わたしたちの家の作品情報・感想・評価

わたしたちの家2017年製作の映画)

上映日:2018年01月13日

製作国:

上映時間:80分

3.7

あらすじ

リはもうすぐ14歳。父親が失踪して以来、母親の桐子と二人暮らし。最近、お母さんに新しい恋人ができて複雑な気持ちになっている。さなは目覚めるとフェリーに乗っており、自分にかんする記憶がなくなっていた。彼女は船内で出会った女性、透子の家に住まわせてもらうことになる。 二つのストーリーは独特な構造を持つ一軒の同じ「家」の中で進行する。これはいったいどういうことなのか?映画史上、誰一人として思いつかな…

リはもうすぐ14歳。父親が失踪して以来、母親の桐子と二人暮らし。最近、お母さんに新しい恋人ができて複雑な気持ちになっている。さなは目覚めるとフェリーに乗っており、自分にかんする記憶がなくなっていた。彼女は船内で出会った女性、透子の家に住まわせてもらうことになる。 二つのストーリーは独特な構造を持つ一軒の同じ「家」の中で進行する。これはいったいどういうことなのか?映画史上、誰一人として思いつかなかった、特異で甘美な室内劇。

「わたしたちの家」に投稿された感想・評価

僕達もあの家に住んでいるのかも。つながりをテーマに凄く細かい所まで作られている気がした。なんだか懐かしい気持ちになる。
久しぶりに投稿…。観たのはだいぶ前。

映画は何もわからなくてもいいし、あり得ないことが起きても受け入れられてしまうのが映画という表現なのだ、ということを久しぶりに実感できた映画で、本当に良かった。
わざとなのかもしれないが、どうしても役者の棒読み感が浮いてるような気がしてしまった、、
bunta

buntaの感想・評価

4.8
無節操な地方都市の直線美と、物語の外部から殴り込んでくるサウンドデザイン。

こんな映画観たことない。この悪夢は知っている。
Yarrtt

Yarrttの感想・評価

4.5
不安を、生暖かく、日本人でなければ出来ない絶妙な匙加減で感じさせてくれる。
アイデアや見せ方は画期的かつサスペンスフルで面白いけど、果たして2つの物語それぞれがストーリーとして面白かったかどうか、というのが気になった。

この映画に関しては種明かしとか謎解きを見たいわけではないのでオチは必要ないにしても、画期的な構造以外はまだあまり語られていない気がする。
4.30シネラ
複数の世界が平行に存在していてそのどちらもが正しく同等であるというメッセージだとしたら救いだなと思う。すごくよかった。
一般人

一般人の感想・評価

3.7
一つの家で二つの物語が接続する。
投げられた花瓶の放つ妖艶さにうっとりした。
イワシ

イワシの感想・評価

3.7
ふたつの異なる時間の連結が描かれる後半のスリリングさ。

ラストの箱が開けられる瞬間に『キッスで殺せ』の記憶を重ねてしまい、こういうのはできるだけ控えたいと思った。
はじめ

はじめの感想・評価

3.4
女の子が、とにかく可愛い。特になんか謎の組織と関わってる子(プロの役者ではないのかな)。
レトロフューチャーでオシャレでメタっぽい感覚(と音楽)は、瀬田なつきに近いものを思わせる。
普通に面白かった。
>|