柘榴坂の仇討の作品情報・感想・評価

柘榴坂の仇討2014年製作の映画)

上映日:2014年09月20日

製作国:

上映時間:119分

3.5

あらすじ

安政七年(1860年)。彦根藩士・志村金吾(中井貴一)は、時の大老・井伊直弼(中村吉右衛門)に仕えていたが、雪の降る桜田門外で水戸浪士たちに襲われ、眼の前で主君を失ってしまう。両親は自害し、妻セツ(広末涼子)は酌婦に身をやつすも、金吾は切腹も許されず、仇を追い続ける。時は移り、彦根藩もすでに無い13年後の明治六年(1873年)、ついに金吾は最後の仇・佐橋十兵衛(阿部寛)を探し出す。しかし皮肉にも…

安政七年(1860年)。彦根藩士・志村金吾(中井貴一)は、時の大老・井伊直弼(中村吉右衛門)に仕えていたが、雪の降る桜田門外で水戸浪士たちに襲われ、眼の前で主君を失ってしまう。両親は自害し、妻セツ(広末涼子)は酌婦に身をやつすも、金吾は切腹も許されず、仇を追い続ける。時は移り、彦根藩もすでに無い13年後の明治六年(1873年)、ついに金吾は最後の仇・佐橋十兵衛(阿部寛)を探し出す。しかし皮肉にもその日、新政府は「仇討禁止令」を布告していた。「直吉」と名を変えた十兵衛が引く人力車は、金吾を乗せ柘榴坂に向かう。そして運命の二人は13年の時を越え、ついに刀を交えるが……。

「柘榴坂の仇討」に投稿された感想・評価

やぶ

やぶの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

桜田門外の変で井伊直弼の護衛として仕えた武士の話。主君を救えなかった主人公と、暗殺した武士の半生を描く。

廃刀令にて刀を奪われ、武士が武士としての特権が失われ、時代が移りかわる中でも、武士としての心は失っていない様が描かれており、非常に感動した。
13年って長い?短い?
少なくても変化の度合いは、今よりずっと大きい時代だよね。
桜田門外の変で井伊直弼の警護役の侍が襲った水戸藩の者を長年にわたり探し仇討ちしようとするお話
2018.4.19
個人的に中井貴一があまり好きではないのですが、この作品は中々面白かったというか、趣深い作品でした。

初めて真飛聖が良いと思えた作品でもあるかな。阿部寛との距離感が良かったです。
2018 5.14 鑑賞
いい映画です。広末涼子にチト不満。デビュー当時から変わってないみたいな・・
NAO

NAOの感想・評価

3.0
久々に歴史モノを観た。
浅田次郎の物語は見終わりが良い。
しかもわかり易かった。
音楽が良いさすが。
浅田次郎の小説は好きだけど、やっぱ壬生義士伝派かな〜
あと奥さん役は逆の方がよかったんじゃないかと…
sirotaka

sirotakaの感想・評価

3.6

このレビューはネタバレを含みます

誰もが知る重大な事件桜田門外の変にまつわるフィクション。
実際の歴史には名を残さない彦根藩士やその家族にとっては、最悪の出来事であったろうと思われます。
映画では、主人公は前を向いて歩きだしますが、現実は悲惨だったんだろうな。
Kota

Kotaの感想・評価

3.3
日本人ですが 時代劇の映画は所々 何を言っているのか分からないところがあります。何となくニュアンスで分かりますが…

ストーリーは好きですが もう少し展開よく作って頂きたかったです。
めがね

めがねの感想・評価

3.4
んー、お互い死なずに済んだのは良かったけど、なんかこうやっぱり金吾は13年分の思いをまだどこか絶対で持っているだろうからこの終わり方は少しもやもや。もう一つなんか欲しかったかも。
>|