新選組始末記の作品情報・感想・評価・動画配信

「新選組始末記」に投稿された感想・評価

山崎丞の目線で新選組への入隊から池田屋事件までを描いた作品。
近藤や土方から描く新選組の物語は多いが山崎から描く物語は新鮮。
終盤の池田屋事件の殺陣は見応えと市川雷蔵のなんとも言い難い表情が絶妙で良かった。
あと補完として燃えよ剣と一緒に観たい。
新選組については知識も乏しければ興味もあまりなく、後回しになっていた『新選組始末記』。幕末という比較的近い時代の史実が描かれているだけあって、所詮は架空の話である数多のチャンバラ時代劇を観るような気楽さでは見られないと観てみてわかった。特に日本刀によるテロとも言える池田屋事件の凄惨な場面は、こんなことが現実に起こったのだと思うとゾッとした。

司馬遼太郎や三谷幸喜の大河ドラマなどの影響か、どことなく幕末の爽やかな若きヒーローたちといったカッコいいイメージがある新選組だが、ここでは、その実血腥い人殺し軍団で、切腹強要や闇討ちなどの内部粛正あり内ゲバあり、残虐な拷問ありのグロテスクな集団だったことが描かれている。

中でも土方歳三はかなりイッチャってるヤバい奴。その土方に闇討ちされた芹沢の所業は人間として言語道断で、爽やかどころじゃない。雷蔵演じる山崎は一応主人公なので美しく描かれてはいるが、自分を殺さないため ( 自分の剣の才能を生かすため ) に人を殺す道に入るだの、新選組の一員であることを自覚するために人を斬り殺しただの、よく考えたら常軌を逸している。オーム真理教にも似た理屈だ。一見優しいお相撲さんみたいな若山富三郎に ( 琴欧洲似!)、一番まともに描かれている近藤勇役がよく似合っていた。群像劇ではあるが、主役の雷蔵さんが他の人 ( 天地茂、若山富三郎 ) にこんなに食われている映画も珍しいと思う。

それにしても、こんな輩が市中をうろついて時に天誅と称して人を殺め、挙げ句にこんな大事件を起こされて、当時の京都に暮らしていた人たちはさぞおっかなかったのではなかろうか。みぶろう、みぶろう。

原作になっている「新選組始末記」は、作者の子母澤寛が大正末期から昭和初年にかけて、生き残りの新選組関係者を歴訪し、資料を採集して聞き書きを取り、それを研究者の資料を踏まえた叙述の間に挿入するという、新しい形式でまとめられているという( raizofan.netより) 。読んでみたい。

女性が取り乱しているからといって、頬を張るのは単なる暴力、DV。雷蔵君、アウト。古い時代劇を観るとこういうのがふいに現れるからストレスになる。

それと、三隅作品に多用されている、ジャージャーという電子キーボードの音。これが私にとってはノイズでしかなく、三隅作品を好きになれない大きな一因になっている。黒澤の時代劇がその他のものと完全に一線を隔しているのは、音楽のレベルの高さもあるのでは。

57
つよ

つよの感想・評価

3.0
磔の処刑や暴力的でもある新選組。
近藤勇の男気に惹かれて新選組に入る男。入ってみると悪い面も見えたり。
ひでG

ひでGの感想・評価

3.5
意外と見ているようで、見ていない新撰組ドラマ。

まして、映画となると、ひょっとしたら
初めてかな、、
新撰組がメインとなると、記憶にない。

一番印象に残っているのは、三谷幸喜版の
大河の新撰組。

近藤を香取慎吾、土方を山本耕史
確か芹沢鴨を佐藤浩一だった記憶だが、

今回、画面に初めて登場した、若山富三郎演じる近藤勇を、
西郷さんかと思っちゃいました😅

山崎丞という人物を、
市川雷電が演じて、
芹沢暗殺から池田屋事件までをテンポ良く見せていく。

映画で観るのは初めてだけど、
お話の大部分は知っているので、サクサク観れた。

まあ、史実だから仕方ないのかもしれないけど、
展開の妙みたいなものは少なく、
人物の揺れも、一時的なもので、オーソドックスに進んでいく。

ただ、狭い路地や池田屋など屋内のシーンなど、
手慣れた感じの落ち着いた画面構成だし、役者陣の個性も楽しむことができた

もう少し、近藤勇たちの土着性や武士への憧れみたいなものが出てても良かったかな
とは、思いました。

藤村志保さん、めっちゃ可愛い😍
otomisan

otomisanの感想・評価

4.2
 雷蔵の身ぎれいさが不似合いな新選組、どこに配すかと思えば密偵山崎。もはや鞍馬天狗ではないか。
 実際、医家に養われ医の心得があったそうな山崎が幕末の時局に接して侍を志すとしても、度量悠然たる近藤と差し向わなければ新選組に志願する事は無かったろう。それをメガネ違いというなら、身を勤皇党に投じれば廉潔で居られたろうか?土佐の人斬りらが仕掛けるネガティブキャンペーンを目の当たりにすれば答えは明らか。古典軍記物が伝えない軍事の悪逆さにあちらもこちらも無いとは嫌でも気が付く。
 こんな山崎が白眼を向ける天知歳三の策士ぶりが真率にして無類。討った鴨への弔辞を空涙で飾る城近藤に、これまたワニの貰い泣きか感涙空涙で煽り立てる様子は策に溺れそうな頓智の珍景だ。まあこれなら、京師から東国、函館までしぶとく転戦続けるに器量十分と納得の感がある。そして、弱卒無用の隊にあって蟹の一穴、なまじ情理に厚いばかりに志操の揺らぎを疑われる山崎を、山崎からの不信を刎ね返すように怪しむ。
 こんな正反対の雷蔵・天知を抱擁する城近藤の大懐を天知歳三が自分の軸足の座と心得てる事が島原の一室で分かる。何をしようとどっちを向こうと近藤を立て、そのもとから離れない歳三の長い付き合いの末が、近藤大事に二心無しを感じさせ、まるで三国志のようにいい芝居になってる。これだから池田屋襲撃に向かう展開での二人の不一致の険悪さと、終結時の山崎と三人の和解の清々しさが際立つ。
 しかし、暗殺合戦の日々なればこそ、度々割り込む荒事の強烈さも目を引く。冒頭から鴨の河原の晒し者に血脂がのると切れ味が殺がれる刀争の、腕の良くない二人が斬り合う際限なさに始まって、土佐の人斬りの抜討ちで投げ出される口軽の死体、山崎自身も隊に挺身する決意の四人斬り、その報復を受ける志保との逢引きの場、おなじみ升屋責め、中々見事な池田屋事件まで。
 闘場の度に何かの切っ掛けが生まれては何かが潰える。最後、池田屋で雷蔵、隊士の結束に絡みとられ志保を見失い、志保もただただ雷蔵を見送るばかり。最早絵に表れない、物語を置き去り消えゆく雷蔵と事件の名残りの遺骸の間に立って、志保がひとり雷蔵から遠ざかっていくだろう自らへの諦めのような感じが、志保の表情を逃し空ばかりとなった画面が、この話のもうひと方、志保の行く末、希少な女蘭方医としてやがて長崎に修行に赴くのだろうが、遠からぬ雷蔵山崎の死ぬまでとどう臨むのだろう?混沌とした将来を暗示される。
 時局に接し死に急ぐような男たちと医家に生まれ契機と幸運とを得て命を守り癒す仕事に活路を掴む女との対照が、かつてない幕末物語を産んだ。新選組が切開いた話はそれとして、その結果、雷蔵山崎をして志保を諦め、結果、志保の背中を押して新しい時代、大手を振って歩ってくれよと告げるような。なぜか一緒には歩けないのかねと思わせる。ならば、山崎でなければよかったのに。と言ってはお終いなんだが。
時代劇チャンネルは、新選組まつり。市川雷蔵主演で山崎丞をフューチャーした本作を鑑賞。大映京都なんで京都の街が見事に描かれている。そして近藤勇に男惚れした山崎丞は、浪人生活から新選組に参加。次第に土方歳三の組織至上主義による恐怖政治に疑問を持ち始める。新選組は、暴力装置なので山崎丞の観点は、面白い。池田屋事件まで描かれその後がないのが残念だ。天知茂の土方歳三がなかなか意地が悪くていい。若山富三郎も人間味のある近藤勇は、よかった。
市川雷蔵主演映画は初めて。
山崎烝を主人公に据えた珍しい作品。
実際の山崎は、殆ど実情が判っていない隊士。
子母澤史観の厚いベールが掛かった人。

新撰組モノらしく、友情、恋愛、裏切り等、動乱期に咲いた人間模様が描かれており、充分に楽しめました。

実際の新撰組隊士は、幕末を駆け抜けた青年達。
年齢は、大河ドラマの「新撰組!」が近く、俳優陣が重厚感ありすぎかなぁ。

古き良き映画としては良かったです。
くずみ

くずみの感想・評価

3.5
構図が冴えまくる。前景と後景、アンシンメトリーを意識した奇矯さに加え、さらりと流し込まれる京の風情もいい。路地、張り込みで見下ろす商家、祇園祭の宵々山など。池田屋は凄まじい。
色合いが実家の食卓っぽいのはあえてなのか。シックといえばシック。

悩める山崎烝が雷ちゃんで、いろんな事件に出張ってくる。鬼の副長は天知茂。かっけー。
mitakosama

mitakosamaの感想・評価

3.7
原作は子母沢寛の小説で、主役の雷蔵が演じるのは新撰組の山崎烝
新撰組の中で山崎烝をフィーチャーした珍しい作品だね。

浪人の山崎だが、新撰組の近藤勇に惹かれて入隊。この近藤に若山冨三郎。土方歳三には天知茂。濃ゆいコンビだなー(笑)

芹沢鴨が田崎潤。凄い暴れん坊。
最初は良い人だと思った近藤は芹沢を暗殺。しかも嘘泣きで弔辞を読む。ここ笑うとこだよね。
お陰で山崎烝は、思てたのと違ーう!ってなっちゃう。

代官所でも人斬りしちゃって問題になるが、沖田にも試され理不尽な惨殺に加担。すっかり嫌んなっちゃう。
馴染みの女の所に入り浸る。

この映画の上手いなと思う点が、緩急がある所。例えば山崎と女が会っている部屋に急に暴漢が乱入する。緩和からの緊張が凄い。急に差し込まれるチャンバラ−バイオレンスが油断ならない。

暫く身を隠していたが池田屋事件を察知して…。
雷蔵の誠実なキャラが新撰組の異端児として際立つ。三隅健二の演出も流石。
くらげ

くらげの感想・評価

3.0
市川雷蔵が山崎烝を演じる異色作、天知茂さんの土方さんがカッコよくて色っぽい、
にしても山崎烝は監察としてのイメージなのでちょっと熱血隊士の山崎がなんか違和感があったり、武士に憧れ新選組に憧れ入隊したが
入ったら想像と違っていた
人が増えるほど隊としての統制は取れなくなる
数々の死線を乗り越えて初めて新選組の山崎烝になるのを見た気がした。
>|