のぼうの城の作品情報・感想・評価・動画配信

のぼうの城2012年製作の映画)

上映日:2012年11月02日

製作国:

上映時間:144分

3.4

あらすじ

「のぼうの城」に投稿された感想・評価

もね

もねの感想・評価

3.0
天下統一を目指す豊臣秀吉による残る小田原攻め、特に支城の一つ忍城の奮闘を描いた作品。城主は「でくのぼう」から「のぼうさま」と親しまれた成田長親。

本当にこんな人だったかは知らない。
戦略に長けてるけど白兵戦はめっぽうだめなヤンウェンリーがイゼルローン要塞を攻撃したような感じ、ですかね。

とにかく見やすい、わかりやすい時代劇かな。
ちょっと長いのでもう少しコンパクトでも良かったかも。

最後の舞のためだけに野村萬斎が起用されたとしか思えない。
半兵衛

半兵衛の感想・評価

3.5
映画では描かれてないけど、実際は真田昌幸、上杉景勝、前田利家、も参戦しているんだよね。野村萬斎のための映画だった。大谷吉継の有能感半端ない。
とし

としの感想・評価

3.7
TBS60周年プロジェクトということで壮大なスケールの時代劇。 物語自体は簡単だけどこれは飽きずに映像できちんと見せてくれる。 残虐シーンは控えてあるので老若男女全てにお薦めできる良作。 水攻めは津波を連想させるけれど作りは圧巻。 敵前に披露する成田長親の田楽踊りは必見。 ぜひ映画館で観てもらいたい作品。
じゃん

じゃんの感想・評価

3.0
引っ越し大名を見たので、続いてこれも。

この内容で145分も必要なのか?
長過ぎる。編集下手。

見始めてすぐに気になったのは、
なんだかみんなの台詞回しが悪いのか、録音が悪いのか、何を言っているのかとても聞き辛い。
両方だとは思うが、滑舌、発声が悪い役者が多い。

あと、周りの音というか少しノイズが気になり、台詞が聴こえ辛く、ミキシングが上手くいつてないのでは。
もう少し台詞の音量レベルを上げて欲しい。
最近見た映画では一番酷い。

あと劇伴もなんだか、作品とあまりマッチしてないような…

音楽自体は悪くないのだが、ちょっと映像を邪魔する細かい音作りというか、煩い。
音数が多過ぎる。
音楽要らない場面でも劇伴がかかるし。
これも最近見た中では一番好みでない劇伴。

調べたら上野耕路、ゲルニカの人。
ラベル風とかクラシックぽくて古臭いなあと思つたら伊福部昭に師事してたのね。
なるほど。

ナレーションもド下手。

グッさんが堂にいっていて中々良い。
芦田愛菜はやはり天才。
野村萬斎は呑気な不思議面白キャラで素晴らしい。

他の役者はイマイチばかり。
若い姫と成宮寛貴、上地雄輔は下手すぎて見てられない。

榮倉奈々が人外の絶世の美女扱いなのはちょっと笑笑

野村萬斎1人だけ頑張ってる感。
やはり伝統芸能で基礎がある人は違う。
船上で踊るシーンは最高。

にしても野村萬斎がいなければ、どうなっていたことか。。

エンディングはエレカシ。

監督クレジットは何故か2人。
どういうこと?

アクションが樋口で、ドラマが犬童てこと?
どちらにしろ色々酷い映画だった。

良かったのは、田楽踊りと戦後の条件の話し合いのシーンくらいか。
いずれも野村萬斎の頑張りだけ。
momo

momoの感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

野村萬斎さんの飄々とした感じが良かった。謡の場面は流石である。榮倉奈々さんはやはり魅力的。最後秀吉の側室になるのかよ、となったが史実だから仕方ない。萬斎さんと榮倉さんの役の関係が飲み込めず、途中Wikiで調べた。周りを固める役者さんも実力者揃い。戦いの場面もコミカルな感じて面白かった。一部グロいところは引いてしまったが。和田竜さんの作品では「忍びの国」も良かった。
yutaN

yutaNの感想・評価

4.3
【評価】

ストーリー:9/10
構成   :8/10
演出・映像:9/10
インパクト:8/10
主観   :9/10

総合   :43/50


豊臣秀吉の北条攻めに際して、石田三成が現在の埼玉県行田市の忍城を攻めるという話。16世紀の記録はほとんどなく、伝説のような話も残っているようで、あくまで実話を基にしたフィクション。城代の考え方や芯の部分をもう少し噛み砕いてほしかった。戦闘シーンや水攻めのシーンは見応えあり。
程よく詳しく程よくアホで気楽に観られる、原作の力量に支えられているように見える。
ちと長いかなとは思うものの歴史上では些細な一抹を迫力満点で大きく見せてて面白かった。佐藤浩一がかっこいい役。
CG浮いてるけど2012年か...というところ。甲斐姫の存在感あまりにもなくて残念だった。
計算され尽くした野村萬斎の所作が素晴らしすぎる。
KumoiAmiko

KumoiAmikoの感想・評価

3.5
人間模様が濃くて、後半特にドキドキ、ハラハラ。野村萬斎さんの踊りが最高。
Non

Nonの感想・評価

4.0
あまり有名ではない歴史上の人物にスポットがあてられてて良き◎

のぼう様は慕われてるって言葉がぴったりな気がする。

そして、野村萬斎が何か企んでる時の演技がとっても好き!掴みどころのない感じがほんと上手い!
ペル

ペルの感想・評価

3.0
面白すぎる事もなくつまらなすぎる事もない程よい映画。程よ映画。
>|