フライトの作品情報・感想・評価

「フライト」に投稿された感想・評価

TOKIOの山口くんを重ねてしまった。
彼もいつか立ち直って欲しい。
 ここ数年、ロバート・ゼメキスはモーション・キャプチャにハマっていて、ろくに実写映画も撮っていなかった。しかもその技術の立役者とはいえ、本人が作った映画はどれも大ヒットには至らず…(リメイク版「イエロー・サブマリン」も没になるし)。だから久々の実写映画には当然期待がかかる。
 この映画は出だしの飛行機墜落シーンに尽きる。ウィトカー機長はコカインをキメた後に、機内でウォッカを2本空けるような男だ。悪天候のせいもあり、飛行機は不安感を残しつつ空港を出る。当然、観客はこの飛行機の結末を知っているわけだが、その「墜落」までの持っていき方は非常に上手い。
 いつ落ちるのか、焦らしに焦らしてその時を迎える。飛行機はいきなり前のめりになって、落ちていく。騒ぐ観客、取り乱す乗務員と副機長。それに対し、妙に冷静なウィトカーは瞬時に状況を把握、試行錯誤を繰り返したあげくに機体を“回転”させることにする。現実だったらあり得ないような事件を、見事なVFXと緊迫感のある会話で見事なリアリティを持たせている。こんなにハラハラするシーンはなかなかお目にかかれないが、残念ながらスリル満点なのはここまでなのだ。
 私が思うに、この映画の最大の欠点は不必要なシーンがあまりにも多すぎることだ。ウィトカーが病院で出会う終末医療患者との会話がその代表格だが、そのどれもこれもが意味有り気な所がさらに問題である。彼らとの会話を通じて、得体の知れないウィトカーの中身を描きたかったのかもしれない。さらに言うと、ニコールもほとんど登場しない家族も不必要かもしれない。ニコールはウィトカーのアルコール依存症傾向を浮き彫りにするために、彼の家族はウィトカーの孤独感を表すためにいるわけだ。でもそれらはすべて他のシーンでも表されていることで、無意味にエピソードを増やしているだけに過ぎない。
 おそらくロバート・ゼメキスは脚本を見たとき、映画の全体像ではなく個々のシーンが思いついたのだろう。どれもこれもカッコいいといえばカッコいいのだが、あまりにも「分かってる」使い方をしすぎて結果的にクサい演出と化している。
 だからそれぞれの場面の出来は光るものがあるのに、全体として見るとやや散漫な印象を拭えない。
 様々な欠点はあるが、この映画はあらゆる点でかなり優秀だ。そのほとんどは主演のデンゼル・ワシントンによるものが大きい。今回、彼はウィトカーという内面的に複雑な人物を演じるにあたり、かなり抑えめの演技を披露している。これが功を奏し、彼が抱えるジレンマを露にすることに成功した。ウィトカーは独善的で救いの無い人物なのに、観客は彼に共感し、英雄であるとさえ感じる。だからといって、まったくの善人かと言うとまったくそうではない。このドラマの中核の部分をワシントンは生み出したのだ。
 基本的な繊細さには欠けるが、ロバート・ゼメキスの手腕が衰えていないことを確認できるだけでも儲けものである。
(13年3月13日 映画館 3.5点)
ジョングッドマンとローリングストーンズのセットが抜群に良いです。
「ハドソン川の奇跡」のような内容と見せかけて、アルコール依存症の話だったので、スッキリしなかったですね。
OMAK

OMAKの感想・評価

4.0
飛行機がひっくり返るシーンは手に汗握りました。CAさん達もプロなんだなぁ…使命感ある行動って良いですね。

アルコール依存ってあそこまでなってしまうんだと思うと、毎日ビールを飲んでしまう日々を反省しました。

にしても映画ではアメリカ人って当たり前のようにコークやクサ吸ってるけど、ちょっといけないことくらいの認識なのかな?
病院での3人の喫煙シーンが印象的🚬

けど、この映画の大前提のアル中ヤク中って、社会問題と言われたりもするけど、人の道を外さずにある程度普通に生きていたら縁のない問題だと思う。

最終的に主人公がダメクソ底辺人間じゃないってゆうことがわかってよかった。
山口メンバーの件でこの映画を思い出した。アルコール依存は、「自分はアルコール依存なんだ」「自分は弱い人間なんだ」とはっきりと自認できた時、初めて治療のスタートラインに立てる。
映画自体は素晴らしかった。

このレビューはネタバレを含みます

さいごー!笑
「父さんは何者なの?」「いい質問だ」の答えー!
考えさせられる。
てか、刑務所にいながら自由になったかあ。
確かに飛行の腕はベテランでも、アル中じゃ避難されるよね。飲みながらだし。
お酒の信用のなさ、効力って改めて社会的に大きいんだなって思った。
背面飛行なんて多分シラフじゃ考えられなかっただろうし、飲んでたから成功したんじゃないかと思うけど。
たく

たくの感想・評価

4.0
デンゼル・ワシントンのアル中・ヤク中名作。
単なるパニック映画かと思いきや、社会問題を絡めて重い作品だった。
ゆかり

ゆかりの感想・評価

2.9

このレビューはネタバレを含みます

ハドソン川の奇跡とは違って、自分が悪いんやーんって思っちゃってイライラしてた。
パイロットの話じゃなくて、アル中の話だと思ってみたら良かったかも。
>|