COP CAR コップ・カーの作品情報・感想・評価

COP CAR コップ・カー2015年製作の映画)

Cop Car

上映日:2016年04月09日

製作国:

上映時間:86分

3.4

あらすじ

こっそりと家を抜けだしたふたりの少年、トラヴィスとハリソンは、互いにふざけ合いながら野原を歩き続けていた。やが て人気のない空き地へとたどり着いた彼らは、乗り捨てられた一台のパトカーを発見する。車にキーが付けられたままだと 気づいたふたりは、早速パトカーを乗り回す。やがて田舎道をドライブしていた中年女性ベヴが、パトカーで爆走する少年 たちを目撃する。仰天した…

こっそりと家を抜けだしたふたりの少年、トラヴィスとハリソンは、互いにふざけ合いながら野原を歩き続けていた。やが て人気のない空き地へとたどり着いた彼らは、乗り捨てられた一台のパトカーを発見する。車にキーが付けられたままだと 気づいたふたりは、早速パトカーを乗り回す。やがて田舎道をドライブしていた中年女性ベヴが、パトカーで爆走する少年 たちを目撃する。仰天した彼女はすぐに警察に通報するが、誰にも信じてもらえず、いら立ちを募らせる。 一方それより少し前のこと。保安官ミッチ・クレッツァーは、パトカーのトランクから死体を引きずり出し、地面に掘った 穴に放り込んでいた。ようやく死体を処理したクレッツァーは車のもとに引き返すが、先ほどまであったはずのパトカーが こつ然と姿を消しているのを目にし呆然とする。何者かに車が盗まれたと気づき焦る彼だが、まずは森を出て街へ戻る手段 を見つけなければならない。どうにか車を盗みだしたクレッツァーは、街へ戻ると警察無線を探り当て何喰わぬ顔で通信指 令部に連絡をとる。冷静さを装い自分の失態を隠そうとする彼は、指令部との会話から自分の車に起きた事実を知る。怒り に燃えたクレッツァーは、無線を使い、無謀な盗人たちに今すぐ自分の車を返すよう警告する。 その頃、車のなかで見つけた銃や防弾チョッキで遊んでいたトラヴィスとハリソンだが、やがて無線から聞こえるクレッツ ァーの声に、事の重大さを思い知らされる。

「COP CAR コップ・カー」に投稿された感想・評価

出てくるオトナが全員間抜け!

好奇心でクルマを盗むガキは、いつ何処の国だろうがいるけれど、まずは死体を捨てに来て、鍵付けたまま車を、置いてる警官ってのがダメ!www

こういうダメな悪党の役とかやらせるとケビン・ベーコンってバッチリです。

子供がパトカー盗んで、かつその相手が実は悪党だったとかその設定は中々面白い。
Akiya

Akiyaの感想・評価

3.5
序盤のストーリーからは想像つかない展開。ド派手な演出はないが、おもわず見入ってしまう。
演技と小物使いで仕立て上げた
ウェルメイドな良作ですね!!
コップンカ〜
登場人物も少なく、あまり観たことのないシチュエーションの映画でしたが、最初から最後まで飽きずに観れました。なるほど!のようなオチはないが、観ても損はない作品だと思われます。基本採点は甘め甘め。
ここ数ヶ月は精神的に非常にしんどく、映画を遠ざけていたのだが、なんとかゆとりが持てるようになったので、この度復活。この調子でいつまでも映画を楽しく観られればよいのだが…

まあ久しぶりに映画を観るので、俺たちのケヴィンベーコンしかない!ということで本作をチョイス。当初予想していた内容では無かったのが嬉しい驚き。タンクトップで野原を走り回るベーコン、子供から無線が来てちょっと喜ぶベーコン、でもヤクを吸ってるから呂律があまり回っていないベーコン。ベーコンを楽しむという点でこんなに素晴らしいものはない。正直ジュブナイルものはあまり好きではないのだが、この監督は子供(特に思春期特有の大人と子供の狭間の世代)の描き方がすごく上手いので、イライラせずに楽しむことができた。クライマックスにえげつないアクションシーンなどは一切ないが、それを含めてこの作品の独特の世界観を演出しているのではないかと思った。流石信頼出来る男、ケヴィンベーコン。
ニコ

ニコの感想・評価

3.9
子供の無事を願いつつ、
ベーコンさんの悪事がバレないかヒヤヒヤしつつ、
シンプルだけど見入ってしまう!
よしお

よしおの感想・評価

3.9
一発目ベーコンさん激しぶ!かっこいー!
からのあの走り!
ありがとう、もう好き。
そしてイラつきまくってるお姿、好き。
笑顔も好き。
これはベーコンさん愛でる映画か?
今まで全く好きじゃなかったのに、何これってな感じです。
内容もシンプルで面白かったです。
何か期待して観たらダメだと思う。

このレビューはネタバレを含みます

PG-12のクライムサスペンスという事で期待して観ましたが… のっけからポエム的展開。。

枯草な野原、汚い言葉を発しながらトロトロ散歩する小学生男子2人
ある程度分別付きそうな年頃なのに、車盗んで銃撃とうとして、とにかくガキ臭く頭が悪い。

よく分からない悪人、よく分からないけど起きる銃撃戦、よく分からないけど殺されるおばちゃん…

ガキのワクワク青春ワル武勇伝と大人の犯罪をミックスした作品。この映画の教訓は、ヘタレ男子が悲惨な経験・親友の大怪我を経て、スピード違反が出来るようになったていうこと…??(そのまま死にそうな運転テクニック)

車爆走させてもほとんど人や車、建物もないのが一番の恐怖(退屈)
もし全員死んだら驚きもあるけど、特に驚きもなく終了。

とにかく眠ってしまいそうなローテンポ、延々と同じ枯草背景、1.5倍速で観ました。
最初パトカーから降りてきたケヴィン・ベーコン渋すぎた!でも走り出したらおっちゃん感…笑笑

パトカーで遊ぶ2人すごい楽しそうだった。
ストーリーが単純というかシンプルすぎて逆に引き伸ばしすぎというか、途中飽きちゃいそうになった。でもあのドキドキ感がギリ飽きないようにしてくれた。

もっと警官とトランクに入ってた人との関係とか、本部の人が映る場面とか描いて欲しかった。
面白かったけどもー見ないかなって一作。
追いかけられたり、銃口突きつけられるのが子どもだから見ててとてもヒヤヒヤする。
ケビン・ベーコンの保安官いいキャラしてる。
>|