ジャスティス・リーグのネタバレレビュー・内容・結末

ジャスティス・リーグ2017年製作の映画)

Justice League

上映日:2017年11月23日

製作国:

上映時間:121分

ジャンル:

3.7

あらすじ

「ジャスティス・リーグ」に投稿されたネタバレ・内容・結末

レビューが高過ぎると思う。正直、映画始まった瞬間にスーパーマンの生きてる頃の映像がすぐに始まって、『撮り直してるってことは生き返るじゃん』と速攻でわかる。そして、本当に生き返ったところで観る気が失せた。これがありなら、何でもいいじゃん。チートレベルの強さをもつ、スーパーマンを失ってこれから、力合わせて頑張っていこう!の展開の方がまだ良かった。結局最強スーパーマン復活させたら、強かったボスも瞬殺。最初からチームなんて組む必要なかったね!ってなる映画。あんまり、このようなレビュー書かないんだけど、あんまりだったので、、、
なんでスーパーマンが生き返ったのかよく分からんのと、スーパーマンだけ異常に強すぎてパワーバランスが冷める。
うすうす感じてたけどやっぱスーパーマンいないとダメなんですねーって感じ。チート。
スーパーマンがたった1人で、しかも簡単にステッペンウルフを倒してしまうのがガッカリ。全く苦戦しないし、他のメンバーとの強力もなし。
スーパーマンがいなくなったからやってくるステッペンウルフも小物感があり、ゾッド将軍やドゥームズデイに比べると雑魚に見える。
敵味方含めてスーパーマンが圧倒的に強く、もうアイツ1人でいいじゃないかという印象が強く、物語が盛り上がらない。
悪役が小物すぎる。ヒーロー達にビビって部下に襲われながら退散とか情けない。単体映画ならまだしも、ヒーロー集合映画でこれじゃまったく盛り上がらない。バットマンは率先して雑魚を引きつけて、時間を稼いでるだけで見せ場もないし、雑魚1匹にも四苦八苦する始末。ただの金持ちなんで仕方の無いことかもしれないが、観てて悲しかった。結局、スーパーマン頼みなのも面白くない。
ペットセメタリーだ! 
バリーアレンらしさがあって良い。 

しかし、単品作品の無い奴らが多すぎてちょっと勇み足だったんじゃないかって感じはするし、いきなりステッペンウルフみたいな謎の宇宙人が襲ってきてそりゃ大変だよね。次はレックスが敵ですよって感じだけど、こんなんスケールダウンしちゃうよね。 

最低限バットマンVSスーパーマンは観ておかないとキツいかな。
みなさん、こちらはまだアベンジャーズよりは付いていけるスーパーヒーロージャンルですよ!
つまりスーパーマンが最強だって見せつけられた。たしかにそこは気分がいいんだけど、そうじゃないんだよなぁ。惜しい。
まあまあ楽しめたけど、何か物足りない感じでした……。
ワンダーウーマンはかっこいいし、アクアマンはかわいい。
キャラは良いのだけどストーリーとアクションが今ひとつかなぁ。

スーパーマンが強すぎなのもちょっと。
ラスボスが手も足も出せずボコボコにされてるところを見て「あ、もう勝ったね……」ってドキドキもワクワクもなくなっていくあの感じは最悪。

で、スーパーマンの圧倒的強さに比べてバットマンはチーム内で最弱っていう。
周りが超人すぎるから仕方ないかもだけど、ちょっと強い金持ちのおっさん状態でバットマン好きとしては悲しい……。
アマゾン美人多いなぁと思いました。スーパーマンになりたいと思いました。
マンスチを見直したのでもう一度みた。
前半はシリアスな感じで進んでいくが、後半が急にコミカルになるので、この辺撮り直したのかなぁと思いながら見てた。
好きだけど、ザック版も見たかったなぁと思いました。
はなしはnew52のジャスティスリーグ誕生を元にしてるっぽい?とても好きな話なので嬉しい。アニメ版も好きだから日本語版も出してくれ頼む。
オープニングのDCのアイコン出すところで、グリーンランタンのアップが出てきたし、過去のステッペンウルフとの戦いでグリーンランタン参戦してたから映画来るのをひたすらに待ってる。
>|