大人ドロップの作品情報・感想・評価

「大人ドロップ」に投稿された感想・評価

ten

tenの感想・評価

3.8
ラスト死ぬほどにやけた

海の橋本愛の映像めっちゃ覚えてた

トマト、目玉焼き、農家のお姉さん
satomi

satomiの感想・評価

2.8
「イタイ」で片付けてしまうのは、私はとても、ちょっと悲しい。
きっと自分を自分で見た時に言ってしまうんだろうけどさ。


わかるけど、好きじゃない彼女と
わからないけど、好きな彼。
海でのやりとりが、私の中ではハイライト。

大人ぶっているみんなと
大人になろうとしている彼は、ちょっと違って。
その苦しさとの青さを越した、今をもっと待っていたのにな。
DVD📀所有、再鑑賞。「荒川アンダーザブリッジ」の飯塚健脚本・監督作品。池松壮亮、橋本愛、小林涼子主演映画。

片田舎の高三生の池松壮亮。一人の彼女に淡い恋心を抱く二人が遠くに引っ越した彼女に会いに行く青春純粋物語です。前野朋哉がなかなか良い味出してます。橋本愛は少し痩せてイメージが変わった感じ!オダギリジョーの奥さん久々に…

高校3年生の浅井由は、夏休み直前、親友のハジメに頼まれ、彼が思いを寄せているクラスメイトの入江杏とのデートをセッティングしようとするが、そのことが原因で杏を怒らせてしまう。そのまま夏休みに入ってしまった上に、杏が学校をやめて引越してしまうと聞き、由は心にモヤモヤとしたものを抱えた日々を過ごす。一方、大人になるために何かと経験を急ぐ女友だちのハルからは、年上の彼氏との恋愛相談をもちかけられ、周囲が大人になろうとしていることに由は焦りを感じ始める…
健人

健人の感想・評価

3.8
とても好きでした、あの農業やってるエロ姉さんとても好きでした
学生の頃の淡い想いが甦る…
誰もが経験したことのある切ない物語だね😊
ラスト一番良い終わり方なんじゃないかな👍
あの娘はどうしているのだろう?
そんな事を思わせる作品だね❗️
この監督の作品は好きだ。
8637

8637の感想・評価

2.9
あれっ、「息子」ってこんなアオハルに似合う曲だっけ。

誰もが平等に持っていたのかもしれない青春。子供は大人になりたくて、大人は子供に戻りたい。そんな板挟み。イタい程の青春も現実の内の一瞬なのに、映された瞬間に何かが浄化するのは何故だろう。

池松壮亮によって全体が映え、橋本愛によってエモくなり、前野朋哉によって青春が締まる。小林涼子は意外だった。
アスペクト比の演出はありきたりな気もするが気持ちが高まる。
エンドロール前にもう一捻り欲しかった感もあるが、かなりの秀作。

このレビューはネタバレを含みます

やりとりなんかが
若干いにおがよぎるなと思っていたら
原作の表紙をいにおが描いてて納得した
池松壮亮の外側と内側のテンションというか
キャラの差が最初違和感だったけれど
逆に実際そっちの方が
リアルなのかもしれないとも
途中から納得しはじめる
自分の感情を理解するまでに時間のかかる年頃の
余裕ぶりがちな主人公
とてもヒリヒリさせられる
前野朋哉のこの人居なかったら
何もはじまらない立ち位置もグッドな配役
橋本愛も小林涼子も
絶妙な2013辺りのキャスティング
美波とのことや橋本愛の親の話を
考えると合ってるような気もするけれど
主題や挿入歌が黒猫チェルシーにしては
ちょっとキラキラし過ぎている
キャスティング、色味が
若干違和感にも感じてしまった
決して悪くはないけれど
スコア3.5辺りなのも納得
結構ロケの頑張りを感じるのに
上手く使い切れてないような
ズバ抜けている描写がないような
好みの問題もあるだろうけれど
まだ美談過ぎているように
感じたのかもしれない
ゆかり

ゆかりの感想・評価

3.0
しょっぱい、
どうにもならん出来事、
持て余す衝動、
混乱と刹那的な感情、
全部、あおくて若くて、
通ってきた、道、かもね。
あき

あきの感想・評価

3.0
チャンスをモノに出来ないのが子供なんだろう
大人になって思い出し、コッチの道かなぁなんて
そのうちどっちを選んだかもわからない
17歳、4人の高校生の初恋
大人と子どもが入り混じった4人の物語
最後の意味深な一言も最高でした。
俺ももっと欲しかったなぁ
春21号

春21号の感想・評価

2.7
セリフに難あり
こんな高校生いるのか?
誰かに喋らされている気がする。

でも、大人になった浅井君はどんな感じかな〜って
て、それ多分好きかどうかはともかく大分気になってるってことですよね?
そういういじらしさはよかった。
>|