アリスの作品情報・感想・評価

「アリス」に投稿された感想・評価

sksk

skskの感想・評価

5.0
早稲田松竹で短編集と二本立てだった。

イメージの連鎖が気持ちいい。
頭の中ではなんでもできる。それを取り出して見せてくれる人を私は心からあいしている。
nanamiy

nanamiyの感想・評価

3.4
エルメスの最上階のシネマにて。この雰囲気も相まって、桃源郷。シュヴァンクマイエル作品は子供の声が印象的。
いわた

いわたの感想・評価

4.9
お洒落な玩具箱みたいな映画。こうゆうのほんとすき。作り込まれた世界に目が離せなかった。
スタ

スタの感想・評価

4.5
グロくてキショくて云々の前に、アリスがとても可愛いな。太ももとかめちゃくちゃエロいし…。

そんな彼女だからこそ、この不気味な世界もなんとか耐えられるのか…ということで、ゴキブリからブタにニワトリ、靴下までもがぐにゅぐにゅ蠢くワンダーランド。中でも、カエルの舌の触感がたまらなくツボで、あのベターんとした感じに虫酸が走る。

なんちゅうものを見せてくれたんだ!と怒りたくなるも、いや大満足です。
食べ物がまずい

かつてこれほどまでに食べ物が不味そうな映画があっただろうか。うさぎが食べる食事が本当不味そう。そして食べ物が動くし生きてるしもはや食べ物の概念とは?という疑問を投げかけてくる。
アリス作品としてなんか惹きつけられる可愛さと奇妙さは抜群で、大人を映さないで、子供の妄想を強調してるから没入できる。
TsutomuZ

TsutomuZの感想・評価

3.8
「『アリス』を観てアニメを作りたいと思いました。」と京都アニメーション山田尚子監督に言わしめた(http://los-endos.hatenablog.com/entry/20151114/1447511739) 作品をフィルムでしかも映画館で観ることができて満足です。

映画けいおん!をこの一週間前に観たので、平沢唯が手の指で窓をつくり、覗き込む仕草は、この映画のアリスそっくりでした。

首を切るという台詞と、剥製および本物の生き物も混じるアニメーションが組み合わさって、少女の残虐性が見事に表現されていると思います。
JAmmyWAng

JAmmyWAngの感想・評価

5.0
アリスから肉片に至るまで、とにかく全員やる事なす事すべてが可愛い。もう石とかですらも可愛い。不条理性によって浮き彫りにされる健気さと可愛さはマジワンダーランド。何度観ても何度でも永遠に可愛いくて、シュヴァンクマイエルのアリスは、オルフィレウスの自動輪に次ぐ永久機関として、すべての銀河が全滅するまで語り継がれるであろう。
10年ぶりぐらいに再鑑賞。
10年前ぐらいにビレバンとかで流れてて、オシャレさんになりたくて見た気がする。
10年前と同じく途中で意識が遠のく。
10年前と感性変わってへん。

これ、気味が悪い映画やのう。
人形も生肉も入れ歯も気持ち悪い。
音楽なし、効果音のみなのも気味が悪い。
ストップモーションで誰にも真似できぬ映像を作ったことは凄いなぁとは思うけど、キツイな。

20分ぐらいは耐えられるんだけどね。

頭の上で米を炊くシーンは好きです。

また、10年後お会いしましょう。
C

Cの感想・評価

3.7
シュールさに笑えてきた。時々アリスから感じるエロさは何なんだろうな。ヤンシュバンクマイエルはロリコンなのかな
rose

roseの感想・評価

3.6

なかなか理解しづらいけど、理解するためのものとかではない気がする。。
アート。この監督の想像力は、すごい。
やはり、すごい人はすごい笑

ひたすら気持ちが悪い。

ストップモーションってところが、また不気味で夢がある。

建物の中をぐるぐる。ゴールがない。夢をぐるぐる。鬱っぽい感じが良かった。
アリスは可愛い。
>|