ノウイングの作品情報・感想・評価・動画配信

「ノウイング」に投稿された感想・評価

茜

茜の感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

全体的に評価が低いようだけど私はそんなに嫌いじゃないです。
暗号的な数字の羅列とか予言といったオカルトな雰囲気にはワクワクしたし、ホラーのような演出もあって前半は特に楽しめた。
ゴリゴリのディザスター物とは異なりミステリー的な要素が強く先の展開に興味を惹かれました。

最初の方で出て来る飛行機墜落のシーンが良かったなぁ。
爆発して人が燃えてるところが生々しくて、実際の事故現場ってこんな感じなのかなって思った。
他にも脱線した電車がモリモリ人を轢き殺していくシーンもあるんだけど、ここは出血や人体損傷といった表現が皆無で、迫力こそあれどリアリティはない大衆向け演出。

ただ後半は自分の好みの問題で段々と失速気味に…。
やっぱりああいう状況でどでかい宇宙船が出て来たり、実は宇宙人だったよーんっていう展開は少し冷めてしまうなぁ。
前半のオカルトでミステリアスな雰囲気をそのまま維持してくれていたら私的にはドンピシャでした。
あと劇中で解明出来ない疑問も数点あって、まずあの黒い石が持つ意味は一体何なのか。
あと最後に息子が主人公に「どうしてあんな事したの?」って台詞を言うけど、主人公何かしたっけ?(笑)
この二つが考えても全然分からない!モヤっとする!

結局「選ばれた者」以外は救われないという無慈悲さは好きです。
主人公の行動は人類を救うという大層なものではなく、滅亡を前にして人類は身を任せるしかない。
台風や地震みたいな自然災害ですらどうにも出来ないんだから、実際に地球の危機みたいなデカいものが迫ってきたらもう諦めるしかないよね。
あの宗教的な香りが強いハッピーエンドも希望が伺えて良いのかもしれないけど、私はもっと人類滅亡部分をピックアップして見せて欲しかったなぁ。
息子ケイレブが通う小学校のタイムカプセルから出てきた手紙にかかれた数字。それがこれまでの災害や事故、事件と一致すると気づいたジョンは、これから起こる災害のことにも気づいてしまい...。

けっこうSF展開だけど割と良かった。有名なシーンが多い。
rInA

rInAの感想・評価

3.8
評価が割と低いのが謎
どう頑張ってもニコラスケイジ目線になっちゃう
個人的には大好きな映画
金鍍金

金鍍金の感想・評価

3.5
ニコラス主演という事であまり期待せず観たがオチの弱さ以外はテーマもいいし、ホラー要素もちょうどいい具合。
救いが無いのもまた救い。

このレビューはネタバレを含みます

評価低いですよね…
私はすごい好きでもう3回くらい見てる

確かに私も初めて見たときはよくある宇宙人系の地球が滅びる系か〜って思って、ワクワクした割にはあっけないラストに感じてしまったりもした

1回見て全体像がわかってからもう1回見てみて欲しいな

下手にアクションシーンとか入ってなくて見やすいし、最初に出てくる女の子とか数字の暗号とか不気味な雰囲気に引き込まれるところはすごくよかった
あと宇宙船のデザインがかっこいい

主人公が地球の危機を救うって展開はもうお腹いっぱいなのであのラストもすごく好き
宇宙船いくつもあったから選ばれた子どもたちが他にも何人かいるのだろうか
人種とか国籍とかバランスよく

地球はもう終わり
また最初からやり直し

10年くらい前のSF映画なんだけど、最近の災害だったり環境問題だったりなんだか本当に起こってしまいそうな気がして怖い

昔の映画って結構未来の予言だったりするし
だから人間の考えることっておもしろくて映画見たり小説読んだりしちゃうんだよね

というか地球にはもう宇宙人がいるらしいですよ?
いきなり都市伝説で関さんが言っていたのでまず間違いないですね
ニコラスケイジ〜❤︎ってことで観賞。
観終わった感想としては「めっちゃキリスト教〜」。
《現代版 ヨハネの黙示録》って感じ。
キシン

キシンの感想・評価

3.6
ノウイング

周りの評価は低いですが。

地球滅亡系の作品の中では、自分的にはとても面白い作品だと思う。

何かが攻めてくる訳でもなく。

たんたんと過去に書かれた暗号から、どんどんと滅びるその日までを描いてる作品。

細かく書くとネタバレなるので書かないですが。

日本で不評な理由としては、宗教的要素が強く影響しています。

日本では仏教、神道が馴染んでいるため。

キリスト教的な考え、神話の考えを素直に受け入れれないのだと思います。

なので、話の流れ。最後まで疑問、何となく。んーーって人が多いのかな?

でも、そういうものを理解して観ると面白い作品だと思います。
面白かった。本当にいつかこんな日が来てもおかしくないと思える今日この頃。

このレビューはネタバレを含みます

なぜか凄い印象に残ってて2年おきに3回くらい観てる。
スリラー?慣れしてないのもあるのか、途中まではハラハラしっぱなしで疲れる。
しかし地球の滅亡は結局防げなくて、地球人たちは「もう終わる」って分かってて、好きなもの同士や家族同士でアツいハグを交わしたりして終わりを待つの、私にとっては最高のハッピーエンドで好きな映画トップ3に入る。
個人的にその部分が好きだが、そこに至るまでもニコラスケイジがわざわざ危ないことにしゃしゃって行こうとする度に親父と「やめろやめろ!」と野次を入れながら観た楽しい思い出がある特別な映画だ
おちび

おちびの感想・評価

3.0
すごくワクワクする導入部分!

ストーリーが進むにつれさらにドキドキが加速して、最後はなんだか切ない気持ち。

むかし、ちびまる子ちゃんで父・ヒロシが言っていた「みんなで一緒に死ぬのと、1人だけ生きのこるの、どっちがいい?」のセリフが頭の中でリフレインしています。

吹き替えで藤原啓治さんが出ていて「おっ💓」となりました✨
>|