LUPIN THE IIIRD 次元大介の墓標の作品情報・感想・評価

LUPIN THE IIIRD 次元大介の墓標2014年製作の映画)

上映日:2014年06月21日

製作国:

上映時間:51分

3.9

あらすじ

秘宝「リトルコメット」を狙い東ドロアに潜入したルパン三世と次元大介。東ドロアは 犯罪率が低い世界屈指の平和な国。だが自国の歌手クイーン=マルタが、隣国・西ドロア で暗殺され、この事件を契機に、西ドロアと一触即発の緊張状態が続いていた。ルパン達 は「リトルコメット」を盗み出すが、何故か行く先々に警察が待ち構えている。かいくぐ り逃走するルパンと次元だったが、どこからも死角の…

秘宝「リトルコメット」を狙い東ドロアに潜入したルパン三世と次元大介。東ドロアは 犯罪率が低い世界屈指の平和な国。だが自国の歌手クイーン=マルタが、隣国・西ドロア で暗殺され、この事件を契機に、西ドロアと一触即発の緊張状態が続いていた。ルパン達 は「リトルコメット」を盗み出すが、何故か行く先々に警察が待ち構えている。かいくぐ り逃走するルパンと次元だったが、どこからも死角のはずのビル影から飛び出した瞬間、 一発の銃弾が次元を襲う! 一体誰が何のために次元を狙ったのか? 次元は自分の身体を貫いた弾丸を見て気づく。 西ドロアで暗殺されたクイーン=マルタを撃った弾丸と同じものだった。 次元はルパンとともに墓地を訪れる。そこには『次元大介』の名が記された墓が! 次元 は噂を耳にしていた。ターゲットの墓を事前に用意する殺し屋・ヤエル奥崎のことを。そ の男に墓を用意され生き延びた者はいないという。ヤエル奥崎は個人的な意思では動かな い。背後に依頼主がいるはず...。 その頃不二子は狙った獲物のために秘密クラブへ潜入するが、オーナーに見つかり捕ら えられてしまう。 ルパンと次元は、墓に残された花を手掛かりに、ヤエル奥崎のアジトを特定、潜入す る。武器工房のような一室にモニターがあり、そこには囚われた不二子の姿が! 驚く2人 の前に、遂にヤエル奥崎が姿を現す。 ついに対決の時を迎える二人のガンマン、ヤエル奥崎と次元大介。 一瞬の間。 空気を切り裂き銃声が響く。 撃たれたのは――!!! あばよ、次元...!

「LUPIN THE IIIRD 次元大介の墓標」に投稿された感想・評価

yuta

yutaの感想・評価

-
最高だな。
ちげぇねぇ。

俺の人生、旨い煙草が吸いてぇだけだぜ
たいが

たいがの感想・評価

4.0
おふざけの少ないハードボイルドでクールなルパン映画
ひたすら次元がかっこいい映画!!
ストーリーはルパンが次元や五右衛門と仲間になる前でまだビジネスパートナーぐらいの関係性の時の話
次元がターゲットを決めたら先にそのターゲットの墓を用意することで有名な凄腕スナイパーのヤエル奥崎に狙われます
次元得意の早撃ち勝負に持ち込むも、ヤエル奥崎は自作したとても軽い銃を使っていて次元は負けてしまいます
しかし、終盤で早撃ちで再び勝負しある方法で見事に勝って見せる次元
その時の次元のセリフがめちゃくちゃかっこいい!!!
「お前がどれだけ軽い銃を使おうが知ったこっちゃねーが、、、俺に言わせりゃロマンにかけるな。」
かっこよすぎて何回も巻き戻して見ました
ラストシーンでもルパンと一緒にクールな名言を残していて、かっこよさが詰まった痺れる一本でした!!

このレビューはネタバレを含みます

お前がどれだけ軽い銃を使おうが知ったこっちゃないが、俺に言わせりゃロマンに欠けるな
峰不二子に続くこのシリーズ絵がかっこよくて好きです😭激渋次元よい😭最後に怖いあの人が😭
あとDVD1枚にしてくれてもいいよ、、、!と思いました
射撃の名手、次元大介。超一流の殺し屋、ヤエル奥崎。優れているのはどちらか───。小池健氏が監督と作画監督を、TV第4シーズンのシリーズ構成担当の高橋悠也氏が脚本を務めた『LUPIN THE ⅢRD』シリーズの次元編。ハードな絵柄かつ現在では地上波での放送は出来ないであろうアダルト表現を含むのが特徴。
前編・後編で全51分ほどなのでテンポも良く、クールでスタイリッシュで渋かっこいいルパン達を見られる良エピソードだ(普段からクールを決め込んでいる次元はもちろん、ルパンを演じるクリカンのシリアス演技が今作のキャラデザも相まって非常にかっこよく、ほぼ登場しないものの近年確実にイケおじ度を増してきている銭形警部もまたイカしている)。ジェイムズ下地氏の音楽も雰囲気にマッチしていて、エンディングテーマはまさにハードボイルドそのもの。これらの点から、各TVシリーズやTVスペシャル、劇場版などとはまた違った雰囲気のルパン・ワールドを味わえる作品だと言える。
続編に「血煙の石川五ェ門」、そもそもの起源として作風などがこれらの作品に受け継がれた「峰不二子という女(TVシリーズ。シリーズ構成は岡田麿里で、ルパン達の過去を描いたと謳いながら、ルパンという作品においてはだいぶ場違いなジメジメぶりを遺憾なく発揮している)」などがある「次元大介の墓標」。今後も『LUPIN THE ⅢRD』シリーズが続き、銭形や不二子、そしてルパンのエピソードが作られていくという展開を期待したい。








それにしても最後のアレだけは何がしたいのかさっぱり。単なるファンサービスか、それともアレに繋げようとしているのか……?
すてふ

すてふの感想・評価

4.0
世界一のガンマンは二人いらねえ

たった50分で…。
シンプルかつ衝撃的

なにより、ふ、ふじこちゃん…
コメディ要素がなく、アダルト的なルパン。次元大介を中心にした映画、そして次元大介のプロ意識かっけぇ、短いけど、見応えのある映画だった。最後のルパンと次元がタバコを吸うシーンめっち好き!!
ぐりこ

ぐりこの感想・評価

3.5
TVシリーズでもたまにある前後編と同じボリュームで、骨太なストーリーに、おちゃらけ少な目のハードボイルドな仕上がり。

最後のルパンと次元がタバコ吸うシーンはほんとかっこよい。
日赤

日赤の感想・評価

4.0
墓標の前で次元が「俺とお前はビジネス上パートナーを組んでいるだけ」と建前で言いながらも、誇りを守るために銃を構える姿はめちゃくちゃカッコよかったです。不二子のエロさは相変わらず。
【あらすじ】
次元の墓の前に立つヤエロという男。
ルパンと次元は中世東ドロアのお宝を狙う。

【前編感想】
フィルマのあらすじが前半を見事に
語ってしまってるので、
前半見てから整理するのに読んだ方がいいかな。
ルパン次元はまだ仲間では無く、
たまたま組んでるくらいの仲。
五エ門、とっつぁんは未登場。
不二子ちゃんをもっとめちゃめちゃに…

【後編感想】
エロ奥崎?、ヤエロオクザキ。
彼の早撃ちより、
変態発明に驚かされました!
東ドロア歌手が気の毒ですね。
次元一応いたのに…
次元は渋く、笑顔が可愛い。
Cパート、墓地で「忙しく…」の意味がわからん。
マスコミに流れたから?
アイツより不二子ちゃんで締めてほしかった。
一応、メイン登場させたかったのか。

この位の長さで丁度いいかも。
>|