花戦さの作品情報・感想・評価

花戦さ2017年製作の映画)

上映日:2017年06月03日

製作国:

上映時間:127分

3.5

あらすじ

16 世紀後半、織田信長が本能寺で倒れたのち、天下人の座は豊臣秀吉へ引き継がれ、戦乱の時代が終わりを告げようと していた。だが秀吉の圧政は次第に人々を苦しめていく。そんな中、町衆の先頭に立ち、秀吉に真っ向から戦いを挑んだ僧がいた。その 名を池坊専好。華道池坊の歴史に名を連ねる花僧たちの中、ひときわ名手の誉れ高い専好が、天下人に対して武器としたのは、刃ではな く、命ある花の美…

16 世紀後半、織田信長が本能寺で倒れたのち、天下人の座は豊臣秀吉へ引き継がれ、戦乱の時代が終わりを告げようと していた。だが秀吉の圧政は次第に人々を苦しめていく。そんな中、町衆の先頭に立ち、秀吉に真っ向から戦いを挑んだ僧がいた。その 名を池坊専好。華道池坊の歴史に名を連ねる花僧たちの中、ひときわ名手の誉れ高い専好が、天下人に対して武器としたのは、刃ではな く、命ある花の美しさだった―。

「花戦さ」に投稿された感想・評価

随分前にWOWOWにて録画したものを観る。京都在住なので公開当時は少し話題になって居りましたが…。活け花はおろか「池坊」すらろくに知らなかったのですが、成る程と思わされるエピソードがあり、史実 はどうか知らないのですがそれなりに楽しめました。でも、何だか「のぼうの城」が頭を過るのは僕だけだろうか?でも、やはり萬斎さんで決まりなのだろうなぁ。キャストもそれなりに豪華でありますし、チョイと違う切り口の戦国時代のお話で面白かったのは確かです。
aya8

aya8の感想・評価

-
目の演技が素晴らしい‼︎声の出し方も素晴らしい‼︎
市川猿之助さんの演技も素晴らしい^ ^
海老蔵さんの利休にたずねよを鑑賞した時も感じましたが歌舞伎の方々の所作が美しい^ ^
あわせて観るとよりいいですね^ ^
野村萬斎さん、52歳って。童顔にも程ある^ ^
Natsu

Natsuの感想・評価

4.1
みたいと思っていて、
ずっと見ていなかった!


ふとWOWOWでやっていて。。

野村萬斎は陰陽師で見せられて、
それからずっと好き。


やっぱりいい!


沢山の命や美を伝えてくれるステキな作品です。
空間の使い方が凄くて、、、出てきたお花がすべて圧巻だったなあ。映像すべてが芸術的だった!本当にポスターフライヤービジュアルどうにかならんのか、、、
前バャ

前バャの感想・評価

3.9

おもてなし という言葉がありますけども
心の暗闇を吐く
カウンセリングの役割があったんだなと思った。

池坊と千利休が語り合うシーンにはホッコリした。
茶道と花坊主が出会っちゃった感

めっちゃ面白かった
深かった
ラスト大木を生けたシーンは
めっちゃカッコ良かった あの作品好き。

花のパワーって凄いです!というスピリチュアルな花いっぱいの映画では無いっすよ。

「人の心はとても弱い」
という事実を
生け花と茶道の立ち位置を通して知り
心がバランスを取り戻していく物語であった。
eric

ericの感想・評価

2.5
いつも映画のレンタルはツタヤディスカスでランダムに借りてるので、先日TVで相撲界のボス「池坊さん」の家柄を知った後だったから自分的にはタイムリーな感じ。

予告編で期待させるような「痛快」さは最初と最後だけかな?
意外と真ん中はゆったりした感じでした。
れんのストーリーは私的に必要ない気もする…

でも、楽しめたのは安定感のあるキャストと、お花とかお茶とか細部までその道のトップな方たちがご指導されたからかと思う。(特典映像)


あと「湯を沸かすほどの熱い愛」の子役の女の子!やっぱりあの子良い!
emi

emiの感想・評価

2.0
映画というよりも大河ドラマみたい。演技もテンポも映像のスケールも。登場人物たちも魅力に乏しい。もっと華道の作品をたくさん観たかった。
koma2chan

koma2chanの感想・評価

3.6
野村萬斎のこう言う系の映画は大体面白いです。
池坊専好さん、兎に角物覚えが悪く、大事な人の出会いなど綺麗さっぱり忘れちゃう感じです。
豊臣秀吉が茶も花も全然ダメなワガママな猿です。
池坊専好が秀吉に花で仕掛けるシーンは最高でした。
萬斎の怪演…
この顔芸は凄すぎる。

この映画、森川葵が可愛い。
エリー

エリーの感想・評価

3.3
豪華な顔ぶれで贅沢な画面!

なによりも野村萬斎の表情がすごすぎる
普通の時代劇よりもちょっとひねくれたこの映画にぴったり!

後半の芸術家たちの権力に屈しない生き様は見事でした
池坊の生けた花がかっこよすぎる
>|