LUPIN THE IIIRD 血煙の石川五ェ門の作品情報・感想・評価

LUPIN THE IIIRD 血煙の石川五ェ門2017年製作の映画)

上映日:2017年02月04日

製作国:

上映時間:54分

3.7

あらすじ

今回の主役は孤高の剣士・石川五ェ門。裏切りの者の汚名を掛けられた屈辱は己とこの刀で必ず晴らす 最強の剣士誕生の瞬間を描く!!「たとえその先に待っているのが『死』だとしても、曲げるわけにはいかねぇ男の生き様だ」これは若き剣士・石川五ェ門が最強に目覚める瞬間を描いた物語

「LUPIN THE IIIRD 血煙の石川五ェ門」に投稿された感想・評価

とし

としの感想・評価

3.5
次元大介編の方が好みだったけどさすが五右衛門は渋さ全開。絵といい内容といい大人ルパンを楽しむことができる(コミカル要素が無いのが残念だが)斬鉄剣に対抗できる人間がいるのも不思議な感じではあるし五右衛門の肩から腕にかけて肉がスパッと切れら具合がなかなかエグい。
かみ

かみの感想・評価

3.6
次元大介の墓標に負けず劣らず。
前作ではでて来なかった銭形警部が出てきたね~不二子は活躍してないかな。
臍

臍の感想・評価

4.0
侍の矜恃が渋くてたまらん!!!
でもその肩のキズ、余裕で引退レベルではなかろうか……?
墓標が最高すぎた。
日本らしい雰囲気で絵がめっちゃ綺麗でお洒落だった。
私の中でホークは結局なんでルパン狙ったのか謎なままだった、、
次元大介の墓標は面白かったなぁ
五右衛門の斬鉄剣シュパシュパ切れすぎ!!笑

渋めルパン最高です。
今作はグロ表現が前作よりも多めかな。

五右衛門の居合を極める姿かっこよかったです。
enz

enzの感想・評価

3.0
なんかあんまのれなかった
ストーリーめちゃくちゃ単純で60分しかないのにスピード感ないからかな

居合に含みをもたせるならラストは普通に椿三十郎オマージュでよかったのではと
すてふ

すてふの感想・評価

3.7
斬鉄剣 vs 斧

五エ門がストイック!アルプスの少女のおじいちゃんみたいな敵がめちゃくちゃ強い!
真名菊

真名菊の感想・評価

3.5
五右衛門好きにはたまらん作品です。
映像も綺麗だし、原作寄りの雰囲気に性癖をくすぐられます。
後編もあるので、前編における伏線回収が楽しみです。
ルパンたちと仲間になる前(?)の五右衛門の抜刀の爽快さが魅力的。

前作「次元大介の墓標」とは対照的なジャパニーズヤクザ絡みのアクション作品になっていて、腕がもげたり、肩がスライスされたりと、結構グロい。

個人的には求め過ぎかもしれないけど、悪役 ホークの人間とは思えない能力値の理由付けが知りたかったかな…。
「たとえその先に待っているのが『死』だとしても、曲げるわけにはいかねぇ男の生き様だ」

自らの雇い主であったヤクザの組長を賭博船で死なせてしまった五エ門は組長を殺害した「バミューダの亡霊」を追うことに。
しかし、「バミューダの亡霊」に完膚無きまでに惨敗。斬鉄剣よりも命よりも重い闘志の刃が折れた五エ門は己を乗り越え、更なる高みに到達できるのか?!という話。

前作の次元大介にピントを合わせた墓標も最高だったけど、血煙も最高だね!
複雑な話なのに、五エ門が因縁の相手に勝てる迄を描くことで単純化してわかりやすくしているところが良くできていた。
ムカつくキャラをコテンパンにしてくれるし、バミューダの亡霊戦なんかは自分の中ではかなりのベストバウトだった。肉を切らせて骨を断つとは正にこの事。
いつでもエロ要員の不二子ちゃんは今作もすこーしだけエロ要員。いや〜アニメでこんな緊張したの久々!

「バミューダの亡霊」の雇い主、黒幕も墓標を見ていないとわからないため、繋がりを見つけて思わずにやけてしまった。
あまり、ルパン3世に興味がなくとも必ず満足させてくれる作品だと思う。
>|