ルパン三世 ルパンVS複製人間の作品情報・感想・評価

ルパン三世 ルパンVS複製人間1978年製作の映画)

Lupin the 3rd - The Mystery of Mamo

製作国:

上映時間:102分

ジャンル:

3.4

あらすじ

不二子からの依頼、いつもと変わらないやり取りのはずだった。。。 永遠の命が与えられるという伝説の「賢者の石」をエジプトのピラミッドから盗み出したルパン三世。だが、不二子はルパンから賢者の石を騙し取り、ある依頼人のもとに去ってしまう。 依頼人の名前は“マモー”。 マモーは1万年もの間、「神の実験」と称してクローン技術を駆使し自身のクローンを作り続けてきた複製人間だった。自らを「神」と名乗るマ…

不二子からの依頼、いつもと変わらないやり取りのはずだった。。。 永遠の命が与えられるという伝説の「賢者の石」をエジプトのピラミッドから盗み出したルパン三世。だが、不二子はルパンから賢者の石を騙し取り、ある依頼人のもとに去ってしまう。 依頼人の名前は“マモー”。 マモーは1万年もの間、「神の実験」と称してクローン技術を駆使し自身のクローンを作り続けてきた複製人間だった。自らを「神」と名乗るマモーは、ルパンに不老不死の話を持ちかけるがルパンは相手にしなかった。自分の崇高な理想を理解しないルパンに怒ったマモーは、再びルパンたちの前に現れ、人知を超えた能力で不二子を連れ去ってしまう。圧倒的な力の前に戦意を失くしてしまった次元の制止を振り切り、単身マモーの元へ向かうルパン。すべての謎の答え、そして「賢者の石」を使って行おうとするマモーの野望が明らかになったとき、ルパンとマモーの決戦の火ぶたは切られるのだった。 ルパンVSマモー 世界史を塗り替えるのは、どっちだ!?

「ルパン三世 ルパンVS複製人間」に投稿された感想・評価

さっき恋愛映画ベスト10をやった勢いで振り返り感想です。

何度も何度も観てるやつだし(おぼつかない頃)、今回、東宝で4dxってまじでわくわくして観に行きました。

振り返って観てみると、これはルパンシリーズでも、最初の映画化ということで、
日本のまあまあカルチャーなルパン3世の凝縮版でもあり、
なんで支持されてる?という魅力をこれやろーとやってる作品と思います。

私にとっては、まんまタイトルの男と女くらい、男のロマン(女目線)が詰まってる作品です。

#恋愛映画ベスト10に絶対入れる
#メリーに首ったけ
#ハロルドとモード
#恋人たちの予感
#ビフォア・サンライズ
#妹の恋人
#once ダブリンの街角で
#カフェ・ソサエティ
#眺めのいい部屋
#ルパン対クローン
#男と女
YUKI

YUKIの感想・評価

3.8
子供の頃に最初の杭を打つシーンでショックを受けた。

大人の作品だなと改めて見直して思った。 

西村晃さんの声が懐かしい。
国民的アニメ、ルパン三世
みんな一度は見たことがあり、それぞれにルパン三世像がある
自分の中ではこの作品が一番、ルパンっぽい
マモー観ててイライラするくらいキモいなと思うんやけど、なんか最後はかわいそう
ルパンはじめみんな超人だけにマモーが1番人間らしいような
『激突』から『北北西に進路を取れ』につながるアクションとか、最後の『博士の異常な愛情』な感じとか、いま見るといろんな映画のオマージュに溢れてた。

小学生のころは序盤の不二子のシャワーシーンに興奮し、「街の神秘と憂鬱」のシーンで恐がってた。
シュルレアリスムに囲まれた世界の中で、ルパンの「夢を見ない」ってのはなにかしら意味があるのかしら。
なな

ななの感想・評価

3.6
ルパン三世の王道タイプの映画だね。
コメディあり、シリアスあり、そしてロマン設定あり。
何回見てもいいよね。
MX4D版での鑑賞。

MX4D演出も監督自身が監修しているだけあって良い塩梅。

声優陣もオリジナルメンバーだし、やはり落ち着く。
TAKA

TAKAの感想・評価

4.0
2017-149-114-035
2017.9.6 TCなんば本館 Scr.5 MX4D

・ルパン三世らしい劇場第1作
・永遠のヒーロー。ルパンの美学!
TV第1シリーズスタッフの拘り
ハートズギュン!( ̄▽ ̄)b!
・最後の方は・・・
・懐かしい気持ちとの再会(^_^)
・タイトル問題。

MX4D初体験!( ̄▽ ̄)b!
4DXは2度ほど鑑賞経験ありますが。

本作はルパン三世劇場版第1作!(^_^)
確かカリオストロの城は翌年公開だったと思います。

思い出すなぁ・・・
折しも世は宇宙戦艦ヤマトに端を発したアニメ・ブーム!(^_^)
本作も満を持して劇場公開されました。

ここに断言します!(* ̄∇ ̄)ノ
いや、何の必然もないんで、単に俺が言いたいだけなんだけどf(^_^;(笑)

俺は、
・カリオストロの城の方が名作だと思いますが(^_^)
・ルパン三世としては、本作の方が好きです!
( ̄▽ ̄)b!

う~ん・・・
レビューはさらっと流すつもりだったのが、なんか長くなりそうな予感f(^_^;(苦笑)

当時はTV第2シリーズが大人気で、俺もがっつりその世代です(^_^)
しかし本作は名作の誉れ高いTV第1シリーズのスタッフが結集して制作された作品です!

だからルパンが悪党ヅラだもんね(笑)
TV第2シリーズはモンキーヅラだけど
(* ̄∇ ̄)ノ(爆)

当時のパンフレットの解説を読んで、そのかっこよさにハートを
ズギュン!
と撃ち抜かれてしまったのを覚えています。

曰く、
自動車なんてものはこの世に存在しない。あるのは、例えばベンツSSKというメカニック。
登場するメカニックは、個々の物体として描く。

曰く、
狙いを定めたら、たとえそれが100万円のブツであったとしても、1億円かけてでも盗む!
それがルパン三世の美学。

かっこ良かったぁ~♪(* ̄∇ ̄)ノ
特に、美学の方ね(^_^)
俺の価値観形成に、かなりな影響を及ぼしてます。
いやマジでf(^_^;

そこら辺りから私の人生の哀しみが始まったのかなぁ・・・
なんつって(笑)(* ̄∇ ̄)ノ♪

まぁそれはそれとして、
TV第1シリーズスタッフが、かなりな思い入れを込めで制作した本作(^_^)

ワイルドなハードボイルド感♪
メカニックやバトル、仕掛けへの拘り♪
洒落た台詞♪
70年代インテリチックなデザインの迷宮♪
アダルトなお色気とサービスシーン♪(笑)
大人の愛と友情のカタチ♪

久しぶりに堪能しました(* ̄∇ ̄)ノ♪
特にルパンと不二子の関係がいいなぁと。
俺もその深さが分かるくらい大人になったのね(笑)

そして、公開時には正直言って良さがあまり分からなかった、三波春夫先生のルパン音頭♪(* ̄∇ ̄)ノ
沁みたよ!
やはり本物の魅力!( ̄▽ ̄)b!♪

・・・でもまぁ何て言うか・・・

流石のルパンも、最後の方は少し息切れしてるようにみえたかな?f(^_^;
制作スタッフの肩に、多少力が入りすぎてたかも。(^_^)
ちょっと話を大仕掛けにし過ぎた感はあるね。SFアニメ・ブーム全盛って背景もあったのだろうけど。

でもまぁ、やっぱり本作は好きです。
ラストのナンセンス感とお約束感も堪らない!
(* ̄∇ ̄)ノ♪

ルパンだし~♪
って、軽い気持ちで観に行ったのですが、とても懐かしい気持ちや思い出に出会えました。
観に行って良かったです(^_^)

帰り道で、無意識に「炎のたからもの」(カリオストロの城のテーマ)を口ずさんでしまっていたのはここだけの話でf(^_^;(笑)

最後に一つだけ。常々不満に思っていることを。

本作の公開時のタイトルは
「ルパン三世」
です。
現在のタイトルは、
「ルパン三世VS複製人間」
完全にネタバレじゃないか!?
(*`Д´)ノ!!!
何とかならんかったんですかねぇ?f(^_^;

追記。
・敵役マモーの名は、原作漫画とTV第1シリーズでの最強の敵、魔毛狂介にちなんで名付けられたそうです。
その辺りにも、第1シリーズスタッフの拘りを感じます♪(^_^)
・う~ん・・・MX4Dにあまりハマってなかった気がする。4DX対比での良さがあまり分からなかった。f(^_^;
ま、本作はたまたまかもしれないので、他の作品で楽しむ機会を楽しみにしてよう♪(^_^)

日記。というか思い出した話。
備忘のために書いときます。
日記も兼ねてレビューしてるのでf(^_^;、
どうぞスルーしてください。(笑)

・昔ルパン好きな知り合いの女の子がいて、
「TVスペシャルはどれがオススメ?」
ってメールしたら、
「ルパン三世に駄作はないので~す♪」
って返信が来た。
そう来たか(笑)

・これも昔。
女の子と部屋で「カリオストロの城」のDVDみてたら
「ルパンの声が変?なんか違う!?」
・・・いや、山田康雄さんがオリジナルだからf(^_^;
ジェネレーション・ギャップ(* ̄∇ ̄)ノ(苦笑)
幼少期のトラウマ 今はルパンで1番好きかも
にゃあ

にゃあの感想・評価

3.0
マモウ!!
初めて見たときはいろいろ衝撃的だった
小さい子供には刺激が強そう
>|