es [エス]の作品情報・感想・評価

「es [エス]」に投稿された感想・評価

こ

この感想・評価

-
"権力を持つと変わる"って
まさにこの映画が体現してた
実態のない恐ろしい武器
2週間にわたり仮の看守と囚人に分かれて実験を行う映画
看守役がどんどん人を虐げる快感に溺れていく描写はよく出来てた
後半から多少荒唐無稽な感じも否めない
しゅっ

しゅっの感想・評価

4.0
人間はヒートアップするとこうなってしまう。。
ドイツ語勉強するついでに見ましたが、ストーリー面白すぎて捗りませんでした。
BeSi

BeSiの感想・評価

4.7
スタンフォード大学で実際に行われた心理実験をもとに作られた映画。極限状態に追い込まれた人間の本性を生々しく描いている。人間は役割というものをを与えられるとここまで変わり果ててしまうのか。「看守」と「囚人」...。囚人の人権は存在しないものとする時点で被験者たちのこれからの悲惨な有様が想像出来なくもないが、2週間行うはずが、わずか7日で中止になってしまったこの実験は、少なくともなにか意味はなしていると思う。身分の差を示した上で2種類の人種に分けて、対立させるとどのような現象が起こるのか。暴力、欲望、侮蔑。エスカレートする看守たちの行動によって刑務所内の秩序が崩壊していくとともに被験者たちの精神も異常をきたす。そしてその様は観る者の心を締め付ける。この作品は人間の醜い本性や野生の心の狂おしい進化をとても鮮明に映し出している。人によっては好き嫌いは分かれるかもしれないが、私としては、看守と囚人との対立で感じた緊迫感や人間の醜い部分についての共感が、強く頭に印象づけられた。アカデミー賞外国語映画賞ドイツ代表作品にも選出された、とても興味深い一本。
囚人と看守の話でこれを思い出した。
面白いんだけど共感性羞恥が煽られて嫌な気分になる映画。
普通の人間が権力を与えられただけであそこまで暴走するのか、、と恐ろしくなった。虐待や暴力シーンなど不快な描写が多かったけど、知っておくべき事実なんじゃないかと思ったり思わなかったり。
miy

miyの感想・評価

4.0

︎︎︎︎︎☺︎DVD︎︎︎︎︎☺︎

なぜか定期的に観たくなる!!
実話ってだけで人って本当にこわい。
同じ立場のはずなのに
短期間でこんなに変わるんだから
毎日同じ日常を送る世界の人達や
いじめの上下関係は本当にこわいな。
あおい

あおいの感想・評価

3.8
これか〜〜!!昔みてずっと探してた
スタンフォードの実験!人間がどれだけ役割に支配されるか!ただ2週間演じるだけやのに、精神状態の問題で続行できない常態にまでなってくのがすごい、、
生徒に電流を流す実験もそうやけど、めっちゃ面白かったなあ、自分が高い地位にいたら自然とそう振る舞うのが人間なんかな
アイヒマンの行動を調べるためにミルグラムが行ったんが服従の電流の実験やけど、実験の観点が似てるからこの監獄実験もミルグラム実験のバリエーションって考えられてる!

このレビューはネタバレを含みます

大学の一般教養の心理学で紹介されて観た映画。

高額なバイトとして心理学実験の被験者を募集。その内容は、囚人と看守役に分ける心理学実験を行うというもの。

最初は平静さを持っていた被験者たちは、徐々に囚人と看守として変化していき、看守は暴力行動まで取るに至る。

スタンフォード監獄実験がベースになってて、被験者のステレオタイプなイメージから作り出される看守と囚人のイメージに飲み込まれていく姿は圧巻。

この映画は、学生時代に観たものですが、10年たった今でも鮮明に記憶に残ってます。

名作です。
よしき

よしきの感想・評価

4.0
こんな人を人として扱わないような実験が実際に行われていたと思うとゾッとした。
人間の本質は全員同じで、環境によっていい人にも悪い人にもなりうると感じた。環境に負けず常に自分を貫ける人間になりたい。
>|