キングスマン:ゴールデン・サークルの作品情報・感想・評価

キングスマン:ゴールデン・サークル2017年製作の映画)

Kingsman: The Golden Circle

上映日:2018年01月05日

製作国:

上映時間:140分

あらすじ

スパイ機関“キングスマン”の拠点が、謎の敵、ゴールデン・サークルの攻撃により壊滅。残されたのは、前作で一流のエージェントに成長した主人公エグジー(タロン・エガートン)と、教官兼メカ担当のマーリン(マーク・ストロング)のみとなってしまう。敵を追い、同盟を結ぶスパイ機関“ステイツマン”の協力を得るためアメリカに向かう二人。しかし、表ではバーボン・ウイスキーの蒸留所と最高級のバーボンを提供する店を経営…

スパイ機関“キングスマン”の拠点が、謎の敵、ゴールデン・サークルの攻撃により壊滅。残されたのは、前作で一流のエージェントに成長した主人公エグジー(タロン・エガートン)と、教官兼メカ担当のマーリン(マーク・ストロング)のみとなってしまう。敵を追い、同盟を結ぶスパイ機関“ステイツマン”の協力を得るためアメリカに向かう二人。しかし、表ではバーボン・ウイスキーの蒸留所と最高級のバーボンを提供する店を経営しているステイツマンは、英国文化に強い影響を受けたキングスマンと対照的に、コテコテにアメリカンなチームだった!彼らは文化の違いを乗り越えて、ゴールデン・サークルが企む陰謀を阻止することができるのか!?

「キングスマン:ゴールデン・サークル」に投稿された感想・評価

TAISHU

TAISHUの感想・評価

5.0

このレビューはネタバレを含みます

期待を裏切らないアクション、グロさ、ストーリー性✨✨しかも、エルトンジョンが出演しててレアだった!ハリーポッターとターミネーターとかのパロディもあって見てて楽しかった🤤
そして3人の絵がまた見れてさいあんどこうやな!!!ただ、、、、、、、、、が残念だ。
まぁ、続編あるっぽそうな雰囲気だから期待しておこぉぉぉぉぉーーー
キノコ

キノコの感想・評価

3.0
迫力があってかっこよいけど、前作の方が面白かったかなあ。
待ちきれず海外Blu-ray買って観てしまった。
YUKIKO

YUKIKOの感想・評価

3.0
第1作目と全く同じ構成。感動は3割減。どんまい
EDPS

EDPSの感想・評価

3.1

このレビューはネタバレを含みます

犬が死ぬ

見る前にハンバーガーは喰うな
すごくカッコ良かったです!

相変わらずらイギリスの紳士的なかっこよさがあって、虜にされました(笑)

今回はアメリカ🇺🇸も関わってくるので、両国の男性こ良さが同時に見れます💕🔥
きたば

きたばの感想・評価

3.6

このレビューはネタバレを含みます

新たなキャラクターも増え満を持して帰ってきた2だがどこかで見たことあるようなアクションのシーンが多々あり期待していた分少し残念だった。
キングスマン独特の道具、衣装のデザインは相変わらず最高にかっこいい。
前作からの期待を裏切らない完成度。世界観が広がりすぎて面白かったけど、英語分かって、ウィスキー勉強してる身からすると言葉の違いとか、材料の違いとかでお互いジョーク言ってて、そこもまた面白かった。
kana

kanaの感想・評価

5.0

このレビューはネタバレを含みます

期待MAXで観たのにそれでもそれでも面白くて最高…犠牲者が今回多くてちょっと辛かったけどㅠㅠ
早く映画館で見たい見たい見たいメガボンバーデラックス
こんなおもろい映画寝る前に見ちゃって、もう全然寝付けない、、、
DVD必ず買います。
リアルを度外視した仮想ありきのアクションは、このシリーズあたりが「ギリ!アリかな」と個人的に思う。間接的にだが現在のトランプ政権の"国民分断"体質をコキおろしてもいるゆえ、風刺劇として笑う観方も可能だ。

前作とはプロットが(時を置かず)密接してて「2本で1本。余りに長いから2本にした」のかな?ってくらい、等質の(糖質の?)テンションを雪崩れ込ませている。(ただしイタリアの雪山は、山頂を完全爆破しても雪崩が起きない)

たとえば悪の首領。2作通した人種的バランスの配慮か、今回は白人女性──カンボジアの奥地に独立国、って『地獄の黙示録』かよ。でもって、悪玉女史を護衛するのは(かのギャラクティカの)"サイロンお眼々した" ロボット犬たち。

ちなみに『地獄の黙示録』が1979年、『宇宙空母ギャラクティカ』が1978年だからね。そう言や、“片腕だけターミネーター”ってのも出てたな。こいつは遅れて1984年。相変わらず、その世代に向けたオマージュ攻勢がハンパない(笑)

にしても、歳月に燻されたJ・ブリッジズは西部訛りの爺(ジジイ)役がハマるなー。自分はついつい、4年前の『ゴースト・エージェント/R.I.P.D.』の彼と二重写りに見えてしまって困った(苦笑)

一方、スウェーデン王女との"即席ロマンス"の下りも、しっかり!前作と本作とでワンセット。プリンセスにしちゃ前作終盤、ずいぶん「淫らな誘い文句」を口走り「はしたない振る舞い」に及んでいたが……フタ開けたら実年齢、32才!?ってか。お見それしました。

ならば、行きずりの彼氏だろが「しっかり」キープする手腕にも長けておいで?なのである。って、こんなエンディングに持ってかれてスウェーデン国民は嬉しいのか? 腹立たしいのか?? その辺は少し気になる。
>|