ハロー!純一の作品情報・感想・評価

「ハロー!純一」に投稿された感想・評価

とし

としの感想・評価

3.2
小学生時代にありがちなエピソードが多いけど、それを乗り越えて子供達が成長する姿が微笑ましい。 特に好きな子に消しゴムすら返せなかった純一の成長ぶりには目を見張るものがある。 最後のライブは心地よかった。 序盤の川辺で子供達がが喋るシーンは誰が何を言ってるのかほとんどわからなくて幸先が不安になったが、アンナ先生が登場してからは面白く観れた。 子供達もよかったんだけど巻き髪ミニスカのアンナ先生が可愛すぎた。 アンナ先生が歌うテーマソングも聞けて贅沢な自主制作映画。 子供達が主役ということでうちの子達も飽きずに観ていた。親としては『円卓 こっこ、ひと夏のイマジン』の方が面白かったけど。
ぼみ

ぼみの感想・評価

-
NHK感がすごい。狙ってチープさを出している感じがあるけど、子供に見てほしいと思って作った映画と聞いて納得。わざと大げさな演出にしたのかなと。2010年代の映画とは思えない空気感は慣れるとクセになってくる。慣れ始めた頃に映画は終わってしまうが…。どうしても、会話シーンで視点の切り替えが無駄に多い部分が気になってしまって、見づらいという印象が拭えなかった。
満島ひかりをはじめ、担任の先生や店長など大人組の安定感のある演技があったから、なんとか映画として成立していたと思う。シンプルなストーリーや子供たちのキャラクターはよかった。
一生懸命さは伝わるのですが・・・・・。
大人から視点の小学生じゃないかなぁこれは。
こんな小学生いねーだろ?漫画的でしかもドタバタした映像。
たーだ ドラえもんやちびまるこちゃんとは違うよってのはわかるのですが
シナリオが弱すぎる。小さいエピソードをちりばめたあげく
どのエピソードも不完全燃焼。
三時間くらいに感じるこの体感時間。
せっかく満島ひかりのぶっとび教育実習生なのだから
もっと面白くできたんじゃないかなぁ。
すごく残念なのはクライマックスの子供たちのバンドシーン
なんでアフレコにしちゃったかなー。すげーテンション下がりました。
あ 主役の子はなかなか中性的でよかったと思う。
薬師丸ひろこに似てますw
小学生の頃友達とハゲを探す旅に出て、ハゲ見つけて笑ってたら「おまえなめてんのか!」って怒られてしまって怖くて泣いちゃったことを思い出した
ゆいも

ゆいもの感想・評価

4.0
映画館で観た時私以外誰もいなくて貸し切りやった笑笑
シュールでゆるくて最高に好きな雰囲気で思いっきり笑いながら観れて楽しかったな〜〜満島ひかりがめちゃくちゃ好きになった作品やった☺️
観たけど!!!!!昔すぎて忘れた!笑笑
純一たちが可愛かった記憶があるよ!!楽器してたっけ?
ねこ

ねこの感想・評価

-
DVDある、実はこれで満島ひかりと手を繋いだ
スクールバンド映画
公開時イオン映画では子供はただで見れるみたいなことをやっていた記憶があるけど周りは誰も見にいってなかったな
大木茂

大木茂の感想・評価

3.8
石井監督死んじゃったのかな…?

子供だけの演技見てられなくて辛かったわ
マジで何言ってるか分からなかったし

ゴメン観終わったらこんな事言えないくらい良かったわ
子供の独特の喋り方って多分、石井監督の演出だろうな
ナイスの森の警官とかモチくんみたいなモニョモニョみたいな喋り方に似てんだよね


ショタと裏でタバコ吸いながら消しゴム奪ってイジメるひかり先生はめっちゃ良かった

森下能幸、若人あきらとか石井ファミリーは和むね
おじいちゃんとのダンスのシーンは三角形のうた思い出す

あとCM撮影の『あい!』は石井監督の声だろうなぁ

子役の女の子みんな可愛いな

純一の両親が出ないのは何か意味があるのかな?

ラストとエンディングはなんか全部詰まってて暖かくなるわ〜

ラストにうた歌うのに外さないでしっかり良い曲の主題歌
「愛なしでは息もできない」
ほんといい歌

2週目見るとさ伏線結構あったりキャラクター理解してるから更に楽しめるんだよね
このクラスメイト達ずっと観てたいわ…

ナイスレインボー永遠なれ
夫が飲み会で、夫の両親もお出かけでいなかったので、突発的に子供達を連れて博多駅にあるTJOY博多まで遊びに行って参りました! 

ハロー!純一、良かった~♪ 
映画通の友人さんの評価が高くて、しかも子供は無料で観れるとあって、迷わずこの作品にしました! 
息子がツボったらしく、もう一回、今度は友達も連れて一緒に観に来たい!と言ってました! 
笑いと涙に溢れたハートフルドラマ。 
主役は子供達なんだけれどもボケぎみのおじいちゃんの我修院とか、薄幸ママの池脇千鶴とか、セクシー教師の満島ひかりとか、脇を固める役者もいーし、ストーリーも見終わったあと、とっても清々しくてハッピー\(^^)/ 

二歳児の娘も一回トイレにつれてったけど大人しくしてくれてたので、良かった~♪
内気でいつもモジモジしている純一と、個性的なキャラの仲間たち。
小学3年生6人が力を合わせて一つのことに頑張り成長する映画……て、おい。
ちょっと石井監督。急に作風変わったよね。
痛々しくてグロいから子供ば観ちゃダメっていう映画撮った後に、この作品。
子供が観て楽しめる子供のための映画になってるよ。希望と勇気に溢れた青春映画だよ。
鮫肌男の作風に戻して帰ってきておくれー‼
>|