本能寺ホテルの作品情報・感想・評価

本能寺ホテル2017年製作の映画)

上映日:2017年01月14日

製作国:

上映時間:119分

3.2

あらすじ

時は1582年。天下統一を目前に控えていた織田信長(堤真一)は蘭丸(濱田岳)、大塚(田口浩正)ら少数の家臣団と共に京都・本能寺に滞在している。冷酷非道なお館様を前に、戦々恐々とした日々を過ごす家臣たち。そんな時、風変りな女(綾瀬はるか)が一人、寺に迷い込んでくる。噛み合わない会話を繰り広げているが、その女・繭子は400年後の未来から来たと言う。泊まっていたホテル(本能寺ホテル)のエレベーターが1…

時は1582年。天下統一を目前に控えていた織田信長(堤真一)は蘭丸(濱田岳)、大塚(田口浩正)ら少数の家臣団と共に京都・本能寺に滞在している。冷酷非道なお館様を前に、戦々恐々とした日々を過ごす家臣たち。そんな時、風変りな女(綾瀬はるか)が一人、寺に迷い込んでくる。噛み合わない会話を繰り広げているが、その女・繭子は400年後の未来から来たと言う。泊まっていたホテル(本能寺ホテル)のエレベーターが1582年と繋がっていると・・・。 繭子は自身も訳のわからぬまま信長と小姓・森蘭丸との交流を深める中で、次第に信長の人間性に惹かれていく。やがて繭子は、1582年の迷い込んだその日が「本能寺の変」が起きる前日である事に気づき—

「本能寺ホテル」に投稿された感想・評価

aya

ayaの感想・評価

3.7
設定はおもしろかった !
もっと深掘りしてもいいよなあっていうところもあったけれど 、まあ総じて堤真一がかっこいいのでおっけーです ! ◎ 笑
こうゆう話が好きやからおもしろかった。
本能寺の変の結末は違うのを予想して期待してたけど違った。
でも、ヒロインもやりたい事が見つかって良かった。
こういう、タイムスリップ系が好きなので面白かった。この織田信長の人柄かっこよくて好きだな。
織田信長ファンになっちゃう作品。ぶりぶりーー…ぶっちょう!!!
まろん

まろんの感想・評価

3.4

タイトル通りの本能寺にあるホテル……
泊まりに来た繭子はエレベーターに乗ると織田信長の生きている本能寺へタイムスリップ……

しかも本能寺の変の前の日って…… 

もうすぐ結婚な繭子だけど……なんとなく人生流されて自己主張もやりたいこともない特に無い……そんな繭子の心情の変化的な成長もあるのか……

本能寺ってキーワードからはもう少しスリリングな要素を予見してたけど……気付けばブリブリギッチョウな…そんな映画
ストーリーいまいち…
どうせなら、
死体見つかってないんだから、
最後 信長連れてきちゃえば良いのに。
信長、明智に重みがないから、単なる物語…

このレビューはネタバレを含みます

【ストーリー】
職を失った繭子(綾瀬はるか)は彼氏である恭一と婚約し、彼の実家京都に両親の挨拶に来ていた。その時、繭子は本能寺ホテルに宿泊することに。
しかし、そのホテルのエレベーターは戦国時代の本能寺へとタイムスリップしてしまう。
本能寺の変が起きる前日に来た繭子は信長に本能寺の変について話してしまう。
しかし、信長はその話を信じるが、逃げたりせず、結局自害してしまう。
繭子は信長から、自分にとってやりたいことはないのか、大きいも小さいもない、自分のやりたいことをやるべきだと言われ、目が覚める。
恭一とは職を失い彼の好意に甘えていた、本当にやりたいことは結婚ではなく、教師だと気付き、教師の夢を目指す。

【感想】
ラストの終わりが微妙だった・・・信長、森蘭丸が一緒に現代に来るラストを予想していた。っていうか、死体が見つかっていないっていう史実から絶対そういうエンディングになると思ってたのに・・・ただ、一人での少女の生き方が変わっただけっていう全然面白くない終わり方。
そして、繭子はたった数時間しか一緒にいないのに、信長のこと好きになってるの?笑 色々消化不良のまま終わった感じ。
ぬぬ

ぬぬの感想・評価

3.9
綾瀬はるかちゃんがとっても可愛かったです!あと書写山円教寺が映っててテンション上がりました!地元がロケ地って嬉しいな💓綾瀬はるかちゃんもあのロープウェイ登ったのかな??🎵🎵
それにしてもちゃんとしたお話でした!コメディも勿論だけど、今何をしたいのか、どうしたいのか、わからない人にオススメの作品です!さて、私は何をしようかな?
本能寺ホテル、オススメです!
夢野猫

夢野猫の感想・評価

3.0
大阪を舞台にしたぶっ飛び歴史映画と同じスタッフによる、京都を舞台にしたタイムトラベル作品。

勤めていた会社が倒産し、「それなら結婚しよう」と言われて京都にやって来た優柔不断女子。
泊まったホテルのエレベーターが「本能寺の変」前日の本能寺に繋がって……。

現代と過去を往来しながら成長してゆく姿を描いた映画。なのだろうけど………結局そんなに変わって無い(笑)
きっかけをつかんだ位の変化かな。

コミカルな感じがあるもののコメディにはなりきれず。中途半端な雰囲気になってしまっている気がした。

ダークな想像をすると、アノ信長物ドラマの劇場版完結編に乗っかる、いや、対抗する気で「本能寺の変」を持ち出したのかも(笑)
別に「本能寺の変」で無くても良かったのでは無いかな(笑)
「プリンセス・トヨトミ」好きだったから期待して観たけど、いまいち。
>|