人狼ゲーム ビーストサイドの作品情報・感想・評価

人狼ゲーム ビーストサイド2014年製作の映画)

上映日:2014年08月30日

製作国:

上映時間:110分

3.1

あらすじ

今度は人狼。騙されるまえに、騙せ。 あたし、樺山由佳は、2度目の殺戮ゲームの席に着いていた。 参加者は10名。みんな突然この部屋に連れてこられた高校生たちだ。 「人狼」のカードをあたえられたあたしは、村人たちをあざむき、ひとりずつ殺していかなくちゃならない。普通なら絶望するのかもしれないけど…あたしはむしろ興奮し、驚喜していた。なにせ、ずっと待ち望んでいた「非日常」を存分に楽しめるのだから…

今度は人狼。騙されるまえに、騙せ。 あたし、樺山由佳は、2度目の殺戮ゲームの席に着いていた。 参加者は10名。みんな突然この部屋に連れてこられた高校生たちだ。 「人狼」のカードをあたえられたあたしは、村人たちをあざむき、ひとりずつ殺していかなくちゃならない。普通なら絶望するのかもしれないけど…あたしはむしろ興奮し、驚喜していた。なにせ、ずっと待ち望んでいた「非日常」を存分に楽しめるのだから!複数の「自称予言者」が現れ、共有者がほかの村人たちを扇動する。 場が混迷を深める中、あたしはひとりほくそ笑み、さらなる血の味を求める…!

「人狼ゲーム ビーストサイド」に投稿された感想・評価

pame

pameの感想・評価

3.0
森川葵ちゃん目当て。かわいいしかない!3度目は本当なのかうそなのか、3度目になると解放されるのかな?
こぴ

こぴの感想・評価

3.5
記録。
土屋太鳳めあてで観た作品。
今回もラストのインパクトがすさまじかった。
かぴ

かぴの感想・評価

4.0
結構好き。殺し合いとか好きだし。
1見てないけど、もともと人狼ゲームをやっていたからかルールは問題なく理解。
友達を殺すというのが辛くて泣きながら見た。
土屋太鳳はすごいと、なんとなく思った。
キャスト豪華だ。
他の人狼も見てみたい。
yuno

yunoの感想・評価

2.0
なんとなく見たのが
続編?なんか分からんけど
ルールがややこしくて混乱。
全然知らない人ばっかりやったけど、皆んな演技うま!唯一知ってた土屋太鳳がイメージと違う役すぎて違和感。
あの歌なんなんだろ…

このレビューはネタバレを含みます

 命を懸けた人狼ゲームに参加した高校生たちの感情爆発させる話。

 人狼ゲームに参加させられて負けたら死んじゃうという壮絶なゲームだけど、今回は登場人物たちが自ら参戦しているらしいというのがわかって、人狼ゲームの概要を最初の5分で理解してスタートするので、人狼ゲームをよく知らないボクからしたらゲーム自体を理解できずに登場人物たちが何をしているのかがよくわからなくて大変でした。
 登場人物の把握とゲームのルールの把握を1度だけではわからなくて、見終わってすぐもう1度見てしまいました。人狼ゲームに慣れ親しんだ人なら入り込めるらしいですが、人狼ゲームを知らないとキツイ映画でした。「用心棒はどうで、予言者はどういうことができて」と大変でした。
 110分といのうもこのジャンル映画ではチト長くて辛かったです。

 前作同様、若手役者さんたちの熱演は素晴らしいですが。感情を爆発させてワーワー! 大騒ぎするのでただただ不快でした。何もない室内で泣き叫ぶのを見てると演技のワークショップを見ているかの気持ちになることを勉強しました。
 
 主人公が「何が何でも生き残ってやる」と発言しますが、どうしてその気持ちになったのか? 人を蹴落としてまでゲームを勝とうとするのが何故なのかがわからないため、よく知らない人たちがよく知らないゲームをしているだけの冷たい目線で見つめる作品でした。
目が覚めると、一体どこかもわからない、宿泊施設のようなところに無造作に転がされていた樺山由香含む高校生10名。うち、同じ学校で仲の良い二人組もいれば、クラスメイト、カップルもいて、逆に全くの初対面もいた。すると突然据え付けられていたビデオテープの再生が始まり、これは「人狼ゲーム」であると告げた。由香が役職の書かれた自分のカードを見ると……“人狼”。しかし彼女は全く表情を変えることなく、パニックになる獲物たちを見据えていた。

“ 今度は──「殺る」側。 ”

元々のスコア3.0+オチの面白さと人狼ゲーム贔屓0.3でこの評価。受験に落ちまくっていた時、精神病みすぎて「人が殺し合うものでも観て安らごう(?)」と思って何となく借りた作品です(笑)ちなみにその2日後に合格通知来ましたので人間性を取り戻せました。良かった。
シリーズ2作目ということは知らなかったが全く問題なく鑑賞出来た。評価を見るにシリーズの中では今作は評価が高い方らしい。
まずこの作品を楽しむためには実際に人狼ゲームをプレイしてみないとしっくり来ないかもしれない。今回は人狼側の視点で描いているため、推理系の面白さは全くない。どのように騙すか、バレないようにどうするべきか、用心棒や占い師の対策など、ゲームをしたことがないと分からないことばかり。勿論ルール説明は作中でされているが、それでもあまりピンとは来ないだろう。人狼ゲームをやったことがある人なら感じたことがあるであろう、自分の引いたカード(もしくは画面)で、人狼の絵が描いてあった時の衝撃とドキドキ感、ゲームがスタートしてから仲間と目配せし、協力し、嘘をつきまくって村人を殺していくあの感覚がなければ、この作品を充分に楽しむことは不可能かもしれない。
さて、それを踏まえた上でなら、かなりリアルに騙し合いや疑心暗鬼の様子を描いている作品である。オチも良い意味で期待を裏切られる展開となり、B級映画だと侮っていた自分はすっかり成程!と納得してしまった。演技力も案外全体的に高かった。
しかし、残念なところもチラホラある。由香の変人なのかよく分からないキャラも中途半端で観ていてイタい。ラストで、あれ全部演技でした、っていうオチならかなり良かったが、真面目な時と変な時が混ざっていてツッコミどころ満載。オチもふわっと着地しており、何がしたかったのか分からない。原作通り後味悪~く終わらせればホラーっぽかったのに残念。
美紅

美紅の感想・評価

3.2
何回目かの視聴。人狼シリーズの中だと1とこの2は見応えがある。この映画の土屋太鳳が一番好き。(この映画以外は...)土屋太鳳の"役者"感を感じれる。こんな役柄演じきったのに、今じゃ爽やか青春映画で快活なヒロインを演じるばかりなのが勿体無いなあと思ってしまう。
土屋太鳳、森川葵、佐久間由衣、出演してるこの3人は今となっては立派な女優になったな〜歴史を感じる。
土屋太鳳、良いんですよって伝えたいときはこの映画。自身が作詞した曲を歌う土屋太鳳がめっ良。
keiko

keikoの感想・評価

-
人狼シリーズはまってほぼ全部観たいけど
特にビーストサイドは主人公が人狼だから新しくて面白い。
土屋太鳳ちゃんの悪役がほんとに最高。
出演者全員演技がリアルですごく良い。
土屋太鳳のダークな演技が素晴らしい
昔から美しい

今ブレイクしている若手俳優さんたちが結構出ている。

むきだせーよーむきだしてみろーよー

バトロワを知的にした感じのお話。

土屋太鳳の目力がいい!
y

yの感想・評価

-
森川葵目的で見た 土屋太鳳が今より有名になる前に見たので朝ドラとかバラエティに出てる土屋太鳳を見てビックリした 土屋太鳳の演技力こわい
>|