ジャスティス・リーグの作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

ジャスティス・リーグ2017年製作の映画)

Justice League

上映日:2017年11月23日

製作国:

上映時間:121分

3.8

あらすじ

2016年に公開され全世界で大ヒットした『バットマンvsスーパーマン ジャスティスの誕生』で映画史上最も激しい超人どうしの戦いが描かれ、スーパーマンの無私無欲な行動、そして彼の死により地球の安全は守られた。しかし世界が悲しみで包まれるなか、再び地球に壊滅的な危機が迫っていた─。表の顔は大富豪でプレボーイだが、陰ながら街を守るため孤独に悪と戦ってきたバットマン(ブルース・ウェイン)、人類に失望しそ…

2016年に公開され全世界で大ヒットした『バットマンvsスーパーマン ジャスティスの誕生』で映画史上最も激しい超人どうしの戦いが描かれ、スーパーマンの無私無欲な行動、そして彼の死により地球の安全は守られた。しかし世界が悲しみで包まれるなか、再び地球に壊滅的な危機が迫っていた─。表の顔は大富豪でプレボーイだが、陰ながら街を守るため孤独に悪と戦ってきたバットマン(ブルース・ウェイン)、人類に失望しその身を隠し、たった 1 人で生きてきたワンダーウーマン(ダイアナ)。“最強の男”スーパーマンと共に戦った2人は新たに迫る脅威に対し、人類を守るため“特別なチカラ”を持った超人を探し出し<究極のチーム=ジャスティス・リーグ>を結成する準備を始める─。

「ジャスティス・リーグ」に投稿された感想・評価

のら

のらの感想・評価

3.0
バットマンvsスーパーマンの直接の続編で、希望の象徴であったスーパーマン亡き後に迫った地球の危機に、バットマンとワンダーウーマンは超人能力をもったヒーローたちを集めることで対抗する。

先行しているマーベルは各キャラクターの映画を制作して段階的にアベンジャーズに繋げたため、アベンジャーズではキャラクターの簡単な紹介だけでいきなり話を開始する事ができたが、ジャスティスリーグはメンバーの6人中3人しか映画が作られていないどころか、シリーズ初登場という状態なために作品の大半をメンバー紹介とスカウトに費やす事になり話が中々進まない事になる。

また敵がボス以外全部モブな上に、肝心のボスもお使いレベルの敵なのでスーパーヒーローを集結させて戦うにしては役不足だし、それぞれの能力を生かして戦う場面が少なく見せ場が用意されてない。そしてなによりスーパーマンが強すぎて劇中のパワーバランスを崩してしまっている。

映像的には悪くないし何の特殊能力を持たないバットマンが地球を守るために能力者を集める話としてなら悪くないのが、集めたヒーローが協調して地球を救う話としては見せ場も尺も足りない為物足りなさしか感じない。映画そのものと言うより2本作った程度で集結映画を作るワーナー・ブラザーズの企画力のなさが目立つ。
ジン子

ジン子の感想・評価

3.8
それぞれの作品を観ていなくても、楽しめる作品。バトルシーンに迫力が見応えがあります。最初からバトルシーンが織り込まれており、これぞヒーロー映画という感じです。ストーリーも難しくなく、所々緊迫したバトルシーンの中に笑い要素も入っており退屈しません。

子供の頃ジャスティスリーグを
アニメでみていて
この中に人間がいるなんて思いもしなかったけど、
映画の世界のバットマンはやっぱりマン(人間)が強いね。

元旦に家族で。
楽しかった。

おもしろかったので、
観てなかったけどワンダーウーマン観ようと思った。
ちえ

ちえの感想・評価

4.0
ここ最近DC映画不発に終わってたけど、ここにきて当たりが出ました。好きでした。超人ながらみんな孤独。暗いながらもどうにか明るくさせようとしてる感じがDCっぽくてよかったです。あとエズラーミラーには頑張ったで賞をあげたい。
過去作スーパーマン対バットマンでのワンダーウーマン初登場シーン。あまりにも唐突な登場に全くピンとこず、「知ってる人にはたまらん登場なんやろなー」とスカしていた。

その落ちこぼれはその後、ワンダーウーマン単体作で英才教育を受け、今ではテーマソングが流れれば、つい右手を突き上げ叫びたくなるほどアガっちゃう身体になったのだ。

そんな単純超人であれば間違いなく楽しめるお祭り映画。

アベンジャーズシリーズ同様、まんまとこの流れに身を任せよう。
YUKIO

YUKIOの感想・評価

4.2
バットマン、相変わらず周りが強すぎて普通の人感出ちゃうのめっちゃ好きwwあとすぐ壊れる乗り物たちもw
金持ちスキル存分に出してますなー。

そんな中新しい仲間集めをしていくわけですが、それぞれキャラが濃いwアクアマンとか顔も濃すぎて、北村一輝にしか見えないw
さりげなく強いアーマー自作してるフラッシュと毎日のアップデートがすさまじいサイボーグは、かわいいからもっと仲良くしてほしい( *´艸`)

今までDCは暗いだのなんだの言ってたせいか、なんだかかるーい今作。いや、重いって言ってたけどそれが嫌だったわけじゃないんだよー…と言い訳しても今作は今作。どうしても比べてしまうマーベルとの差は今後の課題ですかね。なんだか近づいて行ってる気がするのですがww

アクションシーンは見ごたえたっぷりで大満足。前作ジャスティス誕生の冒頭にならないように広い場所で戦えてよかったねw気持ちよく観れました♪
Arion

Arionの感想・評価

4.3
ワンダーウーマンかっこいい。最高。
戦い方すごく好き。
スーパーマンが強すぎるのがとても残念
レオ

レオの感想・評価

3.6
テンポが良くていい意味で頭を使わなくても楽しめる作品。(難解さでメメントが10なら本作が0.5、…たぶん)
ただスーパーマン1人だけ能力設定が間違ってる気がするわ、ホンマ
Lavi

Laviの感想・評価

3.8
個人的にはクリスチャン・ベールが根強いので、ベン・アフレックのバットマンには期待ゼロ、マイケル・ケインやモーガン・フリーマンがいないとテンションが上がらない!と思ってたけど、それをカバーするメンバーの濃さ。

ワンダーウーマン
相変わらずの美しさ。モダンな服装からのあの衣装のギャップがたまりません。強さはもちろん周りへの配慮や優しさも頼もしく描かれてますね。

フラッシュ
彼の存在が良いアクセントになってる!頼りなさげでやるときゃやる。時に誰よりも頼もしく、今後の作品も楽しみ。

アクアマン
いや~、とってもいいです。好きですね。素晴らしい筋肉、隠れたエリート、ダイアナの鞭でペロッと出ちゃった本音が面白すぎる(笑) ツボなポイント多かった。

気づいたのは後になってからですが、海底のマザーボックスを守ってた人の中にアンバーハードが!何気に良かった。

スーパーマンのくだりは、前作を忘れかけてたので記憶を辿りながら鑑賞。ある程度流れを知っておかないと、楽しさは半減しそうなストーリー。
スーパーマンって、改めてイケメン、最強すぎるって実感。

とにかくそれぞれのキャラのバックボーンを知った上で見るべき作品!

今後の作品展開では、アベンジャーズを総合力で上まりそうに感じました。変にコメディ路線には入らず、DCぽさが減らないことを願う…

バットマンの時代が過ぎるのは寂しいけど仕方ないですね。
とりあフラッシュとアクアマンが楽しみすぎる~。早く次が見たい。
maya

mayaの感想・評価

3.0
年末観たがあまり記憶になし
アトランティスでのマザーボックスを巡った攻防戦が外に出てからちょっと良くなる
スーパーマンだけ桁違いに強くて笑ってしまう
>|