COP CAR コップ・カーの作品情報・感想・評価

COP CAR コップ・カー2015年製作の映画)

Cop Car

上映日:2016年04月09日

製作国:

上映時間:86分

3.4

あらすじ

こっそりと家を抜けだしたふたりの少年、トラヴィスとハリソンは、互いにふざけ合いながら野原を歩き続けていた。やが て人気のない空き地へとたどり着いた彼らは、乗り捨てられた一台のパトカーを発見する。車にキーが付けられたままだと 気づいたふたりは、早速パトカーを乗り回す。やがて田舎道をドライブしていた中年女性ベヴが、パトカーで爆走する少年 たちを目撃する。仰天した…

こっそりと家を抜けだしたふたりの少年、トラヴィスとハリソンは、互いにふざけ合いながら野原を歩き続けていた。やが て人気のない空き地へとたどり着いた彼らは、乗り捨てられた一台のパトカーを発見する。車にキーが付けられたままだと 気づいたふたりは、早速パトカーを乗り回す。やがて田舎道をドライブしていた中年女性ベヴが、パトカーで爆走する少年 たちを目撃する。仰天した彼女はすぐに警察に通報するが、誰にも信じてもらえず、いら立ちを募らせる。 一方それより少し前のこと。保安官ミッチ・クレッツァーは、パトカーのトランクから死体を引きずり出し、地面に掘った 穴に放り込んでいた。ようやく死体を処理したクレッツァーは車のもとに引き返すが、先ほどまであったはずのパトカーが こつ然と姿を消しているのを目にし呆然とする。何者かに車が盗まれたと気づき焦る彼だが、まずは森を出て街へ戻る手段 を見つけなければならない。どうにか車を盗みだしたクレッツァーは、街へ戻ると警察無線を探り当て何喰わぬ顔で通信指 令部に連絡をとる。冷静さを装い自分の失態を隠そうとする彼は、指令部との会話から自分の車に起きた事実を知る。怒り に燃えたクレッツァーは、無線を使い、無謀な盗人たちに今すぐ自分の車を返すよう警告する。 その頃、車のなかで見つけた銃や防弾チョッキで遊んでいたトラヴィスとハリソンだが、やがて無線から聞こえるクレッツ ァーの声に、事の重大さを思い知らされる。

「COP CAR コップ・カー」に投稿された感想・評価

スパイダーマン:ホームカミングのときに、監督のジョン・ワッツがその前に撮った傑作というのを聞いて興味が湧いてて、ようやく観た。

オフビートな笑いが結構笑えたし、子供ゆえの行動なんかにハラハラした
特にケヴィン・ベーコンが演じる悪徳保安官が車を靴ひもで盗もうとして、めちゃくちゃモタモタするところは笑ったw

あの年で分からないなりに車を運転できてること自体に驚くw
まぁ基本まっすぐだし、なによりマリカーの力ですかね?w
(実際、現実にそういう事件もあったけどもw)

子供が主人公の作品のわりには結構残虐な描写あって意外だった(良かったところ)
その分、少年の成長に納得しやすく、最後のスピードメーターの数値に事前に「そういう描写するんでしょ」って分かってても胸が熱くなる

とは言っても、結局子供らも悪いよなって気持ちがずっとあるから、そこまででもなかったりするけどw

約90分でシンプルなストーリーなんだけど、ちょっと長く感じた(;'∀')
緊張感がずっと抜けん
子供の行動とか先の読めなさがめちゃよかった。
Netflix
Moxica

Moxicaの感想・評価

-
クソガキのリアルな馬鹿さと程よいファンタジー感。
ケビン・ベーコン&シェー・ウィガムの曲者俳優対決に現れるカムリン・マンハイムのダークホース感。

「ファック」って言わなかった子が“fuckin' sucks”って言った時はなんとも言えず感じ入ってしまった。
スギ

スギの感想・評価

3.8
スタンドバイミー感を感じました。
2人の子供の勇気がすごいと思いました。
自分だったら全部チキってる。
90分なので気軽に見れてオススメ!
鰯

鰯の感想・評価

3.8
マリオカート

まだ幼い悪友2人が見つけたのは、無人のパトロールカー(COP CAR)。キーも見つかり走らせてみるが、その持ち主は悪徳警官だった

この人がスパイダーマン撮ってるなら観なきゃいけないな、と思わせる魅力的な映画でした
オープニングから下品な言葉がまくし立てられ何事かと思いきや、少年2人が悪口の練習?のように話している。この辺りで2人の無邪気さとあどけなさ、強い好奇心が伝わる
設定から恐怖の追いかけっこかと思いきや、不思議な緩慢さが癖になる。ケヴィンベーコン演じる悪徳警官が、制服と車を奪われ無力になったさまはなかなかシュール。車がないことに気づいた瞬間の表情の変化がたまらない。その後は、必死で走ってなんとか車を入手するがこの辺も「ここをじっくり映すのか」というくらいテンポがゆっくり。その後も大事にならないようごちゃごちゃ手を打ちながら、なかなか少年らに近づけない。不穏さは終始漂いながらも何も起こらない。これだけねっとり見せられると、逆に突然何か起こるのではないかと終始緊張感が抜けない

少年らは、初めての車に無線にサイレンに終始楽しげ。こちらからすると怖いからやめてほしいことも平気で試してしまう。割と追い込まれてからも大人との温度差が目につく。こちらもなかなか何も起こらず、緊迫感は募るばかり

終盤も盛り上がるわけでもなく同じテンポで色々起こる。冒頭穴を突っついたヘビが会話にまた出てきたり、汚い言葉が自然とが出てきたりと変化も楽しめる
Masato

Masatoの感想・評価

3.8
想像と違ってて良い意味で裏切られてなぁ

古き良きアメリカ映画のような凝縮されたキャストと空間、
物語がはじまる前に何が起こったのか、その背景を観客に委ねてイマジネーションを煽る感じ、、
カッコイイ映画です!
Acne

Acneの感想・評価

3.8
子供が大人を舐めると怖い。
そんな映画でした。

無邪気とは言えパトカーを盗む子供が悪い。
絶妙にムカつく子供の配役が、また上手いなと感じました。

ケヴィン・ベーコンの鬼気迫る演技も良かったですね。

追う警察と追われる子供
単純な脚本ながら、意外と先の読めない展開などが面白かったです。

尺も短いのも良いですね。無駄がなかった。

緊張感の演出は素晴らしく、曲や間の使い方が素晴らしかった。
子供から見た、キレた大人の圧倒的 怖さが良く表現できていたと思います。

ラストの暗闇の緊急用のライトを照らしながら走っていくパトカーの画は、センスが光りまくっていてシビれました。
ゆう

ゆうの感想・評価

2.7
家出少年2人がパトカーをパクる。
そこから事件に巻き込まれる。持ち主の保安官がわりーやつ(ケビン)。
最初は車運転したり、銃をいじったりテンション上がってる家出少年達だが…

ちょっと退屈気味かな。
ヤンチャ盛りの少年2人がひょんな事からまさかのパトカーをパクって乗り回す!
そしてその持ち主はサイコな保安官というストーリー🚓💨

話の筋道自体は特別変化球のないストーリーやった!
ケビンベーコンの悪徳警官がしっくり😄
とりあえずトランクに拉致られていた2人(うち1名は既に死亡。)はなんだったのかの説明はなかったので関係はわからへんけど、、、😅

少年達には羽目を外した代償はかなり大きく返ってきたと観て思う、、。
ある種のスタンドバイミー🎵
意外とシュールなクライムサスペンス。ベーコンがThe悪徳警官の見た目で笑える。
クソガキ達の行動にハラハライライラしつつ、それに振り回される大人が滑稽。
>|