パシフィック・リム アップライジングのネタバレレビュー・内容・結末

パシフィック・リム アップライジング2018年製作の映画)

Pacific Rim: Uprising

上映日:2018年04月13日

製作国:

上映時間:111分

ジャンル:

3.5

あらすじ

戦いは終わりではなく、始まりだった-。 前作で描かれた人類(イェーガ―)とKAIJUの死闘から10年が経過し、平穏が戻っていた地球に、進化を遂げたKAIJUが再び姿を現し、世界を絶望の淵へと突き落とす。 よりスタイリッシュに洗練されパワーアップを果たした新世代のイェーガーに乗り込む若きパイロット達は、迫りくるKAIJUを撃ち滅ぼすことが出来るのか!?

「パシフィック・リム アップライジング」に投稿されたネタバレ・内容・結末

色々言われているが自分は好き。

前作が偉大だったのと、前作キャラを雑に処理したのが…
ただ、終盤のKaijuの集結シーンや前作で怪獣とドリフトしたことによって生まれた悲劇等評価されるべき点も数多くあると思う。
無人機の暴走や黒い二号機(違うけど)といったロボットアニメお約束要素も健在。
博士2人が好きだったからプリカーサーに操られていた所はショックだった。
ストーリーは、割とエヴァンゲリオン。
個人的に1番盛り上がったところは、「理論上は、可能だが」と煮え切らない博士に「それは、どういう意味なんだ?」って主人公が発破をかけたら
「その意味は、今日に限って可能ということだ!」メインテーマ
の所。
まさにSF怪獣映画の傑作!

前作とうって変わって明るい画が多い。
前作に比べ怪獣の種類が少ないように感じるが、最終決戦の迫力とボリュームは十分満足できる。

また怪獣のデザインもバラエティに富んでおり高評価。

でもまさか3体が合体してさらに巨大な怪獣になるとはw
日本の怪獣映画のお約束をしっかり踏襲していて最高の演出です!
前作よりもロボットに比重が置かれている印象。敵機含め各ロボットに見せ場があったのは本当に嬉しかった。
http://ilyasvielf.hatenablog.com/entry/2018/06/25/122251
ギレルモ監督の一作目を観賞済です。それと比べると、前作は夜間の戦闘シーンのみだったんですが、今作ほ昼間の戦闘シーンばかりです。そのためかCGが少し安っぽく見えますね😅ギレルモ監督も前作の時点で気づいていたのであえて夜間のみにしてたみたいですね☺
後、イェーガーの動きがスタイリッシュすぎると思います☺コックピットシーンでもパイロットが軽快に動いていてロボに乗ってる感がない😅
前作のギレルモ監督ではイェーガーの動きは重みがあって、コックピットシーンのパイロットもギッチョン、ギッチョン、と画面の揺れも激しく、戦ってる感がありました☺
ストーリーも前作をなぞってる感じ😅
主人公機のデザインも思いっきり変えてよかったのでは?と思います。
設定は熱いのにかなり勿体ない作品…
自分個人の意見としては、前作から引き続きギレルモ監督のほうがよかったです😃
すっかり上映は終わっていますが、記録に。

この作品については、もう、作られたことに感謝!それしかないです。劇場で3回も観た上にディスクも買うという、僕の今後の人生でもうやらないであろう暴挙(愚行ではない!)に至らしめた前作『パシフィック・リム』の続編が見られる。それだけで幸せなのです。
台詞回しもアクションも前作に比べて「軽さ」が増したなぁとか、前作から引き続き登場するキャラクターの行く末が…とか、それにしたって女社長の活躍は優遇されすぎだとか、富士山のふもとにある東京都とか(何言ってんだって感じでしょうが、観てもらえばわかります)言いたいことがないわけではないですが、作っていただけた、それだけで感謝なのです。
お馴染みのテーマ曲が流れればテンション上がるし、イェーガー(巨大ロボのことね)たちの決め画はかっこいいですよ。個人的には決戦の地に文字通り舞い降りるイェーガーたちの場面が、テンペラー星人との対決に臨むウルトラ6兄弟を思い起こさせて胸熱でした。ちなみに新世代イェーガーの中では真剣佑が駆るセイバー・アテナ推しです。

とはいえ、本作のヴィランがアイツになった件はやっぱり複雑なわけで。前作で上京を打破するに至った彼の行動にこんなリスクがついてしまったなんて…って思うと、前作を観る時の心持ちが変わってくるわけです。あと、この『アップライジング』でとある結末を迎えたキャラクターとかね。某SWのハン・ソ○とかキングスマンのマ○リンとか、メインキャラの退場は堪えますよ。。

続編を匂わせて終わってましたが、あるのかな〜?
まぁ、また作られたら感謝の思いを胸に観賞する次第です(何
4DXで鑑賞。父と子の観客が目立った。

マコ、博士たちという1作目のキャラクターが再び登場するととても嬉しくなった。それぞれに見せ場があり、よかった。

新キャラクターも良かったが、多すぎて覚えるの大変、といった印象。

どの戦闘でも、犠牲が大きかった。もう一度観るとより重みを感じるかもしれない。

イェーガーが細身になっているのは個人的にはそれほど好きではないが、それぞれの個性が溢れていてよかった。

スクラッパーが可愛い。冒頭から終盤まで活躍するところがよい。その他のイェーガーとのサイズ比較としての役割が良かった。
評価低くてちょっとびっくり 監督が変わってるのも知らなくてすみません でもすごく楽しかったぞ...?






覚えてる限りの好きなとこメモ
・全体、剣を出すモーションとかそうい
うのがハチャメチャにかっこよかった
鞭もいいね プラズマキャノンはさすが
・変なチンピラみたいになってる!おいニュートン!
・博士コンビの再会 素直にニュートンに歩み寄っているハーマンがすごくいい
・人間だと思ったのに!脳ミソーーやばすぎる
・杖でぼこぼこハーマン やるときゃやるんだな、かっこいい。そしてハグ かわいい
・理論上のくだり 「...今日は、可能という意味だ」名言すぎ
・oh...Mt.Fuji...
・最後に来たスクラッパー!動きがこまこましててかわいい!
・「次は地球に来なくていい、俺たちが行く」やばい

なんていうか、確かに前作よりも人間関係的にグッと来るものはなかったですけど、
それでも博士コンビよかったし、かっこいいなと素直に思うシーンが多くて楽しかった
前作同様KAIJUとイェーガーの戦闘シーンに期待していたのに!どちらも登場回数少ない上に、肝心の決戦シーンでところどころ雑なCGが混ざってしまうという…。1作目がヒットしたのは出撃から戦闘の描写までとことんこだわり抜いて作ったからじゃないですか…! 監督交代したとはいえ、初心忘るべからずですよ…!(何様)

戦闘シーンが良ければドラマ性薄くてもそれなりに満足できたのに…ジェイクとアマーラの信頼関係薄っぺらすぎて二人が組んでもグッとこないし、ジェイクとマコの関係性もとってつけた感満載(辻褄合ってるっちゃ合ってるが)で、豪華キャスト選んでる割にはストーリーが響かなかった。。

ジプシーとアテナのフォルムはかっこよかった、けど、いくら近未来とはいえ、日本の描写酷すぎやしないか…!!笑
>|