KUBO/クボ 二本の弦の秘密の作品情報・感想・評価

KUBO/クボ 二本の弦の秘密2016年製作の映画)

Kubo and the Two Strings

上映日:2017年11月18日

製作国:

上映時間:101分

3.9

あらすじ

「KUBO/クボ 二本の弦の秘密」に投稿された感想・評価

誰が観ても、「物語」のための物語である
メイドインUSAの超高品質日本昔ばなし


かぐや姫の物語に、 ストレートなヒーローストーリーを足した話で、人知を超えた存在の力を宿したヒーローが地上で足掻くという正直捻りは感じないシナリオではある
そういう「むかしむかしあるところに」という物語を語っていくことに関する物語として描かれている

語り継がれる物語には語り継がれる理由があるし、忘れ去られないために語り続ける必要がある
というものなので、なんで?って思うようなところが多くても突っ込むこと自体が野暮
この映画そのものが、クボという少年の作った創作だと思えばガッテンかな?

かつて生きていた人の記憶を決して忘れないために、物語は語り継がれる
それを強烈に反転させた結末は正直かなりハードだと思うけど、事実を捻じ曲げて新しい物語を語るということは人格否定でありながら同時に救いでもあるかもしれないと希望的観測をするしかないし、そこで流れ出すジョージハリスンの名曲のアレンジが素晴らしい味を出している


ぶっちゃけ、冒頭から母親が赤ちゃんにキスをするので、ああ多少欧米感は入ってしまうなって覚悟できる
逆予防線が張られるので、そうやって観ると日本の描き方も素敵
月並みな言葉ですがアニメーションとして質が高すぎ
傑作
Ken

Kenの感想・評価

3.5
映像美も去ることながら、キャラクターデザインも考えられている。このレベルの日本文化の取り入れ方は、日本人としては大変嬉しい。
pero

peroの感想・評価

3.6
面白かった。CG?がすごかった!!
ストーリーは結構大雑把だったけど。
吹き替えでみて正解。

なんか難しかったけど単純だったけど
これがストップモーションだなんて
人間っておもしろいことするなぁって
心底思いました

クワガタの顔がアップになるたびに
腹がよじれました
なにあの顔
あある

ああるの感想・評価

3.0
ストーリーに若干まとまりが…!まとまりがない…!
(絵巻物を売りにしてるのなら仕方ないかもしかれないけど)
ただキャラクターデザインや技術力は良かったです
映像がとても綺麗!
映画館で見れなかったので、借りてきて見ました。

折り紙と、三味線の音色が織りなすシーンがすごく好き。
日本色も出ていてなんだか嬉しい気持ちに。😊笑

ただ、少しストーリーが分かりづらいところがあったかな、と感じてしまいます…
えっ!おお!そうなの!?笑
って感じでした。
ke

keの感想・評価

-
このスタジオのアニメあんまり好みじゃないんだけど
わりと面白くみれた!
日本だ!と思ったら鎧とか中国の感じ?
ストップモーション・アニメーション和風伝記アクション。

ストップモーションといえば私の中で「ひつじのショーン」が思い浮かびます(これも面白い♪)。なので、それを想定してたら……

……え?(´・ω・`)

なにこれ?こんな凄いことになってんの?( ゚Д゚)言われなければ気付かない滑らかさ……。美しいCG映像も相まって、もう別にストップモーションにこだわる必要ないんで……(自主規制💦)

そして声優陣も豪華!猿の声がセクシー♪ええ声ー♪と思ってたらセロン姐さんじゃないですか!( ゚Д゚)どーりで(^O^)。
マシュー・マコノヒーも出てるし、凄い布陣です(  ̄▽ ̄)。

序盤は映像美と世界観に圧倒されて、いいじゃん♪いいじゃん♪と思っていたのですが、それもつかの間……

(こっから悪口続きます……。スミマセン(>_<))

・主人公の能力設定あやふや。どんな発動条件で成り立ってるん?( ̄^ ̄)
・クワガタが呪いで外出れないとか言ってて、次のシーンでフツーに出とる……。
・結局最後まで回収されない伏線多い……。あんだけ引っ張っておいて……。ねぇ?(-_-;)
・ラスボスがぽっと出の雑魚。満を持して出て来て、それで終わり?(~_~)

などなど、世界観というかそもそもの設定やストーリー展開がぶれぶれに感じたので、いくら映像技術が凄くても、ちょっと自分には合わなかったです…(;´д`)

ただアクションシーンは非常に見ごたえありましたし、この撮影手法は面白いので、次回作に期待です!(*゚▽゚)ノ
ナレーション「この子の名前はクボ…」

私「しかも苗字も久保だからね」

長男「え!? クボクボ!? ウソでしょ!!」

私「オーリガーミーだし」

長男「オーリガーミー!?」



誰も寝てはならぬ
じゃなくて
瞬きすらしてはならぬ

から始まる三味線による折り紙の冒険絵巻がとにかくかっこいい。2歳児はおサルが好きみたい。味があるもんね。いろいろと細かい設定は置いといて、子供と一緒に楽しめるのがいいね(叔母さんが恐すぎるけど)。

エンドロールで、がしゃどくろのシーンのメイキングが出てくるんだけど、とんでもなく時間をかけて作ってあるのがわかる。ストップモーションアニメ、すごいな…
jrs

jrsの感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

日本好きの外人が作った綺麗な日本だった。クワガタ侍と猿との旅も、折り紙と三味線と語りも良かった。

クボて苗字でなくて名前なのが外人作な感じ。
3つの武器を集めた意味はなんだったのか…そして最後突然クボが強くなって一撃だったのも一体。
>|