ジャスティス・リーグのネタバレレビュー・内容・結末

ジャスティス・リーグ2017年製作の映画)

Justice League

上映日:2017年11月23日

製作国:

上映時間:121分

ジャンル:

3.7

あらすじ

「ジャスティス・リーグ」に投稿されたネタバレ・内容・結末

うーーーーーん。
あんまりパッとしなかった………
全話鑑賞済みのSWと比べると(比較対象がおかしいけど)、敵がダサい……
まあこちらはタイトルの通りジャスティス(正義)がメインなので、ヒーローはカッコいい。割と何でもアリな感じになってるけど。
バットマンは何をしたいのか終始よく分からなかった。
とにかくエズラ演じるフラッシュがかわいい。ヒーローっぽくない、かわいい。エズラ無しでは最後まで耐えられなかったかも…(笑)
なじみがない3人はそれぞれ個性があっていいキャラだけど、説明が少なすぎ。速い人は電気も制御できるの?単体映画は作らないのかな。作ってから仲間集めたほうがより楽しめると思うけど。

バットマンだけが普通の人間で、アクションシーンになると若干のお荷物感があるのは否めない。
スーパーマンが最強すぎて、もう任せっきりでいいと思う。

『ペット・セメタリー』はてっきり伏線だと思ったけど、結局元のままでホッとしたようなガッカリしたような。羊水から飛び出たばかりなのに、すでに髪型がセットされてるのがステキ。

観たあとは、ガル・ガドットさんの美しさしか残らなかったけど楽しかった。
スーパーマン生き返るんかーーーいそれアリなんかーーーい!!!!!!!!!!!(ひな壇芸人のように崩れ落ちながら
色々と唐突アンド雑だけど、それぞれの超能力の弱点欠点をお互いに埋め合っててチームって感じだし、思ったよりみんな仲良しで微笑ましい。
街を助けに行くスーパーマンとフラッシュがかわいかったし(アパートごと運ぶのはワロ)、マザーボックス引き離したスーパーマンとサイボーグが笑うのはホッとした。最後サイボーグとフラッシュがグータッチしてたね思わず口角が上がってしまった

いきなりワンダーウーマンが鬼かっこよかった!!スーパーマンはともかく普通に一番強いのワンダーウーマンだよねこれ?すっかり人間に馴染んだね アーサー相手にする表情が可愛い。

エズフラかわいい鬼のようにかわいい。ガキすぎてかわいい。チーム入り即決かわいい。スナックホールかわいい。ガキすぎかわいい(2度目)。変装侵入かわいい。ちょっと上手くいって調子乗っちゃうのもびっくり顔もかわいい。虫苦手なのに頑張ったね!!それにスーパーマンに負けたくなくて個人的に競争挑んじゃうの?ただガキなの?(3度目)ほんとかわいい。もうバリーアレンはキャラがほぼまんまエズラ。かわいい。ドストエフスキー!そしてまつげ!!!!!!

アクアマンモモアマンのお目目が綺麗で素敵!ラブ青い目!もじゃもじゃ!髪の毛濡れないのが面白い。水陸両用だけど今回ほぼ陸だったから水中の活躍は単独作で見れるのかしらね!

なんか「闇の世界を」的なヴィランってそこに明確な理由、動機、背景がないことが多くてとあんまり魅力を感じないよね〜別にそんな強そうでもないし、勝てない感ないし、極悪ならもっとイカれてないとおもんないでー!

Technology is like any other power. Without reason, without heart, it destroys us.
それな
まじで酷い。
ストーリーも無理がすごいし端的すぎる。
映像に関しては色合いをどれを元にしたいのか分からずただただカラフルになり、キャラが背景から浮いて見えたり、丸々場面が変わったように感じる。いい意味でも悪い意味でもMCUと違い現実味がなく、それによる没入感、高揚がない。
唯一よかったのはキャラデザイン位。
せっかくのミズラ君とベンアフなのに残念。
ただデスストロークは楽しみ。
DC版のアベンジャーズでした。
DCに思い入れがない私みたいな人からしたらバットマン以外まあまあ強くてスーパーマンチートだけど迫力あって面白い!!
ただバットマン大好きな人からしたら複雑な映画な気もしました😅
スーパーマンが生き返らなかったら、本当にこの世は完璧に終わってましたね。

スーパーマンが強すぎるし、最後にすごいいいところを持って行き過ぎる。

それとは対照的に、バットマンが金にものを言わせてて、弱いわりに偉そうにしている印象を受け、ダークナイトのイメージが付いているからかも知れないけど少しショックでした。

フラッシュは、エズラミラーじゃなくてドラマの時のグラントガスティンが良かったって言うすごい個人的な感想です。

DCヒーローもかっこいいなって思った。
こんな強敵どうやって倒せばいいんだ!?
そう、我々にはスーパーマンがいる!!
そんな映画
「スーパーマンとバットマン作品多すぎてよくわからんから予習せずこっち観ちゃお」的な軽い気持ちで行ったのを後悔しました。まさかがっつり続きものとは……

MCUの大成功のなか、DCも同じように連作のヒーロー大集合映画を作る意味とか、DCらしさとは?って考えると、難しいなあ、って思います。
一番アガったワンダーウーマン登場シーンで、いかにもMARVEL的な演出だったから、ちょっと複雑な気持ちになってしまった。

でも、DC映画も活性化したほうが絶対絶対絶対面白いので、これから期待したい。
ジェイソンモモアはあまりのイケメンぶりに一目惚れしたのでアクアマン楽しみ!
スーパーマンが死に、地球を侵略するステッペン・ウルフを食い止めるべくバットマンを始めワンダーウーマンらが結成するストーリーです。
それぞれ孤独感に苛まれていた超人たちが、1つの場に仲間として集まったことで少しづつ綻んで行く過程やそれぞれの見せ場もあって良かったと思いました。
エンドロール後に出てきたデスストロークのビジュアルやビートルズの「Come together」のカバーも好きです。
個人的にマザー・ボックスの設定をしっかりして欲しかったところとヴィランをもっと魅力を出せる様に描いて欲しかったところと、スーパーマンの復活をもう少し引っ張って欲しかったところでした。
そして2の時に、スーパーマンがヤバい状況になって戦えなくなってしまうくだりが観てみたいです。
そしてグリーンランタンをなんとか…
どちらかというとこっちが『ジャスティスの誕生』感あるな、と思った

エズラ・ミラーのバリーの存在で敬遠していたが、良かった

ステッピンウルフ…おまえさん本当にスーパーヴィランなのか?

バットマンとスーパーマンの不器用な仲直りが沁みた
バット蘇生

ルーサーがやっとルーサーぽい雰囲気で出てきてくれたから、次からのDCEUの展開がとても楽しみだ
>|