GODZILLA 決戦機動増殖都市の作品情報・感想・評価

GODZILLA 決戦機動増殖都市2018年製作の映画)

上映日:2018年05月18日

製作国:

ジャンル:

3.5

あらすじ

21世紀初頭、人類はゴジラに蹂躙された地球に多くの人命を残し、選ばれし者達だけで恒星間移民船・ アラトラム号に乗って移住可能な「約束の地=タウ星 e」を目指した。しかし計画は失敗し、人類は再び地球へと舞い戻ることになってしまう。そして、長距離亜空間航行によって生じた時空の歪みは、人類が戻るべき場所を「二万年後の地球」に変えてしまっていた。その地球で主人公・ハルオたちはゴジラの攻撃を受けながら、…

21世紀初頭、人類はゴジラに蹂躙された地球に多くの人命を残し、選ばれし者達だけで恒星間移民船・ アラトラム号に乗って移住可能な「約束の地=タウ星 e」を目指した。しかし計画は失敗し、人類は再び地球へと舞い戻ることになってしまう。そして、長距離亜空間航行によって生じた時空の歪みは、人類が戻るべき場所を「二万年後の地球」に変えてしまっていた。その地球で主人公・ハルオたちはゴジラの攻撃を受けながら、20 年間考え続けた「対ゴジラ戦術」をエクシフとビルサルド、2 種族の異星人と共に実行し、決死の戦闘でゴジラを倒すことに成功する。 しかし、喜びも束の間、地中深くから真のゴジラ<ゴジラ・アース>が姿を現す。二万年もの間成長を続け生き永らえ、体高 300 メートル、質量 10 万トンを超える姿へと進化した超巨大ゴジラの圧倒的な破壊力を前に、ハルオたちは散り散りになってしまう。 そしてハルオを救ったのは、人類の生き残りと目される「フツア」の民、ミアナだった。フツアはこの地球で初めて出会った人型の生命種族である。彼らは人類の子孫なのか――。「フツアの神もゴジラに破れ、今は卵を残すのみ。挑むもの、抗うもの、すべて炎に呑まれて消える」という彼らにハルオは、「これは、人類の手に地球を取り戻す、最後のチャンスなんだ」と語り返す。 一方、ビルサルドの指揮官・ガルグは、フツアの持つ矢じりが“自律思考金属体=ナノメタル”でできている事に気がつき歓喜する。それは、21 世紀に彼らが富士山麓で「対ゴジラ決戦兵器」として開発するも、起動寸前で破壊された<メカゴジラ>を構成するものと同じ物質であり、その開発プラントが今もなお、残っている証だった―――。

「GODZILLA 決戦機動増殖都市」に投稿された感想・評価

期待させてからの外し展開自体は全然アリだと思うけど今作の場合外した展開がベタに期待通りの事をやるより面白かったかというと正直微妙。この「外し」が次回作でこれまでお預けしてきた見たいものを全部盛りするための溜め動作なのかどうかでゆくゆく評価が変わってきそう
田中田

田中田の感想・評価

3.5
メカゴジラシティ凄すぎ
ってかゴジラどうやって倒すんだ
次回キングギドラとモスラが登場するんですね
満天星

満天星の感想・評価

2.5
ゴジラと登場人物が同一カットに収まるとかもうそういうスケールじゃないので、声優の声とディスプレイに表示される平面的な記号とがその進行を教えてくれるところに根源的なアニメさを感じた。
YASSAI

YASSAIの感想・評価

3.3
前作よりは面白いが、今回もゴジラは後半までほぼ出てこない。
そしてメカゴジラも出てこない。
そしてモスラも出てこない。

正直40分はカットしてもお話に支障は出ないよなといった感じのストーリー展開。

ゴジラが出てこなければ途中で観るのをやめてしまう程度に話が入ってこない。

しかし終盤の作戦シーンは割と楽しめた。
都市型要塞VSゴジラは結構斬新なアイデアだと思う。
何度もバルチャーが銃を構えるシーンが写るのはご愛嬌?


次回はギドラが出るみたいだけれど、どうなる事やら。
期待せずに待ってます。
レオ

レオの感想・評価

4.0
前回はええ〜〜って終わり方だったけど今回は虚淵さん〜〜って終わり方。果たしてこの戦いに終点はあるのかと思わせてくる。3部でどう締めくくるのか楽しみ。メカゴジラもっと活躍して欲しかった。2万年自立して動いてる機械ってロマンあるよね
残り30分を切るまで、この映画がゴジラ映画だってことを忘れてた。そんな映画をゴジラ映画と呼べるのだろうか。
daiyuuki

daiyuukiの感想・評価

4.0
21世紀初頭。突如出現したゴジラが地球を蹂躙し始めた。存亡の危機に瀕した人類は、多くの人命を地球に残したまま、選ばれた人間たちを恒星間移民船・アラトラム号に乗せ、移住可能な約束の地=“タウ星e”を目指して飛び立つ。だが、その計画は失敗。再び地球に戻ることを余儀なくされてしまう。やがて故郷の星に帰り着いたものの、長距離亜空間航行で生じた時空の歪みにより、そこは“二万年後の地球”に変貌していた。その地球でハルオ(声:宮野真守)は、人類と運命を共にする異星人エクシフ、ビルサルドと協力し、20年の時を掛けて考案した決死の“対ゴジラ戦術”を実行する。その結果、激しい攻撃を受けながらも、ゴジラを倒すことに成功。ところが、その喜びも束の間、地中深くから真のゴジラ“ゴジラ・アース”が姿を現す。それは、二万年もの間、成長を続け、体高300メートル、質量10万トンを超える姿へと進化した超巨大ゴジラだった。その圧倒的な破壊力の前に、なす術もなく敗れ、散り散りになるハルオたち。その時、ハルオを救ったのは、人類の生き残りと見られる“フツアの民”ミアナだった。この地球で初めて出会った人型の生命種族であるフツアは、本当に人類の子孫なのか?“フツアの神もゴジラに破れ、今は卵を残すのみ。挑むもの、抗うもの、すべて炎に呑まれて消える”と語る彼らに、“これは、人類の手に地球を取り戻す、最後のチャンスなんだ”と答えるハルオ。一方、ビルサルドの指揮官ガルグ(声:諏訪部順一)は、フツアが使う矢じりが、自律思考金属体“ナノメタル”製である事に気付く。それは、21世紀に彼らが富士山麓で“対ゴジラ決戦兵器”として開発しながらも、起動直前に破壊された“メカゴジラ”を構成する物質だった。そしてその事実は、開発プラントが現存することを意味していた。果たしてゴジラアースと人類の対決の行方は? アニメ版「ゴジラ」シリーズ第2作。
パワードスーツの進化型ヴァルチャーなどのガジェットのかっこよさ、パワードスーツとワーム型セルヴァムのバトル、レアメタルで要塞化したメカゴジラシティの特性を生かしたゴジラとのクライマックスバトル、前作より怪獣映画よりになったハードSFアクションアニメ。
ゴジラを倒すためには、人ならざるものにならざるを得ないのか?ゴジラとの決着と人類が導き出す答えの行方が描かれる完結編が、気になる第2作。
ニロ

ニロの感想・評価

3.8
綿密な作戦でゴジラを追い詰めるのがアニゴジの魅力なのかも。
前作に引き続き大迫力の攻防戦が描かれ、大満足。
オペレーター役の熱演が戦闘の緊迫感高めてくれます。

相変わらず主人公の思想に感情移入出来ないのでその分マイナス
虚淵の野郎……ゆるせねえ、ゆるせねえ……!!!
って思いながら映画館を後にした。マジでゆるさねえ……;;;

メトフィエスは裏切るタイプの櫻井に一票
見たかったのはそれじゃないんだと思った人はどれくらいいるのだろうか。ただもし3作目で見たい形で登場したなら嬉しいが、はたして…
>|