ブラインドネスの作品情報・感想・評価

「ブラインドネス」に投稿された感想・評価

夢野猫

夢野猫の感想・評価

3.5
「見えることと見えないことそしてふたたび見えることと」

突然、視力を失った男。
次々に感染が広がり……。
そんなパンデミック物の様な展開で始まる作品。

政府?の対応が迅速で、ソコに何か陰謀が隠されているのかな。と想ううちに、隔離された人々の権力争いに展開し、更に意外な結末が………。

結局この映画は、SFでもパニックでもデストピアでも無く、一寸哲学的なヒューマンドラマなのでしょうね。

黒人、白人、ヒスパニック(多分)、アジアの混じり合った集団でしたし(笑)

平均スコアが伸びないのは、生々しい隔離施設の表現かなぁ。
蚰蜒

蚰蜒の感想・評価

4.4
失明する感染症が広がっていく話。
リアルでショッキングな映像や展開が良かった。

失明よりも、それを起因とした人間の行動や状況の怖さを楽しむ映画。
肉の匂いを嗅いで群がる様子なんて、ゾンビ映画よりもゾンビしてる。

傑作なのに、何でこんなにFilmarksの評価低いの?
 街の交差点に止まった車の中で、何の前ぶれもなく男の目が突然見えなくなった。その後、男は検査を受けるが原因は一向にわからない。しかもその男に接触した者も伝染したかのように次々と目が見えなくになっていった。
 突如、盲目になるのは感染によるものとして、政府は隔離施設を設置。男を診療していた眼科医も目が見えなくなり、眼科医の妻は目が見えなくなったと嘘を吐いて夫に付き添い隔離施設へと入った。
 施設には続々と失明者がやって来る。病棟には人が増えて、次第にそこの秩序は失われていった。


 わりと しんどい

 突然目が見えなくなるという奇病、いままで当たり前だと思っていたものがある日突然崩壊してしまって、政府のしてくれた対策と言ったらものすんごい粗雑な隔離。
 こういうのはあえて劇的にしてるんだとは解るんだけど、もしこんなような事態が起きたら、政府こういう風にすんのお~!?っていう国に住んでるの怖くないいいい~~!!???
 そこは演出だからねと自分に言い聞かせてみるんですがこれが世紀末……

 新しいコミュニティに新しい秩序ができる過程が面白い、ようで、だからそこちゃんと政府がさあ!?ってついなってしまうわけですよ。
 「目が見えない」という条件下で出てくる欲望・本質。
 割とショッキングなことも有ったりして、でもそれ全部ホント、政府お前がちゃんとしてれば~!!
 ってことばっかりなので、起きる諸々がただつらい。唯一目の見える眼科医の妻視点なだけに。

 こういうのお好きな方には、すごい性癖に刺さると思う~~!!!!けど私向きではなかった~~~!!!
 監督さんのやりたかったこと描きたかったことはわかるだけにただ私が悪い。申し訳ない。楽しめる人は楽しめるんじゃないかなホント。
仲村2

仲村2の感想・評価

3.2
中学生ぐらいの時に観ました
めちゃくちゃ恐いって感じた記憶がある映画だ…
単純に広範囲に広がった失明症によるパニック映画ってだけではなく観ていくうちにこれと同じようなことが起こったら本当に無秩序な世界になっちゃうんじゃねってちょっと思ってしまいました。
主演のジュリアンムーアは唯一目が見える役なんですけどだったらもう少し目が見えることを活用できたんじゃないかと疑問を感じたのは僕だけでしょうか。
あと
仕草が失明症かかった人たちよりも失明感上手くてよくわかんなくなる。
hal

halの感想・評価

3.7
伊勢谷友介と木村佳乃夫婦
美しすぎる英語も美しい

TSUTAYAで推していたので鑑賞

深い、テーマが深すぎる
何度もみたくなる映画
カオリ

カオリの感想・評価

3.5
FOXでやってたのでなんとなく視聴

全人類が次々に盲目になっていく中、一人の女性だけが見えてるっていう内容

何故全人類が急に盲目になったのか?とか、どうやって視力を戻すのか?とか何故その女性だけが見えてるのか?っていうのがテーマではなく。盲目になった人達の人間性?社会性?絆?関係?がテーマ

期待してなかった分面白いと思ったけど、なーーっがい。
終わり方好きだったし、この内容伝えるにはこの長さになってしまうのは頷けるけど、けど!けど長い。ドラマにしてほしいかな。

あんまり映像的な汚さにリアルが少ない気がしたけど、でもまぁ、結構好きだった
Shizka

Shizkaの感想・評価

2.0
つまらん、、長い、、ダレる、、

それなりの現実味はあるけど、みんな盲人の演技がヘタすぎ、見えてるよね。髪もヒゲも伸びないしこぎれい。結構時間が経っていると思うんだけど。

それになんだ最後のカッコつけたモノローグは。アホか、それらしく〆ようとしてるだけで解決になってない。

さらには日本語に対して日本語字幕が入る不思議、、ジュリアンムーアは相変わらず肌汚いし、、
全く期待せずに見たら意外と面白かった。


ただ一人だけ目が見えるならもっと色々効率よく出来るだろ。なんか日本人も出てた。
いろんな設定で世界崩壊的な映画は多いが、視界を奪われるだけで人間性まで失われるっていうのは斬新。
確かにリアルで、実際に起きたらこうなってしまうかもと思いますが…他のパニックもの以上に、自分に起きても人間性は保ちたいと強く思った作品。
ぴっぴ

ぴっぴの感想・評価

1.5
ジュリアン・ムーアにマーク・ラファロ。
完璧。
完璧にギュインギュインあがる、期待値!!



そして残ったのは、急転直下のガッカリ値。
後半の「え?王様?」「え?女?」
そして、行くし、行かせるんかいっっっ!!
世界が盲目になっても、変わらない不条理もあるよって言いたい映画?

2018.03
>|