ビッグ・リボウスキの作品情報・感想・評価

「ビッグ・リボウスキ」に投稿された感想・評価

Albert

Albertの感想・評価

5.0
オールタイムベスト

人生で赤ちゃんの時より笑ったのはこの映画を初めて見たときだけよ
家族からは不評だったけどね。
KoRn

KoRnの感想・評価

4.4
めちゃくちゃ笑えた🤣
小さな問題がだんだん大きく複雑になるストーリーは「ファーゴ」「バーンアフターリーディング」のように、これぞコーエン兄弟の面白さ!と言った感じです。大好き!
日本語吹き替えも豪華でした👍
何回も観たくなる映画でした👍
J四郎

J四郎の感想・評価

4.2
コーエン兄弟のコメディ映画。
ジェフ・ブリッジス演じるデュードというヒゲのオッサンは、同名の金持ちに間違えられ、やがて誘拐事件に巻き込まれていく。この人らの作品らしく捻りと皮肉の効いた脚本が魅力的です。

先月観た「アベンジャーズ・エンドゲーム」でリボウスキネタが出てきた。懐かしく思い久しぶりに鑑賞。「ファーゴ」ほどじゃないけど、この映画けっこう好きなんですよね。まず出てくる俳優がクセのある人ばかりで、一度顔を見たら忘れないような面子が揃っております。

繰り広げられるドタバタ劇は不条理かつブラックなギャグ満載。コーエン兄弟だから、恐らくコレには90年代のアメリカへの風刺も込められてるんだろうけど、そこは個人的にあんまし興味が無い。とにかく出てくるキャラが濃いマヌケなヤツらばかりで、実に楽しい。
設定やネタにも緻密な伏線と回収があり、それも実に見事な出来栄えです。

主役らはヒマさえあればボウリングをしている。彼らのフォームはやたらキレイです。それにしてもあのボウリング場、手入れが行き届いていてレーンコンディションも実に良い!あんなトコで投げてみたいな~と昔ハマった身としては羨ましく思うのです。劇中でもボウリングネタ満載。

この作品は公開当時でも賛否両論あり、「ファーゴ」以上に何が面白いか分からん!って人が多かった記憶がある。いまではカルト映画のひとつに数えられてるんで、誰でも楽しめる映画じゃ~ないだろうねぇ。
鱒男

鱒男の感想・評価

2.6
カルト的人気!というのとスティーヴブシェミを楽しみに視聴。

面白いけど、期待し過ぎたかなー?カルチャーが理解できると楽しいのかも。ミリオタ的なおっさんには、おいおい...という感想しか....
『インヒアレント・ヴァイス』からの流れで。壮大ななんじゃこりゃシリーズ。

変なタイミングでいろんな人が絡んできて、その人が重要だったりなかったり、思ってもないところで転機があったり。

ヒーロー映画みたいなご都合とかコレが正義!みたいなのじゃなくてずーっとグダグダして感じが、まぁ人生ってそうよなって思える。「どうでもいい会話」をめちゃ精巧につくってるのが最高。

ボーリングの球持って空飛んでるシーンは、ただただマイティソーにしかみえへん😂
maro

maroの感想・評価

3.5
アベンジャーズ・エンドゲームで引用されていたので鑑賞。
コメディ色が強いけど、全体的に倦怠感が漂っており、どことなく切なさを感じる。
コーエン兄弟らしいといえばらしいのか?
Kirisshy88

Kirisshy88の感想・評価

4.1
強盗から、同姓同名の資産家に間違われたために、とある誘拐事件に巻き込まれてゆくプロボーラー。ミステリーとして最後の主犯に辿りつくまでのテンポ、映画の中での情報量、展開がほどよい。途中に時折挿入されるシュールレアリステックなシーン(主人公がボーリング玉になる夢や画家の制作風景)も良い。
ずっと笑ってた。みんなどこかがへなちょこ。お風呂で鯨の歌を聴いてるところが何故かめちゃくちゃにツボった、そこで殴り込まれるし
いつ面白くなるんだろう、どこで笑えるんだろう、と思っているうちに終わってしまいました。
何ヶ所かはクスッとできるシーンはありましたが…

わたしには単純なコメディが合うようです。
日常には決してない新しい種類の笑い。
ジョン・グッドマンのせいで何もかもうまくいかない。
アベンジャーズエンドゲームでは髭ボサボサのソーにトニーがリボウスキ呼ばわりしてて笑った。
>|