ねこぢる草の作品情報・感想・評価

「ねこぢる草」に投稿された感想・評価

み

みの感想・評価

-
弟とねこぢるのアニメを見てから、にゃーことにゃっ太に私と弟を重ねてる
【タイセツナモノ ブリキノ花園ヘ サガシニ…】


「おねいちゃん とれた手が」
何度も見てしまう!
意味を考えるのキリないからこそ、この世界観が大好きや~

「おねいちゃん とれた手が」
果糖

果糖の感想・評価

4.5
『呪いのワンピース』視聴による落ち込みから回復。エンドロール至高。
ちょも

ちょもの感想・評価

4.3
高校生の時に視聴、好き嫌いはハッキリ分かれると思うけど私はとても好きだった。ねこぢるの漫画の不穏で不安定な空気感がずっと漂っている。カメラワークも凄い。ラストもエンドロールも完璧。見終わった後も不安定の余韻が味わえる。
悪い画質で見たら、かかれているものの曖昧さで、実際以上に想像力で充満せざるをえない雰囲気があり。台詞がないにゃーたとにゃーこは、ひたすら移動する。ようやく家に帰ったと思ったら、もっとこわいエンドに、家族3人頭をやられる。(渚は直接的な、私は間接的な悪夢を見て、靖志は熱を出す) 漫画の具体的なエピソードをあまり扱っていないなか、豚カツを食う豚は登場。
このあと「ねこぢる劇場」をみる。にゃーこの声と発音が素晴らしい。これをテレビでやってた自分が生まれた世紀末がすごく遠いものに感じる。
心が、こころがいたい。心が痛いよー痛い…宇宙がみえる…宇宙…ウチュウ…

トイレに行けなくなる
ミハくんのおすすめ。30分のシュールな世界を堪能。脚本・構成・ 作画に湯浅政明。真実しか語らないとここまでリアルがおぞましいモノになるとは。ぼくらの世代のアブジェクションの兆候がここにある。
絵柄と合っていないけど、本当に気持ちが悪いし、ぐるぐるその中に閉じ込められる。最低最悪の偏見と現実が入り混じった感じが好き
スズキ

スズキの感想・評価

3.0
小さい頃見たことを思いだし見てみたのだけど、、、

なんだこれ?笑
>|