KUBO/クボ 二本の弦の秘密の作品情報・感想・評価

KUBO/クボ 二本の弦の秘密2016年製作の映画)

Kubo and the Two Strings

上映日:2017年11月18日

製作国:

上映時間:101分

あらすじ

三味線の音色で折り紙に命を与え、意のままに操るという不思議な力を持つ少年・クボ。幼い頃、闇の魔力を持つ祖父に狙われ、助けようとした父親は命を落とした。その時片目を奪われたクボは、最果ての地まで逃れ母と暮らしていたが、更なる闇の刺客によって母さえも失くしてしまう。 追手である闇の魔力から逃れながら、父母の仇を討つ準備を進めるクボは、道中出会った面倒見の良いサルと、ノリは軽いが弓の名手のクワガタと…

三味線の音色で折り紙に命を与え、意のままに操るという不思議な力を持つ少年・クボ。幼い頃、闇の魔力を持つ祖父に狙われ、助けようとした父親は命を落とした。その時片目を奪われたクボは、最果ての地まで逃れ母と暮らしていたが、更なる闇の刺客によって母さえも失くしてしまう。 追手である闇の魔力から逃れながら、父母の仇を討つ準備を進めるクボは、道中出会った面倒見の良いサルと、ノリは軽いが弓の名手のクワガタという仲間を得る。やがて、自身が執拗に狙われる理由が、最愛の母がかつて犯した悲しい罪にあることを知る―。

「KUBO/クボ 二本の弦の秘密」に投稿された感想・評価

ライカらしく、ちょっと可愛くない人形が動き出すとたちまち可愛く見えてくる不思議な映画。ライカのストップモーション技術は世界一ィィィ!
バルト9に観に行ったんですが、実際の撮影に使用したという人形が飾られていて、まずそのあまり美しさに驚愕したまま本編鑑賞で、なんというか、ライカによって命を吹き込まれたクボが劇中三味線によって紙に命を吹き込むという。もう本当に言葉が出ないくらいに素晴らしくて物語とあんまり関係ないところで涙が出てきて大変でした。サルの表情なんかまさに神憑り的で、途中うっかり本当に命宿ってないか心配になるほどです。さらに素晴らしいのが悪役がめちゃくちゃ怖いのとアクションのかっこよさ。マーベルやその他の最先端アクション映画に全くひけを取っていません。ストーリー的にどうしても自分の価値観に合わないところがありますが、それらを吹き飛ばすだけの視覚体験でした。
3という数字が鍵だなと思った。
3人旅、三種の神器、三つの試練、月の兄弟もおそらく3姉妹なんだろう。
そういえば三味線の絃は3本だ。
日本の神話体系も3がベースになっていることを考えると、本当によくできてるなと思う。
それは別として、画面のどこを切り取っても美術品としての価値があると思う。とくに夜の時間帯が上手い。これだけでも見に行く価値があると思う。あと個人的にクワガタのキャラが好き。
Takahiro

Takahiroの感想・評価

4.0
エンドロールまで良かった! ビートルズの名曲を三味線でのビートは心も響いてきました。
他の作品では感じられない雰囲気や質感、素晴らしい映像に脱帽です。
あっ!もちろん、着用してた帽子は着席前に脱ぎました、、、
今年お勧めしたい作品です。
JIZE

JIZEの感想・評価

3.4
中世日本を舞台に取る長編ストップモーションアニメ特撮映画。まず人形時代劇の奇っ怪な絵造りに吸い込まれた。全編は三味線の音色や劇画チックに作り込まれ登場人物の造形が和の美(=幻想)を織り込む。所謂,海外から見た日本文化の価値(優美)が内包されたような作品。父母の敵討ちで不思議な能力を持つ少年が巨悪の闇へ立ち向かう冒険劇がメインを彩る。映像の肉質的な臨場感が素晴らしくイリュージョンとおぼしき演出も幻想的な空間(和心)に浸る事が出来る。薄暮に包まれた世界観は色褪せない。
Kn8p

Kn8pの感想・評価

3.8
だいぶ前にネットフリックスで観た記録
とても良かった!
日本にインスパイアされたというKUBO( KUBOって日本だと苗字じゃない!?と思いながら見てました!笑 )

時間をかけ、人の手によって緻密に作られてるKUBOは、日本ならではの洗礼されてて伝統を重んじる職人文化的なものとマッチングしてる気がしていて、、、
日本がストップモーションもアニメーション同様に力入れたらすごくなりそうって思いました!!(すでに有名なストップモーションの日本映画ってあるんですかね、、、?ご存知の方いらっしゃったら教えて欲しいです!)

海外の人が作る日本映画って中国といつもごちゃごちゃになってるっていう印象があったんですが、KUBOは一番日本の雰囲気に近いのでは!?と思いました!

留学中に、映画館で二回とDVDで一回みました! (見すぎ!?笑) 今度映画館でも見ようと思ってます!笑 DVDもゲットしたい! メーキング映像もYoutubeで沢山出てます!

海外ではKUBOの展示会を沢山してたので、日本での展示会も期待してます!!
試写会にて

間違って消してしまった!
感想はのちほど
青山シアターオンライン試写会

ライカクオリティー
折り紙

ストップモーションの大迫力、説得力は今年一番のインパクトです。またストップモーションのリズム感が、不思議と終始心地よい気分になります。
海外で作られた日本の鮮やかな美しさ


オンライン試写会にて視聴
「コララインとボタンの魔女」の製作チームだけに、まずは唸る圧倒的なクオリティに驚きます。

世界観も、キャラクターも、ファンタジーニッポンといった独特の表現はあれど、
折り紙という1つのテーマから広がる物語は美しい。

しかしながら、ストップモーションでバトルアクションを作ろうとするなんて…本当に凄すぎる!
途中はすっかりストップモーションで作られていることを忘れてしまうくらい、魅入ってしまう面白さがある。

是非もう一度、今度は大きなスクリーンで堪能したいと思います。
そして、エンドロールは最後まで見ると、ニッコリしちゃいますよ
>|