プリズン・エクスペリメントの作品情報・感想・評価

プリズン・エクスペリメント2015年製作の映画)

The Stanford Prison Experiment

上映日:2017年07月19日

製作国:

上映時間:122分

3.4

あらすじ

1971年8月―。スタンフォード大学心理学部のジンバルドー教授(ビリー・クラダップ)は、夏休みの校舎を利用してとある実験を始めた。被験者として募集された男子学生を9名の看守と9名の囚人グループに分け刑務所生活を再現し、“役割”が、人にどう影響するかを調べるというものだった。看守は囚人に暴力を振るわないことなどいくつかの条件の下、実験は始まった。囚人番号8612となったダニエル(エズラ・ミラー)は…

1971年8月―。スタンフォード大学心理学部のジンバルドー教授(ビリー・クラダップ)は、夏休みの校舎を利用してとある実験を始めた。被験者として募集された男子学生を9名の看守と9名の囚人グループに分け刑務所生活を再現し、“役割”が、人にどう影響するかを調べるというものだった。看守は囚人に暴力を振るわないことなどいくつかの条件の下、実験は始まった。囚人番号8612となったダニエル(エズラ・ミラー)は、刑務所に収監されるが反抗的な態度から屈辱的な命令がエスカレートし、遂には暴力にまで発展する。しかし、監視カメラで様子をみているジンバルドー教授はスタッフの制止もきかず実験の続行を命令する…。一方、ダニエルはひとり気が狂ったふりをして脱出し、皆を助けに戻ると約束するが…。

「プリズン・エクスペリメント」に投稿された感想・評価

moto

motoの感想・評価

3.0
カリコレ2017
観ているこっちまでおかしくなるんじゃないか、というくらい引き込まれました。
実験する側、看守、囚人の誰に感情移入するかに申込みよっても見方が変わってくると思います。
正直見たあとは気分が悪くなりますが、実際にあった出来事と考えるとなんとも言えない気持ちになります。
果たして自分が同じような立場になった時にどういう行動を取るのだろうかと考えさせられました。
緊張感MAXのまま観終えた。
教授サイコパスかよ…と思うが、あの実験が有益だったことは否定できないし
それを題材にした映画を観に行く我々もまたサイコパスに片足突っ込んでるのかもしれない。おわり
mooz

moozの感想・評価

3.0
私なら殴る!
みや

みやの感想・評価

3.5
恐怖政治やカルト宗教ができていく様子を見ているようでした。

とてもとても気分が悪くなるのですが、本能の脆さ、残酷さを突きつけられて、自分に自信が無くなった。
esを観た時は、ここまで苦しくなかったように思うんだけどな。

2017年劇場鑑賞50本目
Michelle

Michelleの感想・評価

3.8
カリコレにて鑑賞。これが実際にあった実験であるというのは以前テレビか何かで観たことがあるくらいで、どのようなものなのかはあまり詳しく知らなかった。正直エズラ目当てで観てしまったが、内容は確かに衝撃的だった。人に権力を与え、個性を失わせるととんでもないことになってしまうんだなと思い知らされた。実験対象の生徒だけでなく、実験監督の教授ですらも狂ってしまったこの実験と人間に恐怖を感じた。精神に異常をきたす進行度合いが、僅か1日で大幅に膨れ上がってしまうのも恐ろしい。
でも色んな人に観てもらいたいなと思う映画だった。小規模でやるのは勿体無い。エズラの尻も見れるのに(?)。
私的にはesよりはちょっと安心して見られる感じだった。同じ実験を題材にしてるので後味悪い事には変わらないけど。esを観た当時若かったってのもあるだろうけどより暴力的でとても怖かった記憶があって…。
こちらの方が事実に近いのかな?というリアルさを感じたのでダメな人はダメかもしれない。


エズラくんだけ妙に肌露出多いのは…その…需要のためでしょうかね…。
ぴな

ぴなの感想・評価

3.0
シアター2

「es」が面白かったというか、印象に残った作品だったので、同じ題材を扱ったこちらも。
エズラはもちろん、他のキャストの演技力もリアリティがあった。
度を越していく看守役には吐き気がするし、実験を管理していた側もいつの間にか実験に巻き込まれていく様は何とも言えない気持ちに。

『ミルグラム実験』と同様、『実験』『研究』という大義名分の元に与えられた『役』であれば、人は平気で残酷になれるという恐ろしい結果が露呈する。
「es」の方がより暴力的だった分、こちらの方が逆に生々しい。
ゆき

ゆきの感想・評価

3.3
究極の人体実験。

1971年8月。被験者は18人の男子学生。9人ずつ看守役と囚人役に分けて刑務所生活を再現したスタンフォード監獄実験を描いた一作。

「es エス」を子供の頃見てトラウマになったこの実験。
エズラ・ミラー目的で勇気を持って観に行ったら、何度も見るに耐えて立ち上がりそうになりました…予想以上に後味悪かったです。過去作よりリアルさが強かった。
人間は立場を意識することでこんなにも変わるのか。自分にも潜む弱さだと思うと怖い、本当に。

個性の強い若手俳優さんがたくさん出てるのでお目当がいる方には良いかもしれません。
カリコレで観ました。
esは観ていません。実験のことは聞いたことあり。どうやらエズラの演技ヤバいらしいので観ることを決めましたが、すごいのはエズラだけじゃなかったっす。全員ヤバかった。初日のこそヘラヘラ笑いながらやっていたものの、夜勤看守チームのミスタージョンウェイン(マイケルアンガラノ)がやってきたところあたりから、急にヤバくなっていき、早くやめてあげればいいのに!とフィル(ビリークラダップ)が一番ヤバいんだな。と思ったけれども、あの人たちあれでお別れしないで結婚したんだな…。ネルサンエリスが凄いなって思ったんだけど、7月に亡くなってたのはびっくり。エンドロールに出てくるエズラとマイケル アンガラノ(オールモストフェイマスに子役で出てたらしい!)が会話してるところとかもう、なんかすごかった。観てよかったです。嫌映画だけど。
字幕翻訳/不明
>|