土竜の唄 香港狂騒曲の作品情報・感想・評価

土竜の唄 香港狂騒曲2016年製作の映画)

上映日:2016年12月23日

製作国:

3.3

あらすじ

交番勤務のダメ巡査、菊川玲二はある日突然クビになり超キケンな犯罪組織への 潜入捜査官すなわち“モグラ”になることを任命され広域指定暴力団・数寄矢会に 潜り込んだ。何度も死にかけながらも合間にちゃっかり童貞を卒業、 ケーサツである身分もなんとかバレずに生き抜いた玲二。最終ターゲットの 数寄矢会会長・轟周宝は挙げられなかったものの、“クレイジーパピヨン”こと日浦匡也に気に入られ、 兄弟の契…

交番勤務のダメ巡査、菊川玲二はある日突然クビになり超キケンな犯罪組織への 潜入捜査官すなわち“モグラ”になることを任命され広域指定暴力団・数寄矢会に 潜り込んだ。何度も死にかけながらも合間にちゃっかり童貞を卒業、 ケーサツである身分もなんとかバレずに生き抜いた玲二。最終ターゲットの 数寄矢会会長・轟周宝は挙げられなかったものの、“クレイジーパピヨン”こと日浦匡也に気に入られ、 兄弟の契りを交わしてしまった玲二は極道の世界にさらに深く潜っていくハメに! それから・・・ 警視庁組織犯罪対策部のエースとして正義感溢れるエリート警官・兜真矢が就任。 警察官とヤクザの癒着の撲滅を目指す兜にとって数寄矢会とつながる玲二は許せない存在だった。 その頃、玲二に轟周宝からビッグミッションが!それは、極悪非道のチャイニーズマフィア・仙骨竜を叩きのめすこと。 そして轟周宝とその娘にして奇跡の処女・轟迦蓮のボディガードになることだった! まさかの任務を与えられた玲二に警察の中から海の外から、かつてない危機が次々と襲いかかる! そしてその裏では、日本中をも巻き込むような、巨大な陰謀が動き始めていた。 原作でも絶大な人気を誇る、超シゲキ的な「チャイニーズマフィア篇」、遂に爆誕!!

「土竜の唄 香港狂騒曲」に投稿された感想・評価

1作目で抗体が出来たのか?!なんかワンパターンで面白味に欠けたような。

相変わらず生田斗真の男前な映画なのだが、本田翼の可愛いもグッドでした。

仲里依紗が何故か可哀想。
うめ

うめの感想・評価

3.2
終始ボーってしながら観れる映画。
菜々緒と仲里依紗のパンチラしか覚えてないw
こふぐ

こふぐの感想・評価

3.6
何も考えずに楽に観れる映画。
スマホをいじりながらでもストーリーに置いてかれる事はなかったです。

個人的には前作の方が好きでした。
ナイナイ岡村さんのキャラが良かったな。
またどっかで出てこないかな。

楽に観れて笑える邦画は貴重なので、次回作も来年くらいに出して欲しい。
、、、あるのかな?!
Beeske

Beeskeの感想・評価

2.6
語ることない。
展開ベタ。
前作はインパクトあったけど、続編なのでもう飽きた。
megu

meguの感想・評価

2.7
普通に面白かったです。
とにかくドタバタドタバタで
忙しい映画だけど、見所はたくさんあってなかなかグー👍
頭噛まれるところ笑える!
涙流してたし〜〜笑。🤣
あれ、最高‼️
菜々緒のスタイルは、本当すごすぎ〜〜
悪女役バッチリ。
スッポンは、嫌だよね〜〜
菜々緒の顔にスッポンか〜〜!
床

床の感想・評価

3.2
最後のシーンのジワジワおもしろさ。

ちょっと元気欲しいなあ、なんて時に観ると終わった後にすこーしだけ元気が出てるような映画。

クレイジーパピヨンが今回も本当にクレイジーやった。堤真一さんかっこいい。
続きあるんかないんかよーわからん感じ
ラストスッキリしやんくて
もやもや
面白かったけどもやもや
前作同様、本作も家族での鑑賞はお勧めできないお下品ぶり。
こうなるともうあえて家族で観て欲しいとすら思ってまう。

ただ、どうせ観るなら前作がお勧め。
今作もアホアホやけど、前作のアホアホには及ばず。

とは言うもののアホな気分でお気楽に観たい時にはもってこいかと。
のぞみ

のぞみの感想・評価

3.5
♡記録_2018-11

アホなテンションが相変わらず面白い。生田斗真は役の幅が広いからすごいと思う。イケメン崩壊の表情がコミカルで楽しめた。キャストも豪華!
kanoko

kanokoの感想・評価

-
18.6.18
しょーもな笑笑好き!
菜々緒が顔面にスッポンされてる姿が拝める
>|