COP CAR コップ・カーの作品情報・感想・評価

COP CAR コップ・カー2015年製作の映画)

Cop Car

上映日:2016年04月09日

製作国:

上映時間:86分

3.4

あらすじ

こっそりと家を抜けだしたふたりの少年、トラヴィスとハリソンは、互いにふざけ合いながら野原を歩き続けていた。やが て人気のない空き地へとたどり着いた彼らは、乗り捨てられた一台のパトカーを発見する。車にキーが付けられたままだと 気づいたふたりは、早速パトカーを乗り回す。やがて田舎道をドライブしていた中年女性ベヴが、パトカーで爆走する少年 たちを目撃する。仰天した…

こっそりと家を抜けだしたふたりの少年、トラヴィスとハリソンは、互いにふざけ合いながら野原を歩き続けていた。やが て人気のない空き地へとたどり着いた彼らは、乗り捨てられた一台のパトカーを発見する。車にキーが付けられたままだと 気づいたふたりは、早速パトカーを乗り回す。やがて田舎道をドライブしていた中年女性ベヴが、パトカーで爆走する少年 たちを目撃する。仰天した彼女はすぐに警察に通報するが、誰にも信じてもらえず、いら立ちを募らせる。 一方それより少し前のこと。保安官ミッチ・クレッツァーは、パトカーのトランクから死体を引きずり出し、地面に掘った 穴に放り込んでいた。ようやく死体を処理したクレッツァーは車のもとに引き返すが、先ほどまであったはずのパトカーが こつ然と姿を消しているのを目にし呆然とする。何者かに車が盗まれたと気づき焦る彼だが、まずは森を出て街へ戻る手段 を見つけなければならない。どうにか車を盗みだしたクレッツァーは、街へ戻ると警察無線を探り当て何喰わぬ顔で通信指 令部に連絡をとる。冷静さを装い自分の失態を隠そうとする彼は、指令部との会話から自分の車に起きた事実を知る。怒り に燃えたクレッツァーは、無線を使い、無謀な盗人たちに今すぐ自分の車を返すよう警告する。 その頃、車のなかで見つけた銃や防弾チョッキで遊んでいたトラヴィスとハリソンだが、やがて無線から聞こえるクレッツ ァーの声に、事の重大さを思い知らされる。

「COP CAR コップ・カー」に投稿された感想・評価

七坂

七坂の感想・評価

2.9
俺のパトカーを返せ

個人的には期待外れ。
パトカーを盗んだクソガキを追う警察官という構図もいかにも間抜けで面白いが、これをもってしてブラックジョークというのは無理があると思う。
アホだなぁ、と思うシーンは確かにあるが笑うと言うよりも呆れてしまう感じ。少年の成長物は好きだけれど、その成長にしたって微妙。彼らは手痛い失敗を被る事で、状況を考慮してそうしなければならないからそうしているだけだ。地味だから駄目という訳ではなくて、成長の根本的な理由に今回の一件がまるで関係ないというのが 結構気になった。
こうした一発ネタを約一時間半の尺に伸ばして映画の体を成していることはB級の好きな所でもあるのだが、それにしたってドラマ性に欠けているのではないかと思った次第です。
八木

八木の感想・評価

4.1
 子どもが馬鹿やって、それを押し通していく話が受け付けない気質なので、終盤からラストにかけての展開は気分を落ち着けるのにちょうど良かった。もっときつくてもよかった。関係ないが、僕がコナンを受け付けないのは「調子乗ったガキがずっと調子乗ってる」という内容の最たるものだからかもしれない、と見ながら考えてた(本当に関係ない)。
 大人たちは結局何をやっていたのか、子どもの視点で描かれる場面が多いので、よくわからない。もっと言えば、子どもが何をやってこういう話になっていったのかも、詳しくはよくわからない。が、始まりはよろよろと盗んだパトカーを運転するところから始まり、浅はかの極まった軽犯罪から、最後は目的を持ってアクセルを踏み込んでいて、こりゃ良いジュブナイルじゃないの、と思うことができました。
 そこに細い体と長い手足でバタバタ焦りながら、取り繕ったり脅してみたり、工作するケヴィン・ベーコンがコメディ的にしっかり面白く、重めの緊張感もあって、ストーリーの細部が明確でない分は演出で間をもたせることができてたと思いました。時間が短いのも良かったです。音楽のつけかたはわかり易すぎたような気がしました。
最後までどんなテンションで観たらいいのかわからんかったけど、がきんちょが凄くがきんちょだったのは良かったです。
くらげ

くらげの感想・評価

4.0
ケヴィン・ベーコンかっこよすぎてびっくりしました。

個人的にはかなり好きな一作です。
Tokou

Tokouの感想・評価

3.2
警官が凡ミスのような事で弱冠斜めに転がっていってしまう。登場人物は少なく内容も簡素であるものの、飽きずに見れた。滑稽さが目立って面白いと思う。
まな

まなの感想・評価

4.1
コップンカーじゃないです。

コップ・カーです。

子供のイタズラ系とミスタービーンの映画はなぜにこんなにハラハラするのか。

え、ウソでしょ!?辞めてそんな事!
いやー!見てられない。・°°・(>_<)・°°・。

の連続です。

視聴側の感情移入の先が小さな子供というのは
本当にドキドキします。
子供たちが悪徳警官のパトカーを盗み、もう手汗握るイタズラの連続です。

かなり楽しめましたが、近代の映画にありがちなラストのシナリオが自分はやはり好きになれないので少しマイナスです。
それ以外は総じて良いです。
以下の監督好きな方にもおすすめ
ケイドロ映画にしましたって感じ。パッケージの重厚感は本編に一切なし
kaz

kazの感想・評価

3.5
悪ガキ2人がパトカーを盗んで、保安官に追われる話…と思っていたら、意外と思っていた感じとは違いました。
いや、もちろん基本的にはそういう話ではあるのですが、割とユルいと言うか何と言うか…

とにかくパトカー盗むまで結構ダラダラしていて、無駄と思えるシーンも多々ありますが、少年たちのパートは古き良き青春映画を観ているようで良きです。
そもそも冒頭一発目のセリフが「チ◯コ」なんて斬新な入り方の映画初めて観ましたよ。(笑)

そして一方の悪徳保安官ケヴィン・ベーコンですよ。(役名忘れた)
コチラも悪徳と言うよりかはコミカルでマヌケっぽさが目立ち、微笑ましいほど。(笑)
そしてまたしても時間惜しくないのか?と思えるほどの、一見すると無駄なシーンが多いです。

観た方なら分かると思いますが、靴ヒモのシーンなんて執拗過ぎなんですけど、秀逸と呼べる代表的なシーンですね。(笑)ずっと観ていられますよ。

かと思えば人物の背景だったり、ストーリーに関しては示唆して臭わす程度で、あまり多くを語ってはくれません。
この時間の使い方のアンバランスさがクセになるようなタイプの映画だと思います。

ハラハラドキドキを期待していると、ちょっと違うかもしれませんが、コレはコレでなかなか楽しめる作品ではありました。(^^)
ケビンベーコンは地球のヒーロー?
いいや今回は性根が腐った警官です!

運悪くクソベーコン警官のパトカーを盗んだ青春真っ只中の少年2人組!パトカーには見られてはいけないモノしかなく市民にも警官にも頼れない悪徳警官vsクソガキのリアルケイドロ映画になってる!
YukiYamada

YukiYamadaの感想・評価

2.0
家出はやめましょう。
軽くコメディだと思うなこれは。

そして、この子達ケヴィンベーコン指数1とは羨ましいなあ。笑
>|