円卓 こっこ、ひと夏のイマジンの作品情報・感想・評価

円卓 こっこ、ひと夏のイマジン2014年製作の映画)

上映日:2014年06月21日

製作国:

上映時間:113分

3.5

あらすじ

愛にあふれた賑やかな大家族でも、こっこの心は“こどく”を求めるのです。 小学三年生のこっこ(芦田愛菜)は、大阪の狭い団地で8人の大家族で暮らしている。お父さんとお母さん、おじいちゃんとおばあちゃん、そして三つ子の姉たち…。こっこは、みんなにうんと愛されている。だけど、こっこはそんな絵に描いたような幸せな毎日が疎ましくて仕方がない。孤独に憧れるこっこにとっては、人と違うことが一番「かっこええ」こと…

愛にあふれた賑やかな大家族でも、こっこの心は“こどく”を求めるのです。 小学三年生のこっこ(芦田愛菜)は、大阪の狭い団地で8人の大家族で暮らしている。お父さんとお母さん、おじいちゃんとおばあちゃん、そして三つ子の姉たち…。こっこは、みんなにうんと愛されている。だけど、こっこはそんな絵に描いたような幸せな毎日が疎ましくて仕方がない。孤独に憧れるこっこにとっては、人と違うことが一番「かっこええ」ことなのだ。その憧れの眼差しは、ある日突然、眼帯をしてきたクラスメイトの香田めぐみさんだったり、実は、「ざいにちかんこくじん」の朴くんだったり、一番の仲良しで吃音(きつおん)のぽっさんに向けられる。そんなこっこの夏休みが始まった。日常とちょっとした非日常の間で、小さなこっこの大冒険が始まる。祖父が教えてくれた“イマジン”(想像すること)という言葉を胸に抱いて、こっこは少しずつ大人になってゆく…。

「円卓 こっこ、ひと夏のイマジン」に投稿された感想・評価

さ

さの感想・評価

-
子どもの感情は色々すぎて、理解できんこともあるけど頭ごなしに怒ったらあかんのやなぁとか、そういう目線で観てた。
頭の中ではいろんなことが起こってて、行動にはちゃんと理由がある。あったはずやのにだんだん常識に縛られて、理由を忘れてしまって、なんでやったらあかんのか、なんでそうしなあかんのか説明できんようになってきた。
子どもの頃「なんで?」って聞きまくってたのに、いつのまにか「そういうもの」「諦めなさい」っていう大人にとって都合よく考えてしまうようになってしまった。
当たり前のことやけど大人になった今思い返すことができて、よかったと思う。親になったら、おじいちゃんみたいに一歩引いた目線で子どもを導きたいなぁ、と思うけど無理やろなぁ、、

それはそうと、きっしょい変態きしょすぎて、見た瞬間ファンタジーかと思うレベルだった。

あとこっこの「うっさいねんぼけぇ」が可愛すぎ!全体的に関西弁うまかったのは、関西出身の俳優さん使ってたからかな?好感が持てました。
oyasu

oyasuの感想・評価

3.7
個人的にはとても好き。
愛菜ちゃん達の軽快な関西弁とズケズケした物言いで、子供の世界を描いている。
きも~い変態は笑えた。
が

がの感想・評価

4.0
子供のときの感性、感覚、色んなものが蘇ってくる。
こっことぽっさんの可愛らしい掛け合いから個性・アイデンティティとは?をなかなかに考えさせられる。
これもそう!原作読んでな分からん、若しくは、より楽しめる描写が沢山!
こっこの芦田愛菜は、良かったな!
tok

tokの感想・評価

4.8
森山開次 の異質者
思っていても言っちゃいけないことをなぜととう
思っていることの大半は自分で思ったことではなくて人や世の中に決められている
あ

あの感想・評価

5.0

大好き大好き大好き!
原作も映画も大好きです。

愛しいこっこ、大人になったね。
こどもって愛しいなあ。このクラスの子、みんな愛しい。幸せになってね。

何回も観たくなって、何回も観て、大好きな映画。そして、わたしは芦田愛菜ちゃんがすごいすき。
こっこが可愛い!私も小さいときは真剣に変なこと考えてなって思い出した。
す

すの感想・評価

5.0
「このかんじ、わたしにしかわからないだろうな」という風に思わせる作品って良い。
(実はみんながそう思ってたりする)
西加奈子の原作もおすすめ。
月

月の感想・評価

5.0
小学生の時、変やと思っても言えへんかったり、こういうことは思ったらアカンのやろなと考えていたりしたこと、あった。オトナの顔色を伺って、こう言うた方がええんやろなっていう感覚、心に潜めている感覚、あった。

ほんまはこんなこと思ってんねん、ってことを対等に聴けるような、自由で寛大で柔軟な人になりたい。石太みたいなおじいちゃんとか、ぽっさんみたいな親友、ええな。子どもだけやなくて、子どもらを見守る大人もとても良かった。石太みたいな人になりたい。嬉しないときは嬉しなくてええねん。

今でも小学生の頃を結構覚えてるけど、割と、芯は小3の頃と変わってへん。小学生のときの、うっとり不思議な感覚、変な夢を見てるような感覚、こっこが見ているものは、そんな感じやった。私も見たことある、と思う。
まぁ

まぁの感想・評価

3.7
小学3年生の「こっこ」が主人公…☆

…彼女の「感性」「感覚」…面白いな…と、前半は緩く観ていたんだけど…
半ばくらいに「作品の空気、色」が…ガラッと変わる…

(…最後は、また、前半のようになるのだけれど…)

小学3年生…色々なことが…「分かってくる」年代…かな…

「生と死」「命」「両親の問題」「同級生」…etc…
…心の動きや揺れ、疑問など…とても繊細に描かれていた…☆

…主演の芦田愛菜の表現力…やはり凄い…♡

同級生たちも…皆んな個性に溢れていて…
「男女」を意識しないで遊べる…最後の年代のような…気がする…

(…自分の小学3年生…遥か遠い過去なので…「どうだったかな」と…思い出しながら…笑)

家庭に「円卓」があるって…良いね…♪
…家族揃って「食卓を囲む」って…良い…♪

こっこの夏休みの「自由研究」…笑った…(笑)…この「発想」…なかったな…(笑)

お爺ちゃん役の平幹二朗が発した「
自分の言葉には責任を持たないといけない」…という台詞(言葉)…
グッと胸に響いた…♪

良い作品だと…思う…(o^^o)
>|