ビッグ・リボウスキの作品情報・感想・評価

「ビッグ・リボウスキ」に投稿された感想・評価

okapy

okapyの感想・評価

4.4
ジャケットは一見バカそうに見えるけど、、、蓋を開けてみればやっぱりバカだった!!ジョンソンてなんやねんwww 面白すぎるわい! わいは好きやぞ!!
moco67

moco67の感想・評価

4.3
居島一平さんが映画を語る『オリシネマ』にて本作をご紹介されていたので、観ました。全編通しての感想は、色彩が美しくてよかったというところ。

あとはどこの国でも、何をしてるかわからないけれど日々をご機嫌に暮らしている男性がいるんだなという、あるあるで楽しめました。
だらしない大人たちの人間喜劇なのに、妙に作り込まれたストーリーとかセリフがおもしろい。
ドラマチックな大逆転とかもないし、情けない大人は情けないまま。
それでも物語は進むし、なんやかんや楽しみながら生きていく。
3作くらいしか観てないけど、コーエン兄弟らしいなーって言いたくなっちゃう。
好きな人はめっちゃ好きだけど、退屈に感じる人はただ退屈なだけだろう。
個人的には呆れ笑いしながらもデュードを大好きになってたので、ラストのあいつのセリフにやられた。
hiro

hiroの感想・評価

3.4
くだらないけど面白い。
ジェフブリッジスの汚いサーファーっぽい服装嫌いじゃないな。
jamesperseっぽい。
しゃと

しゃとの感想・評価

2.1
コーエン兄弟のドタバタ、ジャンルがコメディの棚にあったけど、シュールなヒューマンドラマ。
コーエン兄弟ってジャンルだろもう。

誘拐事件が中心にあるようで、それに関わるロサンゼルスの変な人たちが濃すぎてストーリーがどうでも良くなる、というかオチはなんだったんだ。

まるで成長しない小汚いオッサンが主人公で、演ずるジェフブリッジスのカッコ良さ全消しというカルト映画。バスローブに短パンていうファッションに親近感を覚える。

終盤の三人が活躍する所はコーエン兄弟の他の作品でも踏襲される展開だけど、やっぱオチはなんだったんだ。

SFをパロったようなミュージカルパートは楽しかったけど、あそこはインターミッション的なものなのかな、一度見て何を暗喩してるのか理解はできませんですた。

エスプリとジョークを織り交ぜた意味のない長い会話はタランティーノ映画ぽいが、かといってタランティーノほど静と動が徹底していないので、映画としては面白みに欠けたので、この点数。
観客をわざと不快にさせるのを意図してそうな演出、感情が高ぶって同じ台詞を三度は言うなど、IQ低そうな人々のフラストレーションをよく描いていますな、と。
ロッキー・ホラー・ショーとかに近い、マジメに筋を追って観ることの方が間違ってる映画だった

一体なんだったんだ、と時間を飛ばしたい日のお昼にテレ東でたってるなら観るかもしれい、不思議な映像トリップ。で、オチはなんだったんだ
あまり良くない人生ですが、何があろうとも人生は続いていくという部分にはとても共感が持てました!
マイオールタイムベスト10には必ず入るほど好き♡ってか大好き(((o(*゚▽゚*)o)))♡人生ツラくなった時に観るので、その年に観た回数で自分の凹み具合のバロメーターが測れる。とりあえず今年はまだ観てない。とにかくこれ観ながらホワイトルシアンをガブ呑みが最高で、すぐにデュードみたいな体型になれるよオススメ〜( ̄◇ ̄;)です
自堕落な男Dudeがひょんなことから事件に巻き込まれていくドタバタコメディ。
無駄によく練られた脚本と言われているけど、ダラダラと仲間達と酒を飲みながらボーリングをしているお気楽な雰囲気の中に誘拐事件を織り交ぜることで緩急をつけて映画の中にグイグイ引き込んでいく絶妙な脚本だった。
そしてDudeの服装はだらしないのにカッコいい。
好きなお酒がホワイトルシアンってとこも似合ってる。
しうち

しうちの感想・評価

4.0
『パルプ・フィクション』を彷彿とさせる面白さ。
大した意味はないのに無駄に練られた脚本、血の通ったキャラクター、本筋と関係ないところでのブラックジョークで2時間ずっとニヤニヤできる。ボンクラな主人公が偶然の出来事に振り回される系の映画は何も考えずに観れるからいい。
とろろ

とろろの感想・評価

3.8
まさしくコーエン兄弟映画という感じ?
毎回合わない気がすると思いつつもこのゆるい雰囲気と本筋に関係ないシュールなギャグが面白くてつい最後まで見てしまう。
>|