アメリカン・パイ3:ウェディング大作戦の作品情報・感想・評価・動画配信

アメリカン・パイ3:ウェディング大作戦2003年製作の映画)

AMERICAN PIE: THE WEDDING

製作国:

上映時間:103分

3.5

「アメリカン・パイ3:ウェディング大作戦」に投稿された感想・評価

ついに結婚という成長に感服
相変わらずの下ネタだらけなんだけども友情含め感動する

スティフラーMVP
コモダ

コモダの感想・評価

3.4
童貞を捨てることに躍起になっていてジムたちが大学を卒業し、今回はとうとう結婚式を挙げるのが感慨深い。なにかとトラブルに見舞われ、人一倍大恥をかいてきたジムの一生に一度の大舞台となれば、波乱が起きないわけがない。シリーズを通して屈指の性獣、物語の起爆剤、スティフラーが今回は良い意味でも悪い意味でも大活躍!劇場版ジャイアンみたいになってて笑った。ゲイバーでのダンスバトルシーンはヒット曲のクラブアレンジも楽しいし、リバティーンズが流れるシーンが良かった。デリカシーがなく場を弁えないスティフラーの傍若無人な振る舞いは、皆から疎まれながらも、彼らのプロムが忘れられない夜になったのも、女の子たちと出会ったのも、海辺のパーティを大成功に導いたのも、そしてフィンチのキャラを立てたのも、スティフラーが一役買っている。彼の底のない突飛な行動力によって、良くも悪くも忘れ難い思い出が沢山できた。とはいえやっぱり一緒にいたくない。今作では彼の生半可ではない気合を見せつけるシーンがいっぱいあり、主役であるはずのジムをすっかり食ってしまっている感すらある。
ジムが披露宴でダンスを披露するシーンで、1で見せたあの奇天烈なダンスを再び見られるかと思いきや器用にこなしていてびっくり。3ともなると、みんな10代のバカな若者じゃなくなって、落ち着きを持った大人になってくる。彼らが集まってしゃべる場所も小洒落たバーになっている。飲むお酒も風俗嬢を呼んで騒ぐのも金がかかっている。ケヴィンなんて1Dにいそうな風貌になっている。フィンチだけ回を重ねるごとにやたら尖っていくのが面白い。オズの不在にまったく触れられていないのが悲しい。今回スティフラーが物語の中心に置かれたのは、彼ぐらいしか無茶をしてはしゃいで物語を回すことができる人物がいなかったからなんじゃないかと思うと少し寂しい。
ジムが結婚するとなると気になるのが、今まで頼んでもないのに要らんことをいっぱい教えてくれたお父さんと、結婚にあたって何を話すのか、という点だが、父子の交流が今回はいっぱい描かれていて満足感があった。
なんだかんだで一番ぶっ飛んでいるのはミッシェルな気がする。彼女と一緒にいたら毎日楽しいだろうな。
スティフラーとフィンチの、mother fucker,grand-mother fuckerとなじりあうやり取りが良い。
字幕鑑賞。
2021年51本目。

下品&くだらなさしかないアメリカンパイシリーズ第3作目。

主人公ジムとヒロインミシェルの結婚式なのに悪友スティフラーが1番目立ってた笑
間違いなく今作MVPキャラ。

ただ彼が身体を張る場面で生理的にキツい描写があるので鑑賞する方はご注意を。

ミシェルの結婚相談に乗ってあげるジムの父がこれまでにないくらいまともなこと言ってるなと感心してたら、
案の定ちゃんと下ネタオチで締めて、ミシェルが変な解釈をして納得するの見てこの作品の登場人物達は頭のネジ何本か外れてるなと思いました。。

今作でもSum41の楽曲【The Hell Song】が使用されていて、相変わらず制作陣グッドセンス👍

この勢いでラスト見るぞー

【途中で投げ出すのか?最後まで全力で戦え】
 by スティフラー
だいき

だいきの感想・評価

5.0
バチェラーパーティとスティフラー&犬が最高。
ナンバリングとしては次が最後。たった4作といわずもっと作って欲しかったです。次が最後だと思うと寂しい。
スティフラーが100%のクズでないことか証明されました。
せっち

せっちの感想・評価

4.5
スティフラー…バカでお調子者だけど根はいいんだよな、憎めないヤツ。今作では一番過激なもの食らってて大爆笑。さすがですよ。過去2作と違って大人数で馬鹿騒ぎはないけどその代わりめちゃくちゃ濃かった。ポリスとメイドのくだり好きすぎる。

テーマが結婚式とあってナイーブな問題もあったけど全部笑って吹き飛ばしてくれた。最高。終盤結構感動したな。みんな幸せそうでなにより。それにしても推しのオズカップル登場なくて残念。
hotaka

hotakaの感想・評価

4.3
2が観れなかったから3を鑑賞。

1より遥かに面白い。
犬のウンコを食べる場面が一番のハイライト。

だけど序盤、性欲魔神のフレンズへの扱いが雑でそこは観てて少し心が痛くなった。
相変わらずくだらなかった〜
けど、みんななんやかんやちゃんと成長して大人になってしまうんだなって実感。
TED

TEDの感想・評価

2.0
風俗の女を呼んで騒ぐところは面白いです。
それ以外はなんかテンポがダラダラとしてるので尺が長く感じます。
アメリカンパイ3作目

2作目がNetflixにないので本作を視聴。
相変わらず過激な下ネタ描写が多い。
たぶん生理的に見るのキツい人がいるくらいのレベル。
それでもめちゃくちゃ好きだ。
なぜこんなに面白いのかと考えた結果、おそらく「ピタゴラスイッチ」と同じ構造だという結論に落ち着いた。
いろんな装置が次々と作動していき、最終的に旗を上げるというカタルシス。
ジムが、犬が、ケーキが、次々と作動していき最終的にジムの恥ずかしい状況が公衆に晒されて悲鳴が上がる。
ピタゴラスイッチでいう旗があがるということが、アメリカンパイでいう悲鳴があがるということになるのだと思う。

ピタゴラスイッチは連鎖していくのを楽しむものだからやっぱり装置は大きい方が(仕掛けは多い方が)面白い。
ピタゴラスイッチの場合は旗が上がるだけだ、下ネタの場合は装置を増やしていくとどんどん最終的な状況が過激になってしまう。
だから今回はかなり倫理的にアウトな下ネタが多かったけど、その分面白かった。

3作目だからね。
そもそも、この”ノリ”が好きな人しか見てないはずだから、倫理的にどうかなんて関係ないか。
yamato

yamatoの感想・評価

4.0
性欲旺盛な若者達の繰り広げるハレンチコメディストーリー。アメリカのザ青春を感じられる映画。
>|

似ている作品