パシフィック・リム アップライジングの作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

パシフィック・リム アップライジング2018年製作の映画)

Pacific Rim: Uprising

上映日:2018年04月13日

製作国:

上映時間:111分

ジャンル:

あらすじ

戦いは終わりではなく、始まりだった-。 前作で描かれた人類(イェーガ―)とKAIJUの死闘から10年が経過し、平穏が戻っていた地球に、進化を遂げたKAIJUが再び姿を現し、世界を絶望の淵へと突き落とす。 よりスタイリッシュに洗練されパワーアップを果たした新世代のイェーガーに乗り込む若きパイロット達は、迫りくるKAIJUを撃ち滅ぼすことが出来るのか!?

「パシフィック・リム アップライジング」に投稿された感想・評価

ロボアクションは満足いく内容だった。人物描写が薄くて、感情移入は出来なかった。
前作に比べると人間関係を観せるような作りです。
ロボ好きとしては物足りなく感じました。
最後の方も雑な撮り方をしている気がして残念です。
しゅん

しゅんの感想・評価

2.5
劇場で観たはずなのに芦田愛菜が泣いてたこと以外前作についてほとんど覚えてなくて、続編としての繋がりを一切意識せずに観たけど、ロボット作動のために二人の人間が狭い箱の中で同じ動きをしていることの可愛さがパシフィックリムの魅力だなと感じた。ランニングマシーンの上のように室内で走っている姿はやはり少し笑えるし、そのみみっちい動作がデッカいロボットに連動していることの落差が良いんだと思う。話としてはかなり雑だし、正直主要人物を続編で簡単に死なす流れはやめていただきたいのだが、楽しめなくはなかったです。アマーラとヴィクトリアのケンカが一番燃えた。
Miyuki

Miyukiの感想・評価

3.5
観たー‼️IMAX3Dでどおしても観たかったので、土曜早起きして、朝一番の上映回で。

最近の映画館、やたらと吹替多くて、今作も公開2週目にして、IMAX3D字幕が、まさかの朝一番の回1回のみという🤣

1作目ほどのインパクトがなかったのは、KAIJUが思ったほど出なかったからかな。前作は怪獣映画で、今作はイェーガー愛たっぷりなロボット映画だった。

繰り出す武器の名前叫びながら戦うとか、昔のロボットアニメ観てたクチなので、それだけでテンション上がっちゃう🤣(単純)

ジプシーアベンジャーがとりあえずカッコ良かったし、🎬スクランブルで認知したスコット・イーストウッドもカッコ良かったので、点数はほぼそこ(笑)

日本が舞台になるとよくよく感じる違和感は今回も💦なんか変東京。(看板の文字に違和感。微妙に上海感あるよね)なんか変富士山。(富士山の形違うよね。東京からあんな近いか?)と観てると気になってちょっと気が散ってしまったのが残念だった。
Haruku

Harukuの感想・評価

3.4
MX4D(3D)吹替で鑑賞。
ストーリーは普通だったな。
ジプシーイェーガーがカッコよくてテンション上がった❗

最後の見た感じ続編やるのかな?
これはかなり評価分かれるだろうなー。
面白くなかったわけじゃない、わけじゃないけど…あっさりさっぱり、というか…
「ぬおおおー!キターー!」と拳を握るような熱さと偏狂的なまでのKAIJU愛、ロボ愛、そしてほとばしるロマンが作品からあまり感じられなかった。
明るい真っ昼間でのイェーガー戦闘シーンが見られたのは良かったんだけど…
1作目が好きすぎるといろいろとショックは大きい。
何よりね、前作で一番思い入れのある大好きなキャラクターの扱いがああなってしまったので…
いや、正直、ショック7割、興奮3割というところです。
理性が涙目で拒んでいるけど、性癖が「いい…」とサムズアップしています。
嫌いじゃない、嫌いじゃないんだ…でも…
でもこれはあくまでも3への布線で、その為に一旦こうなる必要があったんだと思いたい。
とりあえず多摩地区辺りにある富士山には笑った。
mismos

mismosの感想・評価

3.2
ロボットと怪獣の戦いは熱くなる!!
でもなんか、、惜しい
前作からの期待値の問題かな
はと

はとの感想・評価

4.7
前作を観てこじらせまくった5年間を、全力で受け止めてくれた気持ち。前作からの歴史の重さやお約束もアツく、それでいてフレッシュ!すんごい好きな人が作ったんだろうと感じたよ。エモ過ぎる。乱雑だと感じるとこもあるけれど、それを置いても尚、ラストの演出がとても好きで、あの時の絶望との対照に涙した。ずっとありとあらゆる感情が押し寄せて泣きっぱなしだったけれど。ジョン・ボイエガ、今まで観た中で一番好き。
雨空

雨空の感想・評価

-
富士山をバックに日本でカイジュウとロボットが戦う。
絵に描いたような博士、友情、絆...
シンプルなストーリーと展開にただわくわくとさせられた。
前作に比べると全体的にあっさりとした印象。ながら、巨大な敵に立ち向かうぞ!となった時の見せ方が素晴らしくて興奮した。
戦隊ものでお約束の最後のあれがあったり、某有名なロボットがでてきたり。楽しかった。
怪獣VSロボットSF作品の2作目。
IMAX3Dで鑑賞しました。
前回監督のデルトロさんは制作に回り、今回はデナイト監督

基本的に前回同様、巨大ロボが大怪獣と肉弾戦です。
趣味全開シーンに満足なのです。

何となく、見たことのある内容や設定はふと「○ヴァ」を思い出しました。
まあ、基本的にイェーガーの操縦自体が。。。ねぇ。
練習用の「サラ」はまるでダ○ーシステムw
第13使徒に量産機に。。。
決戦の舞台はやたら富士山に近い「メガ東京」これはもしや、、、(笑)
何とも楽しそうに作っている感じがします。

そして、高機動型小型イエーガーはまるで○ランスフォーマー。
またあのロボットもちょっと写ったりと、ロボ満載です。

ストーリーもロボットアニメにありがちな内容かつ単純なので、何も考えずに見ることができます。

制作会社のレジェンダリー・ピクチャーズは中国資本に買収されたので、全体的に中国押し。
まあ、それはしょうがないのだけど結構露骨だったので、ちょっと笑っちゃいました。

そのメインターゲットの中国で大ヒットらしいので、続編はありそうですね~
>|