かたつむりの作品情報・感想・評価

かたつむり1966年製作の映画)

Les Escargots

製作国:

上映時間:10分

3.4

「かたつむり」に投稿された感想・評価

Sirma

Sirmaの感想・評価

3.7
ファンタスティックプラネットに引き続き鑑賞。

じいちゃんが全ての元凶。涙を流すためにさまざまな努力をするシーンはユーモアたっぷりで面白かった。

理性をもつドラーク人とは違い、カタツムリには本能しかない分なおさらタチが悪い(エサをおびき寄せられるほど知能は発達したけど)
ファンタスティックプラネットにおいて彼らの人間への認識は変わったけど、本作では頭から最後まで単なる捕食対象にすぎなかった
en

enの感想・評価

3.5
不作に悩む農夫が偶然流した涙によって、野菜が巨大化したが、その野菜を食べたかたつむりもまた巨大化していくのだか...って話

涙で作物が育つと知った農夫が、タマネギから謎の機械を用いるまでになる過程に笑っちゃう。かたつむりの行動が謎だけど、巨大化した分賢くなりすぎて概念をオブジェクト化したのかなと...
作物が育たず困るジジイ。
「もうダメだ…」と涙を流すと、作物が育っていくではないか!
玉ねぎ片手に涙を流しまくるジジイ!
だが、大きくなるのは作物だけではなかった…



『ファンタスティック・プラネット』のルネ・ラルー監督の短編。
不気味ながらも癖になるアニメーションです。

昆虫が巨大化して襲いかかる映画は多いですが、この作品では巨大カタツムリが襲ってきますΣ(゜Д゜)
ヌメヌメ動くカタツムリが気持ち悪い…

女性の着替えを覗く変態カタツムリには笑ったw
とはいえ、容赦なく人間が喰われるのでゾッとする…

このパニックの原因が涙流したジジイかと思うと少しおかしいけどね(^o^;)


原題「Les Escargots」で検索すると観れます。
タカミ

タカミの感想・評価

3.5
『ファンタスティック・プラネット』に続き、ローラント・ポールとルネ・ラルーの短編アニメ。
やはり怖い笑。
怖さで言えばこっちの方が怖い。救いがない。
理不尽で愚かな現代社会の風刺。
もう笑うしかないからブラックコメディかもしれない。
共通して言えることだが、人間がカクカク動くとかクレジットが微妙な位置にズレるとか小さな動きが不穏満点。
12分の短編なのに世界を作り込んでいて、これも圧巻。
『ファンタスティック・プラネット』とセットでどうぞ!
ダリの絵画(寧ろマックス・エルンストか?)とテリー・ギリアムのアニメーションが融合したような不気味な雰囲気は同じくローラン・トポール&ルネ・ラルーの共同制作である『ファンタスティック・プラネット』でも見られたが、本作は短編である分ストーリーの秩序や論理性が失われ、その悪趣味ぶりに拍車が掛かっている。物語性を重視するのではなく、生み出されたユーモアやアイデアにストーリーラインを調整するタイプの作品に近い。

地平線に人間の乗った球体が点在する。その一つにクローズアップすると、乾涸びて地に張り付いた作物を育てようと物理的に引っ張る老人がいる。磁石を利用して引っ張ってもてこでも動かない作物を見て、憔悴の余り涙を流す老人。するとお爺さんの涙が掛かった作物がみるみるうちに大きくなった(ベタだなあ)。味を占めた老人は玉葱や本、遺骨等を用いてあらん限りの涙を絞り、とうとう全ての作物を立派に育て上げる。ところが…

我ながらあらすじを書いていてめちゃくちゃだなこの話。アイデアの根幹はファンタスティック・プラネットに近いけど、カタツムリは話が通じない分ドラーグ族よりも余計タチが悪い…と思ったら、猫の姿を映し出して擬態を図るとか知能派じゃんこいつら。最悪だな…。

スペクタクルなクライマックスからどういう結末に持っていくんだ?とワクワクしながら観ていたが、オチのせいで妙にB級ホラーみたいなしょっぱいFINを迎えてしまった。
別にブラックユーモアでも良いけど、その安っぽい終わり方はイカンよなあ。
RIN

RINの感想・評価

-
かためつむり 片目瞑り 瞑想するように垂れ流すメインソース
煙が目にしみただけと落とす涙に ふくまれた塩分がとかすかたつむり
急かせな世界はサーカスと化す やがて頭に小さな花咲かす

て架空のセリフが畑の上をバタフライエフェクトしながら羽ばたいてました
ルネ・ラルー 傑作短編集
畑の食物が萎れて育たない。
あーでもないこーでもない、手を尽くした末おじさんの涙で育つ事に気付く。
玉葱抱えて泣きながら水やりする姿が本当なんとも…
もうその土地は捨てて違う場所で…
育った食物とかたつむり
かたつむりが大きいのか人が小さいのか、その後のうさぎ見た感じだと後者かな…
この世は無慈悲
Aoi

Aoiの感想・評価

-
個人的に本編の『ファンタスティック・プラネット』よりもこっちの方が怖かった。けどいい。
Guy

Guyの感想・評価

-
おじさん…もう良いよ泣かないで良いよ…
違う星で農家やろうよ。
頭蓋骨はなに?奥さん?
ラストのバッドエンドは容易に想像できたけど不条理すぎて笑える。
しかもカタツムリの話じゃ無いんかい!
そして最初のシーン何?え?
シュールなコメディかな。
なんかよく分かんないけど最高。
Ryuga

Ryugaの感想・評価

3.2
ファンタスティックプラネットと一緒に見た。
この世界はかくも不条理であるということを痛感させられる作品。
深夜に見るものではない。
>|