花戦さの作品情報・感想・評価

花戦さ2017年製作の映画)

上映日:2017年06月03日

製作国:

上映時間:127分

3.5

あらすじ

16 世紀後半、織田信長が本能寺で倒れたのち、天下人の座は豊臣秀吉へ引き継がれ、戦乱の時代が終わりを告げようと していた。だが秀吉の圧政は次第に人々を苦しめていく。そんな中、町衆の先頭に立ち、秀吉に真っ向から戦いを挑んだ僧がいた。その 名を池坊専好。華道池坊の歴史に名を連ねる花僧たちの中、ひときわ名手の誉れ高い専好が、天下人に対して武器としたのは、刃ではな く、命ある花の美…

16 世紀後半、織田信長が本能寺で倒れたのち、天下人の座は豊臣秀吉へ引き継がれ、戦乱の時代が終わりを告げようと していた。だが秀吉の圧政は次第に人々を苦しめていく。そんな中、町衆の先頭に立ち、秀吉に真っ向から戦いを挑んだ僧がいた。その 名を池坊専好。華道池坊の歴史に名を連ねる花僧たちの中、ひときわ名手の誉れ高い専好が、天下人に対して武器としたのは、刃ではな く、命ある花の美しさだった―。

「花戦さ」に投稿された感想・評価

池坊さんを題材にした映画
中々面白かった!花や茶の日本的な楽しみ方を知ることができた。
役者が豪華。
かとう

かとうの感想・評価

3.2
日本の歴史題材にしてるわけだし、面白かった。役者さん達も素敵。ただ、テレビの2時間ドキュメンタリー番組かなって思ったもったいない感。映画館で観なくてよかった。
余

余の感想・評価

3.4
記録
おじさんたちは最高ですねってことで。
SATOseiko

SATOseikoの感想・評価

2.7
旅行中の飛行機で鑑賞。

にも考えずに見れるものがよかったけど、佐藤浩市の千利休の演技に感情移入。
情緒の表現、表情すばしかった。

話の切り口としては面白い。
tuge

tugeの感想・評価

3.0
友人が出演していたので観ましたが、途中ダレました。あともっとお華を見せて欲しかったです
ちゃつ

ちゃつの感想・評価

3.7
映画館で鑑賞

個人的に思い出深いこの作品、公開されてからすぐ観に行った気がする(けっこう前)

野村萬斎さんのどこの筋肉使ってるのー!っていう表情がちょくちょく気になるけど、それより生け花が素晴らしい。

壮大なものから、小さく凛としたものまで、映画館の大きなスクリーンで見る価値がありました。

広告チラシはポップだけど、内容は思ったより暗いところもあって、少しびっくりしました。
Aki

Akiの感想・評価

-
全く知識のない華道の世界。なかなか面白いのだが、いかんせん役者の演技がくどく、せっかくの大画面でなくても良かったか。
2017.6.4
「いやそんなんで猿が態度変えんやろ」感。野村萬斎の茶番感が過ぎて違和感。関西弁の中途半端さが気になる。佐藤浩市を初めてイケメンと思った。猿之助肌綺麗すぎ。
普段はあまりこういう作品はチョイスしないのだけれど、チケットを頂戴したのでありがたく鑑賞。
日本アカデミー賞の授賞式に出てくるような日本を代表するような俳優さんが勢揃い。それぞれの役割を全うしていたと思う。
池坊全面協力の生花も素晴らしい。
しかし
何故か心に残るものはなかったかな。
題材として悪くないと思うのだが…なんだか勿体ない。
秀吉と千利休のあの歴史的な確執に、華道家という立場で斬り込んでいった作品。萬斎節コメディかとおもいきや、おそろしくやりきれない展開もあり、想像以上にはらはらしながら観ました。
とにかく、佐藤浩市さんの千利休が渋ダンディで最高。秀吉め…!
>|