土竜の唄 香港狂騒曲の作品情報・感想・評価

土竜の唄 香港狂騒曲2016年製作の映画)

上映日:2016年12月23日

製作国:

3.3

あらすじ

交番勤務のダメ巡査、菊川玲二はある日突然クビになり超キケンな犯罪組織への 潜入捜査官すなわち“モグラ”になることを任命され広域指定暴力団・数寄矢会に 潜り込んだ。何度も死にかけながらも合間にちゃっかり童貞を卒業、 ケーサツである身分もなんとかバレずに生き抜いた玲二。最終ターゲットの 数寄矢会会長・轟周宝は挙げられなかったものの、“クレイジーパピヨン”こと日浦匡也に気に入られ、 兄弟の契…

交番勤務のダメ巡査、菊川玲二はある日突然クビになり超キケンな犯罪組織への 潜入捜査官すなわち“モグラ”になることを任命され広域指定暴力団・数寄矢会に 潜り込んだ。何度も死にかけながらも合間にちゃっかり童貞を卒業、 ケーサツである身分もなんとかバレずに生き抜いた玲二。最終ターゲットの 数寄矢会会長・轟周宝は挙げられなかったものの、“クレイジーパピヨン”こと日浦匡也に気に入られ、 兄弟の契りを交わしてしまった玲二は極道の世界にさらに深く潜っていくハメに! それから・・・ 警視庁組織犯罪対策部のエースとして正義感溢れるエリート警官・兜真矢が就任。 警察官とヤクザの癒着の撲滅を目指す兜にとって数寄矢会とつながる玲二は許せない存在だった。 その頃、玲二に轟周宝からビッグミッションが!それは、極悪非道のチャイニーズマフィア・仙骨竜を叩きのめすこと。 そして轟周宝とその娘にして奇跡の処女・轟迦蓮のボディガードになることだった! まさかの任務を与えられた玲二に警察の中から海の外から、かつてない危機が次々と襲いかかる! そしてその裏では、日本中をも巻き込むような、巨大な陰謀が動き始めていた。 原作でも絶大な人気を誇る、超シゲキ的な「チャイニーズマフィア篇」、遂に爆誕!!

「土竜の唄 香港狂騒曲」に投稿された感想・評価

jody

jodyの感想・評価

3.3
結構このバカさ加減が面白くて好きです
ヤクザ社会が多少美化されてはいるけど組織の関係がしっかりしているしアクションもかっこいいのでこういうフィクションのヤクザものには憧れます

本田翼と菜々緒が可愛いです
masayo

masayoの感想・評価

3.0
今年一発目に映画館で鑑賞!!笑

1作目が凄く面白くて
めっちゃ期待して映画館へ…

1作目を超えられなかった~(^^;笑

けどそこそこ楽しめた笑
3

3の感想・評価

3.1
瑛太がやばかった

エンターテイメント

人身売買の話

もぐらに親を殺された瑛太が
れいじを殺そうとする話

菜々緒のアクションすご

正義正義って言ってて気持ち悪かった
さらい

さらいの感想・評価

3.8
やっぱりさすがの生田斗真。女装も美しい。結構際どいシーンも映画でやってくれて原作ファンとしては嬉しい限り。菜々緒の濃い美しさが土竜の唄感すごい。
はちゃめちゃおバカ!!

生田斗真がめっちゃ体張ってる!!

本田翼と菜々緒が美しかった(´∀`*)
前作の方が面白かった。
駄作まではいかへんけど続編しなくてもよかったのでは…… (´・ω・`)
けいこ

けいこの感想・評価

3.0
前作のほうがおもしろかった。生田斗真、相変わらず身体張ってんなー。菜々緒カッコいい‼︎
原作漫画好きです!

全然辻褄のあわない場面の連なりで、行き当たりばったりにお話が進んでいき、ラストに向けて本当にバカバカしく愉快に盛り上がっていくのですが
香港に入るあたりから、飽きてしまいました。

アクションにバリエーションが少ないというか、もっと無茶苦茶して欲しいなーなんて不満も感じました。

菜々緒さんのキャラクターが楽しくて、トイレでの戦いはとても素敵でしたし、ムチなんて武器も良くて、反面単調なアクションの中でもっと活用して欲しかったなーとも思いました。
本田翼さんも良くて、女性陣が魅力的な映画でした。
Takeshi

Takeshiの感想・評価

3.3
ラストの方かなり中弛みした感じあります。が、しかしクレイジーパピヨン最高なことに変わりありません。笑
前作同様面白かったです。
気楽に観ることができて、また続編あったら観たいと思いました。
>|