ルパン三世VS名探偵コナン THE MOVIEの作品情報・感想・評価

「ルパン三世VS名探偵コナン THE MOVIE」に投稿された感想・評価

chihaken

chihakenの感想・評価

3.6

このレビューはネタバレを含みます

【作品概要】
2013年に公開されたアニメ映画です。監督は亀垣一さんです。
モンキー パンチさん原作のルパン三世と青山剛昌さん原作の名探偵コナンが夢のコラボした作品となっています。一度テレビでスペシャル編としてコラボし、その人気が高かったため映画化となりました。作画に関しても前半と後半で分割されているため、2作品を楽しめるようになっています。興行収入は42億6000万円を突破しており、非常に人気の出た作品となっています。

【感想】
人気アニメのタッグということで、どうなるのかワクワクしていましたが、予想を超える面白さだと思いました。うまく作品が融合しており、2つの世界観を壊すことなく表現されていると思います。どちらかしか見たことない人も楽しめるようになっていますので、ぜひご覧ください。

【あらすじ】
東京月島の宝石に現れた怪盗キッドは宝石を盗み出し、警察とコナンの追走を振り切ったが、本当の正体は世界の大泥棒であるルパン三世であった。ルパン三世はアラン スミシーに峰不二子が人質に取られており、テストを行われていた。ルパンはチェリーサファイアを盗み出す予告を出し、日本の警察とルパン専属警察である銭形 幸一警部が協力することに。銭形警部と佐藤刑事、高木刑事はチェリーサファイアの護衛にあたったが、ルパンの変装にまんまと騙され、チェリーサファイアを盗まれてしまった。ルパンはチェリーサファイアをアランに渡し、不二子を取り返した。そんな時、コナンと毛利小五郎、毛利蘭、鈴木園子は世界的大スターのエミリオ バレッティに会うためにサクサクラホテルに向かったが、そこには目暮警部がおり、エミリオに脅迫状が届いていることを知らされた。エミリオは脱走し、蘭と園子と行動を共にし、コナンは次元大介と一緒に行動することに。エミリオの脱走や飛び降り自殺行為、少年探偵団のルパンアジト潜入など様々なことが起こったが、それぞれが目的のために動き始めた。いよいよエミリオのコンサートが始まり、警察をはじめ銭形警部やコナン、蘭などは警戒にあたった。ルパンたちも動き出し、黒幕も動き出す。果たしてエミリオのコンサートは無事に完遂することができるのか。

【出演者】
・ルパン三世(声:栗田貫一)
・江戸川コナン(声:高山みなみ)
・次元 大介(声:小林清志)
・石川 五ェ門(声:浪川大輔)
・峰 不二子(声:沢城みゆき)
・銭形 幸一(声:山寺宏一)
・毛利 蘭(声:山崎和佳奈)
・毛利 小五郎(声:小山力也)
・怪盗キッド(声:山口勝平)
・キース ダン スティンガー(声:緑川光)
・エミリオ バレッティ(声:入野自由)
・クラウディア ベルッチ(声:夏菜)
・アラン スミシー(声:内野聖陽)
ry

ryの感想・評価

3.7
テレビスペシャル版の続きで、前作を見て今作を見たほうが世界観に入り込めると思う。
コナンの登場人物がたくさん出てきて楽しい。
ルパンとコナンの共演が実現して、まさか映画にまでなるなんて嬉しい限り。
内容も面白かった。
けんや

けんやの感想・評価

3.8
鑑賞会で鑑賞。
ルパンとコナンのお約束シーンたっぷり!
コナンと次元の親子コントも多くて満足だったなあ笑
良いエンタメ映画!
あられ

あられの感想・評価

5.0

このレビューはネタバレを含みます

小林清志さん追悼⑥

ルパン三世劇場版特別編
ルパン三世&名探偵コナンのコラボ 第二弾

ルパンもコナンも両方好きな人にとっては胸熱すぎるコラボ映画です。物語は、米花町をはじめとするコナンの世界の中で活躍する、ルパン一味+銭形警部という展開になっています。両陣営、特にルパンの小ネタが至る所に散りばめられていて、ニンマリしますね😆

今作は前作のテレビスペシャル版の続きでヴェスパニア鉱石が関わってくるし、コナンのTVシリーズで使用されている、様々な設定が登場するしで、前作を見てない人やルパンだけ好きな人には、ついていけなくてつまらないんじゃないかって気もします。

オープニングのルパンのキャラクター紹介はルパン三世の1stシリーズを意識した作りで、コナンが紹介しています。中でも、前回コナンと疑似親子を演じた次元が、かっこよく早撃ちを決めた後に、“パパとよぶな💢❗️“ のプラカードを持っているのがウケましたw 次元はコナンと一緒だとすっかりギャグ担当ですねw

続いてコナンのパート、いつもは工藤新一がコナンになった経緯を語るのですが、ここはルパンが三人称視点で語ってましたw コラボらしい嬉しい取り組みです😆

コナン側では、前作に登場しなかった阿笠博士や少年探偵団、捜査一課強行犯係の刑事たち、FBI、そして、出番は少ないけど交通執行課の女警察官2人、中森警部や怪盗キッド(黒羽快斗)、モブ出演の服部平次や大滝警部と、出演者勢揃いのお祭り騒ぎ状態w 嬉しい反面正直キャラクターを無駄に出し過ぎですw

ルパン側はと言えば、ほとんどがモブ出演w ルパンがチェリーサファイアを盗み出し、覆面騒動を起こしている最中に、魔毛狂介&ジュリア・ダグラス(くたばれ!ノストラダムス)がベンチでアイスを食べてたり、商店街に逃げ込んだルパンがロゼッタ(バビロンの黄金伝説)を買い物カートで運んでいたりw 若護茂英心の正体は石川五ェ門ですが、見た目は五ェ門の師匠・百地三太夫にそっくりでしたw


イタリアのアイドル、エミリオ・バレッティのプロモーター、ルチアーノ・カルネヴァーレは、イタリアマフィアの裏の顔を持っている。エミリオの日本公演の背後では、ルチアーノが密かに盗掘したヴェスパニア鉱石を、ジランバ共和国の工作員アラン・スミシーに売り渡そうとしていた。ヴェスパニア公国はその取引を阻止すべく、ルパンにヴェスパニア鉱石の奪還を依頼する。ルパンは、幻の秘宝・チェリーサファイアを使って2人の裏取引の現場に現れる…。


冒頭でいきなり満月&中森警部…とくればの”月下の奇術師・怪盗キッド“登場で大興奮w 実はルパンの変装なのですが、銃をぶっ放したり、逃げ方がルパンらしくて、本物のキッドよりかっこいいですw眉をひそめて悔しそうな黒羽快斗(怪盗キッド)が印象的で、このまま黙ってないだろうなって、ルパンとの絡みを期待させてくれました。それにしても、キッドを追いかけるコナンのアクションが迫力ありました😆

エミリオのボディーガードとして雇われている次元とコナンのバーでの再会シーンは最高でした。コナンの「パパを迎えに来たのぉ〜」の言い方がめっちゃかわいいw 牽制し合う2人。コナンの情報を調べ尽くし、メモしてあったコナンの口癖の「バーロー」「僕ちょっとトイレ」を紹介、コナンを厄介払い&いじる次元が楽しそうでしたw

ベルツリータワーのシーンでは、次元とコナンが協力して転落危機の蘭、園子、エミリオを救出する。次元はマグナムで展望台のガラスを撃ち抜き、コナンが伸縮サスペンダーでバンジージャンプ。息の合った2人のアクションが素晴らしい😆

灰原哀と不二子のサービスカットの入浴シーンでは、灰原哀が「女が若さに囚われたら、終わりなんじゃない」って不二子に向かって毒舌を吐いたり、ラストでは、不二子十八番「裏切りは女のアクセサリー」と不二子に言い放って凄みを見せる。そんな灰原哀に、あの不二子もたじたじでしたw どうやら2人は昔からの知り合いだったみたいですね。灰原哀の愛車は不二子と同じくハーレーダビッドソンだったことも判明しました😆

クライマックスは、ヴェスパニア鉱石を取り返し、拉致られたコナンを助けるために、離陸するジランバ共和国のプライベートジェットに飛び乗るルパン。前作のコナンを意識させられます。ルチアーノが機内で機関銃を撃ちまくったせいで犯人側全滅w ルパンとコナンは飛行機の操縦やら故障した無線機の修復をするも、ミサイル撃墜され、かわしたものの無線が再び壊れて絶対絶滅に。ヴェスパニア鉱石= チェリーサファイアでミサイル無効化に成功し、飛行機から脱出するシーンは迫力満点です😆

ルパンVS怪盗キッド、次元VSコナン、不二子VS灰原哀、ルパンVSコナンの見所以外にも、ルパンが初恋の人だという佐藤刑事のハッスルっぷり、少年探偵団の対応に苦する五ェ門、不二子のファンで、3サイズを熟知し、スマホで不二子の写真を撮っていたFBIのジェイムス・ブラックなんかもいい味出してました😆

このレビューはネタバレを含みます

あれだけわかってない人が多いのにすぐにコナン=工藤新一にたどり着けるルパンファミリー
Matthew

Matthewの感想・評価

3.6
ルパンvsコナンその2

大学の時映画館行った記憶あります。コナンとルパン大好きな僕からしたら夢の共演だったので、ワクワクでMOVIX行ったなぁ…

TVスペシャルの続きなので、本作だけ視聴となるとちょっと話が分かりにくいかもしれませんが、前作観た上での視聴なら面白いと思います。ただちょっと話を広げすぎなのでまとまりが悪く、スペシャルのが個人的には好きでした。それでもやはりルパン一味はカッコ良い。ルパンはコナンより先に真相たどり着くし、戦闘力高いので実質ランクSSSですね。コナンの世界の中では赤井秀一、キッドに並んで最強格じゃないですかね。カリオストロでもお馴染みの手法、そっからのコメディ色強い逃亡劇が大好きです。次元はルパンとの相棒ぷりが最強です。コナンコラボでは毎回ギャグキャラの地位を築いてますね。終盤にかけてはオールスター登場で、まさかあのキャラまで登場するとは!とファン歓喜の展開を作ってくれたので、嬉しかったです。佐藤刑事キレキレだし、ルパンがコナン界隈に入ったことで、全体的にコメディ色強くなったのでこれはこれで楽しむことができました!!

別の作品でも言及しましたが、やはり犯人には犯人なりの流儀を持っていてほしいので、今回の黒幕は良いキャラしてました、去り際も良し。最後のトリックも前作を踏襲した形で、納得のできる終わり方でした。ED後の冗談は是非実現してほしい…
アニメ版に続き映画版もコナン次元パパコンビが好きすぎてたまらない(笑)
あや

あやの感想・評価

3.8
最初の方ちゃんと見てなかったからわからなかったんだけど、、そんなやばいものを取り合ってたのね🤔🤔
ルパンの方が好きなので、、
コナンくんより(とかいうと怒られちゃう)
あ、この登場人物はルパンの人の絵だ!とか、コナンの人の絵だ!とか言いながら見るのが楽しかったです、!
この前のやつを見てないからあんまりわからなかったシーンがあるから見てきます()
2TOM

2TOMの感想・評価

4.0
2022年 : 187作目/劇場鑑賞:10作
※2022/7/12(火)
※DVD

今回はキチンと "vs" してるのが良い。ルパンが劇場版コナンの冒頭説明を担当しているのが面白い。お互いの作風がうまくマッチしていて違和感なし。小五郎の金色名刺も登場。お約束が満載で楽しい。今回は哀ちゃんも活躍してくれて大満足。犯人やトリックはやはりどうでも良くて、コナン組とルパン組の共演を楽しむべき作品。前作『ルパン三世vs名探偵コナン』を視聴していると、より楽しめる内容だけど、本作のみでも十分OK。
『ルパン三世 VS 名探偵コナン』のTV版は、リアルタイムで観たけれども、さすがに内容までは憶えていない。にも関わらず、それを完全に踏まえた作品とするのは、これだけの年月が経ってから鑑賞する人間にとっては不親切すぎる作品。
初見の人間にも分かりやすく説明してくれる、毎度お馴染みの人物紹介の部分ででも、ざざっとTV版の概要を紹介してくれれば良かったのに、と思ってしまう。
それも相まって、お祭り感はあるけれど、キャストばかりが豪華で物語自体は大した事のない映画みたく、対決の舞台や事件のスケールがいまいちピンと来ずに残念。
両作品に対する忖度も働くせいもあるのだろうが、もっと全キャラには活躍して欲しいし、暴れ回って欲しい。コナン映画っぽく、派手に爆破して倒壊して欲しい。ルパン作品っぽく、意外な黒幕の登場でピンチになって欲しいし、その黒幕含む敵組織も完膚なきまでに壊滅して欲しい。
>|

あなたにおすすめの記事

似ている作品