ウルトラマンサーガの作品情報・感想・評価・動画配信

「ウルトラマンサーガ」に投稿された感想・評価

655321

655321の感想・評価

4.0
すごく面白かった記憶。
普段観ないタイプの映画も積極的に観ていきたいと思ったきっかけの一つ。
AKN

AKNの感想・評価

4.6
ゼロ、コスモス、ダイナ
地球防衛隊、AKB
ゼットン(CG)

全員まじで泣ける展開あり
かっこよすぎて泣く

「君だけを守りたい」号泣


DiVAのlost the wayのライブ行っててよかった
青T

青Tの感想・評価

5.0
3人のウルトラマンとその故郷、生き残った防衛隊、子供たち、怪獣、音楽、それぞれ良さが最大限に出ていた!
いいところありすぎてとても満足な映画。
それでいて、すっきり完結するからテレビシリーズ見てなくても楽しめると思う。


タイガがゼロと共生する時の赤い光に包まれるところ、映画ULTRAMANのと同じ感じだ!

仮面ライダーと違ってウルトラマンになる人はずっと同じ俳優さん。
コスモスの声も聞けて嬉しい。
ダイナの復活シーンかっこよすぎて震える。
エンディングの映像でも感動。
mie

mieの感想・評価

4.0
おもしろかった。
なんでと思う箇所はあるがストーリーは飲み込めた。

DAIGOも馴染んどる。
秋元才加も凄い
ゼットンが強そうに見える!。
2011年に公開されたのを考えると、エンディングは希望だな。
結局あっさり電気は供給されるが、人間の心の火は未だに灯ってないよ。
折光

折光の感想・評価

4.5
多数の過去作要素、近代日本最悪の時期、そして何よりウルトラマンに本来なら入ってこない「異物」……といったものを消化する為に労力を使った結果、万人受け狙った具材のチョイスのはずなのに生まれてしまったちょっと変な映画。
しかし、それ故に全ての要素を肯定的に捉えた人にはとことん刺さる。そういう映画。
ちなみに僕は刺さった人間。
verafilm

verafilmの感想・評価

3.0
ゼロが主役で、コスモスダイナが出てくる作品。

ゼロの歴史の振り返りで当時映画館で見たが、YouTubeで配信されたゼロファイトに繋がるので見ておけと特撮オタク弟からの司令で再度鑑賞。

話の流れとしては面白いし、熱い展開でウルトラマンだなぁって感じ。ゼロのお得意?のギャグもあり!
DAIGOのセリフも笑えるけどまぁまぁ。
ただ、AKBがかなり出てきてて悪くないんだけど、ゴリ押しがすごい。でもかっこよくて悪くはない!

子供には楽しく見れるし、The特撮ウルトラマンだから熱くなれるしいいかと思う。

東日本大震災があった時に作られたと思うと感じ方もちょっと変わります。
紅茶

紅茶の感想・評価

3.9

このレビューはネタバレを含みます

 三位一体のサーガ、最高かよ!
 エモい。
 強いwww見事なチートラマンだわ♪

 とはいえ最初はね~、AKBだか何だかわからん女共がまるでデビュー戦のようにいて視聴率狙いかよって思ったんだwwでも演技下手じゃなかったから、いつの間にか受け入れてたwww
 それに彼女たちの子供を守る姿勢、自分に出来る最善に向かって頑張る姿感動したわ。
 コスモスはね~、理想を現実にしたウルトラマンだよね!
 怪獣との共存。それがニュージェネ大地にも勇気を与えたりって素敵だわ。最初こそ全然攻撃しないなんて相容れないわって思ってたのに、結局こっちの気持ちすらも変えてしまったコスモス。最高ですww
 ダイナは~……むしろつるのが……演技力あると思っていたのだが、どうやら勘違いだったらしい。だが、ダイナは好きw
 ゼロ師匠は、マジ最高だった。
 DAIGOなタイガとのコント状態www二人目だけどまだまだ人間との距離感が開いてて、段々と同じ目的に向かって力を合わせていく様とか、少年漫画な流れ好きだわ~~!w
 またどっかでサーガ登場してほしいなぁ。
いこうぜ、みんなで生きていこうぜ!!

東日本大震災直後に作られたというのもあり、そこに込められたメッセージ性とヒーローとしての精神性が余りにもストレートでボロボロ泣いてしまった。
真栄田

真栄田の感想・評価

2.5
ゼロは好きだし、世代としてはダイナとかコスモスの客演自体は嬉しいんだけど
なんか取ってつけたような展開が続いたなぁ、って印象です
でも中盤の或るシーンとかは、3.11後にこの映画を作る意義が有ったと感じれたし
部分毎に観ると好きな要素とかシーンとかは結構有りました

あとネエちゃん達がなんかエッチでした
僕は、子供が観る映画程本気で制作しないと子供の指示は得られない思っています。

丁寧に作った良い映画だと思います。

子供に夢を与えられれば100点の映画なので、大人が語る事は何も無いです。

ただ、ウルトラマンティガ世代なんで色々合体したり驚きました。
>|

似ている作品