わたしたちの家の作品情報・感想・評価

わたしたちの家2017年製作の映画)

上映日:2018年01月13日

製作国:

上映時間:80分

3.7

あらすじ

リはもうすぐ14歳。父親が失踪して以来、母親の桐子と二人暮らし。最近、お母さんに新しい恋人ができて複雑な気持ちになっている。さなは目覚めるとフェリーに乗っており、自分にかんする記憶がなくなっていた。彼女は船内で出会った女性、透子の家に住まわせてもらうことになる。 二つのストーリーは独特な構造を持つ一軒の同じ「家」の中で進行する。これはいったいどういうことなのか?映画史上、誰一人として思いつかな…

リはもうすぐ14歳。父親が失踪して以来、母親の桐子と二人暮らし。最近、お母さんに新しい恋人ができて複雑な気持ちになっている。さなは目覚めるとフェリーに乗っており、自分にかんする記憶がなくなっていた。彼女は船内で出会った女性、透子の家に住まわせてもらうことになる。 二つのストーリーは独特な構造を持つ一軒の同じ「家」の中で進行する。これはいったいどういうことなのか?映画史上、誰一人として思いつかなかった、特異で甘美な室内劇。

「わたしたちの家」に投稿された感想・評価

一般人

一般人の感想・評価

3.8
一つの家で二つの物語が接続する。
投げられた花瓶の放つ妖艶さにうっとりした。
イワシ

イワシの感想・評価

3.7
ふたつの異なる時間の連結が描かれる後半のスリリングさ。

ラストの箱が開けられる瞬間に『キッスで殺せ』の記憶を重ねてしまい、こういうのはできるだけ控えたいと思った。
はじめ

はじめの感想・評価

3.4
女の子が、とにかく可愛い。特になんか謎の組織と関わってる子(プロの役者ではないのかな)。
レトロフューチャーでオシャレでメタっぽい感覚(と音楽)は、瀬田なつきに近いものを思わせる。
普通に面白かった。
nana

nanaの感想・評価

-
二つの時間が接続される瞬間に鳥肌が立って、観た後しばらくボーっとした。
とにかく自分はすごいものをみてしまったんだという気分!
今までカットが変わるときに時間と空間を飛び越えることをなんの気なしに見ていたけど、これを観て初めて、カットが変わるということを意識した気がする。
最後の屋内のシーンなんかは映画ってこんな表現ができるんだ、こんなことアリなんだって改めて気付かされた。
登場人物のどのエピソードもきっと関係ない、あの人達じゃなくてもきっとよかったんだなこの映画、って観てしばらく考えてからふと思った。できることならもう一度観たい!
tori

toriの感想・評価

5.0
@名古屋シネマテーク

終盤一度だけ盛り上った
それ以外殆ど寝てた

評価5点は全てシネマテークに捧げる

名古屋シネマテークとは
名古屋から地下鉄で5駅目
突然に現れるタイムスリップゾーン
思いっきりレトロな商店街
他のテナントも個性派揃い
重慶大厦をギュッとしたような雑居ビル2階に際立つシネマテーク

いすギコギコ
床ミシミシ
スクリーン高2m
今時見ないガラス張り映写機室
定員40名
類い稀なる大正ロマン映画館
映画そっちのけで写真撮りまくった

平日の昼間ということもあってか観客は5〜6人
存続が心配なので映画が好きな人は是非観に行って欲しい
「突然変異的に現れた天才映画作家劇場長編第一作」の惹句に偽りなし。
デヴィッド・リンチ『イレイザーヘッド』塚本晋也『鉄男』の如く清原惟監督にとっての第一作にしてα(アルファ)でΩ(オメガ)である最高傑作ではないでしょうか。
「ストーリー全体がマクガフィン」と言うフォロー先様の素晴らしい一言以上の感想は出て来ません。
あの家はパラレルワールド的解釈も出来ますが、そうではなくてやっぱり二つの物語は完全に同時進行で若しかしたら「シュレーディンガーの猫」の箱の中を覗くとこんな世界になってるのかな、と思いました。
ausnichts

ausnichtsの感想・評価

2.5
ふたつの物語がどういう関係なのかとか、どうつながっているのかということを考えてもあまり意味がありませんし、それを伝えたい映画ではないように思います。

たとえば家にいて、ふっと何か今ここのものではない音が聞こえたりする感覚は誰にでもあります(ないか?)ので、そうしたところから発想された映画なのかなと思いますし、その音は過去(の住人)からのものかも知れませんし、未来から来たのかも知れませんし、あるいはまったく違った次元が存在しているかも知れないと考えたりすることは物語を生み出す上でとても重要なことだと思います。

と思って見ていたのですが、違っていたようです(笑)。

http://www.movieimpressions.com/entry/2018/04/10/172105
意味はわかんないのに、先が気になるって思わせ続けるってすごいよね。アート作品っぽさはあるけど、スカしてる感じでもないし、密な感じもしない。絶妙にちょうどいい塩梅にいろいろ配置されている感じ。

じゃんけんのシーンとか好き
説明がないし、謎解きもない。
わからないが、ラストはスリリングで面白い。
タイトルが「わたしたちの家」だけあって家が古民家風でむちゃ良い感じ〜。扉で空間を仕切るショットたちも良い〜。ただ盛り上がるべきところで上がり切れなかった感があるのとちょっと文芸臭いな〜
>|