眠れぬ夜の仕事図鑑の作品情報・感想・評価

眠れぬ夜の仕事図鑑2011年製作の映画)

ABENDLAND

製作国:

上映時間:94分

3.3

「眠れぬ夜の仕事図鑑」に投稿された感想・評価

TSUBASA

TSUBASAの感想・評価

3.0
【眠らぬ人間】70点
ーーーーーーーーーーーーーーー
監督:ニコラウス・ゲイハウター
製作国:オーストリア
ジャンル:ドキュメンタリー
収録時間:94分
ーーーーーーーーーーーーーーー
『いのちの食べかた』や『人類遺産』などの異色ドキュメンタリー映画を輩出してきたニコラウス・ゲイハウターにしてはやや物足りない作品。題材こそ興味深いのにもっと活かせなかったのかと思えてしまう惜しい作品です。タイトル通り、我々が寝ている間にも様々な職業に従事している人々がいて、それを淡々と映していくある意味ニコラウス・ゲイハウターらしい作品。監視業、葬儀屋、クラブ、売春宿など改めて見てみると夜な夜な動いている職業も多い。朝早く起きて、夜帰宅できる自分の職業と比べてしまうところもあり、どちらが良いのかは定かではありませんが、こういう人たちもいるから世界は回っているのだと痛感させられます。

ところで人間はいつから夜行性の能力を得たのでしょうか。人間は古来、朝早くに起き日中に活動し、そして日没後に就寝するという生活スタイルがあったはずです。ところが世界の一体化、グローバル化が進む毎に、24時間、つまり一日中世界が動いておかないといけない時代にシフトしていきました。長い間人間にはそういう遺伝子が組み込まれているはず。この急激な変化に果たして耐えれるのだろうか、とか余計なことを考えてしまいます。

便利な世の中になればなる分、その裏でだれかが汗水を流して、言い方を悪くすれば犠牲になっているのです。コンビニエンスストアなんてその典型例です。実に便利な店ですが、夜勤という人間の古来の生活習慣に反した行動を起こしている人間がいるのも間違い無いのです。そこを解消するために開発されてきたのが人工知能ロボなどの人間を扱わないものです。果たしてこれも良いのだろうか。。

彼の作品にしてはセリフが多い今作ですが、実に淡々としているため、彼の作風に慣れていないか夜の仕事によっぽど興味がない限りややきついと思われます。個人的にはやや物足りないくらいでそこまで悪くはないかな。。夜の営みも生々しく描かれているので鑑賞注意です。
ytu

ytuの感想・評価

3.5
いろいろな仕事がある、ナレーションなどもなくただ深夜に仕事をしている人たちが一歩引いたところから淡々と映されているだけなのだけれど、そのため思考を左右されることなく受け取り手に100%委ねられているのでそれが逆に癖になっていい。意外と何度も見たくなる。
未熟児の看護、不法入国者の監視、
夜通し行われる祭り、ラブホテルの情事まで。
真夜中に働く人たち。

人が撮ったように感じない、
監視カメラのよう。
図鑑というタイトルになるほど。
私が今まで観ていたものは
ドキュメンタリーではなかったのかも。
もう少し、こう…テーマとか説明がないと眠い。
でもこういう撮り方が映える題材もありそう。
眠れる映画。
元夜勤ヒーローズには熱いよね!!
そして当然のAVシーンには驚いたよね!!
夜中独特の静けさとか空気感っていいよねー
静かすぎて寝ちゃったけど。。

静かな部屋で数人が黙々と仕事してる風景のあとに、
今度はめちゃくちゃでかいドームがクラブになっててすごい人で埋め尽くされてたり、、
でもどちらにも夜中にしか出せない雰囲気が漂っているんだよなあ…
ふしぎ。
manamii

manamiiの感想・評価

2.8
説明は一切なく、ただ淡々と夜に活動する人々やその場所が映し出される。こちらはただそれを覗き見ているような感じ。ちょっと眠くなってくるけど、なかには興味深いものもあった。特にオクトーバーフェスト会場のカオスっぷりは凄い!!
k

kの感想・評価

1.5
夜の仕事風景をナレーションもなくただ流してるだけ。

ドキュメンタリーで、ただ時間が過ぎていく。

と、思ったら、急なSEXでこっちがビビる。
m

mの感想・評価

3.8
淡々と夜は更けていく。
昼間とは少し違う静かな雰囲気、闇の中でそこだけ照らされているような、でもそこでは、いつもと変わらず黙々と仕事をこなす人がいる。
または熱気溢れるお祭だったり、イベントだったり。
知っているようで知らない夜の人間、仕事観察。
たまらんー!!
居合わせた人の、深く関わらないで、でも興味がわくんだよね。
実際その場で見学してるような気分。
寝てる間も、世の中は動いてることにしみじみする。日本版があったらまた面白そう。
淡々と覗き見する感じが良いです。
>|