リメンバー・ミーの作品情報・感想・評価

リメンバー・ミー2017年製作の映画)

Coco

上映日:2018年03月16日

製作国:

あらすじ

主人公ミゲルは、音楽が大好きなギターの天才少年。しかし、過去の悲しい出来事がきっかけで彼の一族には「音楽禁止」の厳しい掟があり、ミゲルはギターを弾くどころか、家で音楽を聞くこともできない。特報では、家族に見つからないよう憧れのミュージシャンデラクルスを真似てこっそりギターを弾くミゲルのシーンからスタートする。ある日、家族から禁じられた音楽への夢を募らせるミゲルが、デラクルスの霊廟に飾られたギター…

主人公ミゲルは、音楽が大好きなギターの天才少年。しかし、過去の悲しい出来事がきっかけで彼の一族には「音楽禁止」の厳しい掟があり、ミゲルはギターを弾くどころか、家で音楽を聞くこともできない。特報では、家族に見つからないよう憧れのミュージシャンデラクルスを真似てこっそりギターを弾くミゲルのシーンからスタートする。ある日、家族から禁じられた音楽への夢を募らせるミゲルが、デラクルスの霊廟に飾られたギターを手にしたことをキッカケに、夢のように美しく、まるでテーマパークのような死者の国へ迷い込んでしまう。生きている人間に驚いてしてしまうようなユーモラスなガイコツ達が暮らす国で1人混乱するミゲル。そんな彼が出会ったのはガイコツになったご先祖たち─。果たして彼は無事に元の世界に戻れるのか?すべての謎を解く鍵は、故デラクルスの美しい名曲バラード“リメンバー・ミー”に隠されていた…。イマジネーションの無限の可能性を 追求し、“おもちゃの世界”から“頭の中の世界”を描くことでアニメーションの特別な体験を贈ってきたピクサーが初めて描く、誰も見たことのない死者の世界とは?

「リメンバー・ミー」に投稿された感想・評価

RuiKitano

RuiKitanoの感想・評価

4.5
まず同時上映のオラフのお話で号泣。
メキシコの伝統行事のDía de los Muertosをモデルにしたお話。
死者が家族の元に戻ってくるという日。
まず、亡くなった家族との繋がりに泣き、亡くなっても思い出す事は大事だなって改めて考えた。
最後は1秒1秒号泣。
映画でこんなに泣いたのは、犬の話くらいだけど、自分の中での家族の大きさにも気づいた気がする。
家族に音楽を禁じられて自宅でVHSを何度もリピートしてギターを練習する光景がなんともビタースウィートで愛らしい。久々に映画館で号泣してしまった。
Haruna

Harunaの感想・評価

4.7

このレビューはネタバレを含みます

やっと観れた…
見る前から題名のCocoは何に関係してるのかなって思ってたけど、観終わって全てがわかると、切なくもほんわかした気持ちになる。
世界観が陽気でギラギラしてない煌びやかさが、とても綺麗。そんな世界のなかでも現実世界にあるような暗ーい人気のない路地裏があったり、死後の世界の中でも「死」があったり、一概にも全く違う世界ではない気がして面白かった。
映画館で観れて良かったなぁ。
じゅん

じゅんの感想・評価

4.0
「人が本当に死ぬときは人たちに忘れられたとき」というワンピースの名言を思い出す。暖かい色の背景がすごく綺麗だった。
Shiba

Shibaの感想・評価

3.9
in 🇮🇪

感動した!久しぶりのDisney、Pixerものだったけどやっぱりいい!
もっと真剣にお盆に臨むべきだな…と思わされた
After the mediocrity (and highly forgettable feature) that is Cars 3, Pixar rebounds magnificently with their love letter to Latino culture in Coco. Profoundly imaginative and thoroughly heartfelt, Coco’s narrative tackles richly complex subjects of life, death and familial bond—wrapped nicely in a beautifully animated, visually orgasmic and consistently kid-friendly demeanor. None of Coco’s few missteps undermine Pixar’s ingenious twist to “Dia des los Muertos”; and in a typical Pixar’s fashion, Coco will give you sufficient enough reasons to let tears run down your face.
Kaai

Kaaiの感想・評価

4.5
アニメ映画だからって完璧になめてた
映像も綺麗
退屈させないストーリー展開
なにより曲が最高
Remember meめっちゃ聞いてる!
日本公開が待ちきれない!

このレビューはネタバレを含みます

傑作。

モンスターズインクなみに
後半泣きっぱなし…

舞台であるメキシコをフルに活かした、音楽と温かい色使いと訛りを通して描かれる家族のつながり。

個人的に納得がいかなかった「カールじいさんの空飛ぶ家」のヴィランの倒し方が、今作では安心して笑えるギャグのレベルにまで昇華されてて、お見事としか言いようがない。

1月2周目にして今年のベストが決まってしまった気がします。

ちょっとこわいけど、メキシコに行きたくなるね。
マリ

マリの感想・評価

4.0
自分の家族もあんなふうに見ていてくれたら嬉しいなあ。人は誰にも思い出されなくなったとき、本当に消えてしまうんだ
TMK

TMKの感想・評価

4.2
台湾にて鑑賞。

みんなの記憶から消えてしまったらそれが本当の死。なるほど、とても考えさせられた。
ちょっとアホなワンちゃんが可愛すぎる。
>|