花戦さの作品情報・感想・評価

花戦さ2017年製作の映画)

上映日:2017年06月03日

製作国:

上映時間:127分

3.5

あらすじ

16 世紀後半、織田信長が本能寺で倒れたのち、天下人の座は豊臣秀吉へ引き継がれ、戦乱の時代が終わりを告げようと していた。だが秀吉の圧政は次第に人々を苦しめていく。そんな中、町衆の先頭に立ち、秀吉に真っ向から戦いを挑んだ僧がいた。その 名を池坊専好。華道池坊の歴史に名を連ねる花僧たちの中、ひときわ名手の誉れ高い専好が、天下人に対して武器としたのは、刃ではな く、命ある花の美…

16 世紀後半、織田信長が本能寺で倒れたのち、天下人の座は豊臣秀吉へ引き継がれ、戦乱の時代が終わりを告げようと していた。だが秀吉の圧政は次第に人々を苦しめていく。そんな中、町衆の先頭に立ち、秀吉に真っ向から戦いを挑んだ僧がいた。その 名を池坊専好。華道池坊の歴史に名を連ねる花僧たちの中、ひときわ名手の誉れ高い専好が、天下人に対して武器としたのは、刃ではな く、命ある花の美しさだった―。

「花戦さ」に投稿された感想・評価

【黒には黒の良さがあり、金には金の良さがある】みんな違ってみんないい。【金子みすゞ】的なテーマの作品ですね。良いです。日本の古典的な文化、茶と生け花の巨匠が織りなすドラマを、古典芸能の担い手、狂言師や歌舞伎役者が演じた作品ということでも興味深い。
茜音

茜音の感想・評価

3.7
美しく静かな戦い。
刀を抜くことだけが戦ではない。

世にあるものには全てそれぞれの美しさがある。

日本アカデミー賞優秀作品賞
優秀監督賞 篠原哲雄
優秀脚本賞 森下佳子
優秀音楽賞
優秀撮影賞
優秀照明賞
優秀美術賞
優秀録音賞
優秀編集賞
kaho

kahoの感想・評価

3.7
深い。
“それぞれに(良さがある)”。の意味が最後の最後につながって、すんって納得できる。
3438knk

3438knkの感想・評価

3.5
野村萬斎って演技派だったのね。
脚本がちょっとなというかんじ。
C

Cの感想・評価

2.9
専好も秀吉も利休も自分の想いに正直で、ただ純粋だっただけ。それ故の悲劇。
やりきれない場面が多かった中で、人を許すとはどういうことなのか、果たして自分なら許せるのか考え込む中で、救いだったのは花の美しさ。
自分が良いと思うものを良いと声に出せる幸せを感じた作品。
Skyler

Skylerの感想・評価

2.9
機内にて鑑賞

池坊さん監修のお花はきっと
素晴らしいのだと思う。
役者陣も手堅くそつのない演技だったと思うけど、あまり感情移入が出来なかったのはこの世界のことが今一つわからないからか。
機内の小さなディスプレイではなく、
大きな画面ならまた伝わるものと違ったかもしれない。
😀&🤔
キャストの持て余し感が、、、勿体ない…
端折る場面やしっかり描く場面が違ったらもっと素敵な作品になったような…
とは言いつつ、出てくる華は素敵で間延びすることなく楽しめた作品でした✌️
erika

erikaの感想・評価

-
時代劇だからと言って倦厭するのはもったいないような気がします。ちょっと単調で、映像は暗いけれど、なれたら問題ないし、その暗さは花の明るさを引き立たせるためのものなのかなと思った。わたし自身花が好きで、母も少し花を嗜むことから更に楽しむことができたのかもしれない。どきどきハラハラする映画を観たあとや、重たい映画を観たあと、お口直し程度にゆるりと楽しめる映画です。それにしても、実際あんな理不尽で酷い話があったのかな。
ayakuro

ayakuroの感想・評価

3.0
時代物は苦手だが、

花に興味があったので最後まで観れた。

劇中に出てくる花が素晴らしい。
tomo1220

tomo1220の感想・評価

3.3
日本の美しい文化を感じる作品。
野村萬斎の役柄面白い😁

花で戦うとか、花の戦とか
生け花ならでは😊

最後の太閤秀吉とのシーンはヒヤヒヤした。
全体的には良かった😀
★★★☆☆3.3
>|