レフト・ビハインドの作品情報・感想・評価

「レフト・ビハインド」に投稿された感想・評価

watarihiro

watarihiroの感想・評価

1.2
大学生はクローイ・スティールは飛行機で実家に向かっていった。それはパイロットをやってる彼女の父親、レイフォード・スティールの誕生日パーティーに出席するためだった。だが結局仕事が入り、パーティーは開かれない。クローイは自宅に戻り、宗教にハマっている母親の話を無視し、弟とショッピングモールに行った。だが突然弟は姿を消した。そして仕事でニューヨークからロンドン行きの飛行機を操縦しているレイフォード所にも同じ現象が起きた、、、。

かなりの不評の作品を見てみました。宗教丸出しの作品だった上に展開が遅い作品だと思います。特に沢山の人が消えた後のストーリー展開があまり良くなかったのかなと思います。

沢山のキャラが出てきて、パニクってディザスタームービーっぽくなってそこが若干楽しめた部分でした。

個人的にエンディングは納得いかなかったです。何から何まで消化不良でした。娘役の可愛らしいキャシー・トムソンとセクシーなニッキー・ウィーランが救いでした。ニコラス・ケイジがあまりぱっとしないです。
せいや

せいやの感想・評価

1.0
今年見た中で一番酷い映画だった。
最初の30分くらいまでは普通に見れる。
2018/12 偶然CSで出会って観賞。
突然人間が消える!なんだってー?!…っていう、まるで90年代のオカルト話のような設定。どんなオカルトオチがくるのかワクワクしていたら…がっかりしました。

私は日本人に多いであろう"各種イベントはこなす無宗教者"なので「神様って心狭いわー」と思いました。
サノスがドラゴンボール6つ集めたとばっちりでできた映画 ニコラス啓示
100点
kuuc

kuucの感想・評価

2.8
宗教感が日本人には分からないなぁ
って気がします
まっ、他の人の評価以上に
私はそれなりに楽しめましたょ

このレビューはネタバレを含みます

シネフィルwowow

書起こすまでに調べて考えてました。

スタバの1カットが有り(軍産医複合体)
黙示録を暗示するような始まり
世界的にシステムダウンが起きて大混乱

JFK空港からの発着(Q anon)

乳幼児、プロテスタントの福音派を信仰している人達が消えてる
||
プロテスタントの内部分裂で世界教会協議会(wcc)
エキュメニズム主義(リベラル派)

福音派(聖書信仰派)グノーシス主義悪魔崇拝ではありません。パイロットのケイジの妻が信仰している宗教団体
に分かれてる

乳幼児は、ペドフェリア(エリート官僚とクリントン財団、イエズス会)誘拐し殺害する集団である組織を表し(ディープステート)

残っている人達(軍産医複合体)悪魔👿ユダヤ教系
無神論者、薬中毒者(麻薬、ヘロイン、アヘン取引している)中東人(戦争紛争が多い国)白人、アジア人、ユダヤ教信仰黒人(オバマ他の政治家)
最後の爆発💣💥は本格的でビックリ‼️
一生懸命に滑走路を作る女性に👏
見応えありました!

エンディングで流れた曲を調べたら I wish we'dallbeen ready
その歌詞のサビで、私は、我々全員準備ができていたら良いという意味で、しばらく考えてました。

残った人を考えると戦争を意味し
乳幼児と福音派の消えた人達は、グノーシス主義でこれからの世界を救う派閥を意味するような感じに取れた。

戦争が引き起こされることを意味しているのかと


トランプ政権なる前の作品だから
バックグラウンドがどの位置なのか?というのがあったから悩んでた。

キーワードが散りばめている作品で拾いながら見ていた。気になり調べて点は掴めたのだが線が引けなくていた。
調べた内容はこんな感じで映画見終わろうとした時のエンディングほんとそこに惹きつけられていてYouTubeにも原曲あります。是非聴いてみてください。
今は、この映画のように世界の終わりはない。軍産医複合体の終わりだと…

宗教は誰しも最初からわかる訳でもなく、私も興味が出てきて似非宗教から調べ始めキリスト教にたどり着きましたがそこからが宗教の走りの根源があることを知り
ドルイド教、ゾロアスター教がわかってからが、日本の神道仏教の偶像崇拝とはなんぞや?神話とは?とか全部洗脳のために使われた道具とすると宗教という存在が要らないと考えた。
未だまだ追求しきれてない謎もありますが、映画、本を通して隠れた真実を観ていこうと思います。
自分自身が自分を信じて生き抜く事なんだなぁって!
sickboy

sickboyの感想・評価

1.3
飛行機が飛んでる最中に大変な事が起きる話。

序盤、地震の話をしてるから地震の話なのかな?とか思ってたら突然人が消えていってパニックになる映画。理由は神様が連れて行ったとか言い出すけど、キリスト系の人は消えるのかもしれないけど、他の神様を信仰している人達は消えないだろうし、日本とか全然消えなくてパニックにはならなそう。結局理由とかは分からなく飛行機が降りるのがメインだけどそれもあまり面白くはない。ニコラス・ケイジの声優が大塚明夫じゃないので違和感が凄い。
りい

りいの感想・評価

2.7
信仰心がないものは取り残されてしまう終始消化不良な感じで話が進んでいた。
だけど、その中でもめっちゃ娘が頑張っていたので、最後くらい幸せになれたよみたいな、そういうのがないと救われない。
アル

アルの感想・評価

3.1
個人的には何だかスッキリしない終わり方で、少し消化不良感が残りました。
宗教とかにもうちょっと理解があれば、楽しめたのかもしれない、と残念でした
Leo

Leoの感想・評価

3.0
記録
prime videoでの視聴

世界中で数百万の人々が突如消失するという未曾有の非常事態が発生する中、必死に危機に立ち向かうパイロットを描いた怪作パニックサスペンス。

嫌いな感じの作品ではないが、色々予測できて終わり方が今ひとつだったのが…
ニコラス・ケイジが好きなので個人的に許そう。
>|