KUBO/クボ 二本の弦の秘密の作品情報・感想・評価

KUBO/クボ 二本の弦の秘密2016年製作の映画)

Kubo and the Two Strings

上映日:2017年11月18日

製作国:

上映時間:101分

3.8

あらすじ

三味線の音色で折り紙に命を与え、意のままに操るという不思議な力を持つ少年・クボ。幼い頃、闇の魔力を持つ祖父に狙われ、助けようとした父親は命を落とした。その時片目を奪われたクボは、最果ての地まで逃れ母と暮らしていたが、更なる闇の刺客によって母さえも失くしてしまう。 追手である闇の魔力から逃れながら、父母の仇を討つ準備を進めるクボは、道中出会った面倒見の良いサルと、ノリは軽いが弓の名手のクワガタと…

三味線の音色で折り紙に命を与え、意のままに操るという不思議な力を持つ少年・クボ。幼い頃、闇の魔力を持つ祖父に狙われ、助けようとした父親は命を落とした。その時片目を奪われたクボは、最果ての地まで逃れ母と暮らしていたが、更なる闇の刺客によって母さえも失くしてしまう。 追手である闇の魔力から逃れながら、父母の仇を討つ準備を進めるクボは、道中出会った面倒見の良いサルと、ノリは軽いが弓の名手のクワガタという仲間を得る。やがて、自身が執拗に狙われる理由が、最愛の母がかつて犯した悲しい罪にあることを知る―。

「KUBO/クボ 二本の弦の秘密」に投稿された感想・評価

非常に素晴らしい!



まずストップモーション技術が凄いです。
ストップモーションというとナイトメアビフォアクリスマスとかわりとカクカクな、一昔前の映像技術というイメージがありました。
クボはぜんぜんそんなことない。
むしろすごく滑らか。
加えて折り紙の描写とかはストップモーションのコマ撮りの雰囲気が良く働いていて、とてもきれいな映像だった。


ストーリーもいい!
明るい感じというわけではなくて、むしろ死者は死んでも思い出の中で行き続ける。だから物語を紡ぎ続けようみたいなシリアス気味のストーリーなんだけど
カブトがところどころボケてくるのが物語に適度な甘さを与えていて気持ち良く見ていられます。

カブトと猿がハンソロとレイア姫みたいな感じでなんかいい雰囲気じゃんと思ったらやっぱり最後の方でスッキリしましたね。


あとは日本の描写が素晴らしいですね。
全然違和感がない。
むしろ日本人が日本ってきれいだなと感じてしまうほどしっかり描かれている。
まあ物語の設定上変になってるところはあるけれど
お盆だとか折り紙だとかかなり調べて作ったんだなという感じがわかりました。


とてもおすすめの作品です。
肉浪費

肉浪費の感想・評価

4.0
ストップモーションアニメーションが織り成す「桃太郎」 × 「RPG」 = 『家族』のむかしばなし

一番は久保くんの見た目、表情の味・AJI・鯵。切れ長で三白眼の瞳。根暗そうで苦労の伺える(実際に泣ける生活)、労りたりたくなる"孤独"で寂しさを前面に打ち出した表情。この点でこの映画の魅力が3割は増してるだろうというデザイン。日本人的か?アジア他国だろう意見は充分に受け付けるw

ストップモーションアニメであるのにまず驚く(常套句)のは勿論のこと、そういう手作り、手作業だからこそ作り出せる味・AJI・鯵。
むしろこれは"ストップモーションアニメ風"オールCGの技術なのではないか?とよくわからない技術の躍進に興奮し錯覚するほどの味のある質感とCG演出効果の見分けができないほどのストップモーションアニメ。これは、「パラノーマン」の時点で充分に感じられることができたが、今作では十二分にさらなる進化を感じられるデキ。
なんといっても日本という"和"で"オリガミ"の醸し出す質感は相当なモノ。3DCGオンリーだと液体等の柔らかさは充分に表現できるが、硬質な印象の強い3Dと紙質という微妙な表現をするストップモーション(手作り)の相性の良さを表現できたことは素晴らしい。
特に久保くんの使うオリガミマジックね!!素晴らしい!

ストーリーは日本では誰も知らない者はいないだろう知名度NO.1の「桃太郎」を彷彿させるヒーローストーリーでいて、武具探しというファンタジーでゲームのRPG要素ありとハマる人にはハマるのではないかと、海外よりも日本設定で日本人向けのアニメーションとなっております。
そして、ハリウッド(海外制作)でこれほどの日本の"精神"というスピリチュアルを捉え再現しきった作品がかつてあっただろうか?という、やはり日本人向け日本(を舞台設定とした)アニメーション。
ゴーストではなく"霊魂"といった各国の持つる"霊"に対する微妙な差異の精神。お盆の祭事やお墓に対する会話での表現の仕方でよく表れていると思います。

惜しかったのはストップモーションアニメであることの世界観や展開のミニマムさ。ここはヒトによって受け方や評価が分かれる所なんじゃないかと...
え、これで終わり?まだ物足りないよ。もっと冒険と戦いは?出番は??とストップモーションアニメどあることの限界を今まで見てきたストップモーションアニメで1番感じてしまう結果に...
かといって、"むかしばなし"として見るならそのミニマムさ(世界観の制限された矮小さ)も非常に収まりよく話として成り立ってはいる。ストップモーションであることの弊害もテーマ・ジャンルとしての完成度としての成立具合も清濁合わさった捉え方の違いができる程には一概に良い/悪いは言い切ることのできない裏表合わさったやはり"味"のある作品。
Aika

Aikaの感想・評価

3.0
映像が綺麗だった。日本人が作ってないのに、こんな違和感なく日本を題材にしたストーリーをつくれるのかと感心した!三味線(弦が2本だからニ味線?笑)の音と折り紙と、やっぱり和の美には魅せられる。

ストーリーとしては、家族愛に溢れていて良かった。武器を持たずに、楽器を奏でることで戦うなんて素敵!!!
MDVL

MDVLの感想・評価

-
ストップモーションアニメであることをほとんど忘れたまま没入するほど美しい。特に中盤までの日本描写は、アメリカ人が作ったとは信じられないほど琴線にふれるものがある。

ただ、中盤以降の展開が結局「日本昔話だったらこういう展開やこういう造形のクリーチャーはないな」と違和感を抱いてしまったのが惜しい。

あと、結構スターウォーズだった。
Mina

Minaの感想・評価

3.4
"The end of one story is merely the beginning of another."

"These are the memories of those we have loved and lost. And if we hold their stories deep in our hearts... Then you will never take them away from us."

👪👘🇯🇵
TDS

TDSの感想・評価

3.7
ストーリーは王道だが、映像と音楽が綺麗

とてもストップモーションで撮ったようには思えない映像

いい感じの日本が満載だった
yutani

yutaniの感想・評価

-
かっこよい
日本人の知らない日本みたいな世界観
ストップモーションで作ってるらしくて、映像もかっこよい
mkmasa

mkmasaの感想・評価

3.4
米国では昨年10月に公開された作品。
日本を題材なのに、公開はなしかと思ったら一年後に公開とのこと。

話は、全編通して暗い感じ。
古き日本を題材としていて味はあった。折り紙など。 暗いシーンばかりなので明るいシーンがもう少しあればということでこの評価
A

Aの感想・評価

4.1
ちょっと違和感を感じる箇所もあるが、日本のお盆を題材にした心温まる冒険活劇。
ストップモーションとCGの融合でこんなに迫力ある映像を撮れるというのは驚き。
trafa315

trafa315の感想・評価

3.0
口の動きの不自然さ。
>|