アクアマンの作品情報・感想・評価

「アクアマン」に投稿された感想・評価

ゆうら

ゆうらの感想・評価

2.5
ゴミCGのオナニー映画でした。

ストーリーもありがち、キャラクターもありがち、衣装・セットは安っぽい、ゴチャゴチャして何が起こってるのか分からないって感じ。

特にCGがひどく感じました。確かに水中での大規模CGはDCヒーロー映画でも経験が少なく難しいんだろうけど、全く水中にいるように見えない。動いたら周囲に水流ができないとおかしいのにそう見えない。戦闘中などにカメラアングルを激しく動かすのは低クオリティなCGの矛盾に気付かれたくない後ろめたさの現れだとすら思えました。「髪をゆらゆらさせて色んなところから泡出しときゃ水中でしょ」って考えてそうです。
あと波の荒い海を小さな船で航海するシーン、船が全然揺れてなくて笑いました。そもそも高速で水中移動できるのに船いりますか笑

海中のアトランティスの色とりどりな景観はキレイですが、色使いがどぎついし綺麗なだけで世界観にハマっておらず、綺麗な映像作りたくて後付でストーリー足した様なチグハグ感です。

また、シリアスなはずの戦闘シーンで突然ギャグシーンが入ったり、伝説の武器を手に入れてする最後の決闘が水上でのチャンバラだったり、ブラックマンタが全然ストーリーに必要なかったり、色々盛り込もうとして微妙になった映画でした。

節々にB級感が漂っていて5回位ホントにDC映画か?と疑ってしまいました。

迫力あるシーンは多いし、綺麗な映像や、奇妙なマシンデザインもあるので子供なら楽しめる映画だと思います。

DCには頑張ってほしいですが、この映画は評価されて欲しくないです。
Cannella

Cannellaの感想・評価

3.5
映像はひたすら綺麗だった😊
でも内容が王道すぎるというか、見たことあるな〜っていう場面が多々あったかな。
最後まで説明がないところもあるし、なんかもやもやー。
よあ師

よあ師の感想・評価

4.7
すごい面白かった~!
予告にあるのがすべて・・ではなく、とっておきのシーンもしっかり残されているので、予告で想像する以上のアクションと展開が盛りだくさん。
話の流れとしては本当に単純なんだけど、ここまで大幅に作れるっていうのがすごい。

映像の移り変わり方が天才的で、うわあ、すげえ、っていう時間の展開のさせ方だったり、魅力すぎる要素が盛りだくさん。もうとにかく楽しい。

海の中の映像も違和感なく見れたし、とにかくあの赤毛のヒロインが美しすぎて何も言えない。
ひたすら見入ってしまう。

世界各国ほとんど回ったかな?っていうくらいいろんな地域が出てくるので、世界一周したような気分になる。これもまた楽しい。
海とは打って変わった砂漠、イタリアなどなど・・・一つの映画とは思えないような舞台の移り変わりに「金かけてんな~」なんておもっちゃいました。笑

人間ドラマがとてもきれいに描かれていて、下手なドラマより号泣できちゃうかも、めちゃくちゃ泣いてる人いて「わかるよわかる!」ってなってた。

とにかく良い!楽しい。DCに新たな、そして大きくすぐれた一頁を刻んでくれた。素晴らしい。
MIO

MIOの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

SMモールで鑑賞

変わらず話してる内容が全然理解出来んかったけど、前よりは抵抗なくたまに知ってる単語出てきたからまぁ楽しめたかなと。

内容的には、英語で見たからかあまり面白いと感じなかった。壮大な兄弟喧嘩??みたいな感じ。もう一回見直さないと分からないかな〜
akiyo

akiyoの感想・評価

-
Reagal Cinemas Hollywood Ocala

いろんなもののデザインの詰めが甘すぎてせっかくの映像美なのにもったいない。

モモちゃんかっこよすぎなのでは!!!!!!!!!!!
そんなに悪くない映画。たまに見られる説明的な台詞まわしやブラックマンタの雑な扱いは気になるけど、海洋SFとも言える世界観を活かしたアクションは見応えたっぷり。王座争いと愛こそすべてが軸の物語は、『リュウの道』×『ブラックパンサー』。2/8公開
の

のの感想・評価

4.0
楽しい!!最高!!が率直な感想。
公開前なので内容には深く触れないが、ストーリーラインは単調ではあるものの、要所要所に迫力のあるアクションシーンが盛り込まれているので観客を飽きさせない。個人的にDC作品は登場人物が魅力的であるので、今作はその辺もしっかりと表現されている。
メラとアトランナをそれぞれ演じているアンバー・ハードとニコール・キッドマンが美しい。大袈裟に言えばそれでも観る価値ある上に昨年世界一ハンサムな男性に選ばれたジェイソン・モモアがアクアマン である。個人的には今作ヴィランの立ち位置であるオーシャンマスターことオームが良かった。DCならではのヴィランに魅力が持てるタイプである。パトリック・ウィルソンが演じている為容姿も良く女性人気が持てそうだ。
試写会にて先取り鑑賞。
豪快さ、勇ましさ、優しさ、威厳、全てを兼ね備えるアクアマンの真価を見ることができた。

作品全体としても今までのDC映画、ひいてはヒーロー映画全体にもなかったアクション・スペクタクル作品だった。
序盤のスターウォーズ感から、少しインディ・ジョーンズを挟み、007なロマンス展開を魅せて、アバターな世界観に誘って、ラストはスターウォーズに戻ってくる。
アドベンチャー作品好きにはたまらない作品だと思う。

ジャスティス・リーグ2への布石は整い始めてるのでは。再起、DCEU!!!
Yudai

Yudaiの感想・評価

3.3
進み過ぎた海中SFは宇宙SFとほぼ同一。戦争シーンはスター・ウォーズでしたね😂

アトランタの入口は格好良すぎなのと、エンディングは「欲しい!」と思ったのが劇中でのもっとも心が動いた瞬間な気がします。

ひとまず王道ストーリーと綺麗な映像なので、楽しむ分には十分のクオリティでした。SF好きもしくはワイルドなマッチョ好きなら面白いと思います👍
ふつーによい!アトランティスがキレイ!!
戦闘シーン微妙。母と嫁キレイ
たこのドラムすごかった。
>|