LUPIN THE ⅢRD 峰不二子の嘘の作品情報・感想・評価・動画配信

「LUPIN THE ⅢRD 峰不二子の嘘」に投稿された感想・評価

Atsuhito

Atsuhitoの感想・評価

4.5
嗚呼.....かっけぇ...(ため息)。

ほかに言葉がでない満足度。描写、台詞、いちいち全部かっこいい大人のルパン三世3作目。
シリーズ三作目

今回の主役は峰不二子

"呪い"を使って人間を操ることが出来るバケモノが相手

そんなトンデモ人間を、悪女不二子が支配出来るのか?って作品

正直三作品の中で一番インパクトは薄かった印象だけど、不二子さんもアクションシーン出来るんだ?!と
戦闘員としての描写は少なかったけどしっかり戦っていてカッコいい

それと"最も危険な毒は愛"と言いつつ
なんだかんだでお金以外の物を守ってるのが良かった

いままで相手にしてきたトンデモ人間たちの正体も徐々に明かされてきて続きがき気になる
【この世で最も強力な毒とはなにか】
ドキンちゃん、ドロンジョ様に並ぶアニメ界三大悪女の1人としてお馴染みの峰不二子大フィーチャー回。男目線、男基準、男社会に敢然と挑むは我らが不二子ちゃん。それにコロッと騙される男どもがいる以上、女の武器を使って何が悪い!w。
よく練り上げられた脚本と、アニメならではの表現の融合はほぼ文句の付けようがない出来ばえ。特に格闘アクションはチャド・スタエルスキっぽさ抜群。峰不二子の、複雑に絡み合う強さと弱さ、矜恃と心情がこの1本によく描き切れたなと思う。沢城みゆきさんの演技も相まって、最高にカッコよい。何者にも縛られない自由な魂こそが峰不二子流究極のフェミニズムと伝えてくるようじゃあないか。
そしてこのシリーズ毎回何気に車両にひとかたならぬこだわりがあることを確信。手描きっぽいけどどうなんでしょ?南欧舞台ならアルファロメオやデ・トマソ等のイタリア車を、日本なら今はなきプリンスとダットサンフェアレディを、アメリカならばおお!ダッジチャレンジャーやん!ヒューッ!!ルパンと次元が転がすチャレンジャーめちゃくちゃ様になってるぜ。ランボルギーニハラマは大企業の金庫番してたジーンの父ちゃんのインテリ趣味かな?使用する車でもって持ち主の趣味や生き方やその他の背景までをも表そうとしている。そして毎回登場するモーターサイクル。こりゃあ監督相当な好事家だね。ルパン好きな人もそうでない人も、車バイク好きなら強くお薦めのシリーズだよ。

『次元大介の墓標』と『血煙の石川五右衛門』に続くシリーズ。

次元大介は拳銃で、五右衛門は斬鉄剣で強敵を倒すという、ある意味見る前から結果が予想ができる分かりやすいストーリー(もちろん両作品とも面白いし好きです)に対して、峰不二子が主役の本作はストーリー展開や物語のテーマをどう落とし込むのかが気になるところだった。

結果としては、最高の出来だった。
『愛』をテーマに、峰不二子の強さと、優しさと、女としてのずる賢さが綺麗に描かれていたと思う。

『峰不二子の嘘』というタイトルも見事にこの作品を表してるばっちりなネーミングだと思う。
個人的にはシリーズ3作品の中でも1番見応えがある作品だと感じた。

沢城みゆきさんの演技も素晴らしかった。
峰不二子がとってもとっても魅力的です!!

どのシーン見てもかっこよくていい女です🥰🧡🧡🧡
繋がった!過去作が繋がった!次作が楽しみ!ワクワクが止まらないぜ!

今回の敵役のブードゥー野郎が結構好み。今まで一番パッとしない戦闘方法ではあるけど。

次はとっつぁんかな。

このレビューはネタバレを含みます

不二子もルパンも色気ダダ漏れ
私のことを忘れない男が、
ひとりでも多いほうが利用できるでしょ?最高
愛という名の媚薬
使えるような女になりたい
今回は峰不二子が主役。
ちゃんとルパン達に頼らずこの作品自体主役は不二子で進んでいく。

峰不二子がいつもと違い、いや子供に対してはいつも峰不二子は真剣ではあるが…ルパンに頼らず最後は自分でケジメをつけるところがまたイイ!

ほかの作品とも繋がっている描写もちらほらあり、、次回作は是非とも銭形のとっつぁんで作って欲しい。
虚無

虚無の感想・評価

-
武器として使ってる色仕掛けが通用しない相手2人に対して戦っていく不二子が良かった。
実は前々作と前作が繋がっていたという展開。先が気になる。
ペック

ペックの感想・評価

3.2
スピンオフ劇場版3作目、峰不二子編。
不二子はやっぱり不二子だと分かる作品。男はみんな騙されるのだね。しかし、不二子の身体能力の高さは何なのだろう。

スピンオフ劇場版、今後も続くのかなぁ。あの作品のリメイクもあるのか?ちょっと楽しみ(・∀・)

PrimeVideoレンタルで視聴。
>|