ビッグ・リボウスキの作品情報・感想・評価

「ビッグ・リボウスキ」に投稿された感想・評価

モブに至るまでの登場人物全員が面白くて狂ってる。

やっとコーエン兄弟の作品を楽しめるレベルまで到達したってことかな。昔観たときはわけわかんなすぎて、ギャグもあまり笑えなかったのに。

主人公はうだつの上がらないおっさん。コイツがまともに見えて中々狂ってる。友人は何かとつけてベトナム戦争ばかり持ち出してくる男。コイツもやっぱり狂ってる。でも自由なコイツらの姿が羨ましいというか、もうカッコイイ。

登場人物が皆過激でイカれてるからすっごい壮絶に見えるけど、話自体は地味でテンポも良いわけではない。ホントにキャラクターだけで魅せきった作品。もっとコイツらの物語を観たかったよ。
uuu

uuuの感想・評価

3.0
ノリがいまいち合わなかったけど面白かった

ベトナム戦争脳のおっさんの暴れっぷりと、妊娠しやすいポーズ取る女に笑かされた
バカバカしい映画観たいなぁと思って、
以前勧められたので鑑賞。

本当に随所随所くだらない(笑)
これ意味あんの?みたいな場面の数々。
めちゃくちゃ笑えるんだけど....

基本はハードボイルド映画なのだが、この映画はそんなの二の次みたいに、事件自体はあっさり解決してしまう。

主人公のデュードはニートで毎日マリファナ吸ってて、酒飲んで、パジャマみたいな格好で外出して、ボーリングするどうしようもないクズ。
常人には理解不能なイカれた人たちが、交わることで訳が分からないことが次々と起こるんだけど、本人はあんまり動じず、その場その場の状況をなんとなく受け入れている。「まぁ、俺の出来る限りはするよ。無理ない程度にね」的なスタンス(笑)
主人公は情けないし社会的には底辺かもしれないけど後ろめたさがなく、好きなことやって、ボーリングする仲間がいて、人生に窮屈さを感じてなくて、気楽で楽しそうなんだよな...ちょっとカッコよくも見えてきたり。


ただ、そんな彼がパートナーであるベトナム戦争の過去に囚われた右翼バカの痛い友人に「昔の方が良かったよなんて、くだらないこと言うなよ!」的なことを言ったのは印象的だったな。

小ネタを楽しめたり、登場人物が愛らしくなってきたら面白いけど、賛否分かれそうな映画だなぁ〜。
すい

すいの感想・評価

2.5
ご飯食べながら観るべきじゃなかった〜!笑

スメアゴルの人が出てた!
ジンボ

ジンボの感想・評価

4.5
コーエン兄弟の中で一番好きな映画!
もう何回も見てます。旧版DVDを持ってますが、字幕は旧版の方が圧倒的に良いです。新版の字幕は端折られてたりでこの映画の独特な空気感があまり伝わらないかと。
見終わった後はホワイトルシアンが飲みたくなる!
人生で最も笑った映画を挙げるならば、間違いなくこの映画が入るだろう。コーエン兄弟が傑作「ファーゴ」に続いて放ったのは、同作以上にナンセンスでおバカなハチャメチャな探偵サスペンス。まずこの映画最大の魅力は、キャラクターの妙だろう。まず主人公のジェフブリッジス演じるダメ人間 デュードのどうしようもなくだらしないルックスと、どこか愛らしい性格が、本作のカルト映画化を後押ししたと言えるだろう。そして脇役もとんでもない。ジョングッドマン演じるベトナム戦争に取り憑かれた右翼バカ ウォルターの状況を更にややこしくする奇行が一々爆笑を誘う。スティーヴブシェミ演じるドニーは、「ファーゴ」の時とは真逆の存在感の無いイジられキャラだ。彼の扱いが余りに悪いのが哀愁を誘う。そして、この3人が集まるのがボウリング場というのも何とも情けない。この3人のボンクラ達のアンサンブルの妙だけでも充分魅力的なこの映画は、ロジャーディーキンスによるアクロバティックな撮影によって更に観客を惹きつける。特に、ボウリングのレーンを転がるボールの視点のカメラや、アホらしくも壮大なボウリングミュージカルシーンは、非常に見事だ。西部劇でおなじみの干し草 タンブルウィードが現代ロサンゼルスに転がるOPも素晴らしい。まるで純度の高いコカインの様な、90年代特有の頭がクラクラするドラッギーな感覚を味わうなら最高の映画だ。間違いなくコーエン兄弟の中でも最高傑作に数えて構わない程の大傑作。
This film has a huge cult following for a reason, it’s a work of genius. It’s been awhile since I’ve seen it, maybe time to see it again.
吉田

吉田の感想・評価

5.0
ウォルターことジョン・グッドマンの「これがアメリカだ!」とでも言わんばかりのタフガイな振る舞いと台詞回しが最高。大好きな散骨シーンも含めてウォルターは本当に良いキャラクター。
何度も繰り返し観た映画だが改めて観返した際に監督のインタビューや他のレビューを読み、90年代のアメリカ風刺とアルトマンの「ロング・グッドバイ」からの影響があって...というので、サンプリングしてミックスしてそこにラップを乗せる、みたいなヒップホップ的なところが引用に留まっていないのも含めて実はこの映画めちゃくちゃ凄いことしてるんじゃないかと思ったり思わなかったり。
ノリがありますからのれないとしんどいですが、私はブシェミ好きなのでなんとか大丈夫でした。
minori

minoriの感想・評価

3.2
なんか面白い
いつのまにか巻き込まれすぎててかわいそうだけどなんか面白い
ロクデナシは利用されやすいから気をつけようと思います
>|