リメンバー・ミーの作品情報・感想・評価

リメンバー・ミー2017年製作の映画)

Coco

上映日:2018年03月16日

製作国:

上映時間:105分

4.1

あらすじ

「リメンバー・ミー」に投稿された感想・評価

大満足‼歌に映像にストーリーにと、とてもじんわり優しくなる物語
ゆ

ゆの感想・評価

3.9
やっと観た。家族を大切にすることと、何があっても愛する人を忘れない心が終始一貫されていて見やすかった。作品そのものも物語も美しく、子どもにみせたい映画。
最近母親と喧嘩がちなので、思わず泣いてしまった。家族は無条件に愛し合い、大切に想い合える唯一無二の存在。道徳とか常識とかすっ飛ばして、ただ自分のために家族を愛して大切にし、また、同じように愛されて大切にされたい。
chun1714

chun1714の感想・評価

4.0
展開は読めてしまいますが、ミステリーではないのでそこは気にしなくて大丈夫かと。とにかく、当たり前ですが歌がいいですね。リメンバー・ミーは言わずももがな、友人を見送る?ための歌、シーンは素晴らしいですっ!
も

もの感想・評価

4.0
ヒーローが悪役になるあたりが最近のディズニーっぽい話で見終わってただはー良かったってなれる映画
個人的に私のおばあちゃんも認知症だからママココと重なって最後泣きそうになった
飛行機だったから我慢したけど!
曲は流石の良さ。
メリー

メリーの感想・評価

4.5

このレビューはネタバレを含みます

んん〜〜いい話!!
時代を超えた家族の深い絆でみんなが繋がる、ひたすら綺麗な良いお話。
舞台はちょっと昔のメキシコ。1年に1度先祖の霊が家族に会いに来るという『死者の日』のお話。日本で言うお盆。
家族から禁止されているけどどうしても音楽に魅了されてしまうミゲル。
今は亡き伝説のミュージシャン、エルネスト・デラクルスに憧れて、こっそりと隠れ家に持ち込んだ大好きな音楽の品々に囲まれながら手作りのギターを奏でる。
大好きなミュージシャンの映像を目をキラキラさせて見ながら、それを真似てギターを鳴らすミゲルがかわいい。物心付いて初めて夢中になるものを見つけた男の子って感じで愛しい。撫でたい。

明るくカラフルな死者の国や鮮やかなマリーゴールドの橋なんかの映像美も素晴らしい。
あと日本語吹替版ミゲル役の石橋陽彩くんの声があまりに魅力的で聞くのにしばらく没頭した。この声がなければこんなに何度も見たりサントラを購入することもなかったかもしれない。
単純に歌唱力もずば抜けているし、スコーンと高く突き抜ける美声が気持ちいい。
男の子だから近い将来というか既になっていそうだけどこの高いキーは出なくなっていくのだろうなあと思うと儚くて切ない。けど音源を残してくれたことがありがたくて仕方ない。素晴らしい声。

以下みんなも感じるであろうあるある。
・真実を知ってからデラクルスが歌うリメンバーミーを聴くと重みのなさに気付かされる
・原題の『COCO』の所以がわかって涙
・メキシカンな情熱的な音楽が全部素敵
・真実を知ったけど「えっ何それこれまで私が家族のために奮闘してきたことや成し上げてきた歴史はなんやったん!?」って脳内で恐らく思って意地を張ったまますぐに許しきれないママイメルダがかわいいす
りお

りおの感想・評価

3.4
ラストで泣けた。本編が始まる前のアナ雪の番外編?も面白かった。
MARCH

MARCHの感想・評価

4.1
ママココの顔や手のしわが年輪のように刻まれていて車椅子乗る姿勢も可愛いらしい



自分に子供や家庭があったらまた違った思いにもなったんだろうなと思う。




友達のおすすめで鑑賞
Asahi

Asahiの感想・評価

4.0
ピクサーらしい美しさと楽しさ。そして最後なんか泣ける。家族で歌ってるっていいなー、楽しそうだなー、って泣ける。
hikarouch

hikarouchの感想・評価

4.1
僕は僕が死んだあと、大切な人たちに、僕の子どもに、どんな風に憶えていて欲しいだろう。
そのために、今日これからをどう生きよう。

素晴らしく美しい映像と音楽に乗せて、こんなことを考えさせてくれるだけで、もう完璧ですね。

斬新な設定にもかかわらず、直球ど真ん中なお話も、お見事。

死者の世界のなんでもあり感とか、家族の異様な頑なさと、その呆気ない解決とか、そんなのあり?と思うところも結構あるのだけど、それを差し引いてもおつりたっぷりという感じ。

スペイン語混じりの英語も、世界観にとても合っていたと思う。

原題がcocoってのがまた、痺れるね。
AKANE

AKANEの感想・評価

4.5
絵もすごく綺麗だったし、歌もすごく良いし、全体的に素敵な映画だった…!
>|