良い。
漫画も大好き
黄色いね。
このパターンならクドカンが効いてて面白いのに。分業のいいところ。
カナ

カナの感想・評価

3.8
キャストも良いし、コメディ感もちょうど良い映画
生田斗真も堤真一もかっこいいし
脚本宮藤官九郎に惹かれて見たが終始散らかりっぱなしでげんなり。
えいが

えいがの感想・評価

2.0
面白かった(笑)
私も正義はある!って青臭くいきてくぞーーーー!!!
クラゲ

クラゲの感想・評価

3.5
原作漫画は読んだことないんだけどね。

全体的にギャグ要素が散ってて、そんなに重くない。

さすが三池監督だなーと。

主役の生田斗真がはっちゃけてて好き。やっぱイケメンだねー。

そして、堤真一が大好きだー!!

“クレイジーパピヨン”格好良い。蝶柄のセットアップがオサレすぎる(笑)

上地のエセ関西弁はどうかと思うけど(笑)

あと、任侠の世界の“義兄弟”とか“親子”の概念みたいなのが印象的だった。

血は繋がってないけど“盃を交わす”って儀式で、兄弟となり子分となる。

そこを繋ぐのは仁義の精神。みたいな。

まー、やってることは犯罪ですけども(笑)

続編あるのかなー。
kurasaki

kurasakiの感想・評価

3.5
バカだなぁ(褒め言葉
飽きることなく普通に面白かった
漫画読んでみたい
絵はうまくないけどw
kotoe

kotoeの感想・評価

3.0
クドカンさすが。笑えるし、鳥肌立つほどかっこいいし、ぶっ飛んでるけど、リアリティもあるし、このバランスかなりセンスないと難しそう。役者陣もすごいんだと思う。堤さんのかっこよさやば。
生田斗真と仲里依紗のエッチのシーンで誰かしこったせいで映画館中に匂いまってしんどかったのが思い出です。
みんな精子くせ〜とおっしゃってました
生田斗真の体を張った下ネタ演技。
コメディヤクザ映画。
おじさんたちのモグラソング。
おっす!ひとぉつ!
>|