エベレスト3Dの作品情報・感想・評価

エベレスト3D2015年製作の映画)

Everest

上映日:2015年11月06日

製作国:

上映時間:121分

3.5

あらすじ

世界最高峰エベレスト登頂ツアーの参加者たちは、日本人登山家を含め数々の山を踏破してきたベテラン達だった。ついにやって来た頂上アタックの日、固定ロープの不備や参加者の体調不良などでスケジュールが狂い、下山が大幅に遅れてしまう。さらに未曾有の嵐の接近で急激に天候が悪化。人間が生存できないとされる死の領域<デス・ゾーン>で散り散りになる登山家たち。ブリザードと酸欠との過酷を極めた状況の中で試されるもの…

世界最高峰エベレスト登頂ツアーの参加者たちは、日本人登山家を含め数々の山を踏破してきたベテラン達だった。ついにやって来た頂上アタックの日、固定ロープの不備や参加者の体調不良などでスケジュールが狂い、下山が大幅に遅れてしまう。さらに未曾有の嵐の接近で急激に天候が悪化。人間が生存できないとされる死の領域<デス・ゾーン>で散り散りになる登山家たち。ブリザードと酸欠との過酷を極めた状況の中で試されるものとはー?3D映像で、かつてないスケールと角度から山を捉えた世界最高峰サバイバル・アドベンチャー映画の新時代が、いま幕を開ける!

「エベレスト3D」に投稿された感想・評価

himaco

himacoの感想・評価

3.6
ジェイク・ギレンホール制覇のための1作

エベレストで1996年に実際に起きた大量遭難事故を基にした作品。
世界各国から集まったベテラン登山家。
その中には日本人女性の姿も。

仲間を尊重するがゆえに、判断に迷う気持ちって、情に厚い人ほどぶつかる問題。

重い荷物、極寒で酸素が薄い中、死と隣り合わせの緊迫した状況が続いてこっちまで肩で息をしたくなる。

実際にキャストもスタッフも山道を歩いたという映像がリアルで、クレバスを渡るシーンは恐怖で腰がひける。
リリー

リリーの感想・評価

4.5
この作品、他の方のレビュー観てると高評価とは言えないけれど、私は迷いなく4点台。
1996年にエベレストで実際に起きた大量遭難事故を基にして作られた映画で、とにかくリアル。観ているだけでエベレストに連れて行かれるので、映画館で観た時は余計ゾクゾクした記憶が…。
公募隊によるエベレスト登頂で、臨んでいるのが隊長やガイドを除くとほぼ素人。しかも決まった時間を過ぎても引き返さない顧客たち。その他にも問題が重なってこの事故が起きてしまった。
スリリングな描写もあるけれど
きちんと個々に焦点を当てたヒューマンドラマでもある。
テレビや写真では綺麗に見えるエベレストが、あんなにも無情で凶暴だとは思ってなかった…。自然のことは舐めちゃいけない。
ゆり

ゆりの感想・評価

3.5
山は子どもの頃に登るのが好きで、よく家族みんなで登っていました。
ある山を登ってたときのこと。
かなり高いところまで登り、休んでいた時に一緒に休んでいた別の家族がいました。
その時に男の子が体勢を崩してしまい、崖から落ちたのを見てしまいました。
母親はその子の名前を、泣きながら叫んでいました。
その男の子は奇跡的に木の枝を掴んでいたようで、自力で登ってきて、助かりました。

例え小さな山だとしても、危険は伴う。
山はいつも危険と隣り合わせなんだと改めて痛感しました。

エベレストでは、誰かが身勝手に動いてしまうと、みんなに迷惑を掛けて、最悪死者が出てしまう。

橋を渡る時はホントにハラハラしました。
そして人が生きるのを諦めた瞬間は悲しいものです。
大切な人が山で亡くなるのは、辛いものです。

Jun1582

Jun1582の感想・評価

3.3
山ってほんと怖いと思わせるね。情に流されて判断を誤ると本当に命取り。頂上がそこに見えてても。終わりが唐突すぎて驚いたけどだらだらするよりよかったかな。
しかしまぁエヴェレスト見たときにも思ったけど、なんでわざわざあんな辛いことを大金はたいてするかね...と心から思うわ。
hanya

hanyaの感想・評価

4.8
自然には絶対勝てないとまざまざと見せつけられます。これが現実なんだと思うと本当に恐怖です。それでも登らずにいられない人間は最強のドMです。だからこそ素晴らしい。
マト

マトの感想・評価

3.6
こういう極限地帯での判断や選択ってほんと難しいんやろなぁ。無理はしないことが鉄則だと思うけれど、そうは言いつつも費用も時間もかけて頂まであと少しのところまで来て諦めろって言われてもさ、そりゃなかなか引き下がれないよねぇ。でもそういうのが命取りになってしまうのだね。
日本人女性登山家も犠牲に。ベースキャンプから300mのところで絶命してたなんて無念すぎる。イモトもあんまり無茶せんようになー。

このレビューはネタバレを含みます

想定していなかった、報われなさ・救われなさ。実話というのも胸糞×。
Shoken

Shokenの感想・評価

3.7
最後のサラ アーノルドホールの映像で、この映画の実話性が一挙に迫った。この映画のカメラマンが凄い。ただ、エベレストに素人をビジネスで登らせてはいけないだろう。
Aya

Ayaの感想・評価

3.0
ベースキャンプの一員の気持ちで観て泣いた。

何故そこまでして登るのか...?100%生きて帰ってこれる保証はないし、むしろ確率めちゃくちゃ低いだろうし...

自然の前では人間は小さい。登山者を弄ぶようにコロコロ変わる山の天気。

あちこちに捨てられた酸素ボンベとかのいろんなゴミが気になって不快で仕方なかった。
最後にモデルになった人たちの写真がでてきておおぉてなった
ふつうにおもしろかった
>|