1934年製作のおすすめ映画 350作品

1934年製作のおすすめ映画。この年製作された映画には、フランク・キャプラ監督の或る夜の出来事や、ミシェル・シモンが出演するアタラント号、乱暴者を求むなどの作品があります。

  • おすすめ順

  • List view
  • Grid view

おすすめの感想・評価

最高&最高に、言うなれば、めちゃくちゃでブリリアントドリーミーなユーモアに富んだ、恋愛なんかやっぱりどうしようもなくて…

>>続きを読む

銀行家の令嬢として、何不自由なく育った世間知らずの箱入り娘が父親に反抗して、ニューヨークまでの一人旅。 古典的なラブス…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

当然ながらCGではない猫達はどうやって演出したのでしょう。 常に肩に乗ってる猫、何処からともなくわらわら現れるニャンコ…

>>続きを読む

前作『新学期 操行ゼロ』であれだけ社会に反発していたヴィゴが他人の持ち込み企画とはいえ最期に撮った題材が愛の物語っても…

>>続きを読む

乱暴者を求む

上映日:

2014年04月12日

製作国:

上映時間:

25分
3.1

おすすめの感想・評価

当たり前なんだけど、もうジャック・タチとユロ氏の見分けがつかなくなってきた。 食卓の滑稽での愛らしい劇はすっごく好き…

>>続きを読む

ジャック・タチ初主演作。 他愛ないといえば他愛ないドタバタ短編。 若き日のタチのぬぼーっとした感じが新鮮。 金魚とサ…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

豊かな自然に囲まれた春の訪れを讃える美しい女神。そんな彼女を見初めたのは地獄からやってきた悪魔だった。嫌がる女神だった…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

歌手兼ダンサーであるガイは、親友のエグバートとパリからロンドンへ帰る道中、ある女性の服がトランクに挟まれているのを助け…

>>続きを読む

そら豆祭りぃ~(=゚ω゚)ノ そら豆&ジンジャーロジャース主演映画♪ これは間違いないっ!! ジンジャーロジャー…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

これが80年も前の映画だなんて!!!! お伽話的クラシックなミュージカルかな・・・と思っていたら、始まってすぐ『女が好…

>>続きを読む

1885年、ある小国の王の娘ソニアは前年に夫を亡くし、未亡人に。 そんな彼女に稀有なプレイボーイである騎士団隊長のダニ…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

スイスへと家族旅行にやって来た裕福層の家族が、イギリス諜報員の機密情報を知らされたことを契機にして、暗殺団から命を狙わ…

>>続きを読む

ヒッチコックの映画にしては、見ててやや退屈に感じてしまった。ただ、やっぱさすがとしか言いようがない、はっと目を惹く演出…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

ドキュメンタリーの父フラハティが描いたアイルランドの孤島アラン島のドキュメンタリー風映画。 ドキュメンタリー風といって…

>>続きを読む

歌川広重の浮世絵みたいな海。 2年かけて撮影された観察映画の原点的な作品。 大自然の中にポツリといる人間は小さい。 …

>>続きを読む

浮草物語

製作国:

上映時間:

118分

ジャンル:

3.9

おすすめの感想・評価

1934年製作の小津安二郎監督のサイレント映画。  自分としては、後年の大映リメイク版から先に観ていたので、あれはこち…

>>続きを読む

旅芸人は浮草稼業。座長は、興行売り上げを無視して小さな町に舞台を移す。目的は、昔の女性とそして彼女との間に出来た実の息…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

何よりも特筆すべきは、ジャフィ演じるジョン・バリモアの怪演っぷり。多少オーバーアクション気味ではあるものの、序盤の立ち…

>>続きを読む

いわゆる「スクリューボール・コメディ」の先駆けともいえる作品(らしい)。 91分というコンパクトな時間やシンプルな筋…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

2014.02.28 大傑作。 戦前の世界がそこにはまんま映されてると考えたら、美しい世界だなぁ、と感じたよ! ボ…

>>続きを読む

2018年、初映画。ラストの雷鳴がトーキー初期だからとにかく音を使いたかったのかしらんと邪推。

おすすめの感想・評価

フリッツ・ラング監督のSFでもサスペンスでもない娯楽作。 ある遊園地のメリーゴーランド場面から始まる。 このメリーゴ…

>>続きを読む

ラストの「本当の自分を見せることのどこが罪なんだぁぁぁぁぁぁ」というドヤ顔台詞を映えさせるためにある本編。

おすすめの感想・評価

1831年 ワルシャワから 日本公開1935年(フランス版) 大作はドイツ版とフランス版 この作品はドイツ版 フラン…

>>続きを読む

ショパンの“別れの曲”がそう呼ばれるようになったのは、この映画の邦題がそうだったからだよ。-大林宣彦- パッケージに書…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

ベティ・デイビス良かった。 下衆な女が良く似合ってね。 ほんとひでー女。 愛のカケラもない女。 そんな女に首ったけで…

>>続きを読む

2017.5.22(Mon) 見かけたから見た。 ただミルドレッドに振り回されてみたいなかんじで小説の深みが消えてた。…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

オーバーラップが大嫌いだ。二つのショットを重ねて構図が生まれる訳がないと思っているから。ついでに、イタリア人という人種…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

映画史上、個人的に最も素敵だと思う女優の一人、クローデット・コルベール。1934年、スクリューボール・コメディの最高傑…

>>続きを読む

パンケーキ屋で成り上がった未亡人に不意に訪れた恋の一部始終かと思いきや、母と娘で男の取り合いに混血黒人パッシング問題と…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

一人の科学者が忽然と姿を消した。 心配になった彼の娘は、父親の旧友で元私立探偵のニック・チャールズに父を捜索するよう…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

めちゃくちゃコエェ!!! 初エドガーGウルマー、こいつヤベェ! この短さサイコー!展開の速さがものすごい、最後らへんの…

>>続きを読む
>|