ジャスティス・リーグのネタバレレビュー・内容・結末

ジャスティス・リーグ2017年製作の映画)

Justice League

上映日:2017年11月23日

製作国:

上映時間:121分

3.8

あらすじ

2016年に公開され全世界で大ヒットした『バットマンvsスーパーマン ジャスティスの誕生』で映画史上最も激しい超人どうしの戦いが描かれ、スーパーマンの無私無欲な行動、そして彼の死により地球の安全は守られた。しかし世界が悲しみで包まれるなか、再び地球に壊滅的な危機が迫っていた─。表の顔は大富豪でプレボーイだが、陰ながら街を守るため孤独に悪と戦ってきたバットマン(ブルース・ウェイン)、人類に失望しそ…

2016年に公開され全世界で大ヒットした『バットマンvsスーパーマン ジャスティスの誕生』で映画史上最も激しい超人どうしの戦いが描かれ、スーパーマンの無私無欲な行動、そして彼の死により地球の安全は守られた。しかし世界が悲しみで包まれるなか、再び地球に壊滅的な危機が迫っていた─。表の顔は大富豪でプレボーイだが、陰ながら街を守るため孤独に悪と戦ってきたバットマン(ブルース・ウェイン)、人類に失望しその身を隠し、たった 1 人で生きてきたワンダーウーマン(ダイアナ)。“最強の男”スーパーマンと共に戦った2人は新たに迫る脅威に対し、人類を守るため“特別なチカラ”を持った超人を探し出し<究極のチーム=ジャスティス・リーグ>を結成する準備を始める─。

「ジャスティス・リーグ」に投稿されたネタバレ・内容・結末

総合的には楽しかったしよかった
でも、スーパーマンを生き返らせる過程にがっかり。
なんでもありなんだろうけど、それはありだと思えなかった。
フラッシュ、ワンダーウーマン、アクアマンが好きだから、いいけどね!!
はよフラッシュとアクアマンのスピンオフこい!!
フラッシュがいい味出してる。残念なのはアクアマンのキャラが分からないし、あまり活躍がなかった感じがしたこと、特殊能力使っての見どころが欲しかった。ってかスーパーマン、チート過ぎ。
スーパーヒーロー大集結でとにかく楽しい!面白い!!
アメコミヒーロー作品は本作が初めて。
前作までの事を全く何も知らないままで観たので、序盤は混乱した。「えっ?!スーパーマン死んだの?!」って感じでどきどきしながら観てたら、モモアマンの素晴らしき筋肉にやられ、仲間集めに奔走する苦労人のブルースの可愛さにやられ、ワンダーウーマンが強盗の銃撃を腕で防いだ場面でアドレナリンMAX大放出ー!!!!何だこの映画!!!!!楽しい!!!!気持ち良い!!!!!ストレスなく見られる!!!!!!
スーパーマンが蘇った後のごたごたでマザーボックスほったらかし案件はメチャクチャ笑ったけどほかは全て良し!!相変わらずスーパーマンの筋肉は素晴らしいし。
我を取り戻したあとのクラークとブルースのやり取りや、フラッシュとスーパーマンのやり取りは胸熱。
観終わった後に「ああ!楽しかった!!」ってこんなに気持ちよく思える映画はもしかしたら初めてかもしれない。
上映時間の都合上吹替で観賞。
しかし覚悟していたよりずっと楽しんで観られた。日本の充実したサブカルチャーがあるがゆえの吹替技術にいささか偏見を抱きすぎていたかもしれない。

途中監督の交代などもあり、大幅にストーリーが削られたらしく、割ととんとん拍子な展開。マーベルのようだ。しかしマーベル映画のように度々やたらノれるサントラや挿入曲はあまり挟まれない。

MCU、DECUに大して明るいわけではないが、先に観たDC映画スーサイドスクアッドでけっこう悪い意味での衝撃をうけたあとなので余計に、意外さを感じながら「DCも面白いじゃないか!」と思えた。
そしてかなりスーパーマンがチートだ。他のヒーローたちもがんばっていたんだが、一人だけ明らかに違う。うまいこと生き返ってよかったね。

エズラミラー演じるフラッシュが特にいいキャラしていた。

*
話が逸れるが自分はサウスパークという海外アニメが好きで(オタク気質台頭)、またたびたびそれに出てくるキャラがこれらスーパーヒーローに扮してごっこ遊びをしたりしているので、アメコミ文化を客観視点で垣間見られたようで微笑ましく思えた。
**ケニー扮するミステリオンの原案であろうバットマンの取り柄というか特殊技能がスーパーリッチだというのは、ちょっとした皮肉かとも思ったものだ。
滑り込みでようやくジャスティスリーグ見ました。
バリーくんが愛されてる理由がわかったし、スーパーマンってチート的な意味でもすごいなって思いました。
今回色々頑張ってメンバーを集めていたバットマンでしたが、こんなに頑張っても、バットマンレゴムービーみたいに、いつか皆からハブられてしまうのかと思うと切なくなりました……。
ハブられない世界線でありますように。

あと、サイボーグがティーンタイテンズGO!みたいにアホになってしまわないか、ティーンタイテンズGO!のサイボーグと今作のサイボーグとの差が大きくて、いろんな意味でハラハラしました。

映画は面白かったです。
スプスのイモ感高めの赤チェックたまらんかったです。
バットマンVSスーパーマンがヒーローが人間社会に存在したらという社会派だったのに対して、本作はただただひたすらヒーロー祭

最近のDCモノにしては珍しいが、ヒーローの掛け合いを楽しんでればよいので気楽

スーパーマンが万能すぎて笑う

フラッシュが家族を一生懸命避難させている横をマンションごと避難とか(笑)

この人がフル稼働しちゃう続編とかどうなるの

しかしアクアマンを単品で映画化とは正気か!?

いやきっとDCなら社会派の素敵な映画にしてくれるはず…

鮫をチェンソーでズバズバ切り裂く我らがフィン・シェパードとの対決とか!

日本を舞台にマグロを沢山食べる日本人をシバク「アクアマン・サムライ」とかにならない事を祈る
エズラミラー見たさに鑑賞。ヒーローものに興味がない私も面白いと思えたし楽しめた。

でも、スーパーマンに良いとこ取りされた感じがした、結局スーパーマン最強やん、そんなのあり?てかフラッシュの意味ある???って思ったよぉ
それでもフラッシュ贔屓するけど😊冒頭ではワンダーウーマンかっこええって目を奪われた。

次作も期待!
結局スーパーマン頼みかーい!
盛り上がりはあり程々に楽しめた。ポセイドンもといアクアマンはいいキャラしてた。
マンオブスティール最強
そして、Come Together


DCコミックという内容を知らない私は、最初の方はキャラが分からず、少々退屈な感じ。
アクアマン、フラッシュ、サイボーグなど分からない人だらけ!
しかも個々の映画ではないので、説明がほとんどない。
でも、後半はもうドキドキが止まらなかったので、良しとする。

先日、『ワンダーウーマン』を観たばかりなので、ワンダーウーマン相変わらず無双かよ!と思ったけど、スーパーマン最強でしたね。
出てくる?出てくる?とラストのステッペンウルフとの闘いで思わせておいて、強烈な強さを見せたスーパーマン!
やっぱりこのメンバーなら一番強いですかね?

ツボだったのは、フラッシュの

「ドストエフスキ~」

調べて分かってんけど、アンバーハード出てるじゃなーい!
気付かなかった・・・DVD出たら確認しよ。

前半、ストーリーに置いてきぼりにされましたが、後半、最高の映像が観れました!
満足、満足。
とにかく面白い!かっこいい!特にワンダーウーマンが最高です。そして、まさかの復活!
本当にみんな超人。ただの人間、いや、ただの金持ちであるバットマンがよく頑張ってるなぁ、と変なところで感心してしまった。ラストに登場した悪の同盟も、続編への布石ですね。楽しみです!
>|