LUPIN THE IIIRD 血煙の石川五ェ門の作品情報・感想・評価

LUPIN THE IIIRD 血煙の石川五ェ門2017年製作の映画)

上映日:2017年02月04日

製作国:

上映時間:54分

3.7

あらすじ

今回の主役は孤高の剣士・石川五ェ門。裏切りの者の汚名を掛けられた屈辱は己とこの刀で必ず晴らす 最強の剣士誕生の瞬間を描く!!「たとえその先に待っているのが『死』だとしても、曲げるわけにはいかねぇ男の生き様だ」これは若き剣士・石川五ェ門が最強に目覚める瞬間を描いた物語

「LUPIN THE IIIRD 血煙の石川五ェ門」に投稿された感想・評価

まぁ

まぁの感想・評価

3.8
渋いね〜五ヱ門…☆

苦悩、修行…そして「見えた ‼︎」…っと…

シャキーンシャキーン…ちょっとグロい…(汗)

敵も…やめて〜その武器は…(^^;;

こちらも2枚のDVDで一つの作品…☆
ルパン、次元、不二子、銭形警部…勢揃い〜だけど…♪

やっぱり…五ヱ門の「背中」が…カッコいい〜☆
大人なルパン…良いね〜♪

2日間…楽しませて貰ったよ〜(o^^o)
シズヲ

シズヲの感想・評価

4.0
前作に引き続き、やはりハードボイルドな作風が魅力的。「五ェ門の敗北からの再起の話」でシンプルかつストイックに纏めていたのが印象的。最初は馴染みの『強さ』を十全に発揮せず、痛々しく傷つく場面が多かったからこそ、孤独な修行を経た五ェ門の凄まじい殺陣が鮮烈だった。今回は人体欠損描写などバイオレンス色も強く、そのへんも新鮮で面白い。敵キャラも前作と同じく最低限の描写や説明でインパクトを残してくれたのが好感。あと銭形警部の書き方も好き。基本的に優秀な警察官として書かれてて、ルパンとの交渉に応じることはあれど決して気を許さないのはかっこよかった。
keito

keitoの感想・評価

4.0
ルパンをあまり見ることがなかったが、良かった。

次元のから見始めた。

アニメ版も見たい。
Shizka

Shizkaの感想・評価

3.2
次元と比べると見劣りする。修行に見えないからだろう
このシリーズ本当にかっこいい
筋肉削がれたりとTVスペシャルにはない描写がリアルでこういったルパンもありかな
マジ、ハードボイルド。
ストーリーはほぼあってないようなもので「伐採」が口癖のバミューダの亡霊に若き日のルパン一味と五ェ門が狙われるだけのターミネーターチックなストーリーである。変にごちゃごちゃせず、話の動線がすっきりしているため見やすかった。アクションシーンも豊富にあり全体的にヌルヌル動く。また昔の話であるため、ルパンと五ェ門の微妙な距離感が心地よく、銭形が無能に描かれていないのも好感が持てる。

金棒や鎖分銅を使うヤクザや斧二刀流の殺し屋など、出てくる異形異様の怪人が面白く、どことなくタランティーノっぽさが漂っている。あと血煙とタイトルにあるだけあって、腕が千切れ飛び、切断面が見えるなど、絵面が全体的にグロい。TVスペシャルのような峰打ち斬鉄剣に辟易した人にはオススメ。

今回の敵であるバミューダの亡霊はバックボーンがほぼ明かされず、伝聞のみであるため不気味さはあるものの、ややすっきりしない結末となってしまった。ストーリー展開も前半のワクワク感に比べたら後半の畳み方は無難過ぎて面白みが感じられない。

このシリーズは子供向けだったTVスペシャルのルパンを大人向けへと翻案したわけだが、前作で鼻についた上っ面のハードボイルドや「こういうのが格好いいんだろ?」言わんばかりの美学の押し付けがましさは今作には微塵もなく、五ェ門の単なるリベンジものとしてシンプルにまとまっている。変にテーマをこねくり回さずに単なるアクション活劇として割り切ったのが良かったのかもしれない。
nero

neroの感想・評価

2.5
「血だ!血が足りねぇ!」by山田康雄

「次元大介の墓標」に続く小池健監督2作目は五エ門苦闘のステージアップ編。設定的にはファーストシーズンのつまり原作版の五エ門のキャラクターに近いね。
シリアスモードでザッパンズッパン斬り捲くるんだが、切れ味の割に流血が足りないよぉ。煙じゃ足りねえんだよお! 観たかったのは、血塗れの五エ門、血溜まりの、血染めの・・・、まあそーゆーヤツ。

ヤクザ共の描写があまりにもあまりだが、まあいい、どーせ切られ役なんだから。ただ、若はもっとブチ切れキャラにするべきだろうし、敵ホークはあの歯で食いちぎりまくるとかもっと絶対的ヤバさ強調しても良かった。
そうそう手本引シーンはなかなか見事だった。最近は実写でも見ないね。

で、件のヤクザ達との立ち回り。脊髄反射のみで動いている為、武器を持つ腕だけを斬り飛ばしてるってコトかもしれんし、キレすぎる故血が出ないのだという見方もアリだろうが、今作では五エ門覚醒がすべてなんだから、ここはもおっと、首は飛び、五体は飛散し、バッシャアア!どばシャア!と血潮ド派手に吹き出して欲しかったねえ。「椿三十郎」のあの鮮血シャワーみたいなヤツね。斬撃後は五エ門の頭から全身血で染まって白装束が真紅になっているくらいで納得だ。画面まるごとクリムゾンピークなみに真っ赤にしちゃっても文句なし。つまり映像面でのインパクトがもっと欲しかったなぁ。

五エ門ひたすら痛そうの前後編仕立てなわけだが、25分X2では長さも足りんぞ! せめてあとひとひねり、もう25分一本分くらい無いとコスパ悪すぎる。大体なんで映画館でOVAまんまで見せられなくちゃならんのだ! ちゃんと一本にして公開しなさいよ! 
個人的好みとして、ショートボブ不二子(良い!!)が掻き回す出番などもう少し入れて欲しかったねえ。
ともあれ小池監督のこの路線は好みだ。次回作も期待して待とう。
原作に近いハードボイルド満載でキャラのクールさも最高。

設定や展開に不満はあるもの、血しぶきのリアル描写に代表されるようなこれまでにはない戦闘シーンのエグさやグロさをアニメならではの背景美術の美しさと重ねていることが良い。

アニメ媒体でも生を軽んじる安直な描写にしない事が好感。

斬りまくる五エ門も良いが、凄腕な銭形も良い。
間抜けな銭形は見たくもない。

ただ『LUPIN THE IIIRD 次元大介の墓標』同様に、もう少し『峰不二子という女』に寄せて欲しかった。
ブチギレた五ェ門がヤクザを一掃するシーン、完全にMGSの雷電
添島

添島の感想・評価

3.8
筋 繊 維 …… !!!


今回は日本が舞台なせいか背景が素晴らしくツボでした。とくに最後の廃寺(にさせられた)の黒い柱と大仏と紫陽花、日本の緑。最高級です。やっぱりしびれるわぁ……

五ェ門を遠巻きに眺めるルパンと次元のほどよい距離、女が憧れる男の友情って言うにはちょっとかっこつけたいアレ。

男ってどうしてそうバカなのかしら!
>|