ティム・バートンのコープスブライドの作品情報・感想・評価

「ティム・バートンのコープスブライド」に投稿された感想・評価

seira

seiraの感想・評価

4.1
最後の最後がとても切ない。
花嫁の子に感情移入してしまうと、切ない余韻を引きずる作品。
全体的に観たら楽しい場面もあり、良かった。
前回は吹替で今回は字幕で鑑賞。
前回はエミリー視点で物語を見ていたけど、今回はビクトリア視点で見ることにした。
不気味でなおかつコミカルな雰囲気がとても好き。
でん

でんの感想・評価

4.5
確か3度目くらいの鑑賞
ビクタ〜の声優ジョニ〜デップって初めて知りました〜ヒエ〜…SUKI……
死者の世界の音楽、カラフルさがとっても印象深かった
Mutsuki

Mutsukiの感想・評価

4.0
話も異世界な感じでとても面白いが、独特な絵の中に綺麗さが印象的な作品。この世界はティムバートンしか作れないかと
あきら

あきらの感想・評価

3.9
ティムバートン作品で二番目に好き!ティムバートン作品は世界観やキャラクターのビジュアルが単純に好みなものが多いけれど、コープスブライドは物語自体がとても好きだった。そして骸骨のMほんと良いです。
Toppo

Toppoの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

これぞティム・バートン!という感じの映画。画が暗いけど楽しめちゃうアニメ。ただ、死者の国はミュージカル調で明るくポップに見えるけど、全体的に暗くて怖いため小さな子供にはトラウマになるかも…大人向けかな。
死者の花嫁エミリーが最終的にかわいそう、というだけで終わる。彼女が幸せになる手立てはないのか…
“ロウソクの炎に触れても痛みなど感じない
体をナイフで切られても同じこと
彼女の心臓は動いている
私は死んでるの
それでも感じる心の痛み
どうしようもないの
こぼす涙もまだ残ってるみたい”


アニメーター出身のティム・バートン監督が送るおとぎ話。
日本で人気の高い『ナイトメア・ビフォア・クリスマス』より
「哀しみ」が根底に流れる本作の方が
個人的には好きでした。


主役が美男美女でないところが
感情移入しやすくてよかったです。


製作:2005年(英)
監督:ティム・バートン
P

Pの感想・評価

5.0
何回観ても大好き作品♡

ビクターとエミリーの
連弾シーン好き☺️
Ryo

Ryoの感想・評価

-
ティムバートンワールド全開ですごく好きです!
くらーい映像だけど、すごく綺麗です。
花嫁がちょっとかわいそうだけど、、、
たまにみたくなるやつです〜〜!
かん

かんの感想・評価

3.8
オススメされて見ちゃった。
まあ、短めだったし、ご飯の時とかだから効率は良かったけど笑

よかった。笑
>|