アイ・オリジンズの作品情報・感想・評価・動画配信

「アイ・オリジンズ」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

ダライ・ラマ「もし宗教が科学によって覆されたのなら信仰を変える」

ロマンあっていいねえ。スピリチュアル寄りの結末も良かったです。
vanitas

vanitasの感想・評価

-
「目」はただの物質なのに光を捉えて物が見えるってすごい神秘的な奇跡だよね。私にとってのピンク色は他の人が見る色と同じなんだろうか…とかいろいろ考えた。
瞳に恋をするってロマンティックで素敵
瞳をこんなにアップで見る事って今までなかったな👁

一時期タイムラインを賑わせてたこの不思議なジャケ…ずっと気になってた。🌻だと思い込んでたけど…瞳だったのね🤭

眼球の色がついてる部分を虹彩、黒目の部分を瞳孔と呼ぶ…この物語のヒロインの虹彩の色はグリーン。世界中で2%しか存在しないんだって!トムクルーズが有名。彼そうだっけ?💚

そしてもっと珍しいのが紫。有名なのはエリザベステーラー。今度彼女の虹彩の色を確かめる為に出演作を見てみたい💜

ちなみに私は虹彩の色が薄くて眩しさを感じやすいと眼科の先生に言われた…難儀だな🤍


瞳の写真を撮るのが趣味の学者イアン。パーティーで出会った緑の虹彩が魅力的なソフィーに惹かれ、一夜を共にする💚結婚まで考えた矢先、不幸な出来事が起こる。

ここから先はスピリチュアル?輪廻転生?ネタバレになるから詳しくは語れないけど…不思議な展開に。虹彩の謎を求めてイアンはインドへ飛ぶ🇮🇳

科学と宗教が入り混じるSF…106分間引き込まれる。答えが出たのか出ないのか?エンドロールの最後の最後まで見逃さないで!ここは必見!


物語の途中でイアンが買物した金額が11ドル11セント…11月11日11時11分の時刻が刻印されたレシートの謎…そして乗り込むバスの番号も11…これは何を意味するの?誘導?最後まで私にはわからず仕舞い。誰か教えて!

昨日スーパーで買物したらの支払い額が1.111円だった…レジの女性に「珍しいですね」と言われた…私にも何かが…起こる?😅
れん

れんの感想・評価

4.5
こんな映画、いままで観たことない.....

扱うテーマが高尚?やし、切り口も新鮮すぎる
最近ケツで感動を残す映画と出会えてなかったけどこの映画の終わり方はめちゃくちゃキレイで「うまい!」って言うた

エンドロールの最後もなんか興奮を覚えるものがあった

これはおすすめしなあかんやつやな
hue

hueの感想・評価

4.1

このレビューはネタバレを含みます

ソフィーの瞳が綺麗


カレンがイアンへの理解ありすぎ


虹彩を研究してる人の子供が虹彩の

I Origins
私(I)のルーツ/目(eye)の起源
を掛けてるんだなぁと思った

結局、「生まれ変わりを信じるか」
ってことなんだが

エンドロール後の
シモンズ博士が偉人達の虹彩スキャンデータ見てる
偉人達の(記憶を持った)生まれ変わりで何するつもりなんや...
NicknName

NicknNameの感想・評価

4.5
綺麗なSFでとてもよかった
エンドロール後はすこし安っぽかったかな。まぁあれはあれで面白いか

近い仕事してるから細かいところにつっこみどころはあったけど、そこまで技術側にふった内容じゃなかったからストーリーに集中できた
かめ

かめの感想・評価

3.8
瞳の中を追ってくドキュメンタリーみたいなのかと思ってたんだけど、ちゃんとストーリーがあったのには感動した、、、。
スピリチュアル的なのってすがってしまったら、なんだか落ちていきそうだけど、ある程度寄り添って生きていったら、生きていく活力にはなるのかな。あんまり信じていないと思ってたけど、映画の中に出てくるようなことは信じてるって言うか信じてみたいって思った。
観終わってから自分の虹彩を見てみたけど、思ったよりも茶色だった。外人みたく綺麗な色ではなかったけど、自分で自分の瞳を見ることってなかったけどなんだか好きになったきっかけの映画でした。
ソフィは神を信じていたから、早く生まれ変わることが出来たのかな。と思ってしまった。
Y

Yの感想・評価

3.3
エンターテイメントだった。音楽、色彩、カメラワークのコンビネーションが秀逸。
Jiyong

Jiyongの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

委ねてきたな……きらいじゃない。むしろ好き。
無神論的な科学者と現代科学では証明できない結びつきについて、その妥協点を見つけるのではなく、「まあ、分かんないよね」っていうスタンス。無理に押し付けるのではない感じが良い。

僕自身、神の存在を信じているわけではないが(人類が壮大な作り話をしなければならなかったことについての興味は大きいし、日本人的な自然信仰はある)
生命のありかたを人為的に変えるのは、倫理的によろしくないし地球に共存する生き物としてよくない立場だと思ってる。多分、製作者もそう思ってるのがエンディング後で伝わってくる。
最近、AIのカートコバーンが音楽を作るというのを見て、死ぬほど野暮なことしてんなと思った。少し近い感覚かもしれない。
この少女が、前の彼女と同じ虹彩を持っていて記憶の引き継ぎがあったとしても、それはそこにあるだけで解明すべきなのか…という倫理観、スタンスだね。それでいいと思う。問題提起で答えはない。疑問を投げかけてる時点で懐疑的ではある。

うちの(?)スティーブンユァンことサンヨプちゃんは本当に学者的な秀才が似合うので、英語で役を演じるときはどんどんそういうのやってほしい。
>|