本能寺ホテルの作品情報・感想・評価

本能寺ホテル2017年製作の映画)

上映日:2017年01月14日

製作国:

上映時間:119分

3.2

あらすじ

時は1582年。天下統一を目前に控えていた織田信長(堤真一)は蘭丸(濱田岳)、大塚(田口浩正)ら少数の家臣団と共に京都・本能寺に滞在している。冷酷非道なお館様を前に、戦々恐々とした日々を過ごす家臣たち。そんな時、風変りな女(綾瀬はるか)が一人、寺に迷い込んでくる。噛み合わない会話を繰り広げているが、その女・繭子は400年後の未来から来たと言う。泊まっていたホテル(本能寺ホテル)のエレベーターが1…

時は1582年。天下統一を目前に控えていた織田信長(堤真一)は蘭丸(濱田岳)、大塚(田口浩正)ら少数の家臣団と共に京都・本能寺に滞在している。冷酷非道なお館様を前に、戦々恐々とした日々を過ごす家臣たち。そんな時、風変りな女(綾瀬はるか)が一人、寺に迷い込んでくる。噛み合わない会話を繰り広げているが、その女・繭子は400年後の未来から来たと言う。泊まっていたホテル(本能寺ホテル)のエレベーターが1582年と繋がっていると・・・。 繭子は自身も訳のわからぬまま信長と小姓・森蘭丸との交流を深める中で、次第に信長の人間性に惹かれていく。やがて繭子は、1582年の迷い込んだその日が「本能寺の変」が起きる前日である事に気づき—

「本能寺ホテル」に投稿された感想・評価

てった

てったの感想・評価

3.1
なんでこれを観たのかわからないけどあんまりおもろくなかった。綾瀬はるかはひたすらかわいい
Yui

Yuiの感想・評価

4.5

古いオルゴール
エレベーター
金平糖
胃薬
「ぎりぎりぶっちょ!」

タイムトラベル~♪
おもしろかったです((´∀`*))

綾瀬はるか、堤真一、濱田岳…
いい味出してました(*´>ω<`)

タイムトラベルからの戻り方は
毎度吹き出しちゃいました(//∇//)
綾瀬はるかがハマり役ですね♡

最後に やりたい事がみつかったのがよかったです!
終わり方も好き!
FUJI

FUJIの感想・評価

3.5
頭が良くて、変化を受け入れ順応できて、太平を見渡せる、信長の言葉が良き。こんな人に憧れる。

森蘭丸に濱田岳を起用してるところがなんとも秀逸で、この濱田岳がホントに良いキャラ。

感慨深いセリフが沢山ある映画だった。
上映当時働いていた職場に信長のような上司がいたけど、蘭丸の終盤のセリフに物凄く共感したなぁと。信長の望んだ未来になっているのでしょうかね。

私は結構好きな映画なんだけど、あまり評価高くなくて残念。

金平糖が砕けるシーンだけが微妙。
太秦のスタッフの仕事ぶりが素晴らしい。
本能寺ホテル、本当にあればいいのにね。
星

星の感想・評価

3.0
ヒロインが京都で泊まったホテルのエレベーターが、戦国時代につながってて織田信長に会う話。

前半はまったく面白くなかった。
常にヒロインが問いかけられる「やりたいことは何か」というのもしつこい。
ラストも薄っぺらい。

堤真一の織田信長は良かった。

とりあえず京都には行きたくなった。
金平糖欲しい。

綾瀬はるかの映画で、これいい!というものにまだ出会ってない気がする。彼女の代表作はなんなのかな。
あと、あのウエストの細さで胸はあるというのはすごく努力してるんだろうなと思った。

音楽が好みだった。

4 2 2 5 2
もっとはちゃめちゃな感じかと思ってたら わりとゆるゆるした展開だった

綾瀬はるか 可愛いからなんとかなった感ある
流されて生きてきて今や結婚直前マリッジブルーな綾瀬はるかが織田信長の討たれる直前の本能寺にタイムスリップ!──自分の人生を激しく生きた信長を見て自分のやりたいことを突き詰めようと決意する、おっとり天然不思議ちゃんヒロイン。戦国時代まできて自分探ししちゃうのどうかと思うが、いかにも現代女性向けドラマ。それ以外は見ちゃダメ。VFX合成も違和感が全般的にあり。「ら抜き言葉」を口走る家臣がいて時代劇考証のヤル気もない。
mikoyan358

mikoyan358の感想・評価

2.5
現代のホテルがあれが起こる直前の本能寺とつながっている、というおいしい設定なんだけどうまく活かし切れなかったような。信長に変のことを教えつつも...というあたりにはちょっとニヤリとしたが、時間をまたいだことによる面白味は全然生まれず、あの戦国時代に極めて無礼な若者が飛び込んで受け入れられるというのも何だか。そんな一方で、自分が信長であってもまあ許してしまいそうなw綾瀬はるかの魅力が爆発しまくっていて、点数は全部綾瀬はるかにといういつものパターン(笑)。天然キャラがいい感じではまっていて、本当に年齢を感じさせない。
せっち

せっちの感想・評価

3.2
題名にホテルと入っているのでホテルが舞台かと思いきや、ホテルは現代と戦国時代を繋ぐ場所でしかなかった。

堤真一の織田信長は蘭丸の言う通り冷酷で鬼のようだがどこまでもついて行きたくなるような魅力があった。綾瀬はるか演じる繭子も自分のやりたいことがわからない現代人にありがちな役を演じきっている。「できるかできないか」ではなく「やりたいかやりたくないか」。自分にとって大事なものは何か、必ず成し遂げたいことは何か。織田信長と関わることによって本当の自分を見つけていく姿に好感。
サクッと観れて程よく満足。
綾瀬はるかが普通にかわいい。
歴史をちゃんと知りたくなるな~って思わせるわかりやすいストーリー。
小中学生とかに観てほしいな~
歴史っていうか、伝記とか読みたくなるなー
>|