パシフィック・リム アップライジングの作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

パシフィック・リム アップライジング2018年製作の映画)

Pacific Rim: Uprising

上映日:2018年04月13日

製作国:

上映時間:111分

ジャンル:

3.5

あらすじ

戦いは終わりではなく、始まりだった-。 前作で描かれた人類(イェーガ―)とKAIJUの死闘から10年が経過し、平穏が戻っていた地球に、進化を遂げたKAIJUが再び姿を現し、世界を絶望の淵へと突き落とす。 よりスタイリッシュに洗練されパワーアップを果たした新世代のイェーガーに乗り込む若きパイロット達は、迫りくるKAIJUを撃ち滅ぼすことが出来るのか!?

「パシフィック・リム アップライジング」に投稿された感想・評価

Takahiro

Takahiroの感想・評価

3.4
あぁーなるほど。
評判メッチャ悪かったので、あまり期待せず観たけど、その理由が分かったわ。

前作のようなガチのロボットヲタクが作った映画ではないので、そのへんが気になる人は多分受け付けないっぽい。

僕はそこまでのロボットヲタクではないので、わりとフツーに楽しめましたよっと。
マジでIMAXでみてよかった。
前作よりイェーガーの動きが身軽になった分、IMAXの大画面でバンバン動く迫力が半端なかった。でも、イェーガー自体は前作の重厚感ある感じの方が個人的には好きかなぁ でも十分かっこいいっす。
不完全燃焼の塊のような映画。テンションが上がりきる前に肩透かしを食らうことが何回もあった。そして前作のメインキャラが…。監督が変わって総じて改悪されてしまった。ギレルモ監督のような怪獣愛、特撮愛はないのだろう。正直今回の監督はパシフィック・リムの名前を借りて金を稼ぎに行った奴としか思えない。
公開直後に観ましたが、観る前に調べた評判はありえないほどになかなかに低く…

いやいや、慣れたものです
こんなときのいくつかある対応策をもって臨みました

①でっかいモノが動くのを楽しむ
→割と正攻法

②ツッコミを入れて楽しむ
→映画はツッコミ入れたら負けですが、ときとして致し方なし

③敵の目線で観る
→案外ラスト以外は楽しめたり


まずは①で臨んでみました


いや、そのままふつーに面白かったです…

前作からの続きと思うと展開やリズムが「なんか違う」となっての評判だったんでしょうか

それともまったく期待しないで観たから面白かったのか…?


東京がシンゴジラ以来の壊されっぷりで気分爽快
敵が破壊するだけならまだしも人類も必要以上に街をぶっ壊してて面白かったです

…ちょっと②と③も混ざってるかも



それはそうと主演のジョンボイエガ
フォースの覚醒の頃に比べるとややオトコ前感を出してきてます

人間やっぱりイイモノ食べてると雰囲気が出てきますね
スターウォーズでだいぶ生活レベルが上がったんだろうなぁと思いました
前作よりロボの動きが軽いような気がするけど昼間のバトルが多くて面白かった。

しかし東京の看板が中国化してたのはどうかと😅

前に観たアトランティックリムの10倍は面白かった。
p1xb1t

p1xb1tの感想・評価

4.5
ロボットモノで怪獣モノの前作に戦隊モノを加えたザ・ジャパニーズロマン
Karen

Karenの感想・評価

3.9
周りの人にあんまり評判良くなくてつらい… わたしは前作も今作も普通に好きだけど、昼戦いいやん!
riesuu

riesuuの感想・評価

3.0
前回と比べちゃいけないのはわかってたつもりだったが、ちと厳しいな。
さき

さきの感想・評価

3.5
劇場で見逃してしまったのですが、機内でみれました(⌒▽⌒)

前作が結構気持ちよく終わったのに、どう繋がるのかな?って思ってたのですが、そうくるか!って感じでした。

やっぱりイェーガーとカイジュウの闘いは大迫力だから、劇場で観たかったな!あとは、あるあるだけど、富士山のまわりに高いビルがそびえてる日本ww

足が悪い研究者のアイツ、名前忘れた!、お前、めっちゃかっこいいじゃんか!!
たつ

たつの感想・評価

1.0
前作に引き続き迫力満点のアクション映画。
話のテンポも良く、前作を見ていない方も冒頭のシーンで何があったのか説明してくれるので、
誰にでも導入しやすい優しい作りに。
それに、ロボットのギミックや対怪獣と戦うシーンなんかは男心をくすぐるワクワク感があります。多少ですが。

監督の降板、前作主演のチャーリーハナムのスケジュールが合わなかったための出演なし、などなど他にもあげればキリがないがトラブル続きで進行していきなんとか完成した今作。

所々に感じる違和感は恐らくそういったトラブルが原因の一つなのだろう。
「あー、なんか派手な映画見て、気分スッキリさせてたーい!」ぐらいの感覚で鑑賞を決めた大してファンでもない私が感じるのだから、前作が好きなファンの方なんかは、きっともっとモヤモヤしているはずである。

お金をかけているのだから、
せめてもっとしっかり作り込むべき。
力をいれる所が少し間違っている気がする。
今作において割と大事なシーンの作り込みが非常にチープで一気に冷めた。
正直ガッカリ。
粗さが目立つ故に勿体ない作品だなと感じます。

ツラツラとあーだこーだガッカリしたとか言っておりますが、良い部分ももちろん何点かあります。
こればっかしは好みが分かれるのであれですが、あくまでも個人的な感想です。
私には全くハマらなかった。
見ていても心が踊ることなく無心でスクリーンを見る退屈な2時間。

もし3があるならば期待したい。
その際は前作のギレルモ・デル・トロが監督をすることを心から願う。
>|