プリズン・エクスペリメントの作品情報・感想・評価

プリズン・エクスペリメント2015年製作の映画)

The Stanford Prison Experiment

上映日:2017年07月19日

製作国:

上映時間:122分

3.2

あらすじ

1971年8月―。スタンフォード大学心理学部のジンバルドー教授(ビリー・クラダップ)は、夏休みの校舎を利用してとある実験を始めた。被験者として募集された男子学生を9名の看守と9名の囚人グループに分け刑務所生活を再現し、“役割”が、人にどう影響するかを調べるというものだった。看守は囚人に暴力を振るわないことなどいくつかの条件の下、実験は始まった。囚人番号8612となったダニエル(エズラ・ミラー)は…

1971年8月―。スタンフォード大学心理学部のジンバルドー教授(ビリー・クラダップ)は、夏休みの校舎を利用してとある実験を始めた。被験者として募集された男子学生を9名の看守と9名の囚人グループに分け刑務所生活を再現し、“役割”が、人にどう影響するかを調べるというものだった。看守は囚人に暴力を振るわないことなどいくつかの条件の下、実験は始まった。囚人番号8612となったダニエル(エズラ・ミラー)は、刑務所に収監されるが反抗的な態度から屈辱的な命令がエスカレートし、遂には暴力にまで発展する。しかし、監視カメラで様子をみているジンバルドー教授はスタッフの制止もきかず実験の続行を命令する…。一方、ダニエルはひとり気が狂ったふりをして脱出し、皆を助けに戻ると約束するが…。

「プリズン・エクスペリメント」に投稿された感想・評価

ナカノ

ナカノの感想・評価

3.6

このレビューはネタバレを含みます

ここ最近見た映画で一番モヤモヤする映画です、、、。
囚人役の子たちは「役」であって、犯罪を犯して捕まったわけでもなんでもないのにどんどん人間としての権利すらもない状態になっていってしまうし、正常でないのに、実験のためにしか目が行かずそれを止めない教授、、、、、
予告動画の宣伝通り人間がどんどん壊れてるのに、実験を優先するばかりで、、っていう様子が続いて途中まで割とキツかったです、、、。
これが実際の話っていうから恐ろしい、、、、
ねこ

ねこの感想・評価

-
フィリップジンバルドの本をベースに作られた映画だということを差し引いてみる必要があると坂上香さんがアフタートークで言っていた。大変腑に落ちる解説。
第7回死刑映画祭にて。
役割とか権力というシステムに対して、人間がどう変化してしまうのか。観てて心苦しくなるが素晴らしい作品です。
ゆっこ

ゆっこの感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

人間はいかに無力で脆いのか。簡単に1人の人間が壊れていってしまう恐怖。
最後の囚人役と看守役の2人が話しているシーンで「誰も止めなかった」と言うセリフに衝撃的だった。
権力で人を支配している人自身も権力と言う見えないもので縛られて”本当の自分”を見失っている姿が映し出されていた。

この残酷で暗い映画の中でエズラミラーが子犬のように涙を流している姿が見れるのは最高◎◎
がい

がいの感想・評価

3.7

このレビューはネタバレを含みます

刑務所って更生する場でしょ?こんな看守ってホントに居るの?と疑っちゃうほど延々とムカムカするほどの「虐待」とも受け取れる実験中よりも実験終了後のインタビューのが刺さって2度見した
主になるモノも恐ろしいけど周りの傍観者も恐ろしい
「いじめ」もこんな空気の中で進んでしまうんじゃないかと思ったりもした
心理系の映画はおもしろい。
人間がいかに脆く、思い込みで
強くなるかが現れている。
rann

rannの感想・評価

3.7
大好きなスタンフォード監獄実験を
描いた作品の第三弾。
初めて『es』を観たときは衝撃で、
人間の行動心理を描いた作品に
惹かれるようになったきっかけでした。

『es』の方は小説が原作なので、
実験内容の事実に着色がありますが
この作品は史実を描いたもの。
それでもやっぱり実験開始早々に
看守は看守らしく
囚人は囚人らしくなって
客観的に見ると常軌を逸した状況になってしまう。
それでも被験者たちは歯止めを利かせられなくなるのが
不思議で、面白くて、そして恐ろしい。

ハンナ・アーレントの名言
"悪行は、ごく平凡な人間が行う"って言葉が
的を得ている気がしてくる..
もとの個人の性格は与えられた環境や立場によって
抑圧されたり変わってしまったり..。
自分ならどうなるのかな。
この実験に参加してみたいなと少し思った。少し。
これが実話だったことが最悪な映画。
終始イライラしかしない。
ストーリーは
普通の大学生を看守と囚人に
分けて模擬刑務所を作るんだけど
どんどんエスカレートして
本物の刑務所の様になる。
クソみたいな実験。
これで何かわかったとしても
絶対世の中には役立たない。
イライラしかしない。
でもこんなことが本当にあったんだってことは知っててよかったかも。
人間って怖い。
夏休みに大学の心理学者が人を集め看守役と囚人役に別れて刑務所生活を体験。完全に隔離して人の行動、心理はどう変わっていくのか実験をするもの。

設定は「エス」と同じもの。

とにかく役者の演技が凄い。こっちまで引きこまれてしまうのだが

中盤以降脱落者も現れ緩くなったあたりでこっち側の緊張感も薄れてきた。
観察側の研究者たちも
「これは実験なのか?大ごとになるのでは」と疑問を抱き嫌気がさして
教授から離れていく。


やはり看守と囚人が絶対逃げられない中での心理描写、崩壊の衝撃が大きい「エス」の方が面白いと思った。


今作は教授がこの実験は学生たちを危険な方向に誘ってしまうことに寸前で気づいたのでエスのような最悪の展開にはならなくて済んだ。


気になる方はエスも是非見てほしい。

このレビューはネタバレを含みます

【ストーリー】
健康なスタンフォード大学生を対象に、心理学的実験を行う話。
心理学教授は学生18人を囚人と看守に分け、2週間、大学構内で仮想刑務所を造り、実際の刑務所のような生活をさせる。
実験のルールは、暴力は禁止、ルールに則れば途中でやめられる、etc・・・
看守はすぐに支配的になり、囚人役に筋トレや歯向かう囚人を独房に入れたりしていた。
囚人たちも看守の行動に腹が立ち、反抗するが失敗。脱獄を試みようしたり、看守を殴ろうとする行動も。
しかし、2日目で囚人の1人は脱落。4日目にもう1人脱落。そして、2週間の予定だった実験はわずか6日で終了した・・・実験後の学生達に、心理的後遺症は認められなかった。

【感想】
看守役の人達が最初からルールを破り、非人道的なことをしてたのが、観ていてとてもイライラした。教授も実験と言いながら、それを止めなかったのも腹立たしい。ジョンウェインともう1人の看守役の男、教授が観ていて、常にイライラ。
実際にあったことだと思うと、有り得なさ過ぎて、反吐が出る。自分だったら最初から看守に殴りかかってると思う。
>|