乱暴者を求むの作品情報・感想・評価

乱暴者を求む1934年製作の映画)

On demande une brute

上映日:2014年04月12日

製作国:

上映時間:25分

3.1

「乱暴者を求む」に投稿された感想・評価

ねぎお

ねぎおの感想・評価

3.0
1934年
ジャックタチ初主演作品。脚本も担当。
とある興行主が強いチャンピオンの対戦相手を新聞広告で募集するところから始まる話です。短編です。

映像は古いし演出についてはあえて何も。

「ぼくの伯父さん」につながるジャックタチのコミカルさは存分に発揮されています。
やはりチャップリンと重ねてしまいますが、弱さというか情けなさが表現されていて、ちょっと違います。
奥さんとの食事シーンはお約束の面白さ!

・・正直あまりオススメはしませんが、短い作品ですのでチャンスがあれば。
てり子

てり子の感想・評価

3.3
タチの映画デビュー作。
ストーリーは普通だが、ヒョロヒョロっとして流されやすく変わり者の彼がユロ氏になるんだなぁと思ったら何だか納得。
ピピ

ピピの感想・評価

3.5
絵に描いたような良い人が乱暴者に。
金魚のスープのとこ笑った。
521号

521号の感想・評価

-
当たり前なんだけど、もうジャック・タチとユロ氏の見分けがつかなくなってきた。

食卓の滑稽での愛らしい劇はすっごく好きだった!
なんか温かい笑い。
だけど、ついにタチが口に運ぶとき、魚はもう力尽きたのか、皿の上で動けずにいる。
魚の冷たい死を、温かく笑ったことに、ハッと気づかされる。
そうか、これも映画だった。

こういうの、実生活よりも映画の方が、スクリーンに映る事実の方が、現前のリアリティよりも酷な気がする。
やっぱカメラって不気味だなあ、と。
つい思考が寄り道してしまいました。
t

tの感想・評価

3.3
ジャック・タチ初主演作。小ネタ集な感じ。金魚。対戦相手が筋肉脳なのが良い
3104

3104の感想・評価

3.0
ジャック・タチ初主演作。
他愛ないといえば他愛ないドタバタ短編。
若き日のタチのぬぼーっとした感じが新鮮。

金魚とサーディンのくだりはスマートに楽しく。
エンディングはサクっと。
京

京の感想・評価

3.0
ジャック・タチ映画祭@下高井戸シネマ


普通は敵わないような相手とプロレス対戦させられるハメになった俳優ルスタバのお話。
あらすじだけ見ると可愛い内容には思えないのに、実際見てみるとシュール可愛い。
金魚とイワシのくだり、じわじわ。
ラストもさらりとすき。
いちばん若いタチさん。

背高のっぽさん!

優しい性格で、奥さんに尻に敷かれてる。

役者の仕事がなくて、成り行きでチャンピオンと闘う事になって、、というたわいもないお話。
marikology

marikologyの感想・評価

2.5
短くて可愛い。瞬発力勝負のネタが、これでもかってくらいに散りばめられている。相棒グッジョブ。
5/5。ジャックタチ映画祭『パラード』との併映短編。
後半ぜんっぜん楽しめなかった...イワシとの格闘は最高。
>|