花戦さの作品情報・感想・評価

花戦さ2017年製作の映画)

上映日:2017年06月03日

製作国:

上映時間:127分

3.5

あらすじ

16 世紀後半、織田信長が本能寺で倒れたのち、天下人の座は豊臣秀吉へ引き継がれ、戦乱の時代が終わりを告げようと していた。だが秀吉の圧政は次第に人々を苦しめていく。そんな中、町衆の先頭に立ち、秀吉に真っ向から戦いを挑んだ僧がいた。その 名を池坊専好。華道池坊の歴史に名を連ねる花僧たちの中、ひときわ名手の誉れ高い専好が、天下人に対して武器としたのは、刃ではな く、命ある花の美…

16 世紀後半、織田信長が本能寺で倒れたのち、天下人の座は豊臣秀吉へ引き継がれ、戦乱の時代が終わりを告げようと していた。だが秀吉の圧政は次第に人々を苦しめていく。そんな中、町衆の先頭に立ち、秀吉に真っ向から戦いを挑んだ僧がいた。その 名を池坊専好。華道池坊の歴史に名を連ねる花僧たちの中、ひときわ名手の誉れ高い専好が、天下人に対して武器としたのは、刃ではな く、命ある花の美しさだった―。

「花戦さ」に投稿された感想・評価

池坊専好(野村萬斎)と千利休(佐藤浩市)との交流を軸に花や茶道、水墨画などの日本文化を美しく描いた戦国エンターテインメント作品
日本アカデミー賞美術賞受賞作品

『のぼうの城』『陰陽師』など日本の時代劇映画と野村萬斎のコラボはどれも面白いですね。軽妙な感じで観ていて退屈しないです。

華道をテーマにしており、戦国時代だけど、戦うシーンがほとんど無いものになっています。代わりに主人公は花を使って戦います!
主人公が野村萬斎なだけあって、彼のコロコロ替わる表情が見どころです。
また、日本の美しい文化を視覚的に楽しむことができます。れん(森川葵)が描いた水墨画などは特に美しいです。
natsuko

natsukoの感想・評価

-
2018/06/10録画
池坊の花も素敵だったけど、茶道を嗜む身としては茶室のミニマムな花はやはり大変趣があってよいと再確認。
金の茶室はマジで悪趣味。
saabu

saabuの感想・評価

4.0
あまり歴史に詳しくないので、どこまでが史実なのかは、突き詰めませんが、池坊と利休や信長、秀吉との関わりがこの様にあったのかと思うと、勉強になった感があります。
戦国時代は、一番映画などに取り上げられやすい題材なので、楽しく鑑賞できました。
たま

たまの感想・評価

3.5
萬斎さんと猿之助さんの競演に背筋が伸びます。萬斎さんは変人ばっかり演られますね。首のシルエットが常人じゃないもんなあ。俗離れした稀有なお方です。

池坊ってこういう由緒だったんですね。存じませんでした。お花の奥を初めて意識いたしました。野の花も整えられた花もどれもすばらしかったですが、特に野点の「花笑う」と最初と最後を飾った松が素晴らしかったです。いや眼福。お花やりたくなったなあ。

一言、あのシーン、三成、おまえは笑うな!!
まいす

まいすの感想・評価

3.8
萬斎さんの演技苦手だったけど、この役はすごく好き。
押し込めた想いが溢れるところは曲も相まってぐっときました。
あと活けられた花や木がとても素晴らしく美しい。
さくは

さくはの感想・評価

4.5
人が武器を手にすれば暴力するが、花を手にすれば笑みを
とても深く悲しく儚い、でもとても感動し感銘を受けたようでした

野村萬斎の演技は普通だけど、あの表情に素晴らしい演技をみました
切なく重いけど、とてもおもしろい
POCHI

POCHIの感想・評価

3.3
戦国武将や千利休にスポットを当てた話は沢山ありましたが、
あの時代に池坊という
花を生けるお坊さんが居た事を
初めて知りました。

武力でなく花の力で会話するという
斬新な物語でした。
野村萬斎は、変わり者の役が多いなー
という印象。
野村萬斎の演技はあまり好きではないけど、花が好きなので、鑑賞。

意外に面白かったです。花の持つ力、その美しさ、凛とした強さを受け入れる、当時の民のレベルの高さには、頭が下がります。
あの時代がどうだったかなんて、事実は完璧にはわからないけど、生け花を民衆が愛でていたことは確かなんだろうなあと思いました。

自然に咲いてる花、植わってる木が一番美しいのはもちろんですが、それを家の中で、生けることにより、私達人間の小ささが際立ちます。
なんて美しいんだろうと、ただただ感服いたしました。
える

えるの感想・評価

2.5
なかだるみした(・・;)
昇り竜の松も最後の松も勢いがあって素敵だった。
あおい

あおいの感想・評価

3.5
花を以って、刃を制す…

野村萬斎主演の、花道歴史モノ。日本アカデミー賞最優秀美術賞受賞。音楽は久石譲。

◎ストーリー
時は天正、京の頂法寺。池坊の花僧らは織田信長に花を生けた。その名声は脈々と受け継がれ、次代の執行は池坊専好に。仕事に追われる専好は、ある日今日で話題の茶人・千利休と出会う。この先利休に待つ、運命など知ることもなく、2人は友として仲を深めていく…

「のぼうの城」が好きなので、再び野村萬斎に期待して鑑賞!いつもの飄々として雰囲気は残しつつ、今作は文化人を好演!ちょっと安倍晴明っぽさもあった( ^ω^ )

池坊は日本史で習ったくらいで深く知らんかったけど、こんなお話があったとはってことで勉強なった。千利休の敵討ちも、時代劇で見かけなくて題材で見応えがあった。

出演俳優もかなり豪華で、早期退場する人まで豪華でした( ^ω^ )みんな演技も上手いから、泣けるというか専好の怒りも味わえる。森川葵はすごく幼くみえるね。

ほどよくスピード感あって、あんまり飽きひんし、刀で斬り合う戦はないけど爽快感もあって、さすが野村萬斎といった作品。
>|