花戦さの作品情報・感想・評価

花戦さ2017年製作の映画)

上映日:2017年06月03日

製作国:

上映時間:127分

3.5

あらすじ

16 世紀後半、織田信長が本能寺で倒れたのち、天下人の座は豊臣秀吉へ引き継がれ、戦乱の時代が終わりを告げようと していた。だが秀吉の圧政は次第に人々を苦しめていく。そんな中、町衆の先頭に立ち、秀吉に真っ向から戦いを挑んだ僧がいた。その 名を池坊専好。華道池坊の歴史に名を連ねる花僧たちの中、ひときわ名手の誉れ高い専好が、天下人に対して武器としたのは、刃ではな く、命ある花の美…

16 世紀後半、織田信長が本能寺で倒れたのち、天下人の座は豊臣秀吉へ引き継がれ、戦乱の時代が終わりを告げようと していた。だが秀吉の圧政は次第に人々を苦しめていく。そんな中、町衆の先頭に立ち、秀吉に真っ向から戦いを挑んだ僧がいた。その 名を池坊専好。華道池坊の歴史に名を連ねる花僧たちの中、ひときわ名手の誉れ高い専好が、天下人に対して武器としたのは、刃ではな く、命ある花の美しさだった―。

「花戦さ」に投稿された感想・評価

K

Kの感想・評価

-
鑑賞済み
透花

透花の感想・評価

3.7

このレビューはネタバレを含みます

それぞれに、それぞれの良いところがある

どちらが上とか下とか、良し悪しだけではないこと

しん…とした静けさの中にも、芯の通った力強さを感じる花

仏様と相対しながら生けるときの目の真剣さに引き込まれます

野村萬斎さんは、陰陽師のときも思いましたが、本当にその時代に生きていたかのようなそんな佇まいなのが素晴らしかった
普段はあまりこういう作品はチョイスしないのだけれど、チケットを頂戴したのでありがたく鑑賞。
日本アカデミー賞の授賞式に出てくるような日本を代表するような俳優さんが勢揃い。それぞれの役割を全うしていたと思う。
池坊全面協力の生花も素晴らしい。
しかし
何故か心に残るものはなかったかな。
題材として悪くないと思うのだが…なんだか勿体ない。
秀吉と千利休のあの歴史的な確執に、華道家という立場で斬り込んでいった作品。萬斎節コメディかとおもいきや、おそろしくやりきれない展開もあり、想像以上にはらはらしながら観ました。
とにかく、佐藤浩市さんの千利休が渋ダンディで最高。秀吉め…!
🎥映画館で視聴。
花が綺麗、それだけ
Se17

Se17の感想・評価

4.0
わわ!レビュー忘れてた!

えー、浩市さま扮する利休。
柔らかな中にズンと芯があって、美しい。

萬斎さんは萬斎さんすぎて、陽気な演技が1パターンかな?と思ってしまう
のぼうの城のテンションそのままって感じ
て、顔芸すごすぎて尊敬。

脇を固めるその他のキャストも、それぞれ素敵。
ただ、あそこに女性が入る隙はあるのか?もりりんの必要性がもっと見えたら。惜しい。

何かを極めたい。そう思わせる作品でした。
LeonMatsuo

LeonMatsuoの感想・評価

3.9
こんな視点で歴史を知るのも面白い!
Akiii

Akiiiの感想・評価

3.5
長くてほんとは2倍速で見たかったけど話は人の機微や、日本人らしさが丁寧に表現されててとてもよかった。映画ランキング6位くらいに何週かくい込んでいたのも納得。
shion

shionの感想・評価

3.3
花が綺麗すぎて泣ける
>|