土竜の唄 香港狂騒曲(2016年製作の映画)

上映日:2016年12月23日

製作国:
  • 日本
  • 監督
    三池崇史
    脚本
    宮藤官九郎
    キャスト
    生田斗真
    瑛太
    本田翼
    古田新太
    菜々緒
    上地雄輔
    仲里依紗
    堤真一
    吹越満
    遠藤憲一
    皆川猿時
    岩城滉一
    久松郁実
    あらすじ
    交番勤務のダメ巡査、菊川玲二はある日突然クビになり超キケンな犯罪組織への 潜入捜査官すなわち“モグラ”になることを任命され広域指定暴力団・数寄矢会に 潜り込んだ。何度も死にかけながらも合間にちゃっかり童貞を卒業、 ケーサツである身分もなんとかバレずに生き抜いた玲二。最終ターゲットの 数寄矢会会長・轟周宝は挙げられなかったものの、“クレイジーパピヨン”こと日浦匡也に気に入られ、 兄弟の契りを交わしてしまった玲二は極道の世界にさらに深く潜っていくハメに! それから・・・ 警視庁組織犯罪対策部のエースとして正義感溢れるエリート警官・兜真矢が就任。 警察官とヤクザの癒着の撲滅を目指す兜にとって数寄矢会とつながる玲二は許せない存在だった。 その頃、玲二に轟周宝からビッグミッションが!それは、極悪非道のチャイニーズマフィア・仙骨竜を叩きのめすこと。 そして轟周宝とその娘にして奇跡の処女・轟迦蓮のボディガードになることだった! まさかの任務を与えられた玲二に警察の中から海の外から、かつてない危機が次々と襲いかかる! そしてその裏では、日本中をも巻き込むような、巨大な陰謀が動き始めていた。 原作でも絶大な人気を誇る、超シゲキ的な「チャイニーズマフィア篇」、遂に爆誕!!

    「土竜の唄 香港狂騒曲」に投稿された感想・評価

    シリーズ2作目。
    完全コメディw

    前作の一件の後、新たな組織チャイニーズマフィア"仙骨竜"が現れ"パピヨン"が探りに入り、"玲二"は組長"轟周宝"とその娘"迦蓮"のボディーガードを任される。
    一方、警視庁ではエリート警察官"兜"が組織犯罪対策部課長に就任した事により、取締りが厳しくなる。
    そんな中、迦蓮が連れ去られてしまい仙骨竜のアジト中国へ向かうことに…

    前作同様、てか前作以上にバカ丸出しで内容は無いに等しいが、コメディ物として見れば結構面白い😀
    相変わらず"玲二"は全裸からの登場。
    "パピヨン"はどんどん人間離れしてくw
    コントローラーのくだりは笑った!
    わざとらしいパンチラと生足攻撃満載…アザーっす(๑´艸`)
    虎と一体になっての急降下は芸術点高いな♪
    土竜の唄2番が聞き取れませんでした…
    てか、まだ続くんか(´ㅂ`;)?

    バイクに乗るときは、ヘルメットをかぶりましょう。
    娯楽映画としてとても良い
    気構えることなく、心地よい時間を過ごすことが出来る
    ほどよいグロさも体が疼いて良い

    この映画の瑛太がめっちゃ愛おしくてタイプ
    「 バッチこーーーーい!! 」

    警視庁組織犯罪対策部のエースとして
    正義感溢れるエリート警官・兜真矢が就任。警察官とヤクザの癒着の撲滅を目指す兜にとって数寄矢会とつながる玲二は許せない存在だった。その頃、玲二に轟周宝からビッグミッションが!それは、極悪非道のチャイニーズマフィア・仙骨竜を叩きのめすこと。そして轟周宝とその娘にして奇跡の処女・轟迦蓮のボディガードになることだった!まさかの任務を与えられた玲二に警察の中から海の外から、かつてない危機が次々と襲いかかる!そしてその裏では、日本中をも巻き込むような、巨大な陰謀が動き始めていた。〝本気〟と書いて〝マジ〟と読む男の新たなる潜入伝説が幕を開ける――!

    前作より色々とパワーアップしていて良かった。原作は未読だが、この作品は特にリアリティも完成度も求めず軽い気持ちで見ると意外と面白くていい。ちょいエロティックでお決まりのパンチラといった三池ワールドは、こういったおふざけテイストの映画にならよくマッチしていいかもしれない。いや、断じてテラフォーマーの悪夢のことを言っているわけじゃ……よし、話を戻そう。さらにさすがのクドカン脚本、ぶっとび具合もさることながら、ギャグがやっぱり相性がよくて笑える。冒頭からぐっと惹きこんで笑わせようとするところにセンスを感じた。ただこれも人を選びそうだなとは思ったのでそこは注意が必要。
    キャストに関して言えば、本田翼のあんな演技を見たことが無かったので少し驚いたし、見直した。こんなぶっとび演技出来るのか。さらには前作で仲間になった上地雄輔もいいキャラというか、新宿スワンといい、最近彼はこういうキャラが多い気がする。映画後半での「……ほな」は格好よかったし、なかなかの活躍っぷりを見せている。菜々緒はさすがのドSセクシーっぷり(笑)鞭にミニスカがこれ以上似合う日本人はいないだろう。
    勿論真面目なレビューをする映画ではないため批判をする気はないが、ラストにかけてのバトルシーンは下らなすぎてもう逆に面白すぎる。何だそれ!と突っ込みながらワイワイ観るのに最高の映画。
    バッチコーーイ!!
    前作に続き全力でバカ過ぎて面白かった。
    土竜の唄 弐番♫声小っさすぎ&フェイドアウト⁈笑
    土竜の唄 参番もあるかもよ♫って、間違いなくくだらないだろうけど結構期待。
    前回にも増して馬鹿馬鹿しくて好き。
    くっだらねぇ〜〜けど面白すぎ
    娯楽としては完璧ですね。こういったくだらないギャグの映画、嫌いじゃないです。
    山田孝之かっこよすぎですね、スタイル悪いけど
    >|