パシフィック・リム アップライジングの作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

パシフィック・リム アップライジング2018年製作の映画)

Pacific Rim: Uprising

上映日:2018年04月13日

製作国:

上映時間:111分

ジャンル:

3.5

あらすじ

「パシフィック・リム アップライジング」に投稿された感想・評価

てつ

てつの感想・評価

4.0
続編です。
イェーガーとカイジュウとの闘いを、今作も楽しませてくれてます。

あらすじはフィルマにて。

前半は人間模様が描かれていて、それもまたいいのですが、やはりこの映画に期待するのは、イェーガーとカイジュウとの闘い。
それを考えると、ちょっと物足りない気もしますが、ラスト近くではその闘いがちゃんと描かれてるので、楽しめました。

菊地凛子ちゃん・・・(T_T)

最近の映画で中国色が強いのは、その経済発展が影響してるんかなぁ。

スターウォーズでフィン役のジョンボイエガが主人公。
個人的にはスクラッパーの活躍とその操縦士アマーラの活躍があまりなかったので、もうちょい彼女を全面に出して欲しかった。

このシリーズは面白いので、続編希望!

ところで真剣佑はどこに出てきたんだ??
うーん、個人的には前作の方が好きでしたね

イェーガーに重きを置いた分、怪獣のバリエーションが乏しかった印象です

主演陣にもあまり感情移入できませんでした
緊迫した局面なはずなのに妙にノリが軽かったり…

ロボットアクション好き以外にはオススメしません
駄作と聞いており、オープニングでジョン・ボイエガの説明ナレーションがえんえんと続いたときはイヤな予感がしたが、中盤以降けっこう楽しめた。
ただ、前作ほどの盛り上がりとか密度感はない。たぶん登場人物が多すぎることと、脚本を捻り過ぎなのかもしれない。

巨悪に見えた中国大企業が、終盤では頼れる仲間になるストーリーは面白い。昨今の映画資本事情がうかがえるようだ。そのおかげか、チョイ役と思っていたジン・ティエンが重要な役回りで活躍していたのは思わぬ収穫。

EDクレジットはウルトラシリーズへのオマージュ。
薄い!味が薄い!
デルトロの油が足りないんだ!
デナイト監督はかなりデルトロの味を再現しようとして頑張ったんだろうというのはわかるけど、日本の特撮やアニメで長年修行を積んでその精神を理解しまくってるデルトロの味とはやっぱり違うな〜というかんじ。
不味くはないんだけど。
Raul

Raulの感想・評価

3.2
2作目はこんなもんだよね…w
マッケンユウって言いたいだけの人多いよねw
是非ご覧ください。
前作よりあっさりした感じに仕上がってます。
ジン・ティエンちゃんは相変わらずでしたw
うーん面白くなくはないが前作程の興奮も無かったのも事実。

まずストーリーが2作目の割に弱い。もっと練った方が良かった。
イェーガーももっと進化してて欲しかった。
何故パイロットはいつも半分素人で危なっかしいやつらばっかなんだ?
もっとベテランの頼りがいのあるパイロットがいて欲しい。

チームを鼓舞する演説ももっとしっかりやって欲しかった(笑)あれがしっかりしていると指揮も上がるし見ているこっちの気分も上がるし。
真奈美

真奈美の感想・評価

3.0
真剣佑どこっ!ってなりながら見てた
なのに真剣佑ほんとにどこ、、
総時間1分も写ってないんじゃないの、、
最初のもひどかったけどこれもひどい。
何も面白くない。ストーリー浅い、誰にも共感できない。
前作もキャラに魅力が無かったけど、よりいっそう酷くなった感じでした。
町壊しすぎだし、主人公も訓練生も貧相な奴らばかり…
何故、訓練生(子供)にイェーガーを操縦させるのか…訓練生から卒業した人達はいないのか…

誰でも思い付きそうなちんけなストーリーで早く終われって思いました。見てるの辛かったです…

なにも残らない…ただ時間だけを無駄にしました。
>|