トランスフォーマー/ロストエイジの作品情報・感想・評価・動画配信

トランスフォーマー/ロストエイジ2014年製作の映画)

Transformers: Age of Extinction

上映日:2014年08月08日

製作国:

上映時間:165分

ジャンル:

3.5

あらすじ

「トランスフォーマー/ロストエイジ」に投稿された感想・評価

abee

abeeの感想・評価

3.6
マンネリ化してきた大人気シリーズ。
思い切ってキャストを一新し、心機一転製作された「トランスフォーマー」。

「トランスフォーマー」といえばシャイア・ラブーフが定着してしまっていたところ、主役を青年からプライドの高い機械工のおっさんに切り替えるという大胆な改変を実施。

正直なところ、前3部作がどれも変わりばえせず飽きていた私にとってはこれぐらいの改変がなきゃ「トランスフォーマー」は全部一緒に見えます。
しかも主役は大好きなマーク・ウォルバーグなのでフィルターかかってます笑

ところで、物語は「ダークサイド・ムーン」からしばらく流れて、地球を救ったはずのオートボットたちは迫害の対象になり、姿を隠して生きています。見つかればその場で排除されるという人間の手のひら返しが腹立たしい事態に。

廃品を修理販売して生計を立てる発明家のイェーガーはサビだらけのトラックを買取り修理しようとしたところ、それは接続が悪くなり止まってしまったオプティマス・プライムだったーー。

前回、「月面探査」の裏にオートボットの存在があったことが発覚しましたが、今回はなんと更に時を遡り白亜紀!!
とんでもない事実が発覚。

キャストの一新には様々な事情があったのだろうと思いますが、私は肯定派です。
前述した通り、かなりマンネリ化していたと思います。
その上、ミーガン・フォックスを外してしまったことは結果として一切プラスになっていません。
あのキャストで続編を作り続けることに、百害あって一利なしです。

主人公を全く立場の違う人間にしたことで少なくとも新しい人間のドラマを描けますから。
オートボットのアクションが変わりばえしなくてもストーリーは少なからず新しいものが見えてくる。

それだけでなく、敵も今までとは少し変わって真新しさが若干ですがありました。

ということで、マーク・ウォルバーグのお陰でかなり楽しめた作品。
それだけでなく、オートボットの見分けがつきやすかったのも今作は大きかった。
旧3部作はオプティマスとバンブル・ビー以外が全部同じに見えてたし、ディセプティコンに至っては集団の中にいるとメガトロンがどれか分からなくなってしまうほど全部同じに見えてました…。

これって男の子だったら全部違って見えてたりするのでしょうか?
女の人は色んなピンクの色の見分けがつくけど男の人は全部一緒に見えてたりするっていうそういう感じですか⁇笑
なつめ

なつめの感想・評価

3.6
トランスフォーマーシリーズめっちゃ好き。特に車からロボットに変わるあの過程がたまらん。巨体やのにめっちゃ華麗に舞うとことか、惚れ惚れする。

でもやっぱり3がいちばんかな❤︎
Tsum

Tsumの感想・評価

4.5
ロックダウンが好きになれないけど、シリーズで1番派手。
ラストのダイナボットが参戦したバトルはもうたまらない。
メンバーも一新されててこっちのチームの方が全体的にカッコよくて好き
romin

rominの感想・評価

3.0
彼らからしたら人間の愚かさは癖癖してるだろうけど、それが治らないのが人間なのよ
オプティマスも大変やな...
恐竜

恐竜の感想・評価

3.2
適当な理由付けてメインキャスト退場させて行くの、アメリカのご都合主義でしかなくてほんと好き。前作でミーガンフォックスを適当に退場させた時から。
キャスト一新でサムは出てきません。せめてサムとバンブルビーの別れのシーンとかが欲しかった。(前作の最後に有れば良かったですが…)なんとなく娘の恋人役が気に入らないです笑。中国人の綺麗な方は誰だろうと思ったらリービンビンさまでした♡
オプティマス、どこまでも優しい…。人間に裏切られて錆び付いてしまっていたところをケイドに助けてもらって、ケイドの娘が殺されそうになった時に(しかも人間に殺されそうになった!)自らの危険も顧みずに助けてくれるシーンで心が痛みました(TT)人間は愚かだね。まさか人間がトランスフォーマーを作るとは思っていませんでした!メガトロン、どこまでも執念深いですね。
個人的に悲しかったのはラチェットの扱いです。
shoei

shoeiの感想・評価

4.4
ストーリーと設定がぐちゃぐちゃだったけど、トランスフォーマーがみんなスタイリッシュにアップデートされたのがかっこいい。
トランスフォーマー+恐竜が嫌いな男はいません。
個人的にサムとバンブルビーの友情が永遠に見たかったな、、、
ANGELVOICE

ANGELVOICEの感想・評価

4.6
トランスフォーマー/ロストエイジはトランスフォーマーシリーズの4作品目。監督は引き続きマイケル・ベイ。過去3作品はシャイア・ラブーフ演じるサムが主人公だったが今作はマーク・ウォールバーグ演じるケイドが主人公である。

今作も大満足でした。このごちゃごちゃ感がたまらないです。トランスフォーマーは何も考えずただただ迫力に圧倒されるシリーズだと思っています。それくらいアクションが最高です。スローが迫力を増長させています。3時間近くありますが時計は気になりませんでした。とにかくオートボット、ケイド達が魅力的なので身入ってしまいます。とりあえずケイドが物凄く魅力的です。思春期の娘を持つ父親っていうのがいいです。とにかくカッコいいです。本当はトランスフォーマーシリーズは映画館で観たいです。もっと前にハマっとけばと観るたびに思います。

このレビューはネタバレを含みます

トランスフォーマー/ロストエイジ
〜デジャヴ〜

我らのオプティマスプライムが勝利を手にするのは不意打ちの一撃!
トラックで引き抜ける剣を引き抜けないオプティマス!
トランスフォームを省略する敵!

恐竜が新しい!

空からドカドカ船が降ってくるのが新しい!

マーク・ウォールバーグが新しい!

あとは今までと全部一緒!
Da

Daの感想・評価

3.5
今までのキャスト好きだったのにな…求めてたものじゃ無さすぎて
バンブルビーと共に歳を重ねたサムの成長と更なる絆を見たかったのにー
あんなに時間を忘れるほど面白かったのに、今回は1度途中で見るのを止めた


オプティマスたちがなんで人間飲み方をしてくれているのかを忘れるくらい、つくづく人間が愚かでならない…

ただ娘の彼氏かっこよかった
レーサーなのは都合良すぎたけど
>|