リメンバー・ミーの作品情報・感想・評価・動画配信

リメンバー・ミー2017年製作の映画)

Coco

上映日:2018年03月16日

製作国:

上映時間:105分

4.1

あらすじ

「リメンバー・ミー」に投稿された感想・評価

おじゅりんが言うほど泣きはしなかったけど、
良いお話だった🥺そして何より絵が綺麗❗️❗️
家族の掟か自分の夢か、、
上手に折り合いをつけたミゲルは本当によく頑張った

あと、ミゲルの声が良すぎて恋に落ちた
しんご

しんごの感想・評価

4.0
曲も話も良くて最後めっちゃ泣きそうになった
死後の世界の色合いがとてもきれいで映画館で観ればよかったと激しく後悔
あこ

あこの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

音楽を禁止するなんて酷い家族だと思ったし、音楽をやりたいと言う息子に、息子の気持ちや意見を無視して「家族を大事にしろ」と言うのは…と思って観ててちょっと腹が立ってしまったけれど、最後はハッピーエンドで良かった!

ひぃおばあちゃんのココと一緒に歌を歌うシーンと、死者の国で仲良くなった両親とココが会えたシーンが一番感動した。

死んで忘れられたら本当の死。
私も身近に亡くなってしまった大事な人がいるから、思い出を大事にしていきたいと思った。

メキシコらしい色鮮やかさで綺麗でした。
ruru

ruruの感想・評価

4.2

このレビューはネタバレを含みます

音楽好きの少年ミゲルが、ひょんなことから死者の国に迷い込んでしまう物語。

想像以上に感動しました...。
まず、ピクサーはやっぱり映像がすごい。死者の国がとてもきらめいていて、表情とかも個性があっておもしろい。この映画の見所でもある歌も素敵でした...。特にミゲルの幼いながらも力強く、気持ちよさそうに歌っていて凄かったな。

何より家族愛が素敵な映画でした。死んでしまったとしても、生きている人の記憶や思い出として残っていれば、その人は消えない。その思い出や記憶を、音楽を通してひいおばあちゃんに伝えたミゲルの優しさに感動しました。最後のミゲルとひいおばあちゃんが一緒にリメンバーミーを歌って、音楽嫌いだった家族が見守るシーンは涙が止まらなかったです。
りん

りんの感想・評価

4.1
めちゃくちゃ泣きました。ペピータかわいい。背中に乗せてほしい。
mochy

mochyの感想・評価

3.9
久々に映画観た!
ちゃんとストーリーあっておもしろかった✨死者の世界が本当にそうなってたらいいなって思った。笑
3連休コロナのせいであんまり外出れなかったから最後にほっこりするもの観れてよかった⭐︎
明日からまた多忙な毎日が始まるー😱
早く落ち着きたい!!!
「死んだ後に残るもの」80点

家族か音楽かなんて選べない
死後に家族や子孫が自分のことを覚えてくれたり、祭壇に飾られていればそれは一族の中で受け継がれ、忘れられることはない。
音楽も同様に、自分が作った曲を多くの人に愛されて歌われたら、人々の記憶から忘れられることはない。

人はいつ死ぬか。人は2度死ぬ。
1度目は肉体が滅びるとき。
2度目は生きている人に忘れ去られたとき。

今作では、家族をテーマにして描かれているが、生き方は人それぞれだ。
問題は、自分が生きた証をどういった形で残したいのかということだ。もちろんその形はさまざまで、人の心の中や、音楽や小説など作品として残していくのも良い。だがもし、時が流れ行く中で自分がこの世にいなかったものとされたら?それ以上の虚無感はない。自分が生まれてきた意味を考えたときに、わたしは、自己満足な生き方ではなく、自分が生きた証をなにかしらの形で残したいと思う。少しでもこの世界に、自分がよい影響を与えることが、自分が生まれた意義であり、神様がわたしを生み出した理由なのではないかと考える。

ともあれ、リメンバー・ミーはそういった意味でも素敵な曲だった。
s子

s子の感想・評価

4.0
主人公は、ミュージシャンを夢見る、ギターの天才少年ミゲル。しかし、厳格な《家族の掟》によって、ギターを弾くどころか音楽を聴くことすら禁じられていた…。ある日、ミゲルは古い家族写真をきっかけに、自分のひいひいおじいちゃんが伝説のミュージシャン、デラクルスではないかと推測。彼のお墓に忍び込み美しいギターを手にした、その瞬間──先祖たちが暮らす“死者の国”に迷い込んでしまった!

やっぱりピクサーの映画だけあって、
とても感動した。
家族て改めて見えない絆で結ばれてるんだなぁ〜て思った。
映像も凄く綺麗で、映画館でみたらもっと
凄いんだろうなぁ〜て思った。
もち

もちの感想・評価

3.4

このレビューはネタバレを含みます

・歌が印象に残る
・光の表現、画面(背景?)がカラフル。とてもきれい
・あれだけ音楽を嫌って排除して主人公を抑圧していた家族が手のひら返ししてくるのがもやもや
>|