パシフィック・リム アップライジングのネタバレレビュー・内容・結末

パシフィック・リム アップライジング2018年製作の映画)

Pacific Rim: Uprising

上映日:2018年04月13日

製作国:

上映時間:111分

ジャンル:

3.5

あらすじ

戦いは終わりではなく、始まりだった-。 前作で描かれた人類(イェーガ―)とKAIJUの死闘から10年が経過し、平穏が戻っていた地球に、進化を遂げたKAIJUが再び姿を現し、世界を絶望の淵へと突き落とす。 よりスタイリッシュに洗練されパワーアップを果たした新世代のイェーガーに乗り込む若きパイロット達は、迫りくるKAIJUを撃ち滅ぼすことが出来るのか!?

「パシフィック・リム アップライジング」に投稿されたネタバレ・内容・結末

機内鑑賞。1観てないんだけど観てみた。何て言うか「えっ!??」みたいに突っ込みたくなる部分がそこかしこにあって面白かった。一番噴いたのは終盤にKAIJYUが3体向かってるところがまさかの富士山。え、ここで富士山?もっと有名な山にした方がよかったんじゃ、、、。
詳細はレビューで。
ロボットが色々出てくるんだけど、連携プレーがあまり出来ない無いのと最後の一撃の特攻は何か勿体無い感じがした…。
また前作のヒーローが簡単に死にすぎて結構萎える…。
訓練生達の掘り下げというかドラマパートも雑で、あまり感情移入できないつくりだったのが残念。ドラマ描くならちゃんと描いてほしい。

【総合評価:3.6】
脚本:★★★☆☆
演出:★★★★☆
俳優:★★★☆☆
映像:★★★☆☆
新田真剣佑をもっと観たかった!笑
相変わらず規模がおっきくてかっこいいけど1の方が好きだなぁ
莫大な金をかけた二次創作だった…。



これはこれで面白いけど。ニュートがKAIJUラブなのはいいんだけどハーマンを裏切ったりKAIJUに洗脳されてのあの行動に関しては解釈違いなのと、そもそもパシリムはKAIJU vs 人間だから面白かったのに今作は人間のエゴで引き起こされた災害なので見たかったのとは違うなぁと。

そしてマコに関してはあそこまでする必要があったのか…。
やる気のない人間のやる気を引き出すためにその人物が信頼している有能な人気キャラを死なせる。そういう流れも分かるけど安易すぎるというかもう見飽きたというか。この作品でそれやるかぁ…って。見たかったのとチガウ(2回目)。


ただ、キャラ設定なんかは良いしイェーガーもカッコよかったからそれはそれとして、って感じで楽しんだ。
イェーガーのビジュアルはほんとにカッコよかった。
前作より好きだった

ガンダムとアナハイムエレクトロニクスが出てきたことに大感動
個人的には1の方がすき。
というか、1が好きすぎて2の印象がほぼないの。。
ニュートンとアリスのいちゃいちゃはある意味羨ましくもある。どんなものが見えるのか体感したいよーあのニュートンが死ぬほどハマるんだもん。
あとマコさんの退場があっさりすぎて、、いろいろ残念だった。
うーーん。おれは1の重厚感が好きだった。
スタイリッシュね。スケールが小ぶりに感じたけど、続きへの序章ということであれば楽しめる。
続編おなしゃす。
前作のファンだったので、映画館でIMAXで観に行きました。

圧巻の迫力、映像美でアドレナリン出まくりでした。が、最後がなー。ロケットパンチてなー。あと、富士山と東京近過ぎて笑った。
・金髪ショートのきつい顔、いい。
・社長可愛い。
・まさかの社長が助っ人。
・なのに最後出てこない扱いが軽い。
・悪役好き。
ちょっと物足りな過ぎるよ😰😰
実際カイジュとのバトルは最後の富士の場面だけだし、ちょっとイェーガー達が軽い感じがした。オレンジの子はめっちゃカッコよかったけど、トランスフォーマーのオートボットジャズ並みの無残な死に方をして辛かった。
主人公ズの戦う理由もちょっとうまいこと持って行きすぎな気もする、もっとローリーのスポ根ものごとく葛藤して欲しさある。
>|