土竜の唄 潜入捜査官 REIJIの作品情報・感想・評価

土竜の唄 潜入捜査官 REIJI2014年製作の映画)

上映日:2014年02月15日

製作国:

上映時間:130分

ジャンル:

3.2

あらすじ

「土竜の唄 潜入捜査官 REIJI」に投稿された感想・評価

ぽてと

ぽてとの感想・評価

3.5
現代版めっちゃエンターテイメント化された仁義なき戦いみたいな(絶対違う)
イケオジ俳優さん達大集合で、渋くかっこいい。
パピオンずるい!かっこよすぎ!!
ザン

ザンの感想・評価

3.2
景気のいいバカ騒ぎ。個人的には序盤の的場浩司の鼻がひっくり返って, 花を挿しているのが印象的。エンドロールの内容からして、続編ありきなのだろうが、いまいち作品の評価が高くないので実現するのか疑問だ。
hiro

hiroの感想・評価

4.5
さすが。
クドカン好きなので、ずっと楽しい。
エンターテイメントだ。
クドカンの映画って舞台ってミュージカルだよなぁと思う。

面白かった。

いちばんずるいキャラは堤真一さんでした。かっこよさ溢れてた。
jankro

jankroの感想・評価

4.0
原作の面白さを全力でやりきってるね!
出てる俳優陣が素晴らしいの一言!
漫画原作って中々、脚色や変な削げ落としがあるから微妙なんが多いが、これは原作のテンションそのまま!

さすがクドカン脚本かなと。

原作の突飛なヤクザ成り上がりストーリーがキャラクターの柄がらしさを含めてそのまま実写化になっているし、配役もこの上なくぴったり!

終始ハイテンションで見れます。

ただ詰め込み感は否めないので、できれば何部作かに分けて息の長いシリーズにして欲しい。
生田斗真を見るためだったけど意外に面白かった!けど、長かった。

2019.43本目
一般的に言われるヤクザ映画、暴力団映画とは異なって、
だいぶおちゃらけているんですが、潜入捜査という、他とは違った視点と、それが故に繰り返される潜入捜査官の混乱と勘違いの繰り返しに笑わされます。

さすがコミックの映画版。

ちょいちょいイラストによる心情の解説が面白い。

そしてヤクザや暴力団のメンツが豪華でカッコイイ。

なんだかんだで2回みてしまいました。
なかた

なかたの感想・評価

3.5
原作未読ですがテンポも良くて楽しめました。バカっぽい感じなのがいい。
勝沼悠

勝沼悠の感想・評価

2.9
 潜入捜査としてヤクザの事務所に入り込む土竜の活躍を描く。
 大ヒット漫画を映画化。

 テンションの高さを最後まで維持していてなかなか面白い。この手の映画としては欠かせない堤真一はもちろん、主演の生田斗真もなかなかによい。
 面白いんだけど、この手の大ヒットコミックの映画化って目新しさはないなぁ。。。
Azu

Azuの感想・評価

4.0
DVD にて。《過去鑑賞》
コミカルな感じで楽しんで観れた☆
ありえない設定がおもしろい(笑)
この作品の斗真の演技好きです♪
>|