エベレスト3Dの作品情報・感想・評価

エベレスト3D2015年製作の映画)

Everest

上映日:2015年11月06日

製作国:

上映時間:121分

3.5

あらすじ

世界最高峰エベレスト登頂ツアーの参加者たちは、日本人登山家を含め数々の山を踏破してきたベテラン達だった。ついにやって来た頂上アタックの日、固定ロープの不備や参加者の体調不良などでスケジュールが狂い、下山が大幅に遅れてしまう。さらに未曾有の嵐の接近で急激に天候が悪化。人間が生存できないとされる死の領域<デス・ゾーン>で散り散りになる登山家たち。ブリザードと酸欠との過酷を極めた状況の中で試されるもの…

世界最高峰エベレスト登頂ツアーの参加者たちは、日本人登山家を含め数々の山を踏破してきたベテラン達だった。ついにやって来た頂上アタックの日、固定ロープの不備や参加者の体調不良などでスケジュールが狂い、下山が大幅に遅れてしまう。さらに未曾有の嵐の接近で急激に天候が悪化。人間が生存できないとされる死の領域<デス・ゾーン>で散り散りになる登山家たち。ブリザードと酸欠との過酷を極めた状況の中で試されるものとはー?3D映像で、かつてないスケールと角度から山を捉えた世界最高峰サバイバル・アドベンチャー映画の新時代が、いま幕を開ける!

「エベレスト3D」に投稿された感想・評価

天候を予測しても、重装備しても敵わない山の脅威を感じられる映画。
正直、大金をかけて危険な思いをするかもしれない登山をしたがる気持ちはよくわからないけど、そこでしか見れない景色や思いがあるんだろうなと思う。

このレビューはネタバレを含みます

映画館で3Dで鑑賞。

山をなめたらいけない。自然の凄まじさ、人間は自然には勝てないと痛感した。3Dで観たから迫力がありすぎて、痛々しさも倍に感じたし、怖気付いた。3Dで見て良かったと思う。

最後の結末にどよーんとして帰ったのを覚えてる。後味が悪いとかではない、受け入れたくない思い。

ノンフィクションゆえの恐怖で包まれた映画だった。
ノンフィクションだから仕方ない…ノンフィクションだから仕方ない…と何度言いきかせたか…。
世界中の登山家が集まるエベレストで起きた遭難事故の実話を映画化。

観たことあるなぁ、雪山はみんなこんな感じだなぁと思ってたらやっぱり観てた。
2回目でも息を詰めて観てしまう。
氷の塊が迫ってくる大迫力シーンや、悪天候、無酸素状態、仲間の死…

頂上から見る景色は絶景で、自分では見られないものを見せて頂きました。
saori

saoriの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

見終わってからの余韻が半端なく久しぶりに映画見て辛くなった
実話が元になってるだけ余計に
ロブはきっと助かるだろうと思ってただけにショックがでかい
エベレストって登山家がみんな憧れる山なのかもしれないけどほんとに怖いところなんだって知った
全員無事で下山してほしかった
miholy

miholyの感想・評価

2.5
元となった遭難事件は以前「空へ into thin air 」を読んで知っていたのですが、この映画はそれをなるだけ忠実に描写した…という趣。なので派手なシーンはなく、あくまで重苦しいし遭難シーンも暗く見難い。そもそも凡人としては「大金払って命までかけて何故にあんな苦行を?」という冷めた部分が心の底にあるので、感情移入もあまりできない。
が、エベレストの頂上に立ったシーンは「なるほどこんな感じなのね。そりゃあ感動するだろうね…」と素直に思える素晴らしさ。思うに「エベレストに登る」というのは「苦労が報われる達成感」という人生体験の象徴なんだろなぁ。
この監督の撮った「ザ・ディープ」も実話を元にした海難事故の話だったが、やはりケレン味のない暗い画面が印象に残っている。
ShigetoN

ShigetoNの感想・評価

3.9
ノンフィクションだけに自然に対する恐怖を実感できる作品。
そこに山があっても僕は登りません。
1996年のエベレスト大量遭難を映画化したもの。過酷で悲惨。自然が猛威を振るうと、人は本当にちっぽけなものなんだ って思い知る。
ザン

ザンの感想・評価

3.4
鼻が取れちゃうほどの寒さとは想像を絶する世界。斯様な過酷さを承知で足を踏み入れさせる「山」の魅力。よくぞ生還した。日本人女性とジェイク・ギレンホールは無念。
kanae

kanaeの感想・評価

-
ただただ自然の驚異に圧倒される映画でした。それと自然を甘く見た人間への警鐘もあるのかな。実話という事なので余計そう感じました。
エゲツない。
ちょっとしたホラー映画よりもよっぽど恐ろしい山。これが実話というんだから、救いが無い。
>|