リメンバー・ミーの作品情報・感想・評価

リメンバー・ミー2017年製作の映画)

Coco

上映日:2018年03月16日

製作国:

上映時間:105分

4.2

あらすじ

主人公ミゲルは、音楽が大好きなギターの天才少年。しかし、過去の悲しい出来事がきっかけで彼の一族には「音楽禁止」の厳しい掟があり、ミゲルはギターを弾くどころか、家で音楽を聞くこともできない。特報では、家族に見つからないよう憧れのミュージシャンデラクルスを真似てこっそりギターを弾くミゲルのシーンからスタートする。ある日、家族から禁じられた音楽への夢を募らせるミゲルが、デラクルスの霊廟に飾られたギター…

主人公ミゲルは、音楽が大好きなギターの天才少年。しかし、過去の悲しい出来事がきっかけで彼の一族には「音楽禁止」の厳しい掟があり、ミゲルはギターを弾くどころか、家で音楽を聞くこともできない。特報では、家族に見つからないよう憧れのミュージシャンデラクルスを真似てこっそりギターを弾くミゲルのシーンからスタートする。ある日、家族から禁じられた音楽への夢を募らせるミゲルが、デラクルスの霊廟に飾られたギターを手にしたことをキッカケに、夢のように美しく、まるでテーマパークのような死者の国へ迷い込んでしまう。生きている人間に驚いてしてしまうようなユーモラスなガイコツ達が暮らす国で1人混乱するミゲル。そんな彼が出会ったのはガイコツになったご先祖たち─。果たして彼は無事に元の世界に戻れるのか?すべての謎を解く鍵は、故デラクルスの美しい名曲バラード“リメンバー・ミー”に隠されていた…。イマジネーションの無限の可能性を 追求し、“おもちゃの世界”から“頭の中の世界”を描くことでアニメーションの特別な体験を贈ってきたピクサーが初めて描く、誰も見たことのない死者の世界とは?

「リメンバー・ミー」に投稿された感想・評価

あいか

あいかの感想・評価

5.0
全然期待しないで行ったけど、めちゃめちゃ感動した!家族の愛って素晴らしい音楽って素晴らしい!Muchas Gracias Coco!!
余粒

余粒の感想・評価

2.5
序盤のミゲルに対する好きな子とを認めない描写が辛い。
歌は最高オブ最高。
主人公には骸骨のメイクが施され、意識のスイッチングをスムースにすることができた。
なおと

なおとの感想・評価

3.5
やっぱりディズニーとピクサーの作品でつまらない作品は無いのかなぁ!

うるうるっとしてしまった。
kaho

kahoの感想・評価

3.8
お決まりの展開すぎるけどやっぱり泣くよね〜〜
家族を大切にしようとかお盆大切にしようとか思う。それって月並みな感想かもしれないけど、なんの感情も残らずなんかいい映画だったよね?なんて作品よりとっても収穫があって私は好きです。でもそういうアホでもわかるメッセージ性強い映画って別に見返すほどおもしろくはないし好きではない。(どっちやねん...)
本当の死は人に忘れられた時。

ピクサー素晴らしい作品を送り込んだな。
ストーリーはベタではあるが、多くの層に共感できる内容でした。
今まで涙を流す作品は3作品くらいしかないくらい、泣かない自分が泣いてしまった。

いやぁ、自分の子供にみせてあげたい。
Omaru

Omaruの感想・評価

3.6
使者の日をテーマにした家族のはなし。

ストーリーはベタ。
十分面白いが、大人が何度も見たくなるくらい深みがあるわけではなく、幅広い世代を狙っている印象。
そこもっと!って思うシーンが、さらっと流されることが何度かあった。

⚫おすすめポイント⚫
舞台がメキシコで、映像・音楽がラテン一色なのがとても素敵だった!
ラテンの文化が好きな人、知りたい人におすすめ!
sacc

saccの感想・評価

3.3
みんな泣いた、泣いた。って

その感想で鑑賞中も「よっしゃ!ここが泣き所やな!」みたいな気分になっちゃって。

絵は綺麗よ〜?ストーリーも嫌いじゃないよ〜?

だけど家族愛っていうテーマがそもそも少し苦手な自分は、こういう場面でも偏屈になったものだから

正直アナと雪の方でしか泣いていなかった、チーン。
「死」とは、生を受けた瞬間から永遠に逃れられぬ究極のテーマ。
そんな重たい題材を、子供に夢を与えるディズニー・ピクサーが真っ向から挑むという気概にまず心打たれました!

そして我々にとって「死」と同じくらい辛いことって、
死後、みんなの記憶から少しずつ忘れ去られていくことだと思うんですよね。
それを優しく諭すかのような『Remember Me』の歌詞も感涙モノ…。

私もあらゆる人物の生没日に併せてレビューするようになったのは、前述した旨と同様の理由もあったりしまして、一層胸に響きました。

先祖から代々受け継がれてきた命は、生と死の境界すらも越えて家族の繋がりを讃歌してくれます。

また「死」を忌み嫌わずに受け入れ、「死者の日」を明るく華やかに彩るメキシコの風土。
昨今トランプ政権が推し進めるネガティブキャンペーンなんざ吹き飛ばすほどの、崇高で素敵な文化を印象付けてくれました。
ここに描かれたメキシコの死生観は、まさしく全人類に捧ぐ人生讃歌にも通じます。

「伝統」という点でも併映された『アナ雪』の短編と地続きだったりして、
各のルーツに置き換えて問う試みは、観客それぞれの根本を見つめる機会にもなっているんだなと感じました。

死者の世界は大変きらびやかで、隠れミッキーならぬ隠れガイコツを探すのも見所のひとつ。
お父さんの正体も更にストーリーを盛り上げてくれましたね。

終盤はアホみたいに泣いた。
人生は祭りだ!共に生きよう!
文句なしの満点アニメーション!
05com

05comの感想・評価

3.9
改めて、御盆とか大切にしよ。
ピクサーは
何かを気付かせてくれる。
>|