ナイスガイズ!の作品情報・感想・評価

ナイスガイズ!2016年製作の映画)

The Nice Guys

上映日:2017年02月18日

製作国:

上映時間:116分

3.7

あらすじ

「ナイスガイズ!」に投稿された感想・評価

ラッセル・クロウ、ライアン・ゴズリングを抑えて今回の主役は娘、ホーリーを演じた彼女です。
ストーリーは王道でした。
S先生

S先生の感想・評価

3.4
酒浸りでどこか抜けてる私立探偵マーチとその娘のホリー、冷静で腕っ節の強い示談屋ヒーリーの3人が、アメリカ自動車産業を巡る陰謀の解決に奔走するアクション・コメディー。

ライアン・ゴズリングとラッセル・クロウが主演ということで鑑賞してみました。

70年代のロサンゼルスを舞台に、終始ポップで笑いどころ満載なため気楽に楽しめましたが、探偵物、アクション物として観るとハラハラ感が今ひとつ足りず、若干物足りなさを感じてしまいました。
ただコメディー物としては結構笑えるシーンが多くて面白かったです。
マーチの〝嗅覚のない探偵〟という皮肉の効いた設定に笑い、色んな場所から落ちてしまうけど案外ピンピンしているマヌケっぷりにも笑ってしまいました。

父親とは違い、しっかり者の娘ホリーを演じるアンガーリー・ライスがとてもキュート。
やたらとコミカルな役を演じるライアン・ゴズリングも気に入りました!
ラマ

ラマの感想・評価

3.5
ラッセル・クロウは
お腹周りがふっくらしてたけど
相変わらずタレ目でした。

ミッションインポッシブルを見た後だったので2人のダメダメアクションに笑ってしまいました。

意外と死んでる人多いけど
グロさもなく面白かった!!
続編とかあるのかなー、、
ないか、、
RyoMiyoshi

RyoMiyoshiの感想・評価

4.0
ライアン・ゴズリングを初めていいなと思った
娘役の子 かわいい
Cherry

Cherryの感想・評価

4.0
ライアン・ゴズリングが抜けてる役なの珍しい。ラッセル・クロウってあんまり見たことなかったけど渋くてかっこよかった。ストーリーもテンポが良くて笑いたいときにもってこい。

このレビューはネタバレを含みます

ライアンゴズリング×ラッセルクロウの探偵物コメディー、どちゃどちゃ良かった

レビューに多いようにキャラがいい

娘役もいい

トムクルーズの"飛ぶアクション"に対して"落ちるアクション"という新しいジャンル

LALALANDパロディかなあと言うエッセンスがたくさん入っていたけど、公開時期は一緒だったとのこと、対比が面白かった

「10年後には日本製の電気自動車が流行る」っていう壮大な社会風刺オチも笑えた
(ララランドもプリウスだらけだったしなあ)

総じて最高だった
笑えるシーンが多くて好き!今回はライアンがぶっ飛んでる役で面白かった!こーゆう感じの映画はすごく好み!
ハードボイルドとは程遠いお茶目な探偵バディ映画だった。
マヌケでチャラい探偵と、寡黙で暴力的な男とのコンビが小気味よくて気持ちい。そこに13歳の娘も加わっての会話はずっとニコニコして見られる。
ラッセル・クロウの演技がとにかく渋い!かっこいい!
周りのモブはバタバタ死ぬけど、主人公たちは何やっても無傷なあたりにギャグ漫画感がある
紅孔雀

紅孔雀の感想・評価

5.0
超絶大傑作。
アメリカでもまだこんなに洒落た作品を作れるんだ!と嬉しくなりました。待ち望んだスクリューボール風味(1930〜40年代ハリウッドで流行のコメディタッチ。突飛な行動をとる人物が多数登場するのが特長)のユーモア・クライムミステリです。
舞台は1970年代のロスアンゼルス。この時代設定が、本編最大の謎解きに関わってくるあたりは、上質な本格ものとも言えます。
2人のバディもご機嫌。アル中探偵ゴズリングは酩酊状態でも推理力は健在。言い間違いが多く、ヒトラー・ギャグでも笑わせてくれます。相棒の示談屋クロウは、有無を言わさずに暴力を振うマッチョマン。ただゴズリングの娘ライスにはヨワく、その言に素直に従う意外性が魅力です。もちろん、愛らしいライス嬢も大活躍。ポルノ映画も平気で見るし、機転を利かしてダメ親父たちの危機も救います。チョイ役の登場人物達にも目配り充分。例えば娘の友達ジェシカは、気絶したヒロイン・アメリアを前に「ぶん殴れば?」なんて物騒なことを言ったりします。
我が愛する閨秀ミステリ作家にクレイグ・ライス(1940年代に私立探偵マローンものが大人気で「タイム」誌の表紙を初めて飾ったミステリ作家)がいるんですが、まさにそのブラックなユーモアが映像化された思い。“地獄の業火でタバコの火をつける”と評されたライスの哄笑が画面から聞こえて来るような気がしました。
編集で圧縮(?)したせいか2〜3度見直さないと分からぬところもあるんですが、これだけ頑張ってれば目をつぶってもいいかも。もう満点つけちゃいます‼️
かわぐ

かわぐの感想・評価

3.0
ラッセルクロー,ライアン・ゴズリング.示談屋とシングルファーザーの探偵との凸凹コンビ.一つのポルノ映画関係者が次々と殺されていく.

キャラクターが良い.ゴズリングはさすが.子供に悪い人間と言われて急に切れ者になったりアホだったり.伏線も多いのだけど落ちがいささかしょぼかった.アメリアの想像通りやん.なにかしらのどんでん返しがないと駆け回った挙げ句やっぱそうでしたはいかがなものか.
つまらなかったってほどでもないけど面白くもないなーくらい.
>|