円卓 こっこ、ひと夏のイマジンの作品情報・感想・評価

円卓 こっこ、ひと夏のイマジン2014年製作の映画)

上映日:2014年06月21日

製作国:

上映時間:113分

3.5

あらすじ

愛にあふれた賑やかな大家族でも、こっこの心は“こどく”を求めるのです。 小学三年生のこっこ(芦田愛菜)は、大阪の狭い団地で8人の大家族で暮らしている。お父さんとお母さん、おじいちゃんとおばあちゃん、そして三つ子の姉たち…。こっこは、みんなにうんと愛されている。だけど、こっこはそんな絵に描いたような幸せな毎日が疎ましくて仕方がない。孤独に憧れるこっこにとっては、人と違うことが一番「かっこええ」こと…

愛にあふれた賑やかな大家族でも、こっこの心は“こどく”を求めるのです。 小学三年生のこっこ(芦田愛菜)は、大阪の狭い団地で8人の大家族で暮らしている。お父さんとお母さん、おじいちゃんとおばあちゃん、そして三つ子の姉たち…。こっこは、みんなにうんと愛されている。だけど、こっこはそんな絵に描いたような幸せな毎日が疎ましくて仕方がない。孤独に憧れるこっこにとっては、人と違うことが一番「かっこええ」ことなのだ。その憧れの眼差しは、ある日突然、眼帯をしてきたクラスメイトの香田めぐみさんだったり、実は、「ざいにちかんこくじん」の朴くんだったり、一番の仲良しで吃音(きつおん)のぽっさんに向けられる。そんなこっこの夏休みが始まった。日常とちょっとした非日常の間で、小さなこっこの大冒険が始まる。祖父が教えてくれた“イマジン”(想像すること)という言葉を胸に抱いて、こっこは少しずつ大人になってゆく…。

「円卓 こっこ、ひと夏のイマジン」に投稿された感想・評価

食塩

食塩の感想・評価

3.6
小学生のときに夏休みに学校のプールから帰ってきて、大好き五つ子などのドラマをみてるときのような感覚で観た。小学生懐かしい~。
いーもの観たっ!(๑>◡<๑)

子供が主体の映画ってあんまり観ないんだけど、これは予告を観た時から気になってました。

もぉ、芦田愛菜ちゃんがほんっと可愛くって天才的に上手い。

純粋で複雑であったかくって難し〜い、こっこちゃんの心。

お友達の災難や不幸を心底「かっこぇえわぁ」って羨ましく思っちゃう不思議なこっこちゃん。

だけど、おじいちゃんに「イマジン」を教わってから、たくさんたくさん考えて、少ぉしずつ大人の表情になってくこっこちゃんを見ていたら、なんだか切なくなりました。

原作、西加奈子で、行定監督じゃないですか!

そりゃぁ良いに決まってますよね。

今はだいぶお姉さんになってしまった芦田愛菜ちゃんの、貴重な子役時代のお話でした。
K

Kの感想・評価

-
個人的に当たり。映画館よりも、家で、DVDで観る系かなと思う。
抽象的で不思議な作品。いろいろ考えさせられた……そしていろいろ思い出した。案外小3の記憶って曖昧。でも大げさに再現するとしたらこんな感じだった気がする。そのくらいの年齢を相手する親とか先生って本当に大変だろうな……


そして芦田愛菜って本当にすごい、と今更ながらに感じた。いや、ほんとにすごい。





wiki見たら先生の説明だけ短かすぎて笑った……その情報いる………??
でもそれ理想すぎる、なりてぇ……
記録用。
知らず嫌いだったが芦田愛菜かわいい。すきになった。
ぽっさん役の伊藤くんもとても上手くて他の出演作品を調べたがなかった。もっとみたい。
西加奈子。
それだけで見た。
関西弁のブラック愛菜ちゃんもなかなか良かった。子役の中ではなんか別格。
おもわず笑ってしまうほのぼのとした話。
mayapus

mayapusの感想・評価

4.0
こっことぽっさんがかわいすぎる!!色んな新しいことに興味を持って、何で!?どうして!?を突き詰める好奇心と、踏み込んではいけない境界線と。カッコいい!!を真似するとこ、まる子ちゃんのエピソードにもたしかあったし、私もあったなぁ…懐かしかったり笑えて、ほっこり泣けて、めちゃよかったーーー!!



蝉の髪ゴム!!笑
Phill

Phillの感想・評価

3.4

このレビューはネタバレを含みます

幼少期を思い出してざわざわしてしまう部分もあったりと、少々色んなこと感じながら見ました。
今までみた変質者の中でもピカイチで、ヤバかったです笑
TzlTTqTj

TzlTTqTjの感想・評価

3.1
想像することを選んだ女の子の物語。

芦田愛菜が良い。可愛らしいけれど時々みせる表情が女の人にみえたりした。

観終わって姉妹がちゃんと三姉妹だったと感心したりした。

エンドロールで原作を知った。ぼくは彼女の小説が好きだ。読んでみようと思った。
さぁ

さぁの感想・評価

4.5
めちゃめちゃ良い映画を見た。子供の頃の、まっすぐで、でも複雑で、不思議で、自分でもなんやよくわからんぐるぐるした気持ちを、こんなにも丁寧に描いていて、涙が出る。こっこの周りには愛に溢れた人ばかりがいて、幸せもんやな。芦田愛菜の演技力がすごい。こんな女優さん他にいない。あと、ぽっさんがええ男すぎる。
ず

ずの感想・評価

3.4

丸山隆平さんが出てる映画は絶対観るという使命感のもと(と言いつつ肝心のストロベリーナイトとか全然観たことない)、鑑賞しました。
「うちらを宿題で縛りつけて、せんせー何するのー?デート?」とか言って先生困らせちゃう系女子小学生でありたかった。

とってもほっこりして、こっこも丸ちゃん先生もこっこの家族もお友達もみんなみんないい人たちだったんだけど、何となくわかる様でわからない部分が多かった印象。
こっこみたいなこと私も中学生くらいの時考えてたなーと思いつつ、流石に小学生のときからここまで傍若無人ではなかったかもなーと考えてた。今の方がたぶんよっぽど傍若無人。

でも、キャラ一人ひとりが愛おしくって、よかった。ぱくくんも、こっこのお姉ちゃんたちも。
元ジャニオタ、今は大人になって影ながら丸ちゃんを応援する身としては、あの小学校の先生役良すぎない???
あんな先生いてほしいなって、丸ちゃんファンじゃなくても思うんじゃないかなぁ。うずはらは違うやろ、とか。存在感がそこまであるわけじゃないけど、大切な役で、そんなポジションが丸ちゃんの姿とよくマッチしてるなぁって思って観てました。

行定監督の作品はあまり観たことがないけど、結構世界観のあるカットも多くて面白かった。ナラタージュとかもそうなのかな?
でも、ナラタージュと円卓たぶんノリが全然違うよね。監督の中にはいろんな世界があるんだな〜幅がすごい
>|