円卓 こっこ、ひと夏のイマジンの作品情報・感想・評価

「円卓 こっこ、ひと夏のイマジン」に投稿された感想・評価

muu

muuの感想・評価

3.4
ぽっさんとこっこが夏の夜意見を出し合ってるシーンが好き。ぽっさん優しいな。

このレビューはネタバレを含みます

好奇心溢れる少女のお話かと思いきや
ものもらい、在日韓国人、吃音、そして死まで他の人が恥ずかしかったり、怖かったり、隠したかったりすることをこっこは「カッコいい」と憧れる。
なんか大切にすべきものや子供の発想など何かを気づかされる、そんな映画。
そして子供が出来る=喜ぶみたいな一般的な解釈をも覆すこっこの発言に考えさせられた。
イマジン。人間一人ひとりもっとまっとしてかないといけないし大切なこと。

芦田愛菜ちゃんはかんわいいけど、それだけじゃなく表現の幅がすごい。まさに天才子役
芦田愛菜の演技力すごい

毎回この子の出演作を観るたびに思う

一時期やたらテレビ番組に出ていた時は、周りの大人の絡みが腹立つから観たくなかったけど
演者としてはすごいと本当に思う
ちょっとくどいところもあるけど

それはそれとして作品は
芦田愛菜の一人舞台、かと思いきや他の登場人物もそれぞれの役割でそれぞれにいい味を出していて

特に幼なじみというか、1番近所のどもり口調の男の子が
こっことのやりとりでとても素敵な関わり方をしているし、その2人の絡みを見ているお祖父さんとの3人のシーンも良い


変態さんはやや突飛なお笑い芸人が入りこんで来たような空気感だったけど
子どもというか少女心に致命的にならないトラウマを植えつけるのには適度な存在だし

なんというか、少年時代の印象的な一幕をやや哲学的な描写を交えつつ爽やかに締めて描いているなぁと思う作品
NONAME

NONAMEの感想・評価

3.1
やわらかい映画やった やさしい

みんな大阪弁うまいなあと思った

気になってたからやっと見れて嬉しい
りん

りんの感想・評価

4.0
まなちゃんの関西弁めっちゃ可愛かった。
真似っ子なこっこ、元気で可愛かった(งᐛ )ง
ヒルコ

ヒルコの感想・評価

2.9
芦田愛菜だよ!それにしても芦田愛菜という人は、天才子役であり、一人前の立派な女優なんだということがハッキリと分かる一作。脇を固める俳優陣もみんなはまっていて誰も浮いていないため見やすい。小学生のうちに中二病で痛い目に合う方が、大人になってからこじらすよりよっぽどマシだと思う。そんな、脱皮とさなぎを繰り返す時期がうまく表現できていたと思いました。でも、もう少し映画としてのメリハリがあったら良かったな?
aidayo

aidayoの感想・評価

-
みんなとってもピュアで心底優しい人たちだった。喋り方が人と違っても 机の中から大量のしねが出てきても 両親が離婚しても そもそもいじめの概念が無いからいじめが生まれない。そういう概念を植え付けてるのってなんなんだろう。
佳子

佳子の感想・評価

1.9
TSUTAYAみんなが愛してやまない365本
151本目
芦田愛菜の関西弁が超自然。
やっぱり元はこっちの子やと思った。
が、コメディのはずなのだがクスリともわらえなかった。わたしには合わなかった。ジャムフィルムとか、きょうのできごととかは好きだったんだけどなぁ。
toy

toyの感想・評価

3.5
本当にひと夏の宝物
イマジンという子どもながらにかっこいいと思うキーワード

小さい頃の疑問って時々素直で本質を突いてくるようなものが出てくるから答えるの難しい。
温かい家族だからもっと刺激が欲しくなるこっこ、この感じなんとなく知ってる。
でもこの平凡で仲のいい家族はみんな同じではない。感じ方も環境もみんな違う。
いろんな経験をして、想像をはたらかせて大きくなっていくんだね。


こっこが一生懸命でかわいい、ぽっさんがめちゃくちゃいい人
個人的にはおじいちゃんと先生がすき
あとうさぎを顔に乗せるところ技術的に笑ってしまった。
原作から。どっちも好み!
芦田愛菜ちゃん人生何回目?先生もよかった。友達も家族も。
>|