GODZILLA 決戦機動増殖都市の作品情報・感想・評価

GODZILLA 決戦機動増殖都市2018年製作の映画)

上映日:2018年05月18日

製作国:

ジャンル:

あらすじ

21世紀初頭、人類はゴジラに蹂躙された地球に多くの人命を残し、選ばれし者達だけで恒星間移民船・ アラトラム号に乗って移住可能な「約束の地=タウ星 e」を目指した。しかし計画は失敗し、人類は再び地球へと舞い戻ることになってしまう。そして、長距離亜空間航行によって生じた時空の歪みは、人類が戻るべき場所を「二万年後の地球」に変えてしまっていた。その地球で主人公・ハルオたちはゴジラの攻撃を受けながら、…

21世紀初頭、人類はゴジラに蹂躙された地球に多くの人命を残し、選ばれし者達だけで恒星間移民船・ アラトラム号に乗って移住可能な「約束の地=タウ星 e」を目指した。しかし計画は失敗し、人類は再び地球へと舞い戻ることになってしまう。そして、長距離亜空間航行によって生じた時空の歪みは、人類が戻るべき場所を「二万年後の地球」に変えてしまっていた。その地球で主人公・ハルオたちはゴジラの攻撃を受けながら、20 年間考え続けた「対ゴジラ戦術」をエクシフとビルサルド、2 種族の異星人と共に実行し、決死の戦闘でゴジラを倒すことに成功する。 しかし、喜びも束の間、地中深くから真のゴジラ<ゴジラ・アース>が姿を現す。二万年もの間成長を続け生き永らえ、体高 300 メートル、質量 10 万トンを超える姿へと進化した超巨大ゴジラの圧倒的な破壊力を前に、ハルオたちは散り散りになってしまう。 そしてハルオを救ったのは、人類の生き残りと目される「フツア」の民、ミアナだった。フツアはこの地球で初めて出会った人型の生命種族である。彼らは人類の子孫なのか――。「フツアの神もゴジラに破れ、今は卵を残すのみ。挑むもの、抗うもの、すべて炎に呑まれて消える」という彼らにハルオは、「これは、人類の手に地球を取り戻す、最後のチャンスなんだ」と語り返す。 一方、ビルサルドの指揮官・ガルグは、フツアの持つ矢じりが“自律思考金属体=ナノメタル”でできている事に気がつき歓喜する。それは、21 世紀に彼らが富士山麓で「対ゴジラ決戦兵器」として開発するも、起動寸前で破壊された<メカゴジラ>を構成するものと同じ物質であり、その開発プラントが今もなお、残っている証だった―――。

「GODZILLA 決戦機動増殖都市」に投稿された感想・評価

ひろ

ひろの感想・評価

4.2
今回もバカ熱でした(о´∀`о)ハルオかっこよすぎです!そしてなるほど決戦起動増殖都市!圧倒的に対抗する新しいメカゴジラ、そして生まれる疑念、困惑、葛藤。どうしてこんなに主人公を痛めつけるんだ!なるほど虚淵さんだった(´⊙ω⊙`)戦う意義をさらに深めるそのクエスチョン、次回作はさらに大爆発するだろう、期待が溢れる(о´∀`о)
らーは

らーはの感想・評価

4.7
これはスゴい3部作になるという期待が高まる中編

VSゴジラからの脱却の意図があからさまに感じられる作品

怪獣プロレスファンはランペイジを見て黙っててくれ〜
めっちゃ良いめっちゃ良いめっちゃ良い(● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ꠥ⁾⁾
ゴジラの果てしないパワーに絶望感凄い
11月はよ!
TUNE

TUNEの感想・評価

4.0
やー、ふつうに面白い。

ばんばん視聴者に投げかけてくるなーーー
考えてしまう。
作品としとのメッセージ性も忘れずに、
ゴジラシリーズの見所もガシガシに織り込んでくるねー

残念ながら過去ゴジラ作品は一個も見てないのでファンの方達はもっと違う受け取り方してるかもだけど、
今までの物語を新しい形で織り込んでくれるのはテンションあがるよね!

あの種族にまつわる色々はあの怪獣かなって思ってるけどあってるかな!?
(そもそも怪獣なのかも知らないレベルの知識しかないのだけど。。)


あと次回予告ーー!
知らなくてもキターーー!ってなったわ!

11月が楽しみ!!!
Joe

Joeの感想・評価

2.7

このレビューはネタバレを含みます

機動兵器が最高

ギャーンって言いながら落ちてくゴジラがかわいい
地球へ

地球への感想・評価

4.0
GODZILLA(ゴジラ)vs.人類を描いたアニメーション映画第2弾

前作(怪獣惑星)では、ふたたびGODZILLAを倒して人類は地球を取り戻そうと「GODZILLA vs. 人類(with 異星人)」の第2ラウンドに臨む。
一度はGODZILLA(のコピー?)を倒すが、本家本元のGODZILLA(2万年の進化を遂げた)の出現により返り討ちを喫した。

しかし、本作では対GODZILLA最終兵器として完成直前に破壊された機械怪獣「メカゴジラ」の残骸を発見したことで、生き残った兵士たちはふたたびGOZILLAに戦い(第3ラウンド)に望む。


ここでタイトル「決戦機動増殖都市」が示すとおり、本作では増殖都市である「メカゴジラ・シティ」を要塞と化してGOZILLAと戦うのです。
機械怪獣「メカゴジラ」は登場しません(プチネタバレですみません)。
前作の最後ではその登場が示唆されていたはずなのに・・・

本作は3部作の第2作なので、決着は第3作(星を喰う者)まで待たなければいけないワケですが、本作の最後はおおよそ予想どおりでした。

前作では暴走した人類がGODZILLAへの戦へと駆りますが、今作では高度な科学技術を備えた異星人(ビルサルド)が暴走します。
では、次回作(最終章)では精神主義の異星人(エクシフ)が暴走するのでしょうか・・・

本作は「GODZILLA vs.人類 with異星人 GODZILLAアタックチームのrevenge(第2章)」でした。
また、本作では種族(人類と異星人)の価値観の違いが描かれています。
最終章でどのように決着をつけるのか、期待と疑問が残りました。


コメントにネタバレを含む追記をします、興味のある方は読んで下さい。
iko

ikoの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

自分の中では1作目でハードル下がっていたこともあり、この2作目は楽しめた。2割ゴジラ、8割人型種族のドラマだったけど(笑)サブタイトル通り、メカゴジラ大活躍??と思いきや、メカゴジラの予想外な使い方。これはサブタイトルからは納得。そしてモスラの出てくる匂いプンプンしながら結局は出ず。これは3作目にお預け?最後は予想通りだったけど、どういう風に話を結ぶか、11月を期待して待つ!
じゅぺ

じゅぺの感想・評価

2.5
GODZILLA 決戦機動増殖都市、みた。退屈のあまり爆睡してしまった。冒頭5分の状況整理をぜんぶハルオくんの独り言で済ませるあたり、演出は全然機能してないと思う。とはいえ、人びとの思惑が交錯し、ハルオが究極の選択を迫られるクライマックスには興奮。完結編はネトフリ配信待ちかな…。
前作鑑賞せずにいきなりの2作目での鑑賞。
ゴジラシリーズは実写版は何作か見ています。

率直に言ってしまうと「GODZILLAがおまけのスタート●ック」だったなぁって思いました。
GODZILLAの作品らしい人が抗うシーンとかあったりしましたが、やはり種族による違いとかそいう面がクローズアップされているためか、スタート●ック感がぬぐえなかったです。

人気のある声優・脚本家でいい作品ではあるのですが、「GODZILLA」であるべきであるのか?って思ったりしました。

双子のモチーフもゴジラシリーズを見ている人ならすぐに判りますし、3作目にそのあたりの話とか出るのかなって予想をしてみたりします。
(某有名曲が脳内に流れていました。そうなると次回は「三大怪獣 地球最大の決戦」のSFアニメ版みたいになるのかな)

私自身、そこまでゴジラファンという人ではないので、ゴジラファンには堪らない部分が正直ピンとこなかったです。

万人受けというより、好みが別れる作品だと思いました。
Losers28

Losers28の感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

メカゴジラ起動しないのかーい!
ホントそれだけが悔い。それ以外はとても面白かったし、追い詰められてく中で必死に頑張ってた姿や、それでも犠牲が出た時の絶望感は凄まじい。

虚淵さんならユウコを殺すだろうな〜とCMのキスシーン見て思ったけど、マジで死なせるとは…
もうなんかストーリーとか面白さ無視してでもメインの登場人物死なせないでくれ…頼む。

副題とおりの増殖都市で、ナノメタルの万能ぶりはSFらしいとはいえ、なんでもあり。
短時間で飛行可能な人型兵器を用意したり要塞を作り上げるのは御都合過ぎる気もしたが、アクションがスピード感出てたし全然OK。

しかし今回一番印象的なのは人間ドラマの方で、ビルサルド達の論理が狂気に達してるレベルな事、それでもゴジラに勝てない絶望感、何よりハルオがユウコかゴジラどちらを選ぶか迫られた選択は
残酷。
結局味方殺しをしたのにユウコも救えずゴジラも倒せず一番最悪な展開に。
ここでメトフィエスが暗躍してるのが3作目にどう関わるか、先住民の人やモスラ…は出るか分からんけど、ギドラがどう出て来るかとても気になる。
>|