LUPIN THE IIIRD 血煙の石川五ェ門の作品情報・感想・評価

LUPIN THE IIIRD 血煙の石川五ェ門2017年製作の映画)

上映日:2017年02月04日

製作国:

上映時間:54分

3.7

あらすじ

今回の主役は孤高の剣士・石川五ェ門。裏切りの者の汚名を掛けられた屈辱は己とこの刀で必ず晴らす 最強の剣士誕生の瞬間を描く!!「たとえその先に待っているのが『死』だとしても、曲げるわけにはいかねぇ男の生き様だ」これは若き剣士・石川五ェ門が最強に目覚める瞬間を描いた物語

「LUPIN THE IIIRD 血煙の石川五ェ門」に投稿された感想・評価

はる

はるの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

かっ…こいいな、五ヱ門…! なんだあの色気! 水が滴っても血が滴っても美しいな! すごい。白い羽織と黒紋付と血の赤が似合う。フェティッシュだった。髪! ポスターも良い。

子供の頃にルパン三世一味を初めて目にしたとき(たぶん地上波バラエティ番組の地上波アニメ特集の中の紹介VTR、初期エピソード、各キャラの初登場回の紹介なんだけど)
この三人の中で一番好きなの五ヱ門だな、と思ったんだけど、その後、女の前でポンコツになる姿や真面目すぎるが故にギャグキャラになってしまう役回りを見て、なんだ…なんだか見てられない…と思って、いつしか次元ファンにシフトチェンジしたんだけど、
あのときのあの第一印象は間違ってなかった、かっこいいわ五ヱ門…などと、わけのわからないことを思ったな…

ヤ○ザ映画(任侠ファンタジーという映画ジャンル)と石川五ヱ門、組み合わせが最高! 天才だな!って感じ。ヒロイン不在の男臭い話にしたのは良かったように思う。

いやどうだろう、この歳になると、女と絡んで痛い目に遭う石川五ヱ門もがっつり見てみたいかも。シーズン5見てたらアリだなって…いやここにきてルパンシリーズにハマりたくないんだけど、ハマりそうな…『峰不二子という女』も良かったけど、シーズン5が思いのほか面白かったんですよね…

剣戟アクションアニメが嫌いなひとなんている?(暴論)『ストレンヂア 無皇刃譚』なんかを連想しつつ、いやはや見応えあって良かった。

五ヱ門が修行して、人斬りとしての才能を開花させるまでの姿を眺めながら、あーだこーだ解説入れるルパンと次元には、なんだかなあ、気取ってんじゃねえよ、と思っちゃったけども。

ウエスタン野郎、ホークに全く魅力を感じられなかったあたりも、なんだかな。一時間でキャラクター背景まで描くのは流石に無理か。
サムライ野郎vsアメリカ野郎に浪漫を感じられないので、そういう意味でも、うーん…
ヤ○ザvsアメ公、この構図をやっちゃうと、別の意味が付与されちゃうのでは? 極右vs…にならない? 大丈夫? と思ったりして…原作なら作風的に良くも悪くも自覚的にやってのけるんだろうけど、アニメ業界のことあんまり信頼してないから危うく感じたな…考えすぎなのか

にしても帽子被らずスーツにメガネの次元カッコよかった…小林清志さんの声の次元が好きなので、お元気なうちにたくさん作品作って欲しい…
後半の痛々しいシーンの連続の描写が圧巻、ただそれだけ。
言うなれば、もう少しルパン達の活躍があれば、敵役もバックボーンがもう少し垣間見れたら良かった。
個人的にはもっとギャグ要素の高いルパンが好きなんだけど、兎に角、クールな五ェ門が斬り斬られ、打ちのめされ、身体エグい位ズタボロになりながら、最終的にムカつく野郎どもの腕や首を血しぶきブシャーでスパスパ斬りまくるし、その殺陣シーンがメチャクチャカッコいいので石川五ェ門と好きな人はみんな観ましょう映画。

敵の「これ絶対勝てないわ…」ってな絶望感溢れるキャラ設定やビジュアルも良かった。

ストーリーはほぼ無いし細かい設定はよくわからないまま捨て置かれるので、上記の部分だけで良い!って人向けかと思います。
イチ

イチの感想・評価

4.2
作画が現代風にリファインされている。ふじこは、もう誰だか分からない。

剣士のゴエモンが、迷い・苦悩・悟りを経て、神様じみた殺人奥義を取得するが、たどり着いたその先には、悲しみも喜びさえも無かったのだ。
「峰不二子という女」の流れをくむ3作目。

前作同様、デザイン、アニメーションなどハードボイルドなカッコよさはそのままで色気のある作品。

エンドクレジットもよくあるシンプルな表現だが、デザイン、タイミングが洗練されていて気持ちよく観れる。

物語の内容は次元の方が良いかもしれない。
サメ映画として鑑賞しました。
ヤクザの用心棒を務めていた五ェ門と、いつものように盗みを働いていたルパン一味を、最強の漢・ホークが襲う!というお話。お前も伐採するぞ!!
このシリーズはシリアスさ全開で大好きなんですが、五ェ門の成長譚になっているのが素晴らしい。ホークに一度破れ、スランプに陥った五ェ門が、新たな剣の道を切り開くまでの過程に、五ェ門という剣士の全てが詰まっています。真の強者は剣を交える前に決着がつくんですね。ある意味未来を予知する能力を手に入れるに至った五ェ門カッコ良すぎでしょ…。あとホークほんとに強すぎでしょ…。あとボブヘアーの不二子ちゃん可愛すぎでしょ…。
サメは五ェ門の修行シーンで登場!…デカすぎませんかアレ?
satoshi

satoshiの感想・評価

4.2
 『峰不二子という女』から始まった『LUPIN THE ⅢRD』シリーズ。その3作目(劇場版としては2作目)。よく知られている『ルパン三世』のイメージに囚われず、原作漫画が持つハードでアダルトな作風、そして『ルパン』シリーズ屈指のハイクオリティなアニメーションで人気を博しています。本シリーズはそれぞれ各キャラクターに焦点が当てられ、今作では十三代石川五エ門に焦点が当てられています。私はもちろんシリーズは観ていて、今作も観なきゃなぁとずっと思っていたのですが、ズルズルと引き延ばし、最近、ようやっとNetflixで鑑賞しました。

 結果、めちゃくちゃ面白かったです。前作とはスタッフは同じなのですが、作品へのアプローチが異なっているなぁと思っています。というのも、前作『次元大介の墓標』は次元大介がルパンの相棒となるまでを軸にし、「次元大介」というカッコよさの塊のようなキャラの魅力を余すことなく見せつけた作品でした。

 替わって本作で描かれるのは、五エ門の剣客としての覚醒です。自信過剰の象徴だった「豪華な斬鉄剣」が我々が知る斬鉄剣になるまでの話です。本作は他の要素を極力排し、ストイックにこれを描くことに注力しています。なので、本作の敵も、背後関係は匂わせる程度でとどまり、キャラはほとんど掘り下げられません。純粋にルパンたちを追うターミネーターとして活躍します。故にストーリーは前作よりも薄くなってしまったかもしれませんが、これはこれでストイックに「強さ」を追い求める五エ門の作品らしいと思います。

 また、今作はやはりアニメーションが素晴らしすぎます。グリグリ動くキャラや、背景、車や銃といった小物のディティール、そして決まりに決まりきったカットの連続等、見ているだけで至福の時を過ごせます。

 これだけなら前作にもあった要素です。しかし、今作では、前作ではあまり描かれなかった「武器を用いた戦い」を前面に押し出しています。斬鉄剣の殺陣はもちろん、金棒だ分銅鎖だ斧だと、銃とは違い、動きがよく出る武器ばかり使っています。それを上述のようなグリグリ動くアニメーションでやっているのです。だから戦いにバリエーションが出て、それを見ているだけで楽しい。でも少し痛い。肝心の殺陣はもちろん最高で、覚醒後に起こる50人斬りは圧巻の一言。豆腐みたいにサクサク切れますから。

 後、それ以外のアクションでは、カーチェイスのシークエンスが最高でした。もちろんガンアクションもあり、個人的には銭形がすれ違いざまに連射するシーンが好き。このように、今作は全体的にアクション寄りになっていると思います。

 以上のように、確かにストーリーは薄くなったかもしれませんが、アクションは本当に素晴らしいです。そして、このストイックさも強さを追い求める「石川五エ門」というキャラに非常に合っていて、「五エ門のスピン・オフ」としては最高だと思います。これでもし、銭形編をやって人気が出たら、このスタッフでスピン・オフでない『ルパン三世』を作ってもらいたいと心から思っています。
ハッパは吸うわ腕もも首もバンバン飛ぶわ血は出るわTVシリーズでは決して出来ない本気のルパン。このシリーズホント好きだわ〜
ncobain

ncobainの感想・評価

3.0
仁義を通す侍の物語

世界観がよくわからない
斧ぶん回す親父はだれ?
元ネタがあるのか知らないけど
いろいろ感情移入できなかった

名セリフもおあずけですか
いつものコミカルさとは打って変わって、シリアスな渋いルパン映画

戦闘シーンが痺れる
>|