ゴールデンボーイの作品情報・感想・評価

「ゴールデンボーイ」に投稿された感想・評価

ヒロ

ヒロの感想・評価

4.1
原作からずれてはいないが
原作のほうが圧倒的にシリアスでスリリングだった

ジョジョに似たエピソードあったなぁ
ここから拝借してるのか

原作:スティーヴン・キング
監督:ブライアン・シンガー
脚本:ブランドン・ボイス
主演:ブラッド・レンフロ/イアン・マッケラン

日本公開 1999年6月26日
私は好みでしたが、好みじゃない人も多いかも。人間の内面の怖さの表現がとてもいいです。ちょっと悪趣味なところはまあ、スティーブン・キングなので。
みぽち

みぽちの感想・評価

3.6
サイコパスレンフロ😨人間の怖さを生々しく描いてる。大衆評価低めだけど個人的には⭕️
36さる

36さるの感想・評価

3.0

歴史の授業をきっかけにナチスに興味を持った少年と戦争裁判を逃れた元ナチス士官の奇妙な関係を描いた作品
淡々と進んでいきますが、時折心理的に恐怖を感じさせる
ユージャルサスペクツでブライアン・シンガーに興味を持って鑑賞。漫画「モンスター」の主人公みたいなサイコな少年良かった。イアン・マッケランも良かった。キング原作だし期待していたため、インパクトは弱かったが、ブライアン・シンガーの堅実な作家性はよく分かった気がした。
K

Kの感想・評価

4.0
優等生だった主人公はある老人と出会ってからだんだんと豹変していく、、
そして老人の中に秘められていた狂気が少年により目覚めてくる
ノーマルに面白くて
キング作品の底無しの恐怖みたいなのは感じなかった。

「手紙は覚えている」
を思い出しました。
病室で隣のベットだった老人の恐怖がなぜか1番印象的。








原作読んだのが昔すぎて記憶がないけど
こうだったかな?
少年とじいさんの駆け引きがもうちょいあればもっと面白かったと思う。
行進のシーンが印象的
今は陰謀論でホロryもガスryもなかった説が出てるけど...
スティーブン・キング原作。
ブラッド・レンフロ、イアン・マッケラン主演のサスペンス・ドラマ。
近所に住む元ナチスの将校を見つけた優等生の少年が、心の奥底に秘める残虐性を目覚めさせていく物語。
普段抑圧されている若者が、ストレスのはけ口を見つけるとこうなるんだろうなぁ…と言った感じのストーリーです。
まぁまぁ原作に近い気はしますが、なんとなく空気感が違うような。
というか映画版はラストを含めて非常にマイルドです。
映像という表現的な限界のためか、残虐性に目覚めるような行動はあっても本当に残虐な行動って無いように思いました。
原作を読んだのがかなり昔なこともありますが、もっと狂気じみていたように思います(笑)
>|