「丸」に投稿された感想・評価

はす

はすの感想・評価

-
おもろ方。
コメディノワールなるジャンルがあるんだね。

あんまり見ないから誤解してるかもだけどバリバラの笑いって感じなのかな。

ズームは一連の時間で画角を変えるというよりドキュメンタリー的な作用があるかな

いまどきの解釈だと丸って無量空処ぽくない?
映画のなかで「停止」を描くのはそれ自体が面白い試みであるような気もする。遭遇した人間がどうにかなってしまうらしい「丸」が序盤で画面上にパッと映された瞬間に観客は神の目線を保持することを余儀なくされ、そこからは現象の源の正体を模索する男があたふたする様をただ上からフラットな気持ちで眺めるしかないから少し疲れる。どうせだったら「丸」というブツを映画から完全に排することで、そこに在ると思しき原因不明の混沌に観客ごと参加させてしまったほうがより狂気じみていて楽しい作品になりそう。ただその引き算は映画にとって致命的なのだと思う。現時点で、これを障がい者とその家族のストーリーとして見るのはあまりにも暴力的か。ラストの主人公の台詞のまくし立ては後ろで平沢進を流せば『パプリカ』もどき位にはなる。
シネマテークフランセーズのサイト「Henri」(https://www.cinematheque.fr/henri/)より以下のスケジュールにて無料配信予定
NOBODYでは「Japan Fringe」に関連し、過去に掲載された作品の批評およびバックナンバーをご紹介します。https://www.nobodymag.com/takagi/archives/2021/11/japan-fringe.html

鈴木洋平監督インタビュー
https://store.nobodymag.com/products/detail.php?product_id=49
Oct

Octの感想・評価

4.5
そういえば昨年観ていました
鏡を持ったホームレスが怖かったです
🎥🐙🐌
たてま

たてまの感想・評価

4.0
過去メモ。
作品のキモである丸と静止していく人々。あの新感覚だけでも素晴らしいし、どんどん静止していく町、国、世界を見たくなる。
となると、やっぱり予算…。低予算でもいい映画は沢山あるけど、この映画に10億突っ込んだら大傑作になると思う。こういう作品にこそ、大金つぎ込んで欲しいです日本。
志は高いと思うし、前半は引き込まれた。

後半からは好みが分かれるかと思う。別に事実を解明しなくても全然いいのだけど、記者の設定と一本調子の雄叫びに徐々にノレなくなってしまった。
Marrikuri

Marrikuriの感想・評価

1.1
2011年以降の日本社会のすべてがここに詰まっている。何とも拙劣な作品だけど、あっぱれ!
tothesea

totheseaの感想・評価

3.2
ストーリー的によくできてる
冒頭のわざとらしさはあるものの、終盤の鬼気迫る感は手に汗握る展開
少し不思議で、でもコミカルで、出口さんはすぐ手が出ちゃう
SHINDY

SHINDYの感想・評価

-
やっと観れた!

最初から最後まで変な作品。
『丸』が全てを呑み込んで行くんだ。
それが善か悪か。観たものたちは力が抜けているようでもあり、また恍惚としているようにも見える。じつは幸せなのかもしれない。

観ている側としては
気持ちの悪い居心地の悪さみたいなのがまとわりつく。
でも
ときたま笑ってしまうのは、私が観客でいられて、スクリーンの中の人たちにとっては本当だからだろう。

ただ、ビジュアルなのか演技なのかずっと観てるのが厳しい不快感。

昔観たインドの不思議なカルト映画を思い出した。日本でもこんな作品観れるなんて。
なんでもありなんだし、実際、人間生きてれば説明つかないことなんていくらでもあるんだし。

それにしても、アレが連鎖して世界を覆い尽くしたらもう、この世の終わりというか、新しい生命体?の征服による始まりだわよ。
tea

teaの感想・評価

1.2
その球体を見てしまった人間は停止する、という設定が面白いと思って観てみました。

2部構成になっていて前半は上記通りの出来事で謎を深めさせてくれたのに、後半がただただ意味不明で球体の謎も放ったらかし。
観た人それぞれが答えを見付けてくださいねって事でしょうが、あのラストはひどい。
>|

あなたにおすすめの記事