円卓 こっこ、ひと夏のイマジンの作品情報・感想・評価・動画配信

「円卓 こっこ、ひと夏のイマジン」に投稿された感想・評価

公開時に観たんで8年ぐらいたったんやなあ。当時より楽しめた気がする。おもしろっ。
実写版じゃりんこチエ+ちびまる子ちゃん

今なら完全にBPOに引っかかりそうな汚い言葉が飛び交う子供映画であったが。別に真似してもいいんじゃないだろうかそこに愛があれば。やっぱり芦田愛菜は子役の時からずば抜けている。あまり評価されてないが良い映画であった。
sasa

sasaの感想・評価

4.0
新しい言葉、新しい概念……少女がそれをひとつずつ咀嚼し、模倣し、吸収することで、子供の世界はまたひとつ拡張される。
ともすれば大人がタブー視する「吃音」「在日韓国人」「変質者」「不登校」などに対して、純粋に自分との差異を見出す少女が微笑ましいのは勿論、表層的な差異以上に横たわる溝を埋めるために「イマジン」というキーワードで精神的な成長を描写する。
seckey

seckeyの感想・評価

-
天才は幼少期も違和感なく演技できちゃうから天才。そして何より芦田愛菜ちゃん可愛い。

このレビューはネタバレを含みます


円卓 (小説)
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動検索に移動
円卓
[[ファイル:<>|px|]]
著者 西加奈子
発行日 2011年3月5日
発行元 文藝春秋
ジャンル 長編小説
ユーモア
国 日本の旗 日本
言語 日本語
形態 四六判上製本
ページ数 192
公式サイト books.bunshun.jp
コード ISBN 978-4-16-329980-8
ISBN 978-4-16-786101-8(文庫判)
Portal.svg ウィキポータル 文学
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示
『円卓』(えんたく)は、西加奈子による日本の小説。『別冊文藝春秋』(文藝春秋)にて2010年9月号・11月号・2011年1月号に連載、2011年3月5日に文藝春秋より刊行された。家族に愛されながらも、不満ばかりが募り、「孤独」を愛する小学3年生の琴子(通称:こっこ)が、ひと夏を通じて成長していく物語。

及びそれを原作とし、2014年6月21日より東宝系で公開の日本映画。


目次
1 あらすじ
2 登場人物
2.1 渦原家
2.2 登北(のぼきた)小学校3年2組
2.3 その他
3 書誌情報
4 映画
4.1 キャスト
4.2スタッフ
5 脚注
6 外部リンク
あらすじ
Wiki letter w.svg
この作品記事はあらすじの作成が望まれています。ご協力ください。(使い方)
登場人物
渦原家
祖父(68歳)、祖母(72歳)、父(35歳)、母(39歳)、三つ子の姉(14歳)と琴子の8人家族。公団住宅のB棟の3階に住んでいる。六畳の居間には、駅前の潰れた中華料理店「大陸」から譲り受けた深紅の円卓(ターンテーブル)がある。

渦原 琴子(うずはら ことこ)
家族全員から愛される、本作の主人公。3年2組。好きな言葉は「孤独」。公団住宅の3階に住んでおり、賑やかな家族にしばしば辟易し孤独に過ごしたい、「可哀想」な状況に置かれたい気持ちに駆られる。「あの三つ子の妹」と呼ばれることが何よりも嫌い。
石太とぽっさん以外は皆「こっこ」と呼ぶが、男子からは「こけこっこ」などとからかわれる。
初めて聞いた言葉をノートに書き留めるなど知識の吸収に貪欲で賢いところもあるが、口癖は「うっさいボケ!」で、キレると手がつけられないと学級内では有名。
渦原 理子(うずはら りこ)・眞子(まこ)・朋美(ともみ)
琴子の三つ子の姉。14歳。美人。理子はバスケ部に、眞子はソフトボール部に、朋美は手芸部に所属している。琴子が大好き。
渦原 寛太(うずはら かんた)
琴子の父。35歳。便利屋で働いている。学生時代はラグビーの選手として活躍した。左上腕部に、若気の至りで入れた碇のマークの入れ墨がある。7人きょうだいの末っ子。琴子を天使のように可愛がる。
渦原 詩織(うずはら しおり)
琴子の母。学生ラグビーのチアリーダーをしていた。寛太とは合コンで知り合った。琴子が可愛くて仕方がない。豪快ながら美味しい料理を作る。
渦原 紙子(うずはら かみこ)
琴子の祖母。8人きょうだいの長女で、早くに亡くなった母に代わり、弟妹の世話に追われながらも、皆を成人させた後、30歳で結婚した。その後、7人を年子で出産した。琴子を目に入れても痛くないほど可愛がる。石太曰わく、デリカシーがない。
渦原 石太(うずはら いした)
琴子の祖父。頑固でひねくれ者。活字が大好きで、印刷工になった。詩織と紙子の相性が良いため、末っ子の寛太と同居している。
琴子が家族の中で唯一尊敬している人物。
登北(のぼきた)小学校3年2組
香田 めぐみ(こうだ めぐみ)
琴子が憧れるクラスメイト。年齢の割に言動が大人びているため、男女問わず人気がある。
ジビキ
3年2組の担任教諭。31歳。学生時代から付き合っている彼女がいる。
ぽっさん
琴子の新生児の時からの幼なじみで、同じ公団住宅のC棟の3階に住んでいる。両親と5歳年上の兄との4人家族。吃音症であるが、その独特のリズムの話し方に琴子は憧れる。七福神の一人、寿老人が大好きで、彼が持っている杖を欲しがっている。
横山 セルゲイ(よこやま セルゲイ)
琴子の隣の席の男子。ロシアと日本のハーフ。女子から大変人気がある。
幹 成海(みき なるみ)
琴子の前の席の女子。琴子とは1年生の頃から同じクラス。おかっぱ頭で黒目がちの丸い目をしている。
鼻糞鳥居(はなくそとりい)
いつも鼻糞をほじっては机の縁に付け、女子から嫌われている。
菅原 ありす(すがわら ありす)
幹成海の前の席の女子。ホルモンの病気で既に生理がある。
ゴックん(グウェン・ヴァン・ゴック)
ベトナム人。両親は在日ベトナム難民。ボートピープルとして出航し、日本海沖で転覆したところを日本の漁船に助けられた。駅前でベトナム料理店「ハナ」を経営する。日本で生まれ育ったため、日本語しか話せない。
ちゅーやん(矢内)
父親は有名家電量販店カネホシ電機の社長で、母親はその愛人。
朴 圭史(パク けいし / 朝鮮語読み:ギュサ)
学級委員。大学教授の父・秀然(スーヨン)は現在、女子学生と関係があった廉で休職中で、更に母・朋美(ともみ / ブンミ)に家を追い出され別居中である。左目の下に知床半島のような痣がある美少年。大人びた優等生。
その他
玉坂(たまさか)
登北西中学校手芸部の部長。四角いアナログ時計のような顔。割烹着に不死鳥の、晴雨兼用傘に十一面観音像の刺繍を見事に施し、「姑」というあだ名を付けられている。
森上(もりがみ)
登北西中学校生徒。理子の彼氏。男子バスケ部。阿呆だがイケメン。
竹田 冨美枝(たけだ とみえ)
A棟の1階に住む、スナック「きさらぎ」に勤める女性。
沢(さわ)
登北小学校保健教諭。レズビアン。50歳。
書誌情報
円卓(2011年3月5日、文藝春秋、ISBN 978-4-16-329980-8)
円卓(2013年10月10日、文春文庫、ISBN 978-4-16-786101-8)
映画
円卓
こっこ、ひと夏のイマジン
監督 行定勲
原作 西加奈子
出演者 芦田愛菜
伊藤秀優
青山美郷
入江甚儀
八嶋智人
羽野晶紀
丸山隆平(関ジャニ∞)
いしだあゆみ
平幹二朗
製作会社 「円卓」製作委員会
配給 東宝映像事業部
公開 日本の旗 2014年6月21日
上映時間 113分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示
『円卓 こっこ、ひと夏のイマジン』(えんたく こっこ、ひとなつのイマジン)が映画版のタイトル。2014年6月21日に[1]全国63スクリーンで公開された[2]。

映画『うさぎドロップ』やテレビドラマ『マルモのおきて』で主演を務めてきた芦田愛菜は単独としては映画初主演[3]。これまでピュアな役どころが多かった[4]芦田が本作では、偏屈で口が悪く、関西弁で毒づく少女役を演じる。

ぴあによる6月20日、21日公開映画初日満足度調査で1位を獲得している[5]。

キャスト
渦原 琴子 - 芦田愛菜
渦原 寛太 - 八嶋智人
渦原 詩織 - 羽野晶紀
渦原 理子・眞子・朋美 - 青山美郷
森上 - 入江甚儀
渦原 石太 - 平幹二朗
渦原 紙子 - いしだあゆみ
ぽっさん - 伊藤秀優
ぽっさんの5つ上の兄さん - 吉田晴登
朴くんのお母さん - 中村ゆり
朴 圭史 - 古谷聖太
香田 めぐみ - 草野瑞季
ゴックん - 野澤柊
幹 成海 - 内田彩花
菅原 ありす - 吉岡伽蓮
たっちん - 藤田更紗
鼻糞鳥居 - 向井悠悟
横山 セルゲイ- 木村帆尊
五年生女子 - 蔵前美郁
五年生男子 - 村瀬透和
ジビキ - 丸山隆平
石田先生 - 三浦誠己
竹田 富美枝 - 谷村美月
鼠人間 - 森山開次
野次馬のおっさん - 浜村淳
みどりのおじさん - 川藤幸三
リポーター - タージン
クラスメート
江藤 - 佐々木一途
玉山詩
石原誠剛
寺川宗汰
福栄新
森遥野
永田きら
徳永風歌
岸田雅
林卓
江上凌平
新居明果
舘岡和奏
スタッフ
監督 - 行定勲
脚本 - 伊藤ちひろ
原作 - 西加奈子
撮影 - 福本淳
美術 - 相馬直樹
装飾 - 田中宏
小道具 - 矢野浩加
音楽 - めいなCo.
録音 - 伊藤裕規
音響効果 - 岡瀬晶彦
照明 - 市川徳充
編集 - 今井剛
衣裳デザイン - 高橋さやか
ヘアメイク - 倉田明美
キャスティング - 杉野剛
助監督 - 足立博
スクリプター・記録 - 中西桃子
SFX・VFXスーパーバイザー - 園川励志
制作担当 - 児嶋冬樹
制作プロダクション - セカンドサイト、ザフール
製作 - 「円卓」製作委員会(讀賣テレビ放送、毎日放送、朝日放送、テレビ大阪、関西テレビ放送、読売新聞社、電通、東宝、ポニーキャニオン、WOWOW、セカンドサイト、ザフール)
配給 - 東宝映像事業部
脚注
[脚注の使い方]
^ “芦田愛菜の単独初主演映画、タイトル&公開日公表!”. ぴあ映画生活. 2014年2月21日閲覧。
^ “「円卓」初日に正装の芦田愛菜&行定勲監督は親子参観!?”. 映画.com (2014年6月21日). 2018年10月30日閲覧。
^ 中山雄一朗 (2013年7月26日). “芦田愛菜、映画単独初主演!行定勲監督『円卓』で「うるさい!ぼけ!」と関西弁で毒づく!”. シネマトゥデイ. 2013年11月5日閲覧。
^ “芦田愛菜ちゃん、行定勲監督「円卓」で映画初主演 関西弁で毒づきまくる!”. 映画.com (2013年7月26日). 2013年11月5日閲覧。
^ 芦田愛菜主演の『円卓…』が満足度第1位に!ぴあ映画生活2014年6月23日
外部リンク
『円卓』西 加奈子 - 文藝春秋BOOKS
文春文庫『円卓』西 加奈子 - 文藝春秋BOOKS
「言葉」がテーマであり主役の小説 - ウェイバックマシン(2013年11月5日アーカイブ分) - 松田哲夫による書評
かつて子供だった大人たちが忘れてはならない大事なこと - ウェイバックマシン(2013年11月5日アーカイブ分) - 行定勲による書評
映画『円卓 こっこ、ひと夏のイマジン』 - 映画公式サイト。2014年12月17日時点のアーカイブ。
忘れてしまう童心をいきいきと描いた映画『円卓』はキャスティングで成功した - CREAWEB
表話編歴
行定勲監督作品
1990年代
OPEN HOUSE (1998年)
2000年代
ひまわり (2000年)閉じる日 (2000年)えんがわの犬 (2001年)贅沢な骨 (2001年)GO (2001年)ロックンロールミシン (2002年)セブンス アニバーサリー (2003年)きょうのできごと a day on the planet (2004年)世界の中心で、愛をさけぶ (2004年)北の零年 (2005年)春の雪 (2005年)ユビサキから世界を (2006年)遠くの空に消えた (2007年)クローズド・ノート (2007年)ショコラの見た世界 (2007年)
2010年代
今度は愛妻家 (2010年)パレード (2010年)つやのよる ある愛に関わった、女たちの物語 (2013年)円卓 こっこ、ひと夏のイマジン (2014年)真夜中の五分前 (2014年)ピンクとグレー (2016年)ナラタージュ(2017年)リバーズ・エッジ(2018年)
2020年代
劇場(2020年)窮鼠はチーズの夢を見る(2020年)つばき、時跳び(2021年)
オムニバス・短編
月に沈む (2002年)Jam Films「JUSTICE」 (2002年)カメリア「Kamome」 (2011年)うつくしいひと (2016年)
執筆の途中です この項目は、文学に関連した書きかけの項目です。この項目を加筆・訂正などしてくださる協力者を求めています(P:文学/PJライトノベル)。
項目が小説家・作家の場合には {{Writer-stub}} を、文学作品以外の本・雑誌の場合には {{Book-stub}} を貼り付けてください。
円卓 こっこ、ひと夏のイマジンに関するカテゴリ: 2014年の映画 日本のドラマ映画 読売テレビ製作の映画 東宝製作の映画作品 行定勲の監督映画 小説を原作とする映画 小学校を舞台とした映画作品 集合住宅を舞台とした映画作品 大阪府を舞台とした映画作品 家族を題材とした映画作品 毎日放送製作の映画 朝日放送製作の映画 WOWOW製作の映画 関西テレビ製作の映画 ポニーキャニオンの映画作品 テレビ大阪製作の映画
カテゴリ: 西加奈子日本の小説2010年の小説別册文藝春秋小学校を舞台とした小説集合住宅を舞台とした小説大阪府を舞台とした小説夏を題材とした小説

以上Wikipediaから引用

 芦田愛菜は、天才子役です、将来有望ですね。
めっちゃすき!だけどなんかが怖かった印象
1人で見れないな多分
ただ、もっかい内容思い出したい
誰かと見たいなぁ
おそらく、原作と比べると台詞による説明過多になっているように感じるのは、劇中の子供達と同年代の客層もターゲットにしているからだと思われる。

それに強い違和感を覚える。

タイトルにわざわざ「イマジン」を付け足していることや、インタビューでの応答からしても、扱うべき主題を理解した上で制作されていることは明らか。

なのに、台詞で言わせてどうする。
観客に考えさせないでどうする。

というシーンがあり、なんだか受け手の想像力を信じていないように感じた。

それはこの作品でこそやってはいけないことではないのか。

こっこ役の芦田愛菜さんや、ぽっさん役の伊藤秀優さんをはじめ、子役の演技は素晴らしかったので余計に残念。

このレビューはネタバレを含みます

原作既読。こっこがつけてた目玉のヘアゴムが強烈w 原作読んだのがだいぶ前でうろ覚えだけど、ほぼ原作通りのよう。ぽっさんが芦田愛菜ちゃんのこっこを上回る出来に思えた。鼠人間に遭ったときのことを話すこっこに、自分がそのときいなかったことを申し訳なく思うぽっさんの優しさがたまらなかった。

結局は自由研究にしなかった落ちてる石にクレヨンでいるを塗る工作や、刺した蚊を殺して画用紙に貼る自由研究は映画のオリジナルみたい。また、家族の年齢祖父母と両親の年齢がWikiで調べた原作の年齢と違っていた。祖父68歳→76歳、祖母72歳→65歳、父35歳→42歳、母39歳→42歳。
芦田愛菜ちゃんは安定の好演。
基本的にみんな仲がいい。
あれ?ここもめるかな?と思っても大丈夫。
小学生低学年男女の仲の良さがずっと続くとよいのになぁ…。

びっくりしたのは三つ子が青山美郷の一人三役。
じに

じにの感想・評価

3.0
ㆍ어릴때의 너무 순수함이 잘 표현해 있다
ㆍ새로운 단어들을 들으면 그 소리가 멋있을지 아닐지로 판단하고 ㅎㅎㅎ 다치는것도 왠지 멋있어 보이고 그랬다
ㆍ왜라는 어린이들의 질문에 잘 대답해 줄 수 있는 어른이 되고 싶다
ㆍ이마진(imagine) 사람이 어떻게 느낄지 어떻게 생각할지를 상상한다
ㆍ어른이 돼서도 어려운데 이게 이린에게 하래…되게 어렵다 ㅎㅎㅎ
>|

あなたにおすすめの記事